質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

なぜ、低気圧の場所では、上昇気流が起こるのですか??
また、高気圧の場所では、下降気流が起こるのはなぜですか??
中学2年でも分かるように教えて頂けたら嬉しいです(﹡´ `﹡)

A 回答 (4件)

地面や海面で空気が暖められて上昇気流がおきるとどうなりますか。

空気圧が軽減しますね。つまりその場所は気圧が下がる。上昇気流があるところが低気圧。低気圧だから上昇気流が起きるということではありません。
高気圧は上空で空気が冷えて重くなった空気が落ちてくる。下降気流ですね。ここでは下に押さえる力(風が吹いてくれば世風圧を感じたり、体が流されます)が生じる。従って気圧が高くなる。
    • good
    • 2

それは定義が逆で、上昇気流が起こると空気が足りなくなり、低気圧になります。

だから低気圧の定義は「周囲より気圧が低い場所」ですから1,013hPaより気圧が高くても周りがそれより気圧が高ければ低気圧になります。高気圧も同じ。
    • good
    • 0

上空の高い所では空気は薄いか、無い。



低気圧は圧力が弱いから周りから空気が入るが、上に空気が無いから下から入る空気が多くなって上昇気流になる。

高気圧は圧力が強いから周りへ空気が出るが、上に空気が無いから下へ出て行く空気が多くなって降気流になる。

下の図の通り。
「なぜ、低気圧の場所では、上昇気流が起こる」の回答画像3
    • good
    • 0

気圧が低いのは、空気の密度が少ないので軽い。


高気圧は、その逆で密度が高く重たい。
密度が高ければ、密度が薄く軽い空気の方に流れてきます。
其の高気圧の流れに押されて、低気圧は上に流れて上昇気流と成ります。
その隙間を埋めるために、さらに高気圧は低気圧の下に流れ込み、その流れが下降気流と成ります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング