冬物クリーニング最大49%OFFはコチラ

冬に発生するシベリア高気圧や、夏に発生する太平洋高気圧について質問です。
冬の場合
太平洋側は暖まりにくく冷めにくいため夏の熱をまだもっており、上昇気流が発生し、低気圧となる。
大陸側は暖まりやすく冷めやすいため冬になると冷たくなり、下降気流が発生し、高気圧となる。
下降気流は上空で冷たくなった空気が落ちてきたものですよね??けれど、この場合、大陸側は冷たいため、上空からおちる空気も落ちれないんじゃないでしょうか??
春休みの課題をしていて、疑問におもいました( ´ㅁ` ;)
どなたか解説して頂けないでしょうか??ヾ(・ω・`;)ノ

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

高気圧、低気圧の定義は、地上の平均気圧1013hPaに比べ高いか、又は低いかでは決まっていません。

その決め方は、周囲に比べ気圧が高ければ高気圧と称しています。地上付近の風は、海風・陸風にみられる現象で日中は地上が海面より早く温められ、空気の流れが海から地上に向かい、一方夜間は、地上が海面より速やかに冷却され、空気の流れは逆転し、地上より海に向かいます。季節風(夏季、冬季)の風もこれと同じ現象で、夏季では海洋より大陸に向かって風が吹き、冬季には大陸より海洋に向かって吹きます。さて、質問の冬季の気流ですが、海洋では上昇気流(低気圧)が発生し、それを補うため大陸より海洋に向かい下降気流(高気圧)が発生します。しかし、上空では季節に関係なく地球の回転の影響で一定の西風が吹いています(気象庁のwebページで上空の風力、風向等が発表されている)。説明が足らないか、又は間違ったことがあるかもしれませんので、気象学の専門である気象庁のWebページ等で確認されるようお願います。追記、その他気象に関する信頼のおけるWebページは多数あります。
    • good
    • 0

地表近くの温度が下がるのは「下降気流」によるものだけではないよ。


北極から流れ込む寒気によるものと、「放射冷却」によっても温度は低くなるからね。
冬場の天気予報をよく聞いいていればわかるはずだが、「北極からの寒気団」と言うのもあるのでね。
関東地方ではよく起きる現象で、風のない晴れた日の夜に起きます。
この場合、下降気流は全く起きません。
高気圧や低気圧は、上昇気流や下降気流だけでできるわけではないんだよ。
    • good
    • 0

地球上の「大きな」大気の流れは、


・赤道付近の上昇気流(太陽熱に起因する温度上昇による)
・中緯度地方の下降気流(上記の上昇気流の対流による)
・極地域の下降気流(太陽熱がないことに起因する温度低下による)
・高緯度地方の下降気流(上記の上昇気流の対流による)
です。これにより、世界中に「偏西風」「貿易風」が吹いています。

下記を参照:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%8F%E8%A5%BF …

これに加えて、東アジアでは、「ユーラシア大陸」と「太平洋」があることにより、「季節風」が吹きます。上に書いた地球全体の空気の移動に「局地的な空気の移動」が加えらます。
夏は、大陸の地表温度が上昇することで「上昇気流」が起こり、そこに向かって太平洋から空気が移動します。
冬は、大陸の地表温度が下がることで「下降気流」が起こり、そこから太平洋に向かって空気が移動します。
これらは「安定して一定」ではなく、偏西風に乗って「周期的に」繰り返される形になります。たとえば、冬であっても毎日「冬型」の気圧配置ではなく、「冬型が強まったり、弱まったり」、あるいはまったく冬型ではない日もあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング