最新閲覧日:

ジャンル違いであればお許しください。

よくテレビ映画の場面で、「戦闘中」に(でよいのでしょうか?)ナイフを投げる場面がありますが。

あれは、本当にナイフというのは投げて殺傷力のよろしいものなのでしょうか?

そうすると、ナイフは「射程距離」どのくらいのものなのですか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

一般に飛び道具の威力(殺傷力)は弾(ここではナイフ)が重いほど、また当たる直前の速度が速い程大きくなります。

刃物の場合は鋭利さや刃の硬さ等も影響します。

つまり軽いものでも速く投げれば殺傷力が高くなるし、遅いものでも重ければ殺傷力が出ます。

弾が軽いと小さな力でもある程度の速度を出せますが、空気抵抗に負けやすくなるため射程距離は落ちます。一方、充分な力があれば弾を重くすることでかなり射程距離を伸ばすことができます。ボウガン等は広い意味で投げナイフですが、数百メートルは余裕で飛びます。

というわけで、投げナイフの殺傷力や射程距離は使用する人の力、技術や、使用するナイフの性質によって大きく異なります。

パワーのある人なら少々重めのナイフで数十メートル飛ばすことは可能でしょうし、この場合当たれば(当てるのはかなり難しいと思いますが)十分殺傷能力があると思います。一方、カッターナイフの替え刃だけだったら、どんなにパワーのある人が至近距離から投げても、死に至る程のダメージを与えることは難しいでしょう。

ダーツをする機会があったら試してみると分かると思いますが、結構軽く投げただけでもダーツはボードに根元まで刺さります。ところが直接手に持って刺そうとすると意外に根元までは刺さりません。
このあたりから考えると、それほどパワーのない人でも、ある程度の重さがあるナイフなら、数メートル程度の至近距離から投げてかなりの大ダメージを与えることは可能だと思います。
    • good
    • 0

10m程度ですネ。


スローイングナイフであればかなり投げやすく刺さりやすいですネ。
一般の方でも練習すれば5mくらいは大丈夫でしょう。
コンバットナイフのような重量のあるナイフであれば、当然、エネルギーは大きいですから、かなり深くまでささるでしょう。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

鉄筋を斜めに切った奴を木に向かって投げるとちゃんと刺さります。


距離は5~8mぐらいが限界かな?訓練すればそれ以上いけると思いますけど・・・
余談ですが、旧ソ連のスペナッズの使うナイフはバネが仕掛けられていて、刃先が
飛んで相手を倒すと言うのがありました。殺傷能力はそれなりにあったと思います。
それに、手裏剣って、あるし・・・
    • good
    • 0

どうでしょうね。

。。
例えばですが、
ナイフは普通よく切れますよね。。。
トランプって上手な方であれば野菜が切れますよね?

上の2件を合わせて考えると、急所にあたれば普通は
死んでしまうのでは?傷もかなりのものではないでしょうか。

射程距離ですか。
こればかりは物理学でも学んでいる方でないと詳しくは
わからない気がします。
ダーツをだんだん遠くから投げてみて、よく刺さる距離…
それが射程距離ですかね。
すいません、よくわからない回答してしまって…
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ