零細町工場を経営しています。
リーマンショックの赤字からなんとか立ち直り、少しでも利益の出ているうちに節税も兼ねて…と思い中小企業倒産防止共済に入ってたのですが、今年度で払い込み限度額に達してしまいました。

来年度もし利益が出た場合、倒産防止共済のような節税しつつ会社の資本を増強させられるような方法はないでしょうか?
単に節税するためでしたら役員報酬をあげれば良いのでしょうが、いざ会社が赤字になった時に自分の財布から持ち出すのには抵抗があるため、そうならないよう会社にもなるべく体力をつけておきたいと思っています。

中小企業経営に明るい方がおられましたら、何卒よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

節税対策の面だけで言えば、今すぐの対策ではありませんが、役員報酬を高めに設定し、わざと未払いの部分を作って計上していくのはどうですか?利益が出そうなときに取り崩す訳です。


社長個人の税金は多少上がると思いますが、取り崩したときには純粋な収入として全額手に入ります。
また役員報酬の未払いは借入金には計上されないため、零細企業にはリスクが少ないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報