先日墓参りしたところ石灯籠の頭の部分が落下してました。
修繕の手配はしますけれども、実はこの墓、5年くらい前にも今時分に倒れまくってました。
それも内の墓だけだったかもしれません。
業者に聞いたところ雪で倒れる事もあるにはあるということでした。
それが前回ほどではないにしろ、また今回もとなり、ちょっと不審に思ってます。
そんなことはないと思いますけど、だれかがイタズラしてるのではないかとか。
田舎を離れて数十年で墓参りだけに戻ってるようなやりかたなんですけど。
墓石って実際こんなに倒壊しやすいものなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

修理の時に、これまでどおりのモルタルで無くて、石屋さんが今使っている弾力性の有る接着剤で付ければ、石を削らないとはがれないくらいになります。


その接着剤で修理した石灯籠が20年以上経っても壊れません。(壊れたら崩壊する作りなんですが、未だ大丈夫です)
モルタルで目地を塞ぐと、劣化で10年位でモルタルが剥がれてきます。
それを防止して、長年同じ風景を作るには、弾性接着剤が良い様です。

別の考え方で言うと、石灯籠の頭(りんと言うはずですが)は取れて当たり前。
普通に笠とりんが平らに仕上がっていて、笠の上を動くのも、笠に凹部を作って、りんに凸部を作って填まる様にしても、地震で浮いて踊って落ちます。
それを持って正常な石細工と考える人もいますので、固定剤(モルタルや接着剤)を使わないのが日本の美だと言う人もいます。
    • good
    • 0

家も何年か前に直したところがボロボロです。



私のところはここ数年、雨・風・雪・地震が酷かったので諦めています。
確かに人による可能性も否定できません、あとは熊などの動物の可能性はないでしょうか?

一度、世話役か墓地管理人にご相談されてみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こういうものの修繕費用ってバカ高いんですよね。
しかも根切りはよくないとか。
墓地自体は村が管理してますけど、専門の役の方がいるのかどうか。
(ある程度被害妄想かもしれないけど)村から出て暮らしてる者にはよそよそしいです。

お礼日時:2017/03/21 19:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお墓の墓石について? (赤い文字)

 大阪に来て1ヶ月過ぎますが、お墓の墓石の裏側に赤い文字で名前が書いて有るのを発見しました。
 愛知県では有りませんでしたが、風習でしょうか。
 お寺さんの方教えて下さい。

Aベストアンサー

その筋のものです。
赤い文字はたいていの場合
墓を建てたひとが生きている人であるということを表します。。
赤い文字が裏にあったのは、
墓の後ろに建てた人を刻む習慣があるためです。
由来はよく分かりませんが、
現在は全国的に広がっている習慣です。
あと、夫婦で先に夫を亡くした奥さんが、
夫の横に自分の名前を刻む場合も、
赤い文字で刻む習慣のあるところもあります。
宗派を問わず、石屋の習慣みたいなきがします。

Qお墓・墓石の移動について

母が先月亡くなりました。
生前お墓を購入し、家から車で数時間のところに、誰も入っていない状態で置いてあります。

別の場所に、親戚のお墓があり(都立の霊園)そこに、母の実父(私の祖父)のお骨を、頼んで納めてあります。祖父の兄弟と共に入っております。母が亡くなる2週間ほど前、母が祖父のお墓参りに行って来ました。その霊園付近の石材やさん?に話し掛けられ、その時に「その敷地(親戚の墓)は広いので、もう一つお墓を立てることが出来そう」と言われたと、私に言ってきました。そこで、母は…そのお墓を持っている親戚に、春になって温かくなったら、今の自分のお墓を移動させてもらえないかと、お宅にお邪魔して相談してみると言い、その後、突然倒れ、そのまま亡くなりました。
まるで遺言のように言って亡くなってしまったので…出来れば、母の願いを叶えたいなとは思うのですが、親戚にはまだ相談しておりません。もし、万が一OKが出た場合…今あるお墓をの権利を処分することになると、そこにある墓石は移動できるのでしょうか。(もう名前は彫ってあります。)その移動には、具体的に、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。お墓を新たに購入するぐらいかかる…とか、目安がわかるといいのですが…。
また…その親戚が拒否した場合も、今あるお墓は遠いので
(遠い事をきにやんでいて、母が望んでいたので↑)なるべく近いところに、新たに購入…も考えております。ただ、費用のことがあるので、まだ具体性はありません。その場合も、墓石の移動は出来るのでしょうか。更地にして墓所を返す事になるのでしょうが、更地にするのには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
遺産があまりなく、余裕がありませんので、最小限に
全てを進めたいと思っております。大体の目安など教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

母が先月亡くなりました。
生前お墓を購入し、家から車で数時間のところに、誰も入っていない状態で置いてあります。

別の場所に、親戚のお墓があり(都立の霊園)そこに、母の実父(私の祖父)のお骨を、頼んで納めてあります。祖父の兄弟と共に入っております。母が亡くなる2週間ほど前、母が祖父のお墓参りに行って来ました。その霊園付近の石材やさん?に話し掛けられ、その時に「その敷地(親戚の墓)は広いので、もう一つお墓を立てることが出来そう」と言われたと、私に言ってきました。そこで、母は…その...続きを読む

Aベストアンサー

このご質問にお答えするには更に詳細な情報が必要で、たぶん書ききれないでしょうから、このような形での回答は困難と思います。
お墓の構造は地方によって異なり建築費・解体費も同じような大きさでもカロートのつくりで数倍異なりますし、そもそもお墓の大きさでこれも数倍異なります。重機の搬入可否も左右されます。したがって個別に異なり見て見積もらないとでないと思います。
なお、親戚のお墓(都立の霊園)には、東京都霊園条例の規定によりご相談者さんはお墓を造る事はできません。現在の使用者さんが現在の使用者さんの所有としての墓石は造ることはある程度可能です。つまりお宅様の家のお墓とはなりませんし、現在の使用者さんから見て納骨可能な親族の範囲に入っていなければ納骨も出来ません。

また、今あるお墓をの権利は処分ではなく放棄となります。そこにある墓石がある場合原状回復義務から撤去し更地で返却しなければなりませんが、移動が可能かどうかは、受け入れ霊園の規定によります。都営の場合には公営なのでほぼ制限が無いので可能かもしれませんが、民営霊園ではまず無理です(墓地を売る形態ですが、実際に売るのは墓石だからです。墓石購入が無ければ赤字ですので販売してくれません。)

このご質問にお答えするには更に詳細な情報が必要で、たぶん書ききれないでしょうから、このような形での回答は困難と思います。
お墓の構造は地方によって異なり建築費・解体費も同じような大きさでもカロートのつくりで数倍異なりますし、そもそもお墓の大きさでこれも数倍異なります。重機の搬入可否も左右されます。したがって個別に異なり見て見積もらないとでないと思います。
なお、親戚のお墓(都立の霊園)には、東京都霊園条例の規定によりご相談者さんはお墓を造る事はできません。現在の使用者さん...続きを読む

Q両親の墓へ子供を合祀する場合の墓石の文字について

お墓のことで質問させていただきます。
先祖から受け継いでいる墓地があり、3基の先祖のお墓が夫婦単位で建てられています。その中の一基が私の両親の墓で、両親の戒名が墓石の前面に併記されています。このたび私の弟が亡くなりましたが、墓地の面積の関係で単独でお墓を作ることは困難なので、両親の墓に合祀したいと思います。
その場合の墓石の文字は、墓石の前面に両親の戒名と並べて弟(両親の子)の戒名を彫って良いのでしょうか。
また、子の戒名の場合は、親の戒名より1字位下げるとか、文字を少し小さくした方が良いのでしょうか。
なお、無くなった弟は離婚により単身です。
以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

地域の習慣や菩提寺さまのお考えによってもちがいますが、基本的には「どのようにしなければならない」という決まりはありません。

墓石前面にスペース的に問題がないのであれば、弟さんの戒名もご両親と全く同じように並べて彫られることをお勧めします。戒名は仏弟子となられた証しです。親子といっても仏弟子としてはまったく対等ですから、どちらかを一段低くするような必要はありません。
もし、スペース的に難しいということになったら、墓石のあいている面のどの面に掘ってもかまいません。仏像や墓石は「四方正面」といって全ての面が正面ですから、「どの面が表、どの面が裏」と気にする必要はありません。全体のバランスを考えて掘る文字を配置されて差し支えありません。

Q墓の移転に際して墓石裏面に刻む建立年月日と建立者名について

 約30年前に母を亡くし、父が当時住んでいたA町の寺に母の墓を建立しました。
 その後10年前に約100km離れたB市に転居し行き来も大変なため、今回父と私が共同でA町の墓を撤去してB市の寺に新たに建て直すことにしました。
 この場合、墓石裏面に刻む建立年月日と建立者名は、単に「平成18年○月○日建立/建立者(父・私の連名)」とすれば足りるのか。それとも以前A町に建てた経緯を含めて「昭和○年○月○日A町に建立/建立者(父)/平成18年○月○日本所に改装建立/建立者(父・私の連名)」のようにする必要があるのでしょうか。
 まったく知識がなく悩んでいます。一般的な事例を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

昭和○年○月○日A町に建立/建立者(父)/平成18年○月○日本所に改装建立/建立者(父・私の連名)」

お母様が嘆きますので、こちらでしょう。
なお、改装でなく「改葬」です。ご注意を。

Q【仏教・卒塔婆】お盆にお墓参りに行くとボロボロの卒塔婆があるお墓がありますよね?仏教の教えでは、

【仏教・卒塔婆】お盆にお墓参りに行くとボロボロの卒塔婆があるお墓がありますよね?

仏教の教えでは、卒塔婆というのは7体用意して毎週替えることを教えていますよね?

墓地園が1本だけ卒塔婆を売るということは仏教の教えに反しているのであり得ないですよね?

それなのに古い由緒ありそうな墓地園でもボロボロの卒塔婆が刺さったままの木が茶色く変色して木が腐っているのもありました。

これはどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

>墓地園が1本だけ卒塔婆を売るということは仏教の教えに反しているのであり得ないですよね?

 普通に通販で専門業者がうってます
 そもそも 死んだ人間は仏教でも 後に残る人が仏教だとは限らないです


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報