野村証券
大和証券
マネックス証券
を候補に上げてるのですがどれがおすすめですか?
他におすすめはありますか?
また理由も聞きたいです。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まずネット証券をどう使いたいのか、自分としての使い方なり運用の方針というのが明確でないと、最適の証券会社も選べません。



・松井証券
 10万円以下の約定代金であれば常に売買手数料は無料です。まず少額の投資で、実際に株式投資を経験してみたいということなら
シンプルな画面で、売買手数料も10万円以下ならかからない松井はおすすめです。
・SBI証券
 株式はもちろん、債券や米国・中国などの海外株、投資信託等様々な商品がそろっており、手数料も全般には安めのここはおすすめ。
 とりわけ、新規公開株についてのポイント制度があり、数年に一度程度であれば、有望で利益につながりやすい新規公開株の入手も可能です。
・マネックス証券
 SBIと似ていますが、新規公開株ではSBIの方が上です。
・カブドットコム証券
 様々な割引制度があり、場合によってはかなり手数料は安くなります。信用取引を利用して株主優待だけをゲットする売買に適しています。
 (私は今日もその売買をしていました)
・大和証券
 新規公開株の扱いが多く、その他の債券などの扱いなど、商品は幅広いです。但し、売買手数料は高めです。
・野村證券
 ネット&コールという口座はそんなに売買手数料は高くありません。まれに新規公開株が当たることがあります。
 (先日公開のジャパンエレベーターサービスホールディングスが当たりました)。

それぞれ特徴というか一長一短があります。
まずは松井かSBIあたりで口座を開設して、自分の運用方針なり運用方法が定まってきたら、違うところでも開設するようなことでいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

SBI証券に一票。


手数料、投信のバリエーションや優遇制度、
還元率も群を抜いている。
使いやすさの点ではいまいちだと思います。

個人的には楽天証券もいいです。
機能が充実しているのと、使いやすいと
思うからです。

参考
http://kakaku.com/stock/
    • good
    • 0

個人的なオススメはSBI証券かな。


サービスも手広いし、扱う商品も多いし、手数料も安い方だし、総合力ではかなり上位かと。
とりあえず無難な選択なので、作っておいて損はないです。

ネット証券なんていくらでも口座を作れるので、とりあえずいろいろ作っちゃっていいですよ。

とはいえ、野村證券、大和証券はやめた方がいいでしょ。
あんなのネット証券で使う会社じゃないと思うけど。
    • good
    • 0

個人的には松井証券でしょうか。


ポイントは初心者にも優しい点。
例えばIPO株の応募が初めての場合はやや優遇されます。
実際、初めての応募で郵政が100株当たりました。
何社と掛け持ちして全敗の方々を尻目にビギナーズラックで当選とでも言えばいいのか、
そういう公平さがあるんだなとその時は思いましたね。

ちなみに二回目のIPO(JR九州)は見事に外れましたw
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式投資は数学が得意でないと出来ませんか?

株式投資は数学が得意でないと出来ませんか?

Aベストアンサー

買うとき、売るとき、その差額が損益になります。
また、株の売買で仲介者に手数料を払う必要があります。
それら計算ができなければ、手を出すべきではありません。
数学と言うよりは、算数で充分です。

Q株価予測は人工知能でなぜできないのでしょうか?

人工知能が話題になっていますが、人工知能による株価や先物の予測はおこなわれていないようです。
株価のバックデータから天底のデータを拾い出せば、教師あり機械学習ができないかと素人考えでは思うのですがinternetで探してもそれらしきものはありません。
株価のバックデータから天(極大値)底(極小値)は幾通りもの場合を拾い出すことはできますから、たくさんの異なったサンプルを作ることができますが、これらをAIで処理して必勝法を作ることはできないでしょうか。それとも必勝法は一般に知られると効果がなくなると言われていますから、公開されないだけでしょうか。

Aベストアンサー

人工知能が活躍できないジャンルではないかと思います。


AIが期待されるのは、

「100%的中に近いテーブル索引表(辞書)が存在するはずだが、

 この辞書を作成するのが困難(面倒くさい、把握し辛い)」

というジャンルです。


更に、学習可能と言う条件には幾つか厳しい制約があります。


学習関連の学問はかなり古くからあり、

数学的に「やってみる価値はある。やっても無駄。」を判断するための方法論が

最初に定義され、一つのジャンルになっています。



基礎理論では、相関と無相関と言う概念が重要になります。

これはどんな学習理論であっても、通用する話です。



例えばホワイトノイズについて、

「ある時間における瞬間音量」

は予測できません。

ホワイトノイズは前の値と次の値に関連性が無く、見境無く適当に値を出す性質があります。

こういうのは学習できませんよね。

経験が意味を成しません。


しかし、

一見してランダムに見えるものでも、予想ができるものがあるんです。

学習はそうしたモノに対して出来るのであり、本当に自己相関や相互相関がないものには、

通用がしないんですね。


株価の変動がこれに該当していたら、無駄と成ります。



また、学習が可能とするためには、

「一定の時間性質が変わらないもの」

と言う条件があります。

例えば、ある時間帯はある特徴があっても、

しばらくすると別の特徴に劇的に変化するものがあります。

こういうものを学習させますと、それまでの学習結果が悪影響を与えます。

「あれ、おかしいな。あれ、おかしいな。」

と機械の方が意固地に頑張ってしまいます。

0から学習させたほうが早く答えに追従すると言う結果になるんですね。

株価の変動にこうした性質(ある時期から性質が激変する)があった場合、

的中率が高いソフトほど、あるとき突然、狂った予想をし続ける事になります。

つまり破滅が運命付けられていると成りますね。



そのため、

学習が可能な対象は「緩やかに性質が変化するもの」とされています。

この緩やかと言うのは、必要な学習回数に対して評価されます。

10回経験すればパラメータが収束する場合、100回くらいで僅かに変わる対象は、

緩やかと言えます。

(ただし、大体において満足いくほどの学習をさせるならば、

 10回では不足であり、1000回くらいのチャンスは与えないと無理でしょう。)

冒頭述べました、100%に近い的中辞書が存在するものならば、

緩やかどころじゃありませんから、必ず適用できます。

例えば、「この写真は何?」「猫です。」

こういうものですね。

しかし誰かが悪戯して、犬と言い続ければ、これを学習してしまい、

このAIは意固地に犬と言い続けます。

この場合は、学習済みのパラメータを消去して、最初からやり直します。




総じて言えるのは、

AIのほうが人間より融通がききません。



さて、株価に対しての質問ですから、

実際に作ったら、どうなるか? 少し想像してみましょう。


例えば、ある時の株価が右斜めに上昇しているとしましょう。

すると、次の株価は上がるとAIは答えを出すでしょう。

次に実際は下がったとします、

ですが、「んーでも、しばらくは上がる」と言い続けるでしょう。

途中から、反省したように「下がり続ける」と言い始めます。

あるとき、突然閃いたと言わんばかりに、

「わかったこれはサイン曲線だよ。なので次はあがる。

 そしてしばらくしたら次は下がるよ。」

といい始めます。

この場合は、

このとき多分、たまたま、サイン曲線に似た性質があっただけです。




問題なのは、本当のAIは今の様に言葉にしてくれません。

「おいおい。いったいどんなパラメータがセットされたんだ。

 ちょっと不安になってきた。

 このまま上達していくのか心配になってきたよ。

 学習進んでるの?

 答えてよAIだろ?

 よし、BOTのAIをつなげてみよう。

 『それは猫です。確率85%』

 ああ、心が折れそう。」


さてどう思いますか?

私は、

「凄い。固定的なプログラムでは、出来ないことをしている!

 だけど、君に任せるくらいなら、自分でやったほうが良さそうだ。」

と思います。

自分でやったほうが上手く行くということではありません。

どうせ失敗するならば自分でやったほうが納得がいくという事です。

「それって、単にグラフの線を延ばしただけじゃないの?」

とか疑いながら投資をするのは精神衛生上良くないんではないでしょうか。



AIが活躍できる部分は、

人間が「師に習い、コツをつかめる」そういうジャンルでしょう。

勿論、現在・過去でジャンルと確立しておらずとも、

未来で確立するものも対象です。



AIは「暗黙知を積み重ねたベテラン」と言う概念を機械化したり、

(標準化したりアルゴリズムに置き換える作業をショートカットして機械化する)

数が多すぎて人が把握できなかったため、誰もがやろうとしなかった新しい分野に

対して期待されています。


複雑な手順や場合わけがある作業は、上手に学習が進みません。

この部分を人間が先に把握して、

前処理として別のプログラムで加工する必要が出てきます。

実際はこの部分を作った人のほうが凄いわけです。


ですので、

データテーブルを索引して(辞書を引くような感じ)答えを出すようなものに向いています。

この辞書を作るのが面倒なとき、AIが活躍すると言うわけです。

最後、値が収束すると、変化のしない固定的な辞書ができあがります。

しかし、それが答えであるならば、この辞書を売るほうが良いと分かります。



アカシックレコードと言う言葉を聞いたことがありますか?

学習を積み重ね未来を予想する力と、アカシックレコードどちらが便利でしょうか?

面白いことに、こうした議論は学会などでされています。

最終的には、学習方式はアカシックレコードには勝てない(あたりまえですが)と

証明されています。


例えば、電機メーカーがAIを使った室温制御を装置を作ろうとしたとします。

最初は学習がされていませんので、使い物になりません。

そこで、色んなケースで学習をさせていきます。

「そろそろ出荷したいなあ・・・。

 まあ、もう少しやるか。

 『だめ。暑い。それだと寒すぎ。』

 俺がやったほうがいいわ。」

こんな感じでしょう。

そして、最後、

「xx君、AIの学習は進んだかね。そろそろ出荷したいんだが。」

「はい、大体、良い感じです。」

「じゃあ、その優秀なAIを装置化して製造に回して欲しい。」

「いや、もう学習部分はいりません。このパラメータをロム化して、

 うちの製品に組み込めばいいですよ。」

「いやいや、xx君。それではAIじゃないじゃないか?」

「ですよねえ。学習の段階で新しい入力パラメータが必要なことが

 分ったんです。なんと言うかそっちのセンサー部分が大事でしたね。」

となります。



パラメータが収束してしまいますと、学習部分は必要ありません。

AIがすごいのは、学習回路と索引回路が同一であるところです。

それがある種のアーキテクチャ・マニアにとっては美しく感じられたという

事であって、経済効果があるという事にはなりません。


昔、敵のモンスターを討伐すると、敵を仲間に出来ると言うゲームがありました。

そのためには、レベルを独自に上げて、圧倒しないといけないんですね。

そして、実際、仲間になっても次のステージでは役に立ちません。

「俺が弱かったとき、あんなに強かったのに・・・どういうこと?」

と思った事があります。

(ああ、いま書いてて馬鹿みたいだと思いましたが)

これと同じでして、

AIを強化するためには、如何にしてAIを利口にするか考えないといけません。

そうしませんと、効率が上がらないんですね。

その過程で、対象となる分野の専門知識が必要になります。

言語を解するAIを作るためには、どうしても言語のプロにならないといけない。

「よしよしその調子。ああ、ダメだな。次はあの理論を入れてソースを加工し、

 俺が予想するこのパラメータに如何に早く近づくか試してみるか。

 あれぇ?」

となります。

ですので、

人に習ったり、頼んだりするのが恥ずかしいと感じる人にとって、

ある種のコミュニケーションとして期待されているのかもしれません。

「ほら、どうせ俺に頼めないんだろ。まあ、AIに学習させて置いたから。

 勘違いするなよ。お前のためじゃないからな。俺はただ・・・」

「うわあ、AIってスゲー。へへん。AIがあれば、人間なんか要らないぜ。」

と言う感じですかね。



一つ示唆があるとしたら、

SFとしては、ロマンがある・・・しかし、現実としては、

「AIを売ろうとする技術者を警戒しろ!

 アカシックレコード(学習済み結果)を与えようとする技術者を信用しろ!」

でしょうね。

AIの学習キットを与える人は前者でしょう。

自動将棋のサービスを提供する人は後者でしょう。



ご質問の答えになるかわかりませんが、

私としては美しい技術だと思いますが、

実際のところは、「そんなに良い物じゃない」と、大筋で汲み取ってください。


以上、ご参考になれば。

人工知能が活躍できないジャンルではないかと思います。


AIが期待されるのは、

「100%的中に近いテーブル索引表(辞書)が存在するはずだが、

 この辞書を作成するのが困難(面倒くさい、把握し辛い)」

というジャンルです。


更に、学習可能と言う条件には幾つか厳しい制約があります。


学習関連の学問はかなり古くからあり、

数学的に「やってみる価値はある。やっても無駄。」を判断するための方法論が

最初に定義され、一つのジャンルになっています。



基礎理論では、相関と無相関と言う概...続きを読む

Q株式投資でまともな銘柄を買うとなると、1株あたり1,000円以上の銘柄を選ぶべきですか?

株式投資でまともな銘柄を買うとなると、1株あたり1,000円以上の銘柄を選ぶべきですか?

Aベストアンサー

1株1000円だと、1単元あたりは株価x100株です。
そうなると投資額は10万円です。

もしくは4912ライオンさんとかなら1単元は、株価x1000株。
11:30現在 4912は、1944円なのでx1000株=194万円の投資(1回で)です。


まとも=何に重要性を置いているかです。

利益も継続的に出しているものを狙うのか
それとも、半年ほど前に利益確定で売られて、そろろそ底値をねる付近か。
いずれにせよ、
・底値で買って高値で売る。
・もしくは、○%を守って利幅取る。
・中長期目線  などなど、ご自分のルールを明確にされておいた方がいいです。

Q株初心者で現在勉強中です。素朴な疑問ですがリスクを最小限に抑える為の損切りというものを学んでいる最中

株初心者で現在勉強中です。素朴な疑問ですがリスクを最小限に抑える為の損切りというものを学んでいる最中でございますが例えば持株の価格が下がって来たので手放したいと思いあらかじめ設定しておいた損切りの価格で売りに出した場合売れるものなのでしょうか?例えばオークションのように買手がいなければ売れないのでしょうか?リスク回避の為に損切り設定しておいてもすぐに売れなければその間にますます株価が下がり続ければその損切り設定自体が無意味のような気がします。相当の初心者で申し訳ございませんがどなたかお詳しい方教えていただけませんでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

出来高が日常的にほとんどないような銘柄であれば、気配値のみを切り下げて売れないということも、全くないとは言い切れませんが、
まあ、普通 は買い手はあって売買は成立しますので、設定しておいた損切りの価格で売れます。
基本的に、そんなに心配する必要はありません。

なお、損切りをどう設定するかというのはなかなか難しいです。全体が下落相場だと、買う→損切りを繰り返すことになり、一気にではなくても徐々に
資金を失うことになります。逆に上昇した場合、小幅に利食いをしてしまい、その後の大きな上昇を逃すこともあります。

私自身は、分割して買い下がり、売り上がりのような形の売買が多く、あまり損切りの形はとりません。
大きなポジジョンで、思惑と逆に動いた時はすぐに成行で損切りする場合もありますが。

Q株式投資を始めましたが、資金は1万円なので、リターンは少ないですよね?

株式投資を始めましたが、資金は1万円なので、リターンは少ないですよね?

Aベストアンサー

1万円で購入した株が3%値上がりしたら1万300円。そこで売ったら利益の300円から所得税20%と復興特別所得税(所得税額の2.1%)を引かれます。
あとは証券会社によっては取引ごとの手数料。
年間では口座管理料もありますね。

配当は1株当たりの年度末3月の配当予定額を確認ください。証券会社のサイト等で確認できます。

参考まで。

Q株を始めようと思い今色々勉強しております。初歩的な質問で恐縮ですが例えばyahooファイナンスなどで

株を始めようと思い今色々勉強しております。初歩的な質問で恐縮ですが例えばyahooファイナンスなどで掲載されております業種一覧というものはいわゆる東証一部の業種だけなのでしょうか?それとも掲載されてない業種やジャンル等はあるようなものなのでしょうか?例えばyahooファイナンス以外の同じようなサービスが存在すると思いますがそのサービス別に取扱っている業種が異なるものなのでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.jpx.co.jp/glossary/ka/112.html
業種については上記の日本取引所グループのサイトに記載されています。

質問に回答すると
東証一部だけではない
掲載されていない業種、ジャンルはない、というかどれかにあてはめている。←必ずしも実態的にはその業種にあてはまらないように思える銘柄もあります。
サービス別に取り扱っている業種が異なるといったことはない。

これは別にヤフーファイナンスで勝手に分類しているものではないということですね。

Qイオン株を売りたいんですが直ぐに売れるものなんでしょうか?初めてなのでよろしくお願いいたします

イオン株を売りたいんですが直ぐに売れるものなんでしょうか?初めてなのでよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

それはどういう形で株式を保有されているかによります。

既に証券会社に口座を開設されていて、そこに単元株、イオンは100株単元です、で保有されているなら、
インターネットでも、証券会社の支店へ電話でもして、売買注文を出せばよいだけです。
指値、いくらで売るという注文だと、株価がその値段にならないと売れません。
その値段になっても、注文は成行(いくらでもいいから売ります、買います)の注文が優先で、次が早く
注文を出した順番ですから、自分の注文は約定しない場合もあります。

なお、証券会社に単元株未満の株数を保有している場合は、その売却方法等については証券会社に確認
してください。

従業員持株会等別の形で、個人の持ち株分があるという場合は、持株会等の規定があると思うので、
それに従うということになります。この場合、すぐに売れない場合もあると思います。

Q株価が下がると配当金の額も下がりますか?

株価が下がると配当金の額も下がりますか?

Aベストアンサー

株の配当金額は前期業績に対して決定されて支払われます。
決定後は、会社が倒産とかのよほどの事情が無い限り、そのまま支払われます。
前期株価下落が業績低迷によるものであれば当然配当金も少なくなります。
なお、全ての銘柄で株価と業績が連動している訳ではないので、それが投資の難しさでしょうか。

Q日経平均2万円超えますか。

信用売り残が30%以上になれば底だと聞いたことがあります。

昨日の信用売り残が36%、日経19400円ですので、

もちろんほかにもいりいろ理由がありますけど、

2万円以上は軽い軽いですか。

Aベストアンサー

一気に吹き上げるモーメンタムがあるとも思えないけど、別に最高値更新ってわけじゃないし、このまま順当に景気がよくなるか、円安が進めばいっってもおかしくないと思いますけどね。
信用売りについては何とも言えないね。

Q株のIPOなどで、証券会社の割り当ての本数の1割程度しか ネット抽選に

株のIPOなどで、証券会社の割り当ての本数の1割程度しか ネット抽選に回して無い様ですが
残りは、どうしてるのですか。

教えてください。

Aベストアンサー

日本証券業協会のサイトに以下の情報が掲載されています。

新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況
http://www.jsda.or.jp/shiryo/toukei/shinkikoukai/index.html

エクセルのファイルで、証券会社名をクリックすると、それぞれの証券会社
の新規公開株の配分の状況がわかります。

どれだけが抽選に回るかはそれぞれの証券会社の方針によって異なります。

まず、新規公開の公募株は個人ばかりではなく機関投資家へ配分される分があります。

裁量分以外の単純抽選分については、
どれだけの株数が抽選にまわっていて、どれだけ人気がある銘柄かということに
よって当選確率は大きく違ってきます。

例えば直近に抽選のあったマクロミル。
大和で、家族分含めた4口座で3口座が当選、1口座は補欠でした。

つまりこれは不人気だったということで、こうした銘柄は公募割れリスクも高くなります。

人気が高いものが当たりにくいのは当然のことで、
「当たらない」と嘆くのではなく、「当たる可能性はある」と考えて申し込んでおく
方がいいでしょう。

裁量で配分されている人は、その分、高い手数料等を証券会社に落としている場合が多い
でしょう。

日本証券業協会のサイトに以下の情報が掲載されています。

新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況
http://www.jsda.or.jp/shiryo/toukei/shinkikoukai/index.html

エクセルのファイルで、証券会社名をクリックすると、それぞれの証券会社
の新規公開株の配分の状況がわかります。

どれだけが抽選に回るかはそれぞれの証券会社の方針によって異なります。

まず、新規公開の公募株は個人ばかりではなく機関投資家へ配分される分があります。

裁量分以外の単純抽選分については、
どれだけの株数が抽...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報