なにが30%なんでしょうか?何を何でわって0,3という数字が出てきているんでしょうか?それと、30%ってどれくらい雨が降りそうなんでしょうか?
見た感じだとあまり降らなさそうなんですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

そうですよね。

降るなら降る!降らないなら降らない!ではっきりとした言い方をするなら0%か100%のどっちかだろー・・・と思います。
天気予報では「降水確率」といってますが、実際には「雨が降るという予想が当たる確率」だと認識しています。
    • good
    • 0

そうですね、降水確率30%はほとんど降らないと思います。


では、逆に考えてみましょう。
「雨の降らない確率70%」
ほとんどの人が「雨は降らない」と思うのではないでしょうか?
    • good
    • 2

これは昔テレビで、子供でもわかるように説明していました。


例えば、午前中の降水確率30%というのは、午前中、家から外へ10回出入りしたとしたら、そのうち3かいは雨
に遭うという事でした。
私も、なるほど分かりやすいと感心しました。
    • good
    • 3

 はい。

定義としては下記の方々であってるんですが、実際にはそういうわけにもいかないので、「100ヶ所観測所中、何ヶ所で雨が観測できることを期待できるか」でやってます。
 で、この観測の定義についても、たしか「1時間で5mm以上の雨が降ること」とかなんとか決まりがあります。でも数字はうろ覚えです(^_^;
    • good
    • 0

過去の統計で、同じような雲の分布や気圧の状態を表しているデータを抽出して、それが10回中3回雨が降ってたら、30%です。

    • good
    • 1

同じような天気が100回有った場合、30回は雨が降ると言うことです。


この場合の「雨」とは、1mm以上の雨量のことです。
下記URLは気象庁のホームページです。
一度ご覧ください。

参考URL:http://www.kishou.go.jp/know/yoho/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qずっと雨が降っているのに降水確率60%?

前の日の晩から翌日の夕方過ぎまで、ずーっと雨が降ったのに、
その日の天気予報の午前中の降水確率は60%でした。

あまつさえ、その日の朝のニュースの予報でも同じく60%。

「今、雨がふっとるやないかーー。外見てみいーー。」

と思いました。何故、100%の予報が出ないのでしょうか。

そもそも、この%の意味は何なんでしょうか?

ご存じの方、お教え下さい。

Aベストアンサー

過去に同じような気象条件の日が100回あったとします。そのうち60回雨が降っていたら、降水確率は60%になります。

今雨が降っていてもその6割に当たっただけ。数値はコンピュータがはじき出すのでその数字を出しているだけです。

参考URL:http://gendai.net/contents.asp?c=053&id=143

Q雨降ると気温って下がるんでしょうか?

雨降るとその日の前後より気温が下がる傾向にあると思うんですが雨降るとやはり気温は下がるものなんでしょうか?

昨日も(東京)けっこう暑かったのに雨降った途端少し涼しくなったので気になりました。

Aベストアンサー

  こんばんは。

 確かに雨が降ると気温は下がります。

 それと、気温が高くて地面、都内でしたらアスファルトが熱せられて表面が熱くなっていますが、雨水で冷やされるのと、打ち水の原理で水が気化するときに周囲の熱を奪うので気温が下がって涼しくなるといういくつかの理由が重なって、涼しくなるということです。

 真夏の夕立ちの後はとても涼しくなるというのもその理由です。

Q雨の日に歩いてる時、滑って転びそうになった事ってありますか❔雨の日は床や路面が濡れているため時々転び

雨の日に歩いてる時、滑って転びそうになった事ってありますか❔雨の日は床や路面が濡れているため時々転びそうになります。実際に転んだ事もあります…(軽いすり傷でしたが)私は普段スニーカーですが、転倒を防ぐにはどんな場所を歩くと良いですか❔

Aベストアンサー

転んでしまうことはあります・・・。
こっぱずかしいですが。それで作業服のズボンを破ってしまいましたね。

>私は普段スニーカーですが、転倒を防ぐにはどんな場所を歩くと良いですか❔
⇒こまかな段差の無い所。
 会談のような段差ならばきちんと意識するけど、意識しないほどの高さの段差につまずくのが一番いや。

Q雨が降る前兆?

先日、天気予報で雨が降ると予想されていた日の前日の
晩に、ふと空を見上げると月の周りにうっすらと輪が
かかっていました。
そう言えば、雨が降る日の前の晩にそういう現象が
起こると言うのを、昔何かで(誰かに?)聞いた事がある
のを思い出したのですが、この説は本当なのでしょうか?
また、何が原因で起こる現象なのでしょうか?
どなたかご存知の方お願い致します。

Aベストアンサー

おはようございます。

>でも何で丸くなるんでしょうねぇ?そこまではわからないですよね…

詳しくは説明できませんが、ある程度は分りますよ。あの傘の正体は虹なんです。
巻層雲とは、細かい無数の氷の結晶が集まって出来たもので、その氷の結晶が短い六角柱をしているために、月の光を屈折させて小さな虹の輪を作るのです。
通常出ている虹も実はまん丸なのです。普通は半円部分しか見ることが出来ませんが・・・で、何故丸くなるかと言うと、水滴や氷粒を通った光の屈折は、ある決まった角度で全ての方向に同じように屈折するので、この氷の粒それぞれが出した光の方向を全て合わせると、光のすすむ向き(=太陽と正反対の方向)を中心として丸い形で出てくることになります。月の傘の場合は、それが、暗い夜空をバックにくっきりと浮かび上がっていると言うわけです。

小学生の頃に実験しましたが、真っ暗な箱の中にドライアイスの煙をつめて電球などを入れると、同じ現象が出来ますよ。

Q雨が降った時に・・・

かなりどうでも良い質問なのですが、以前から気になったっていたので教えてください。

雨が降った時にもし、傘を持っていなかった場合、
A・歩いた場合
B・走った場合
どちらの方が濡れないのでしょうか?

Aベストアンサー

ぬれる量は雨に打たれていた時間に比例します。
したがって走ったほうが濡れる量は少ない。のですが単純にはいえない。と申しますのは走ると雨に打たれる面積が増えるのです。ですので距離によっては歩いたほうが少ない場合もある。ま、大体走ったほうが濡れが少ないと考えていたらいいのではないかと思います。
 昔、急に雨が降ってきたときに猫が走って家に帰って来たのを見て、「う~む、猫でも走ったほうが濡れが少ないのを知っているのだな」と思った。でもこれは濡れるといういやなことから逃げているだけというのが本当ではなかろうかとその後思うようになった。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報