しばらく前に頼朝の伝記を探したことがあるのですが、けっこう所蔵冊数がある筈のウチの県立図書館でもこれというものが見つかりませんでした。
こんなに有名な人なのに?と思うととても不思議です。
吉川弘文館の人物叢書にもまだ登場していないですよね。源頼政や源頼光よりは先に頼朝だろう!と思うのですが、何故ないんだろう……。でも人物叢書では平清盛も平成11年の発行ですから、有名な人ほどまとめにくい、という側面はあるかもしれません。

それはそれとして、頼朝の人生を辿る、という視点で見た場合、基本大前提といいますか、王道の本をご存知ありませんか?小説以外の、一応学者さんの本でお願いします。頼朝といえばこの人!という学者さんの名前でも結構です。出来れば1990年以降に発行されたものが希望です。

ちなみに
「頼朝の精神史」(山本幸司・講談社選書メチエ)
は読んでいます。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

学者さんの本になると、1958年発行ですが、



「源頼朝」(永原慶二 著 ・岩波新書)

が少々難しいですが、ベターだと思います。
絶版だと思うので、図書館でリクエストするしかないですね(私は古本屋で偶然購入できましたが(1992年第26冊発行の物))。

ただ、源頼朝については“王道の本”というものは無いと思っています(だから、過去の大河ドラマで源義経・平清盛・北条政子が主人公になったドラマはあっても源頼朝を主人公にしたドラマがない)。
歴史的事実にしても、源頼朝個人の性格についても、諸説入り混じっています。いろんな関連本を読むことをおすすめします。
例えば、昨年発行された、
歴史小説「平家」(池宮彰一郎 著 ・角川書店)
には、頼朝助命の真の嘆願者について意外な人物を挙げていますし、頼朝の性格について‘悋気’という表現まで使っています。
研究書?「源氏と日本国王」(岡野友彦 著 ・講談社現代新書)
には、他人の学説とはいえ、池禅尼と北条氏は縁戚関係にあって頼朝の身柄は保護されていた、という信じがたい学説など、さまざまな興味深いことが書かれています。

長くなりましたが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やー、回答いただいて嬉しいです(^o^)。つかないだろうと思っていたので。

しかし、この本は図書館でチェック済みでした(^_^;)。
古いのは他にもなんぼかあるんですけれど、新しいのがないですよね。あってもいいだろう!という立場にいると思うのだが……不思議です。諸説入り乱れているとして、その諸説を検証したものがあってもいいのに。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/24 21:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本で、担がれた人物は、関東の武士に担がれた、源頼朝・郷土の若者に担がれた、西郷隆盛でしょうか?

司馬遼太郎を読んで触発されました。
一部省略しますが、
“韓は、劉邦という現在の江蘇省の農家のうまれの人物をかつぐことによって興された。”
という部分です。
かつぐというところが、気になりました。
日本で、担がれた人物は誰だろう、と考え、次の二人を思いつきました。
1.源頼朝;北條氏などの関東の武士に担がれて、蜂起した。
2.西郷隆盛;郷土の若者に担がれて、西南戦争に乗った。
質問は、①二人は、担がれたに該当しますか?
②他に該当する人物は何方ですか?

Aベストアンサー

秀頼に関しては、担がれた悲劇。他の織田や今川の関係者たちは、欲を捨てたゆえに、生涯をちゃんと終えることができました。

徳川家康に関しては、信長失脚あたりまで。それ以後は新規召抱えの家臣が増えて、御輿の役割は急激に減ってます。

幕末の薩摩藩では、土佐の個々が脱藩して活動の限界を反面教師にして、藩主を御輿に担ぐ方向に進んでいます。当の藩主が不慮の死を遂げて、次の藩主にも接近という形は、節操がないようにも見える。

Qもし平清盛が源頼朝と源義経を処刑していたらその後の展開はどうなりますか?

もし平清盛が源頼朝と源義経を処刑していたらその後の展開はどうなりますか?

Aベストアンサー

源氏の生き残りは 誰かを統領にして戦うでしょう
隠れている源氏はいくらでも居る
平家は必ず 滅ぼされたでしょう
言い切れる理由に
平家に有能な人が居なかったと言う事と
復習は怖い と言う事です
 
注目したい事は 世界史等からも
この時代から 日本だけでなく
世界規模で戦争の時代に入った
と言う事 

其の発端が 日本は僧侶(保元の乱)
西洋は教会(十字軍)なんですね
ここにも注目

聖職者の堕落が戦争の発端

Q源頼朝の絵について

最近源頼朝の画像が違うって言ってますが、徳川家康も例の画像を頼朝と思ってたのですか?結構昔から間違えてたのでしょ?

Aベストアンサー

あの京都の神護寺が持っているあの絵のことですよね。

あれについては本当に頼朝のものかどうかは論議の的でした。ですからいちよ源頼朝であろうと伝わっているとして”伝源頼朝”と紹介しています。

歴史のことですからこんなことは日常茶飯事です。なんせ言われ不確かなものなんてあるのが当たり前。ですから後から説が修正されるのも当たり前です。

家康だってこれがそうです言われればそうかと思うでしょう自分にそれを否定するものがなければの話しではありますが。

Q源頼政は何とよばれていたか。

源頼政について調べていたら、ふと大河ドラマの義経で源頼朝が挙兵する際に頼政を○○殿と言っていたと思い出したのですが、なんて言っていたかはどうしても思い出せません。どなたか知っている人いませんか?

Aベストアンサー

結論から言いますと「三位入道(さんみにゅうどう)」殿ではないでしょうか。

頼政は、源氏といっても頼朝の血筋の河内源氏ではなく、摂津源氏の棟梁(一族の長)でした。
摂津源氏は多田姓を名乗る者が多いのですが、清和源氏の始祖である頼光の嫡流で、本来は、こちらが本流と言っても良い家系です。
32歳で従五位の蔵人に任ぜられましたが、昇殿を許されたのは、実に62歳の時でした。
その後75歳で従三位を贈られましたが、すでに病気がちで、祝賀の宴も延期したぐらいです。(従三位も、当時は、三位殿と呼ばれた)
しかし、この頃を境として、以仁王に打倒平家をもちかけた張本人です。
そして、源平合戦へとつき進んでいきました。
(参考:平家物語より)

Q源義経、頼朝などの苗字って?

源義経、源頼朝、平清盛、大江広元などには、北条時政たちのように苗字はなかったのでしょうか?

       苗字  氏   諱
北条時政  北条  平   時政
安達泰盛  安達  藤原  泰盛
源 義経  ?    源   義経
平 清盛  ?    平   清盛

Aベストアンサー

苗字(名字)は所領や屋敷の場所などを自称するうちに家名として定着したものですから、法律や権力者の命令によって全国一斉に名乗るのが義務付けられた、というようなものではありません。苗字が定着しても、明治5年までは公式な名称は氏であり、苗字は通称にすぎません。

また、本人が名乗ったかどうかは定かではありませんが、歴史学者の角田文衛は、源頼朝の一族を鎌倉家、平清盛の一族を六波羅家と称した上て、源平合戦という表現は誤解を招くと力説しています。

蛇足ですが、大江広元の子の季光が毛利入道と号し、その孫の時親が安芸国吉田に所領を得たのが毛利家の始まりです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報