一年の1月が終わると十二分の一が終わった事になります。
二月が終わると六分の1が終わる事になります。
三月が終わると四分の三が終わリ、四月が終わると三分の一が終わる。
五月が終わると十二分の五
六月が終わると二分の一が終わる。
以降九月・十二月は割り切れますが、他の月は割り切れません。
たった一ヶ月動くだけで、大きく変わる分数って不思議なんですけど…

A 回答 (5件)

1/12≒0.083


2/12=1/6≒0.167
3/12=1/4=0.25
4/12=1/3≒0.333
5/12≒0.417
6/12=1/2=0.5
7/12≒0.583
8/12=2/3≒0.667
9/12=3/4=0.75
10/12=5/6≒0.833
11/12≒0.917
12/12=1
ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お手数おかけしました。

お礼日時:2017/03/21 16:42

科学が進歩しても解明出来ない謎は、全ての存在そのものでしょうね」←んっ?・・



あなたや科学者が知らないだけで 解明されてるだけだが・・・

知らない人が 幾ら質問したって 理解出来ない回答なら あなたが受け付ける事は不可能・・

それがQ&Aサイトの 大きな欠点
    • good
    • 0

分数の勉強も、しっかりしましょうね。



「三月が終わると四分の三が終わリ」→ 「・・・四分の一が終わり」ですね。

「九月・十二月は割り切れますが、他の月は割り切れません。」
→ そんなことはありません。
 八月が終われば、三分の二が終わります。
 十月が終われば、六分の五が終わります。
「五月が終わると十二分の五」と書いてますから、約分して分子が”一”にならなくても良いのですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不思議感は解けませんが、回答ありがとうございました。
皆さんは小学校で算数を習い、中学・高校・大学 (数学科) と高等数学まで習いますが、何の疑問も持たずに公式をただ丸暗記してただけなんでしょうね!
つまり教わったから計算が出来るだけの物であり、教わってなければ分数はおろか代数も幾何学も何にも出来ない事でしょうね。
せいぜい指を使って数えるぐらいで…
分数は何故発見されたのだろうか?
想いを馳せてみて下さい。

お礼日時:2017/03/21 16:35

割り切れない数字があるって事は 永遠があるって事・・・



地上には 人間に教えたい全ての事が隠されてる・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

永遠
言葉を変えれば無限ですね。
科学が進歩しても解明出来ない謎は、全ての存在そのものでしょうね。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/21 16:14

さんすうのべんきょうをしてくださいな。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

全くもって期待はずれの回答で残念です。
さようなら

お礼日時:2017/03/21 15:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の質問です!データの分析の範囲です。四分位範囲を求める意味は分かりましたが、四分位偏差って

数学の質問です!

データの分析の範囲です。
四分位範囲を求める意味は分かりましたが、四分位偏差って具体的にどういった時に使われるんですか?

Aベストアンサー

「四分位」というのは、「上から1/4の順位」の値、「下から1/4の順位」(つまり上から3/4)の値のことを言うようですね。(私自身はほとんど使ったことはありません)

 たとえば、「社会のお金の90%は、世帯比10%の大富豪が持っている」という社会では、「1割がお金持ち、残りの90%は貧乏」という状況なので、「世帯当たりの所持金額の平均値」を求めても、ランダムに100人の人を選んで「50番目」(=中央値)の人が「平均的な暮らしをしている」といっても、おそらく実態に合わないないですよね。

 そういう「ゆがんだ分布」をしているときに、集団の統計的な代表値として、この「四分位」を使います。
↓ 四分位
http://haku1569.seesaa.net/article/415224495.html
http://www.wwq.jp/stacalcul2/quartile.htm

 上から1/4の順位の値を Q1、上から3/4の順位の値を Q3 としたときに、
  四分位範囲 = Q1 - Q3
といい、上の「金持ち、貧乏人」の例で言えば、「社会の上から1/4、下から1/4の人の、持っているお金の範囲」ということになります。極端な金持ち(上位の1/4)、極端な貧乏(下位の1/4)を除くと、どの程度の「金持ち度合い」の範囲になているか、というような値です。

 この「四分位範囲」を2で割ったものが、「四分位偏差」です。
  四分位偏差 = ( Q1 - Q3 ) / 2
つまり、中間レベルあたりの値が、どのぐらいの ± のバラツキの範囲内にいるのかな、という値と考えてよいでしょう。
http://www.wwq.jp/stacalcul2/quartile-dev.htm

 四分位 Q1 と Q3 の平均値
  ( Q1 + Q3 ) / 2
に対して、
   ( Q1 + Q3 ) / 2 ± ( Q1 - Q3 ) / 2
という範囲を考えれば、
  「プラス」のとき Q1
  「マイナス」のとき Q3
になるのが分かりますよね?

 まあ、あまり分かりやすいものではないし、実際にもほとんど使いません。

「四分位」というのは、「上から1/4の順位」の値、「下から1/4の順位」(つまり上から3/4)の値のことを言うようですね。(私自身はほとんど使ったことはありません)

 たとえば、「社会のお金の90%は、世帯比10%の大富豪が持っている」という社会では、「1割がお金持ち、残りの90%は貧乏」という状況なので、「世帯当たりの所持金額の平均値」を求めても、ランダムに100人の人を選んで「50番目」(=中央値)の人が「平均的な暮らしをしている」といっても、おそらく実態に合わないないですよね。

 そうい...続きを読む

Qサイコロの出目は六分の一か?

宜しくお願いします。ここに新しく製造された偏りのないサイコロがあるとします。未だ一回も使用していません。私がそれを拾い上げ転がしたとします。其のとき出た目は果たして六分の一の確立で出たものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

この問題はいくつかの答が考えられます。たとえば、

(1)『すでに結果がわかっていて、しかも今後二度と行わないことについて確率を考える意味はない』

冷たい答ですが、サイコロを振って2が出たとして、結果が2で確定しているわけですから、何らかの必然で2になったのであり、もはや確率を考える意味はありません。
確率は、多数の試行のうち、ある事象がどれだけの割合で起こるかを示すものです。

(2)『サイコロを振る前から、確率は6分の1でなかった』

サイコロの製造法はわかりませんが、たとえばある機械では必ず1の目を上にしてサイコロが出てくるとします。そして、試行者の指の筋肉のつき具合や、運動神経の働き、手の動かし方のくせなどにより、「1を上に向けて置いたサイコロを振ると4が出やすい」といった傾向があるはずです。したがって、サイコロを振る前から、確率は6分の1ではなかったといえるでしょう。

(3)『サイコロを振る前は、確率は6分の1であった』

確率は情報に関係があります。ある情報を知っているか知っていないかが確率に関係します。たとえば、この製造機械では必ず1の目が上になってサイコロが出てくると知っているかどうか、この人は1を上に向けて置いたサイコロを振ると4を出すことが多いと知っているかどうかが確率に関係します。

 確率=特定の事象の頻度÷起こりうるすべての事象の頻度

上の式でわかるように、「起こりうるすべての事象の頻度」は知識により変化します。ある製造機械が必ず1の目を上に向けてサイコロを出すという知識があれば、1以外の目が上になって置かれた可能性を排除できます。
 いま、そうした情報が一切与えられていないとすれば、起こりうるすべての事象はもっとも広くとるしかありませんので、確率は6分の1となります。

(4)『実は、どの目が出るかは事前に決まっていた』

試行者の中枢神経系と末梢神経系、筋肉の状態は物理法則に支配されています。私がいまこう考えているというのも、何らかの必然性がそこに働いています。したがって、試行者が手をこう動かしたということも、神経系や周囲の状況までふくめてすべての相互作用の結果であり、何らかの必然であったと考えられます。ただし、どこまで必然であったかとなると、究極にはカオスとか揺らぎとか量子力学的な不確定性原理とかが関係するような気がしますし、それらを知識や情報の問題として捉えるのか、あるいは自然の本質であると捉えるのかとなると複雑な問題であると思います。

(5)『確率を考える時点によって、確率は変わる』

たとえば、サイコロが手を離れた瞬間で考えれば、他の皆様から既に回答があるように、あとはサイコロは力学に従うだけですから、どの目がでるかは既に決まっているといえます。手から離す直前で考えれば、そのときの指の配置や運動方向で、ある程度出る目の予測ができるかもしれません。サイコロを手にもった時点でも、神経の働きなどの必然性を考えると、多少は決まっているのかもしれません。このように、確率を考える時点があとになるほど、確率は1に近づき、時点が前になるほど、確率は別の値(たとえば6分の1)に近づきます。
---------------------------
どの解答が正しいのか、あるいはほかに解答があるのか。興味はつきませんが、質問者様としてはここに寄せられた数十の解答の中から、気に入ったものを選ぶということでもいいし、あるいはもっといろいろな条件を厳密に定義して、数学的な問題に仕上げてもいいし、サイコロを振るロボットみたいなものを考えて試行実験してもよいし、そのあたりは自由に態度を選べばよいのではないかと思います。どっちにしても、質問者様の文だけからは回答に限界があり、より深いところまで追求しなければ問題としての意義がはっきりしないように思います。

この問題はいくつかの答が考えられます。たとえば、

(1)『すでに結果がわかっていて、しかも今後二度と行わないことについて確率を考える意味はない』

冷たい答ですが、サイコロを振って2が出たとして、結果が2で確定しているわけですから、何らかの必然で2になったのであり、もはや確率を考える意味はありません。
確率は、多数の試行のうち、ある事象がどれだけの割合で起こるかを示すものです。

(2)『サイコロを振る前から、確率は6分の1でなかった』

サイコロの製造法はわかりませんが、た...続きを読む

Q三分の一より大きく、八分の三より小さい分子が九の分数は?

三分の一より大きく、八分の三より小さい分子が九の分数は?

Aベストアンサー

1/3 < 9/x < 3/8 でxを求めればよいので
分子を9に通分します。
9/27 < 9/x < 9/24
よって
24 < x < 27

整数値では 25 , 26
x = 25 のとき 9/25 = 0.36
x = 26 のとき 9/26 ≒ 0.3461538

いかがでしょうか。

Qsinθ×cosθ=-三分の一時、sinとcosを求めなさいという問題

sinθ×cosθ=-三分の一時、sinとcosを求めなさいという問題なのですが、わからないので教えてください。

Aベストアンサー

(sinθ+cosθ)^2=1+2sinθcosθ
(sinθ-cosθ)^2=1-2sinθcosθ
という式に当てはめれば、簡単な2元連立方程式が出来るね?

Q四分の三乗って?

生物学の本に「4分の3条に比例する」と書いてありました。数学はからっきしだめなので教えてください。2条や3条は分かりますが「四分の三乗」の考え方が分かりません。例えば100の四分の三乗は何でしょう?教えてください。

Aベストアンサー

平方根(√)というのを中学校か高校くらいで習ったと思いますが
この概念が4分の3乗というものと同様です。
たとえば「ルート(2乗根)」は2分の1乗ですし、「3乗根」は3分の1乗です
つまり4分の3乗というのは4乗根の3乗だと考えてもらえればよいかと思います。
ここでN乗根とはN回かけるとその数になるというものです。
たとえば100の4乗根というのは4乗すると100になる数です。
ここで例の100の4分の3乗ですが、100の4乗根はルート2×ルート5なので
(ルート2×ルート5)の3乗ってことになると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報