最新閲覧日:

先日墓参りしたところ石灯籠の頭の部分が落下してました。
修繕の手配はしますけれども、実はこの墓、5年くらい前にも今時分に倒れまくってました。
それも内の墓だけだったかもしれません。
業者に聞いたところ雪で倒れる事もあるにはあるということでした。
それが前回ほどではないにしろ、また今回もとなり、ちょっと不審に思ってます。
そんなことはないと思いますけど、だれかがイタズラしてるのではないかとか。
田舎を離れて数十年で墓参りだけに戻ってるようなやりかたなんですけど。
墓石って実際こんなに倒壊しやすいものなんでしょうか。

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (2件)

修理の時に、これまでどおりのモルタルで無くて、石屋さんが今使っている弾力性の有る接着剤で付ければ、石を削らないとはがれないくらいになります。


その接着剤で修理した石灯籠が20年以上経っても壊れません。(壊れたら崩壊する作りなんですが、未だ大丈夫です)
モルタルで目地を塞ぐと、劣化で10年位でモルタルが剥がれてきます。
それを防止して、長年同じ風景を作るには、弾性接着剤が良い様です。

別の考え方で言うと、石灯籠の頭(りんと言うはずですが)は取れて当たり前。
普通に笠とりんが平らに仕上がっていて、笠の上を動くのも、笠に凹部を作って、りんに凸部を作って填まる様にしても、地震で浮いて踊って落ちます。
それを持って正常な石細工と考える人もいますので、固定剤(モルタルや接着剤)を使わないのが日本の美だと言う人もいます。
    • good
    • 0

家も何年か前に直したところがボロボロです。



私のところはここ数年、雨・風・雪・地震が酷かったので諦めています。
確かに人による可能性も否定できません、あとは熊などの動物の可能性はないでしょうか?

一度、世話役か墓地管理人にご相談されてみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こういうものの修繕費用ってバカ高いんですよね。
しかも根切りはよくないとか。
墓地自体は村が管理してますけど、専門の役の方がいるのかどうか。
(ある程度被害妄想かもしれないけど)村から出て暮らしてる者にはよそよそしいです。

お礼日時:2017/03/21 19:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報