我々人類も鳥や昆虫のように紫外線を見ることが可能だった場合、
夜空の星々はどのように見えるのでしょうか。
とくに、周囲に星間ガスが漂い青白く見えるプレアデス星団(昴)が
気になります。
光や波長および可視光線等に詳しい方がいらっしゃいましたら、
何卒よろしくご指導ください。

「紫外線を見ることが可能だった場合」の質問画像

A 回答 (5件)

近い星の中には明るく見える星もあるでしょうが、銀河系内の星はほとんど変わらないでしょう。

特に地表から見ると大気の組成のため紫外線はカットされ、非常につまらない。ハッブル宇宙望遠鏡が大気圏外の固定された位置にある理由の中にも大気を避けている部分があります。添付された写真は強度が飽和していますが、全部こんなになってしまうかもしれません。
    • good
    • 0

パープル色に近いのでは

「紫外線を見ることが可能だった場合」の回答画像4
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たしかに空や地球が青く見える理由からすれば「そうだよなぁ...」と思う一方、目に飛び込んでくる色のすべてに新たな色が重なる以上、それほど単純ではないような気もしています。また、それが今回質問をさせていただいた最大の理由でして...。

お礼日時:2017/03/22 16:51

no2の訂正


ドラマ「相棒」ではなくドラマ「科捜研の女」でした(^-^;
    • good
    • 0

参考に。


https://matome.naver.jp/m/odai/2139426400498728601
紫外線を見る事ができる「4色型色覚」の人間が存在しますね。
ドラマ「相棒」でも取り上げていた内容です。
    • good
    • 1

無理な質問でしょうね。


人間は様々な波長を「色」として視覚認識しますが、「紫の向こう側の色」なんて見れませんし見た者もいないでしょうから、「どのように見えるか」なんて少なくとも人間には表現できないと思います。

もし「鳥や昆虫が紫外線を見ることが可能」なのだとしたら、鳥が「知的生命体」であるなら表現出来るのかもしれません。
が、そこも落とし穴。各動物の「ものの見え方」は、人間のそれとは違っていると言われています。プレアデス星団も人間とは違った様子(色)に見えているはずです。ですので動物が紫外線がどのように見えているかを言えたとしても、人間の考える「それ」とは全く違うはずです。

やはり「紫外線を見ることが可能な人間」か、地球人と同じように世界が見えている知的生命体か何かでもいない限り、「どのように見えるか」は人間には説明出来ないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプレアデス星団の星、肉眼でいくつ見える?

プレアデス星団の説明で、国語辞典や百科事典などでは、「肉眼では6個見える」というような断定的な説明をしているものがほとんどです。(「普通は」などの言葉が入っているものもあります。)
でも、ネットでいろいろ検索すると、7個以上見えるという人もいるようです。
「六連星」という呼び方もあるようなので、6個に見える人が多いのかな、という気もしますが、これって、「『肉眼』とは視力いくつの場合を基準にする」みたいな取り決めが存在するのでしょうか。
また、実際のところ、みなさんはいくつ見えますか?(ちなみに私は視力0.4なので裸眼では2つにも見えません)

Aベストアンサー

北斗七星と比較して、六つ星というのですが、7つ明るい星があります。ただし、北斗七星もそうですが、2つの星が接近しているので、1つに見えれば、6個でしょうか?
視力1.5くらいなら、6か7かでしょうが、暗い田舎ならもっと見えますし、プレアデス星雲と重なっているので、あまり暗いところだとこんどは、雲のようにボーと、見えてしまいますね。

http://homepage2.nifty.com/turupura/guide/nebuler/m045.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/turupura/guide/nebuler/m045.htm

Q【星座】私たちが蟹座と言っている天体はM67 散開星団のことですか?M67 散開星団ってなんです

【星座】私たちが蟹座と言っている天体はM67 散開星団のことですか?

M67 散開星団ってなんですか?

Aベストアンサー

蟹座は星座です。M67は蟹座α星近くの散開星団です。

Q【科学・天文学】深夜に見える夜空の虹「moonbow(ムーンボー)」は日本では「月虹(げっこう)」と

【科学・天文学】深夜に見える夜空の虹「moonbow(ムーンボー)」は日本では「月虹(げっこう)」と言われていますが、

ムーンボーは陸地に出来る虹で、月虹は月の周りにリング状に出来る虹のことでまた別物に見えるのですがアメリカ人は月の周りに出来るリング状の虹のこともムーンボーと言っていますか?

また別の言葉で表現していますか?

Aベストアンサー

「moonbow(ムーンボー)」は光源が違うだけで昼間の虹と同じです。

月の周りにリング上にできる虹のようなものは違います。太陽でも見られます。
これは「日暈」「月暈」といって高層に薄雲が掛かっている時によく見られ、
傘(暈)が掛かっていると言ったりしていて、傘がかかると天気が悪くなるという言い伝えがあります。

Q夜空に見える

航空機とかは照明が点滅しているといわれていますけど、
急激に明るくなる物体は流れ星以外でどのような物でしょうか
上空見上げると飛行機とかを見つける事できますけど、どこから
来たとか民間機とか戦闘機とか調べる方法ないですかね。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

イリジウムフレア

これはきちんと予報されますから一度見てみると感動もの、ですよ!

Q稜線近くの夜空に赤紫の光がぼんやり見える

東京の狭山丘陵近辺に住んでいる者ですが、夜空を見ると、西方向の奥多摩(?)方面にある山々の稜線近くの空が赤紫色にぼんやりと光って見えることがよくあります。光り方としては、うっすらと後光がさしている感じでしょうか。街の光にしては変なので、何か大気現象のようなものだと思うのですが、ご存知の方、何なのか教えてください。

Aベストアンサー

これで思い出すのが菊の栽培でして、その区域の殆どが電灯で開花時期を変えます。

深夜、知らない方は火災だと思い込む程だそうです。
いちごも同じですね。

方向が甲州市でした。
ワイン用の葡萄は、食用の糖度など比較にならない糖度を持ちます。
この方向を調べてみて下さい。

狭山茶と言えば、高級茶ですね。
期待していますよ。(学問の向上にです)^○^


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報