『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

はじめまして。最近友達の薦めで地方競馬を始めました。友達が言うに地方競馬は普通の競馬より荒れやすく大穴も良く来るみたいな話を聞いたので始めました。
だけどいざ始めたら、いざ大穴賭けたら本命が来て、本命賭けたら穴が来たりなかなか当たりません。いつか万馬券を当てたいので3連単大穴に1000円とか良く買います全然当たりません。やっぱり高めを狙うより安いけど当たりやすい単勝や複勝とかの方が良いでしょうか?今まで3連単以外買ったことがありません。3連単以外に初心者用のおすすめの買い方ってありますか?
ちなみに初めてまだ2週間ですが少し調子のって使っていたらすでに10万程負けています(T-T)
こんな自分ですが誰か良いアドバイスをもらえたらと思い投稿しました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「普通の競馬」というのが何なのかよくわからないのですが……


地方競馬の場合、例えば、金沢競馬のレースに出走するのは金沢競馬の所属馬が大半。岩手競馬に出走するのは岩手競馬に所属する馬が大半……と、その競馬場に所属する馬に限られます。つまり、所属している馬の層が薄いのです。また、同じように騎手の層も薄くなります。
そのため、同じような相手とばかりレースをすることが多くなり、一本かぶりの人気が発生することが多くなり、それこそ、単勝1.1倍とか、馬連で1倍台みたいなガチガチの人気で決まる一方、その一本かぶりの人気馬が崩れたときにとんでもない高配当が発生する、という形になるわけです。中央競馬の場合、競走馬の層も、騎手の層も厚いので、一本かぶりの人気になりづらく、その分、とんでもない高配当も出にくい、ということになります。

そのうえでいうなら、大穴の3連単に1000円を賭ける、というのはバカのやることです。
大穴の馬はなぜ大穴なのか? 答えは簡単で誰も買わないからです。
先に地方競馬は馬や騎手の層が薄い、と書きましたが、それと同じように地方競馬は売り上げが非常に少ないです。1点に1000円も買ってしまったら売り上げが大きく変わり、配当は一気に落ちてしまいます。地方競馬のオッズを見ていると、締め切り5分前は単勝3倍くらいあった馬が、締め切り直前になると1倍台になる、なんていうことがしばしば起こります。中央競馬でこれだけの変化は、何千万円の大量購入とかが必要になりますが、地方競馬では数万円程度で十分に起こるのです。
層の薄い地方競馬で人気薄の馬、というのは、上位人気の馬とは実力差が歴然と評価された結果です。敢えて、そういう馬から狙うのであれば、1点に1000円を賭けるより、100円ずつ10通り買うような買い方の方が賢い買い方と言えるでしょう。
    • good
    • 0

NO2さんの話がまずは正解で


そのうえで、競馬場の形が小さい
中央競馬だと1600m以上が
地方だと、標準で1400mぐらい、川崎だと1200m
これで何がおこるかというと
相対的にカーブ、曲線を走る部分が多くて
直線で加速できる部分が少ない

私のホームコース、川崎はさらに特殊で
1200mなのに直線が300mぐらいある
ということはバンク半径がかなり小さく
コーナーで速度がかなり落とされるので
直線だけでは差し切れない
なので、3各入りでどれだけリードをもっているかというのが
勝負のポイントで、これ以外では(逃げ馬のガス欠以外)
勝ち目がない
というワンパターンの競馬でしかないので
どちらかというと本命重視です

で、これまでの話をまとめると
地方競馬で大穴が出る場合というのは
単純に騎手が失敗してやらかしたケースのほかには
騎手の層の薄さによる・・・・
馬主も慈善事業じゃないしねー
そりゃ平均的に賞金ほしいよねーという
八・・・・

なぜか現地の観客は気づくから配当がおかしくなるんだよね
    • good
    • 2

当てても幾ら残るかが大事で、金残すのは1本買いで馬連を買う事です。


データーを整理すると以外に人気順1〜4が多いと思います。単勝人気と見比べて一本買い(5倍〜12倍)程度で選んで頑張ってください。
運だけですよ。
競馬場付近には考えて考えて貧乏人が沢山いるでしょう?
ハマると怖いよギャンブルは! 3連単は夢の夢
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。大穴の3連単より馬連で賭けた方が効率が良さそうですね。
今度から馬連で頑張ります!ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2017/04/03 09:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【競馬予想していて気付いたんですけど】 競馬の予想ではなく過去のレースで何着にゴールしたっていう記録

【競馬予想していて気付いたんですけど】

競馬の予想ではなく過去のレースで何着にゴールしたっていう記録が残っていますよね?

それで過去10戦、20戦で1着になったことがある馬だけを選んでたら1着、2着を複数回取ってる馬って珍しくて殆どの馬が過去10戦で1着が3回の馬が1-3頭で、他の馬が1-2回で2回が1、2頭で1回が4頭。

15頭出馬で9頭が過去1勝以上で残りの6頭の馬が1着に1回もなったことがない馬なんですね。

なんで過去に1着が一回もない馬が出場するのだろう?

って自分が馬主になった気持ちで考えたんです。

するとこのレースには勝てるかも知れないって思って登録してると思うんです。

要するに過去10戦、20戦で1勝した馬と2勝した馬の馬券を買うより

0勝で初めて1勝が付く可能性の方が1勝の馬が2勝になるより確率が高いんです。

ということは過去10戦で3勝してる馬がいるレースは掛けないかその馬を買う。

で、過去に3勝の馬が1頭か0頭のレースで0勝の馬を買うんです。

そしたら人気もないので倍率も高いし過去に1勝、2勝してる馬が2勝、3勝になるより確率は高いは払い戻しは大きいので0勝の馬が出馬してる小さい重賞レースでない無名のレースほど0勝の馬が1勝あげるチャンスのレースとも言えます。

この買い方どう思いますか?

もとから負けるレースに馬主は出さないでしょ。勝てるレースだと思って出馬登録するわけですよね?

重賞の場合はやはり力がある馬が出馬するので10戦で3勝している馬は1-3頭なのでそこを軸にして買うべきですけどショボい小さなレースだと過去1、2勝している馬を買うなら0勝の馬を買うべきだと結論に達したんです。

【競馬予想していて気付いたんですけど】

競馬の予想ではなく過去のレースで何着にゴールしたっていう記録が残っていますよね?

それで過去10戦、20戦で1着になったことがある馬だけを選んでたら1着、2着を複数回取ってる馬って珍しくて殆どの馬が過去10戦で1着が3回の馬が1-3頭で、他の馬が1-2回で2回が1、2頭で1回が4頭。

15頭出馬で9頭が過去1勝以上で残りの6頭の馬が1着に1回もなったことがない馬なんですね。

なんで過去に1着が一回もない馬が出場するのだろう?

って自分が馬主になった気持ちで考えた...続きを読む

Aベストアンサー

どこの国の競馬の話をしているのでしょうか?
少なくとも、日本の中央競馬でないことだけは確かですが。

中央競馬のレース体系は、完全な勝ち上がり制で成り立っています。
中央競馬のクラス分けは、レベルの高い順に……

オープン
1600万円条件
1000万円条件
500万円条件
未勝利

という5段階になっています。そして、500万円、1000万円というのは、1着(重賞レースだと2着も)になったときだけに加算される賞金額で分けられています。ですので、基本的に、500万円条件は1勝馬のレース、1000万円条件は2勝馬のレースです(ただし、降級制度とか、重賞で2着とかによって、多少の例外はありますが)
出走したい、という馬が少なかった場合は、下のレベルの馬が格上挑戦することは可能ですが、少なくとも未勝利馬と3勝、4勝している馬が一緒に走ることはありません。
同じレースで走っている、ということは少なくとも過去、同じ程度の勝利数を挙げている馬たちです。


一応、競馬法ではすべての馬は、勝利を目指さねばならない、とはされています。
ただ、実際問題として明らかな実力不足で、勝ち目がなくとも出すことは多くあります。

中央競馬で1頭、競走馬を所持すると維持費が年間で1000万円以上かかります。月100万円くらいです。これは出走しようがしまいが同じです。
中央競馬のレースに出走し、完走すれば、それだけで出走手当として数十万円のお金が入ります。1着にならずとも、2着なら1着の40%、3着なら26%、4着なら15%、5着なら10%の賞金が入ります。さらに、レースによっては、そこに諸手当が入ります。
2着、3着くらいだと実力上位でないと難しいでしょうが、5着、6着くらいならば、レースの流れなどによっては実力不足の馬でも十分にあり得ます。

どこの国の競馬の話をしているのでしょうか?
少なくとも、日本の中央競馬でないことだけは確かですが。

中央競馬のレース体系は、完全な勝ち上がり制で成り立っています。
中央競馬のクラス分けは、レベルの高い順に……

オープン
1600万円条件
1000万円条件
500万円条件
未勝利

という5段階になっています。そして、500万円、1000万円というのは、1着(重賞レースだと2着も)になったときだけに加算される賞金額で分けられています。ですので、基本的に、500万円条件は1勝馬のレース...続きを読む

Q【競馬】日本の馬主オーナーランキングにハマの大魔神こと佐々木主浩が載ってないのはなぜなんですか? ド

【競馬】日本の馬主オーナーランキングにハマの大魔神こと佐々木主浩が載ってないのはなぜなんですか?

ドバイの国際大会で優勝して7億円の賞金を獲得してるので上位にいるはずなのに名前が載っていない。

なんで?

Aベストアンサー

それはデータの取り方の問題だと思います。
オーナーだけでなく、調教師ランキングでもジョッキーランキングでもそうなのですが、「JRAのレースでの成績」とか「海外での成績は含まない」とかの前提でランキングを作成するほうが主流ではないかと思います。
海外だと国によって賞金体系が大きく違うので、一緒にして考えるのは決して適切ではないということなのでしょう。

Q家族の通帳ですが、 日本中央競馬会へ1万、2万 と手数料のようなものが何度も何度も引き落とされていま

家族の通帳ですが、
日本中央競馬会へ1万、2万
と手数料のようなものが何度も何度も引き落とされていました。
本人は、日本中央競馬会を通して租税公課の支払いをした、と言っていますが、そんなことは可能でありえることなのでしょうか。

Aベストアンサー

>日本中央競馬会を通して租税公課の支払いをした、と言っていますが
そんなことあり得ません。
インターネット経由で馬券を買っていて、それに使った額が引き落とされているのです。
中央競馬は毎週開催されていますから、毎週買っているのであれば、週一回ペースで通帳残高の変動があるはずです。
しかも引き落としばかりが目立つみたいなので… 馬券の成績は芳しくないのかもしれないですね。

ちょっと調べればすぐウソと分かる言い訳をしていますから、露見したら露見したで構わない、と思っているのでしょう。
追求しても開き直るんじゃないかなあ。

Q一進一退、6週連続競馬

5週間連続勝ちっ放しです。今週も少しプラスになりました。ノルマを5000以上の儲けにしているので、メインレースに託します。今週も勝ちそうだな、、6週連続勝ちっ放しなら、もはや、運ではないですよね?成績の分析が上手になりました。

Aベストアンサー

購入レースと買い目と購入金額を書いたほうがいいと思う。
終わったレースはいいから、これから発走するレースね。
そのほうがここを見ている皆さん、分かりやすいと思うよ。

Q競馬5週間連続勝ちっ放し。辞めるべき?

この5週間連続勝ちっ放しです。
この間の累計儲けは81000円になりました。血統とかわからないので、馬の成績だけ良く見て、自分が強いと思った馬を単勝で、500円ずつ、4頭買ったりするスタイルです。時々、オッズ15倍、24倍とか的中させています。
でも依存症が怖いです。
6週連続に賭け金を3倍にして挑もうと思うのですが、辞めた方がいいかなあ。毎週3万儲けるためです。月に10万のノルマ。甘いかな。
でも、まぐれで、こんなに連続して勝ちませんよね。勝ち方が、少し分かった気がしています。

Aベストアンサー

何度も同じ質問しないで

Qサンデーサイレンスはなぜあんなに優秀な子孫を残せたのか?

サンデーサイレンスはなぜあんなに(競走馬として)優秀な子孫を多く残せたのですか?
他の種牡馬と何が異なるのでしょうか?
たまたまでしょうか?

Aベストアンサー

サンデーサイレンスの種牡馬としての最大の特徴は、非常に高い瞬発力です。
ディープインパクトは勿論のこと、ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、アグネスタキオン、デュランダル……などなど、ここ一番で、とんでもない末脚を発揮して他馬を抜き去る、という競馬を得意とする馬が多くいます。
アメリカ競馬のように、どちらかというと先行馬がつぶし合って決着、というようなレースでもなく、かといって芝が深く、瞬発力が発揮しづらい欧州競馬でもない、日本の事情にマッチしていた、というのがまずあると思います。

で、これはおそらく、父の父、ヘイルトゥリーズンからの傾向なのではないかと思います。
というのは、同じヘイルトゥリーズンの直系であるリアルシャダイ、ブライアンズタイムなども日本で成功しています。


と、同時に、サンデーサイレンスが圧倒的な存在感を持てたのは、サンデーサイレンスが輸入、種牡馬として活躍するのと同じ時期に、日本の競馬場事情が大きく変わってきた、ということも大きいと思います。
サンデーサイレンスは1988年~90年にアメリカで競走馬として活躍し、日本へ種牡馬として輸入されました。この80年代末~00年代の期間というのは、日本の競馬場自体が大きく変わった時期とも重なります。

サンデーサイレンスと同時期に日本で活躍したオグリキャップの映像などを見ると、冬場のレースでは芝が真っ黄色に枯れ、馬たちは土ぼこりをあげながら走っている様子が見えます。しかし、現在、冬場のレースの映像を見ても、芝は青々と茂っており、土ぼこりが上がるようなことはありません。これは、当時と現在では芝そのものが違うからです。
かつて、日本の競馬場の芝は、日本に自生していた「野芝」と呼ばれる芝を用いていました。この野芝は、寒さに弱く、冬場になると枯れてしまいます。それが、かつての真っ黄色に枯れた芝コースになる原因でした。また、寒さに弱いため、札幌競馬場では芝が育たず、札幌競馬場はダートコースしかありまえんでした。
ところが、80年代末くらいから、寒さに強い「洋芝」の導入が始まり、従来の野芝と新しい洋芝を合わせて用いるオーバーシードという方法が採用され、日本中の競馬場に広まっていきました。枯れてしまって馬たちが土ぼこりを挙げて走るような芝コースと、緑に保たれている芝コース、どちらが走りやすいかは一目瞭然でしょう。つまり、芝の変化というのは、サンデーサイレンスの子が、その持ち味を発揮しやすくなる要因として機能した、というわけです。

また、競馬場そのものも回収によって、広く、直線が長い方向へ、という傾向が見えます。それを象徴するのが、新潟競馬場の大幅改修で、それまでは広い外回りコースで1800Mほどだった一周が、01年からは外回り1周2200Mほどと大幅に広まり、直線650Mは東京競馬場よりも100M以上も長い直線になりました。
いくら瞬発力があっても、小回りで直線が短いコースでは、いい脚で追い込んできたけど届かず、ということが起こります。しかし、それが広くなれば、そういう馬が有利になります。このような傾向も、サンデーサイレンスの子にとって有利な条件という風に言えるでしょう。

つまり、サンデーサイレンスのすごさというのは、他の種牡馬の子と比べてはるかに高いレベルにある瞬発力を伝えたこと。
そして、ちょうど、サンデーサイレンスが輸入され、種牡馬として活躍する時期に、日本の競馬場の芝の改良、コース自体の改修が行われて、サンデーサイレンスの武器となるものがより発揮しやすい状態が作られていた、というのも大きいと思います。

サンデーサイレンスの種牡馬としての最大の特徴は、非常に高い瞬発力です。
ディープインパクトは勿論のこと、ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、アグネスタキオン、デュランダル……などなど、ここ一番で、とんでもない末脚を発揮して他馬を抜き去る、という競馬を得意とする馬が多くいます。
アメリカ競馬のように、どちらかというと先行馬がつぶし合って決着、というようなレースでもなく、かといって芝が深く、瞬発力が発揮しづらい欧州競馬でもない、日本の事情にマッチしていた、というのがまずあると...続きを読む

Q競馬5週連続勝ちっ放し。辞めるべき?

競馬の勝ち方が最近分かった感じで、5週連続勝ちっ放しです。この間の累計黒字は81000円になりました。少額を4頭くらい、自分が強いと成績を見て、思った馬に賭けるやり方です。このやり方で、毎週1万は稼げる様になりました。ただ、依存症が怖いです。休日も潰れますし。仕事はしていますが、もっと稼いで、お金貯めて、自分の小さなマンションを買いたい夢を持っています。賭け金倍にしようかな。もし、年間100万くらい競馬で稼ぐなら、確定申告しないとですよね。勝ちレースの記録をエクセルに付けた方が良い?依存症になりますかねぇ。

Aベストアンサー

今勝ってるお金だけで続けるのなら問題ないのでは?負けても元々無いお金だし。それ以上手を出す可能性があるのなら今やめといた方がいいですね。賭け事はあくまで遊びです。

Q【競馬の競走馬がゴーグルを付けているのは馬が花粉症だからですか?】 それとも風除けで目を保護して早く

【競馬の競走馬がゴーグルを付けているのは馬が花粉症だからですか?】


それとも風除けで目を保護して早く走って貰うためにもの?

Aベストアンサー

競走馬がつけるメガネ状のものですが、形からすると、おそらくはブリンカーか、パシュファイアーだと思います。

ブリンカーは、前の回答者様が書かれている通り、競走馬の視界の一部を遮ることで、余計なものをみて驚かないように、という意図で装着されます。
サラブレッドをはじめとする馬という動物は、自分の真後ろ以外、大体350度くらいの場所が見える、と言われています。つまり、背後に何かあればそれも目に入ります。そのため、レース中、後ろに馬がいたりすると、その馬のことが気になって暴れてしまうとか、そういうこともあります。そこで、ブリンカーをつけて、後ろが見えなくなるようにしてそれが気にならないようにする、というわけです。
ちなみに、鼻の部分にボア状のものをつけるシャドーロール、目の後ろの部分にボア状のものとつけるチークピーシーズも、視界の一部を遮ることで、という意味では同じような効果を狙ったものといます。

一方、パシュファイアーというのは、目の部分をネットで覆ったものです。
質問文に馬も花粉症? とありますが、意図としてはそれに近いです。
競走馬はレース中、隊列になって走りますが、そのとき、特にダートでのレースなどでは前にいる馬が蹴り上げた砂などが目に入ったりすることがあります。馬の中には、それをきっかけにレースそのものが嫌だ、という風になってしまうものもいます。
そこで、目のところに覆いを作ることで、前の馬が蹴り上げた砂などが目に入らないように保護する、という目的でつけられます・

競走馬がつけるメガネ状のものですが、形からすると、おそらくはブリンカーか、パシュファイアーだと思います。

ブリンカーは、前の回答者様が書かれている通り、競走馬の視界の一部を遮ることで、余計なものをみて驚かないように、という意図で装着されます。
サラブレッドをはじめとする馬という動物は、自分の真後ろ以外、大体350度くらいの場所が見える、と言われています。つまり、背後に何かあればそれも目に入ります。そのため、レース中、後ろに馬がいたりすると、その馬のことが気になって暴れてしま...続きを読む

Q【競馬で馬券を買っている人に経験上の質問です】 ギャンブルで当たる確率が上がる方法を考えてみた。 こ

【競馬で馬券を買っている人に経験上の質問です】


ギャンブルで当たる確率が上がる方法を考えてみた。


これは競馬での話。

競馬で勝つ方法として

1:まず予想する 馬券は買わない

2:予想が外れたら当たるまで予想を繰り返す。馬券は買わない。

3予想が当たった次の予想は実際に買う。


ハズレが大半。なので当たる運気が回って来たときに実際に買うわけです。

そこで競馬で馬券を買っている人に経験上の質問です

当たりの次はハズレ?当たり?どっちの方が経験上多いですか?

当たりの次のレースは当たりやすいですか?

それとも外れ、外れ、外れ、当たり、外れ、外れ、外れ、当たり、外れ、外れ、外れ、当たりみたいな感じですか?

経験上を教えてください。

数学の統計学や確率は毎回のレースごとに確率はリセットされるので走る馬数分の1の確率で当たるのは変わらないのは分かって質問してます。

ただし同じ日の連続したレース予想での話とします。

Aベストアンサー

運気って言っている時点で確率もくそも無いでしょう

Qノミ屋について質問です。 漫画「代紋TAKE2」を読んでいて思った事ですが、競馬で一般人の方がノミ屋

ノミ屋について質問です。
漫画「代紋TAKE2」を読んでいて思った事ですが、競馬で一般人の方がノミ屋を利用していますが、リスクの有るノミ屋をなぜ利用するのでしょうか?

Aベストアンサー

現在はインターネット投票も普及していますが、昭和の頃は競馬場や場外発売所(WINS)まで赴かないと馬券を買うことはできませんでした。
そういう場所から近い人はいいですけど、そうではない人にとって馬券購入は難作業だったのです。
更にそれぞれ仕事等の事情もありますから、買いたいレースを買うという当たり前のようなことが結構大変だったのですよ。

ノミ屋も色々ですけど、電話だけでも受けてくれます。
当たっても少し差し引かれるのが普通ですが、その手軽さがどれだけ貴重だったかというのは想像しやすいのではないでしょうか。
それが、ある時代にノミ屋が幅を利かせていた理由です。


人気Q&Aランキング