文庫本の推理小説なのですが、本には正しいコーヒーの入れ方というチラシがはさんであり、
話の舞台はとある喫茶店で、女性が喫茶店のマスターだったと思います。
1話目では喫茶店に忘れられた傘の持ち主を推理して持ち主に返すような話だったと思います。
本のタイトルとか表紙がどんなのだったかなどは覚えていないのですが
本に挟んであるチラシと小説の内容が本格的なミステリーというよりも日常的なミステリーだったということくらいしか覚えていないのですが、
どこの出版社だとか作者が誰か等も覚えていないのですが、
こんな曖昧な情報しかないのですが、どうしてもその本がもう一度読みたいので、本のタイトルがわかる方は教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

岡崎琢磨さんの「珈琲店タレーランの事件簿」でしょうか?


http://tkj.jp/book/?cd=72007201
https://twitter.com/bunkocho/status/276898049018 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Q推理小説推理小説のビギナーです。今まで明智小五郎、金田一耕助を経た日本人の名探偵を教えてください。

推理小説
推理小説のビギナーです。今まで明智小五郎、金田一耕助を経た日本人の名探偵を教えてください。刑事、警察の職業で登場されているキャラクターはご遠慮ください

Aベストアンサー

有名なのは、御手洗潔と神津恭介あたりですかね?(神津恭介は明智や金田一とともに、「日本三大探偵」と呼ばれることもあるそうです。)以下、一応私の好き嫌いで分けておきました。

好きな探偵↓
御手洗潔(作者:島田荘司)
――変人が多い名探偵の中でも、生粋の変人。欠点は多くの作品で、出番が遅いこと(現場に顔を出したが最後、さくさくと事件を解決するので)。
刀城言耶(作者:三津田信三)
――殺される人がほとんど殺されてからでないと謎を解かないあたり、金田一に近い。でも彼の仕事は探偵ではなく、怪奇小説の取材に来ているだけ。事件を解決すべき立場にはないので、評価が下がらない。

普通の探偵↓
真備庄介(作者:道尾秀介)
――探偵としてもキャラ的にも、可もなし、不可もなし。トリックも同様。
海老原浩一(作者:小島正樹)
――あまり個性はないが、善良ではある。トリックはすごいが、文章が下手で読みづらい。

いまいちな探偵↓
神津恭介(作者:高木彬光)
――結構わかりやすい事件にもさんざん悩まされたりして、あまり頭が良さそうにみえない。その割に、語り手(ワトソン役の松下氏)がことあるごとに彼を絶賛するので、さらに評価が下がる。
二階堂蘭子(作者:二階堂黎人)
――デビュー作(『地獄の奇術師』)で最初から最後まで、ドジを踏み倒したバカ娘。その後は成長したのかもしれないが、読んでいないので。
中禅寺秋彦(作者:京極夏彦)
――作者自身が、「僕が考えたカッコいい主人公(=自分?)」にうっとりしすぎ。読んでいてしらける。
犀川創平(作者:森博嗣)
――人の話を聞かない(聞けない?)自己完結型。窓のない部屋で、同席した人々に一切断らず、のべつ煙草を吹かす。探偵以前に、人としてどうか。
江神二郎(作者:有栖川有栖)
――扱った事件や犯人像が、全体にしょぼい。そのため本人も、有能にみえない。

有名なのは、御手洗潔と神津恭介あたりですかね?(神津恭介は明智や金田一とともに、「日本三大探偵」と呼ばれることもあるそうです。)以下、一応私の好き嫌いで分けておきました。

好きな探偵↓
御手洗潔(作者:島田荘司)
――変人が多い名探偵の中でも、生粋の変人。欠点は多くの作品で、出番が遅いこと(現場に顔を出したが最後、さくさくと事件を解決するので)。
刀城言耶(作者:三津田信三)
――殺される人がほとんど殺されてからでないと謎を解かないあたり、金田一に近い。でも彼の仕事は探偵ではなく、...続きを読む

Qお勧めミステリー・推理・ホラー小説教えてください

急に活字が恋しくなりました。
ネットではなく本で読みたいのです。
お勧めのミステリー・ホラー・推理小説を教えてください。

貴志 祐介さんが大好きで、彼の小説は全部読んでいます。
ただ悲しいかなごくたまにしか出さない上今までの数も少なくて…
ライトノベルでは赤川次郎さんも息抜きのときに読みます。
リングの鈴木 光司さんのもすべて読みました。

逆に苦手なのは同じライトノベルでも山田 悠介さん。
軽すぎて頭が痛くなります(好きな方すみません)。
あとは宮部みゆきさんも3冊ほど読みましたが、
どうしても私には合わないようでダメでした。

最近はネットばかりで小説からもずいぶん離れていたので、
お勧めがありましたら教えてください。よろしくお願いします。
以前自分で選んで大外れを引いてしまったので…

Aベストアンサー

 今読み終わったばっかりなんですが、朱川湊人さんの「赤々煉恋」はいかがですか?ミステリーというよりホラー系だと思います。ただ怖いというより切なくて怖いし、怖いけど美しい情景を浮かびます(今読み終わったばかりでこの程度しか説明できなくてすみませんm(__)m)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31739807
 同じく朱川湊人さんの「都市伝説セピア」(第130回直木賞候補作)も良いです。「昨日公園」は亡くなった親友を救う為に主人公が奔走するんですが、最後は・・・ちょっと意表をついた終わり方になっています。怖いというより、ちょっと切なくなります。「フクロウ男」は手紙というか独白形式になっていて、ちょっとぞっとする感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31684443
 原田宗典さんの「屑籠一杯の剃刀」と「優しくって少しばか」もおススメです。原田さんは爆笑エッセイで有名ですが、小説は全然エッセイと違って重いテーマや、重苦しくて切なくなる内容が多いです。特に「優しくって少しばか」に入っている「西洋林檎ワイン煮」は男女の愛憎劇とホラーが混じってますが、決定的な所は読者に想像にまかせられます。こんな女の人が彼女だったら相当怖いです(^_^;)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30569949
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/06558622
 ご参考までに。 

 今読み終わったばっかりなんですが、朱川湊人さんの「赤々煉恋」はいかがですか?ミステリーというよりホラー系だと思います。ただ怖いというより切なくて怖いし、怖いけど美しい情景を浮かびます(今読み終わったばかりでこの程度しか説明できなくてすみませんm(__)m)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31739807
 同じく朱川湊人さんの「都市伝説セピア」(第130回直木賞候補作)も良いです。「昨日公園」は亡くなった親友を救う為に主人公が奔走するんですが、最後は・・・ちょっと意表をついた...続きを読む

Q面白い小説を教えてください【推理/ミステリー/サスペンス/ホラー/ファンタジー/】

小説を探しています。
ジャンルは【推理/ミステリー/サスペンス/ホラー/ファンタジー】ですが、それ以外のジャンルでも「これはお勧め!」というのが有れば、是非教えてください。
ホラーは、ゲテグロ系ではなくて、心理系のようなタイプが好きです(『リング』のような)。

■タイトル ■著者 を教えて欲しいですが、もしお分かりになるようであれば、出版社も欲しいです。


小説は大好きですが、自分では「これ面白そう!」と思っても、いざ読んでみると「な~んだつまらん」というのが大半(選び方が悪い)なので、「これは面白い!」という本に出会いたいと思います。

お願いします。

Aベストアンサー

私のお勧めは向山貴彦の「童話物語」で、ジャンルは異世界ものファンタジーです。
私はこの本を「隠れた名作」と言い張っています^^
描写がきれいで物語の内容も深く、読んだ後の充実感は最高です。
主人公と一緒に、泣いたり、怒ったり、喜んだりできる素敵な本です。
詳しくは参考URLのカスタマーレビューをドウゾ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344401298/qid=1112095983/sr=8-10/ref=sr_8_xs_ap_i10_xgl14/250-4514271-9340263

Q小説でなら、推理やサスペンス、ミステリー等は、幾らでも色々なのを次々と書く人がいるでしょうから、その

小説でなら、推理やサスペンス、ミステリー等は、幾らでも色々なのを次々と書く人がいるでしょうから、その手のジャンルのプロ作家になるには、半端無い至難の業ですよね?
少なくとも、江戸川乱歩やコナン・ドイル、西村京太郎ぐらいは、小中学校の内に全作品読破しておくのが普通と言う程でないと厳しいところでしょうかと?

Aベストアンサー

そういう話は、明治の文豪などの伝説になっていますね。

でも現代ではどうでしょう、その手ほとんど読まない小説家、放送作家、沢山いそうな気がします。

読む人の多くは大抵消費者で満足しがちですし、かえって想像を縛ることもあるかも知れません。

私の友人にも早川文庫をすべて読破した人がいますが、特にそれ以上のことは何も無しです。

創造はまた別の能力が必要なのではないでしょうか?

回答じゃないですね、済みません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報