・回路は、単純な設定として豆電球と電池を導線でつないだ単回路とします。

前から疑問に思っていたことなのですが・・・

(1)回路につながない電池は、正極と負極の間に電位差は生じているのでしょうか?あるいは、回路につながないと電位差は生じないのでしょうか?

(2)回路につなぐと電子が移動する(電流が流れる)その力の源は何でしょうか?電池から周囲の空間に電場が出ていて、F=qEなる力を受けているのでしょうか?あるいは、何か別の力に突き動かされているのでしょうか?

(3)以上の点をふまえて、電池を入れて、回路をつないだ瞬間から、「どのような流れで豆電球がつくのか」について、微小時間のプロセスをふまえて説明するとどのようになりますか?

学校の物理の先生が、「スイッチを入れたら光の速さで電界が広がる」と言ってた記憶があります。でも、その先生、難しい理論を言う上に説明がかなり下手で、一人も授業聞いてなかったんで、先生も意地張ってろくに授業しなくなっちゃってて、授業も荒れちゃって・・・。そんなわけで、今でも半信半疑で気持ち悪いので、ケリをつけたいです!

みなさんどのようにお考えでしょうか?
些細なことでもいいので、ご回答お願いします。

A 回答 (12件中1~10件)

(1) 電池は、化学反応の形で蓄えられているエネルギーを電力エネルギーとして取り出す機構だと思います。

電力エネルギーが貯まっているとも見なせます。電力はe*Vで表せます(e:電気素量, V:電圧差)。したがって、エネルギーが貯まっている電池には、必ず電位差(V)が現れます。
(2)電子の移動は"電池から周囲の空間に電場が出ていて、F=qEなる力を受けている"のだと思います。しかしながら、あまり電子の移動に囚われては本質を見失う気がします。
(3)本サイトの質問No.615057「電球が点灯する順番」が同じ問題を扱ってます。(33件の回答がありましたが結論が出てません)
私の回答もNo.32にあります。
要は、電流の本質は、電子の流れでなく電界の時間変化だと思います。

物理の先生の説明は間違ってないと思います。しかし、十分とは言えないですね。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=615057
    • good
    • 0
この回答へのお礼

目から鱗です(((( ;゜Д゜)))
正に、お聞きしたかったことが論議されていました!

本質問に対する皆様のご回答とあわせて、大体のイメージは掴ませていただきました。ただ、やはり電磁気学の理論を私はあまり深く学んでいないので、その考えは「保留」しといて、書物や大学で詳しく学んでから結論を出したいと思います。

d9winさんのおっしゃる通り、私は本質を捉えようとして、電子の移動を考え、それに囚われ過ぎて、結局本質を見失っていたようです。まだその本質は見えていないのですが・・・。

とても参考になりました。お礼申し上げます!

お礼日時:2004/08/21 19:53

(1)


基本的に回路を組まずに電位を測定することは出来ません。
要するに、テスターを当てたことによって回路が作られると、
そこに電位差が生まれるわけです。ですから、電流を流すこ
となく電位のみを測定することは出来ませんし、そういった
電流がゼロの想像的な電位差は意味がありません。

100Vの電線を想像してみてください。
100Vの電線を触ったところで、地表面(N極)にさえ触れ
なければ、感電しません。空気が絶縁物となっているから、
そこには電流が流れておらず、電位差が生じていないのです。
ではそこで、電位差を測定してみましょう。テスターの片方を
地表面に、そしてもう片方を電線を持った人の足に。電位差が
測定できた途端に人は死ぬでしょう。

(2)
答えられません。

(3)

  |-A-|
  v   v
--[スイッチ]-[電球]-- 
|           |
-[-電池+]-------
※Aはテスター

スイッチをオンした直後は、短絡状態になります。何故なら、
プラス極に近いスイッチの端子と電源のマイナス極間を、無限大の
内部抵抗を持つテスターで測定すると電源そのものの電位が出てく
るからです。(乾電池1個ならAのテスターは1.5Vになる。)
それをスイッチのマイナス極側に繋ぐのですからまさにショート
状態となり、どかっと電流が流れるわけですが、ショート直後で電
位が低すぎるためまだ電球はつきません。後はLとC成分で振動しながらI=E/Rとなるでしょう。あとは課題とします(笑)。
オシロスコープ片手に波形を見ながら想像してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーむ、質問の趣旨とは異なってますが、実際的なお話ですね。

前者の方は、鳥が感電死しないのと同じ理屈ですね~

後者の方は、短時間の変化を肉眼で捕捉できるのでしょうか?コンデンサーをつないだ回路の、スイッチON直後のI-tグラフは、微分方程式で出してみましたが・・・課題です。あと、LとCとは一体なんでしょう?

ご回答ありがとうございます!

お礼日時:2004/08/22 06:45

 NO7Abyssinianです。



>えと、先生のお話、お気に障ったようでしたら、お詫び申しあげます。

 いや、批判精神それ自体は一向に構わないよ。君の批判精神を押さえつけたのではありません。(個人的な事を書くと削除対象なので書きませんが)僕は日本の一般の生徒達の過剰な服従に驚きました。このサイトで僕は、誤った情報を質問者に教えてるもののいくつかに異義を書きました。そしていくつかは削除を受けましたが、これからも書きます。だから僕は君の批判精神を尊重します。
 しかし今の問題は、教員との心情的対立で熱くなった頭のままで考えると、教員が口にした説明を、心情的に否定してしまう恐れがあります。電池のことも、その恐れがありそうだと思いました。

 そして、もし君が科学好きな少年なら、あまり、ネットや通俗科学書から断片知識を覚えない方がいいよ。ヒヨコは最初にみたものを親だと思うのと類似の刷り込みがなされてしまう。理科好きな少年は、旺盛な想像力で自己流の体系を構築してしまいがちなので、あとで苦労します。
 特に相対性理論に関しては、時代錯誤でマユツバな講釈が多いので、ネットのページや本一冊の中で、良い箇所と誤ってる箇所の判別が、まだ高校数学を学習途中では付けられないから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Abyssinianさん、アドバイスありがとうございます。

まさに、今の高校生は塾に行かないと勉強ができなく、その塾の講師に身を完全に委ねてますね。教師の説明が判りにくかったら、自分で考えようともせず授業を聞かない。私は塾には行かず自学自習するタイプなので、そんな周りの態度は、同じ理系として信じられませんでしたが。

ただ、やはり一人では視野が狭くなりがちなので、こうしてネットで知識を広げておくのもいいかなと思い、最近このボードを活用し始めました。ただおっしゃる通り、想像力で体系を補いがちなので、アドバイス肝に銘じておきたいと思います。

一晩考え、件のダニエル電池、やっとわかりました(汗
「Zn板をZnSO4溶液に浸しても、Znイオンが既にあるから溶けださない」と思い込んでいたので、「電位差が生じない」と思っていたのですが、それが誤りでした・・・。

お礼日時:2004/08/22 01:20

すいません。


確かに電位差はありますね。
ただ空気は絶縁体なため電流が流れないだけというわけですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのですか!空気は伝導性が低いのですね。

そういう現実に即した考え方がなかなか教科書には載ってなく、自分でも考えられないので、何か科学についての本を読もうと思います。まぁ確かに、電気をバンバン通してたら怖いですけどね(汗

お礼日時:2004/08/21 19:39

回答に対する判断は、質問者にお任せします。



金属内での電子の動きは非常に遅く、電流は速いと言うことに対して、参考書を紹介します。
「科学常識の盲点」橋本尚 著
BLUE BACKS 講談社

その本には「電気は光速で走るが、電子はミミズより遅い」という表題で、トコリテンを事例に挙げて説明しています。

断面積が1平方センチの電線に150アンペアの電流を流した場合、電流は光速で流れるが電子(自由電子)の流れる速度は毎秒1mm程度だそうです。
電子は「のろのろ」動くのだが、動けという命令は」電子から電子へと光速で伝わると表現しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答ありがとうございます。

面白そうな本ですね☆
明日ジュンク堂に行くので、早速目に通したいと思います!

他に、何か電磁気について分り易い説明をしてる本がありましたら、是非ご紹介お願します。

お礼日時:2004/08/21 19:34

 ダニエルでも何でも良いが電池に関して、NO1の回答を異様に感じて驚くのが普通なのだけど、質問者がそれに同調するのを見てこっちが驚きました。


 高校教員の弾劾は置いといて、虚心に電気化学の基礎、イオンとは何か電解液に漬けた金属表面で何がどうなってるのかを学びなさい。

 次に、金属内の電子については、量子力学に基づいてない解説や物語的説明がネット上に氾濫してるのでそんなのは全部無視した方がよい(君の自由だが)。変に染まってしまうと半導体などの正しい理解の妨げになるよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるべく基礎・原理・ミクロな視点で学ぶように心掛けているつもりですが、どうであれ、私のネットでの回答に対してすぐに結論をつけようとした態度は、真に軽率であるとしか言い様がなく深く反省しております。

普段の受験勉強では、電磁気学はそういった深い認識は殆ど必要ないのでいいのですが、ふと電池と電流についてミクロに視点を移した際に、混乱してしまい、回答してくださった方の意見にすぐ同調してしまいました。

そして、#10の方のURLを見て、私自身、自分の疑問点がうまくまとまっていないことを深く認識しました。右も左もわからぬレベル故、曖昧な態度をとってしまい、ご教授下さる皆様には深くお詫び申しあげます。また、改めてこの場をお借りしてお礼申しあげます。

さっさと受験を済ませ、大学に行ってから自分で「正しい理解」というものです(TдT)

abyssinianさん、少し手厳しいご意見有難うございます。

えと、先生のお話、お気に障ったようでしたら、お詫び申しあげます。ただ、電界が関係あるのかなと思ったので、ついつい余分に書いてしまいました(==;) 

お礼日時:2004/08/21 19:34

電流が流れる速度と電子の移動速度とは異なります。


電流はプラス極からマイナス極に向けて光速で流れますが、電子はマイナス極からプラス極に向けて、非常にゆっくりと流れていきます。

これに関しては、No.5の方が説明されてる通りだと思います。
つまり、電線の中には初めから電子が存在します。
その中に1つの電子を押し込むと、反対側から1つの電子が押し出されます。
1つ電子が押し込まれたという情報が光速で伝わり、次の瞬間に押し出されるのです。
それ故、1つの電子が押し出されるまでの間に、少し時間が必要です。
しかし、1つの電子だけに注目すると、それはゆっくりとした動きなのです。
電子は静止質量を持っていますので、もし光速度で動いたら、アインシュタインの相対性理論に基づき、質量は無限大となり、大変なことになってしまいます。

なお、電流がプラスからマイナス極へと電子の流れとは逆方向になるのは、情報の流れる方向を人がそのように定義したからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

電流というのは、光速で伝わる情報のようなものと捉えるべきなのですね。文字通り、「電」子の「流」れと今まで捉えていました・・・うーむ。

お礼日時:2004/08/21 19:31

電位差についてです。


富士山の頂上を4Vと仮定します。^^;
起電力1.5Vなら電位は3合目辺りですね。
※起電力0Vの場合の電位は0です。
回路に繋がない場合、電力は発生せず、起電してません。

バッテリー液の場合、-端子に-イオンが移動します。
+端子には回路からの-電子が移動した分だけ押し出されます。
(3)もこれで説明出来ます。

どんなに回路が長くても、電子が一個回路に入れば電子が一個回路から押し出されます。

※金属の持てる電子は決まっていて、飽和しているのです。ここに1個電子を入れれば1個電子が出てきてしまいます。

理論的には、30万キロの回路でも一瞬で付くのはこういう理由です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「金属内に電子が詰まっていて、電子は押し出される」
というイメージを他の方もおっしゃってますが
私にはこういう根本的な考えが落ちていました(><)''

お礼日時:2004/08/21 19:30

(1)


回路につながなくても、正極と負極の間に電位差はあります。
棒磁石の周囲に磁場があるのをイメージできますか?
それと同じように、電場があるのです。

ダニエル電池云々の話をされていますが、どのような電池でも、電位差はあります。


(2)
F=qEの力を受けて、電子は移動しています。
抵抗があるので、定常状態では、一定速度で電流が流れます。


(3)
(1)と(2)を踏まえての説明は出来ません。何十段飛びの、いきなりの説明になってしまいます。(笑)

要点を説明しますと、
回路をつないだ瞬間から、電場は、導線内を非常に速く伝わり、一定になります。
電場が導線のある一箇所に伝わった瞬間から、そこの電子が移動し始めます。
豆電球のフィラメントに電場が伝わった瞬間から、フィラメントの中の電子が移動し始め、豆電球が点灯するのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっき家に帰り、#10の方の参照URLを見て、私にはまさに何十段飛びの話であると思いました(==;) 

的を得たご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/21 19:30

(1)について


回路につながっていなくても,電池の正極と負極の間には「電位差があります」。電位差があるので,回路をつなぐと電流が流れるのです。
ではなぜ電位差があるのか(生じているのか)? 電池内部の化学反応によって,電子がマイナス極に集まっているし,プラス極には電子が不足しているから,です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「電位差がある」という意見は、#1の方と対立しますが、ダニエル電池はどうなんでしょうかねぇ?

まぁ、あくまで「理論」なので、こだわり過ぎるのもNGかなと自覚はしてるのですが・・・。

お礼日時:2004/08/20 23:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電池2本用モーターを電池4本で回すときつなぐ抵抗の大きさ

電池2本で回るタイプのモーター(ミニ4駆とかのやつです)を2個並列にし、電池4本を接続して、2個のモーターを回す際、モーターを保護するために、抵抗を接続するのですが、何Ωの抵抗を接続したらよいでしょうか?
使用する電池は、エネループです。

Aベストアンサー

電池2本で回るモーターを電池4本で駆動するためには、
「抵抗」によって電圧をちょうど2分する必要があり、
すなわち「抵抗が」モーターと同じだけの電力を消費する必要があります。

ところが、モーターはかかっている負荷によって電流(消費電力)が変わる、という性質があります。負荷が重い場合は大電流、負荷が軽い場合は小電流。
そういった変動する「電力」と、同じだけの電力を「数値固定の抵抗」で消費させるようにすることはできません。
固定抵抗を繋いだ状態だと、
「モーターの負荷が軽い」→「電流が小さい」→「抵抗にかかる電圧が下がる」→「モーターにかかる電圧が上がる」
「モーターの負荷が重い」→「電流が大きい」→「抵抗にかかる電圧が挙がる」→「モーターにかかる電圧が下がる」
といったことになってしまいます。
軽負荷で電圧を2分できるような抵抗だと、高負荷時に電圧が下がりすぎる=モーターが回らなくなることになりますし、
高負荷で電圧を2分できるような抵抗だと、低負荷時に電圧が上がりすぎるため、モーターの保護にならなくなってしまうのです。

基本的に電池4本で、電池2本用のモーターを駆動するということは、
電池2本分のエネルギーを捨てるということですから、
回答1さんのように電池2本駆動するようにするのが正当です。

ですが、どうしても電池4本で動かしたいのなら、
整流用ダイオードを直列にする、という方法があります。
細かい電圧について話をすると、
「電池2本で回るモーター」は、乾電池(1.5V)2本の3V駆動です。
一方、エネループ(ニッケル水素電池)は1本1.2Vなので4本で4.8V。
そのため、「電流に関係なく、1.8Vの電圧を下げる」必要があります。

シリコンダイオードは、流す電流の大小にかかわらず、1本で約0.6V電圧が下がる、という性質があります。
そのため、ダイオード3本直列にすれば、0.6×3=1.8Vで、電池4本の4.8Vから1.8V電圧が下がった3.0Vがモーターにかかるようになります。

電池2本で回るモーターを電池4本で駆動するためには、
「抵抗」によって電圧をちょうど2分する必要があり、
すなわち「抵抗が」モーターと同じだけの電力を消費する必要があります。

ところが、モーターはかかっている負荷によって電流(消費電力)が変わる、という性質があります。負荷が重い場合は大電流、負荷が軽い場合は小電流。
そういった変動する「電力」と、同じだけの電力を「数値固定の抵抗」で消費させるようにすることはできません。
固定抵抗を繋いだ状態だと、
「モーターの負荷が軽い」→「...続きを読む

Q回路の電位を求める問題の解説が分からないので教えて下さい 1: 式5、6で求める電位差を「aとb」と

回路の電位を求める問題の解説が分からないので教えて下さい

1:
式5、6で求める電位差を「aとb」と「aとc」としていますがなぜ「aとb」と「aとc」なのでしょうか。片方が「aとb」ならもう片方は「aとd」になるような気がしますが適当なのでしょうか

2:
式6でV3=40+V2としておりますがどういう考えでこのようになるのでしょうか。
式5で左側のループで100=V3+V1と考えているのだから右側も40=V3+V2よりV3=40-V2となるのではないのでしょうか
そもそもV3には電源40Vから右側のコンデンサに掛かっているV2を引いた電圧がかかるのでやはり40V-V2となるのではないのでしょうか

Aベストアンサー

>なぜ「aとb」と「aとc」なのでしょうか
「aとd」で式を立てると
40=V3-V2
ですが、これは⑥と同じ式です。つまりどっちでも同じです。

>40V-V2となるのではないのでしょうか
電圧の向きをよく見ましょう。40VとV2は同じ向きです。

Q単3電池2本のポケットラジオを

単3電池2本のポケットラジオを
使っているのですが電池がなくなってバッテリーチェッカーで残量をみると1本はゲージが赤いゾーンに
入っているのですが、もう一本は黄色でまだ少し使える状態で時計やリモコンに使用しています。
そこで質問ですが、何故2本の電池の残量に差ができるのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

もしかして100円ショップ等の中国製の安物電池ではないでしょうか?
電池は科学物質ですから材料の純度や調合の正確さで容量のバラツキがでます。
日本製の大手メーカではバラツキも最小限に抑えられているでしょうが中国製の製品はどれでも信頼性の高い物は少ないようです。
他の商品でも同様ですが「安物ではこんな物」と納得するしかないでしょう。

Q物理の直列回路の問題について質問です 問題 起電力E,内部抵抗rの電池にRの抵抗をつなぐ。抵抗Rでの

物理の直列回路の問題について質問です


問題
起電力E,内部抵抗rの電池にRの抵抗をつなぐ。抵抗Rでの消費電力Pを求めよ。また、Pを最大にするにはRをいくらにすればよいか。

解答
I=E/R+r
P=RI^2
=R(E/R+r)^2
=RE^2/R^2+2Rr+r^2
=E^2/R+2r+(r^2/R)
=E^2/(√R - r/√R)^2 + 4r

ここで質問です
R+2r+(r^2/R)から(√R - r/√R)^2 + 4rにするには、どのようにして計算するかがわかりません

途中式、解説よろしくお願いします

かっこの中が0になるとき、Pは最大。

かっこの中が0になるとき、Pは最大と解答に記載されていましたが、なぜPは最大になるのでしょうか?

∴√R=r/√R
∴R=r

それぞれの解説よろしくお願いします

画像は、解答冊子に記載されていたものです

Aベストアンサー

R+2r+(r^2/R)
= (√R)^2 + 2r + (r/√R)^2  ←式①としておきます
=(√R)^2 - 2r + (r/√R)^2 +4r と書き直します・・・もちろん、これを計算すると元の式に戻りますね。
すると
=(√R - r/√R)^2 + 4r ですね(^^)
なんで、こんな式変形をするかというと、分子の E^2 は一定であるから、Pが最大値になるときは、分母が最小のはずです。
ところが、式①のままだと、式①=(√R + r/√R)^2 = R + 2r + (r^2/R) の最小値は?ですね。
そこで、式を (・・・ - ・・・)^2 の形に書き直してしまおうと言うことです。
そうすると、明らかに(・・・ - ・・・)^2 の最小値は0ですよね(^^v)
そして、分母の最小値は 4r ・・・なぜかというと、(・・・ - ・・・)^2 は負の値にならないので、さっきも書いたとおり、この部分の最小値は0です
したがって、Pが最大になるときは、( )内が0であるから、
√R - r/√R = 0
のときで、分母が最小値 4r になるときである、
・・・です(^^)

ちなみに、写真の下の方に見えている(別解)のように、相加平均と相乗平均の関係を使って解くこともできます。
高校物理でのテクニックが必要な最大値・最小値の問題は、この程度なので、ここでマスターしておくといいですよ(^^v)
(1)式を(・・・ ー ・・・)^2 の形が出てくるように書き直す
(2)相加平均と相乗平均の関係を使う

R+2r+(r^2/R)
= (√R)^2 + 2r + (r/√R)^2  ←式①としておきます
=(√R)^2 - 2r + (r/√R)^2 +4r と書き直します・・・もちろん、これを計算すると元の式に戻りますね。
すると
=(√R - r/√R)^2 + 4r ですね(^^)
なんで、こんな式変形をするかというと、分子の E^2 は一定であるから、Pが最大値になるときは、分母が最小のはずです。
ところが、式①のままだと、式①=(√R + r/√R)^2 = R + 2r + (r^2/R) の最小値は?ですね。
そこで、式を (・・・ - ・・・)^2 の形に書き直してしまおうと言うことです。
そうす...続きを読む

Q単三電池2本で駆動する各社現行コンデジ

各社発売中の現行コンデジの中で、単三電池2本で駆動する仕様のコンデジのラインナップを教えてください。
社名と機種名、型番、特徴などわかると嬉しいです。
目標は、単三電池2本駆動各社現行機器機種型番一覧の網羅です。
ご協力ください。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

まずはこれ。
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/a810/index.html
http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s30/spec.htm

あとはいちいち探すの面倒くさいので、これらが気に入らなければご自分で探してください。

可能性があるのは
Panasonic
富士フィルム
Olympus
などです。

Q電池、抵抗の直列回路、電流の大きさと電池の寿命の関係などについて

(1)乾電池1個に豆電球1個をつなぎます

(2)乾電池1個に豆電球2個を直列につなぐ。

(3)乾電池2個を直列につなぎ、これに豆電球1個をつなぐ。

ここで問題です。(2)、(3)を(1)と比較します。

(2)の場合、抵抗が(1)の2倍になるので、流れる電流は半分になり、
 電池の寿命は(1)と比べて2倍になります。

(3)の場合、電圧が(1)と比べて2倍になります。
 ということは、
 オームの法則から、流れる電流は2倍になります。
 それで、電池の寿命は、(1)の半分になります。

ここで、疑問が湧いてきます。

仮に(1)で電池の寿命を100秒、流れる電流を1アンペアとすると、(3)では電流が2倍流れていますので電池の寿命は50秒になります。
この仮定を前提として

(1)で電流が1アンペアとするなら、1秒間に1クーロン、100秒で100クーロンが、導線というか豆電球の回路の断面を通過することになります。

(3)では、電圧が2倍で電流が2アンペアなので、1秒間に2クーロン、電池の寿命は50秒なのでやっぱり100クーロンが豆電球を通過。

けれども、ここが合点がいかないのですが、

電池が2個あるので50秒間に1個につき100クーロンの電気量が流れ出たとすれば2個で合計200クーロンの電気量が流れ出たことになります。
すると、残りの100クーロンはどこへ行ったのでしょうか。

(1)乾電池1個に豆電球1個をつなぎます

(2)乾電池1個に豆電球2個を直列につなぐ。

(3)乾電池2個を直列につなぎ、これに豆電球1個をつなぐ。

ここで問題です。(2)、(3)を(1)と比較します。

(2)の場合、抵抗が(1)の2倍になるので、流れる電流は半分になり、
 電池の寿命は(1)と比べて2倍になります。

(3)の場合、電圧が(1)と比べて2倍になります。
 ということは、
 オームの法則から、流れる電流は2倍になります。
 それで、電池の寿命は、(1)の半分...続きを読む

Aベストアンサー

単純に、電池は電気素量を持っているのではありません。単なるポンプですから、一個の電池がくみ上げられる量が決まっているだけです。
 他の電池が持ち上げたものを、そこからさらに上に持ち上げるだけ

Q単4電池2本と単5電池3本の違い

ペンライトに使用したいのですが
単5電池3本と
単4電池2本
どちらも使用可能のようですが
どちらがより強く光るとか
どちらがより長持ちするとかはあるのでしょうか?
検索してしましたが解決しなかったので
誰か、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

1.5Vの乾電池なら、三本を直列にしたら、4.5Vです。二本を直列にしたら3.0Vですから、三本の方が明るくなります。

Q電流源を使った回路の電位計算

添付画像のような電流源の回路で、SWをONした場合、out電位はどう求めればよいのでしょうか?
SWがOFFしている場合は、Vout_off=V*(Rb/(Ra+Rb))=8.91[V]ですが、ONした時には、Ra*Ics=0.3V電圧が下がってVout_on=8.91-0.3=8.61[V]のような考えでは間違っていますか?

基本的なことなのかと思いますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

重畳の理が楽でしょうね。
電流源開放で
vout=V・Rb/(Ra+Rb)
電圧源短絡、電流源接続で
vout=IcsRaRb/(Ra+Rb)

この2つの電圧の和が、sw=ONのときのvoutです。

Q電池一本で動作する機器に電池2本を並列でつなげば動作時間は倍?

いろんな電池駆動の機器を使っていて稼働時間に不満を持つことがあり、なんとかできないかと考えています。

方法の1つとして、家庭用電源から電力供給を考えているのですが、電気的な技術・知識はあまりないので、いきなりそこに手をつけるのは若干気が引けています。

そこでまず、電池1本で動く機器に電池2本を並列でつないだらどうか?と思いました。
単純に、稼働時間が倍になるだけで危険性はない・・・と思っていいんでしょうか?

Aベストアンサー

大丈夫ですよ。同じメーカー、製品なら何十本でも並列に繋げてもまったく問題ありませんよ。
ただし、連続運転定格時間のあるもの(モーター等)は動作時間には
注意してくださいね。

Qコンデンサと豆電球

コンデンサと豆電球について質問があります。
中学理科のオームの法則程度は知っていますが、
コンデンサについては素人です。(充電されると電流が流れなくなる程度の知識)

豆電球Bとコンデンサを直列につないだものと、豆電球Cを並列につなぎ、
その並列部分と豆電球Aを直列につなぎ、その両端を電池やスイッチにつないで、
回路をつくります。
スイッチを入れるとしばらくして豆電球Bは消えると思うのですが、
消える前後で豆電球AとCの明るさは変化しますか?

     ー豆Bー∥ー
ー豆Aー        ーー
     ー豆Cーーー

こんな感じです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

豆電球の抵抗をR、電源の電圧をEとすると
流れる電流は

豆電球Aについて
 スイッチ入れた直後IA(0)=E/{R+(R/2)}=(2/3)(E/R)
 スイッチ入れて十分時間経過後IA(∞)=E/(2R)=(1/2)(E/R)
 電流が減少するので豆電球Aの明るさは最初より暗くなる。

豆電球Cについて
 スイッチ入れた直後IC(0)=E/{R+(R/2)}/2=(1/3)(E/R)
 スイッチ入れて十分時間経過後IC(∞)=E/(2R)=(1/2)(E/R)
 電流が増加するので豆電球Aの明るさは最初より明るくなる。

豆電球AとCの明るさは、スイッチ入れて十分時間経過後は同じ明るさになる。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報