日本家屋が減っている理由は?

最近洋風(というか無国籍)な家が増えて日本家屋は殆ど見掛けなくなってしまいました。近所に新しく建つ家も洋風ばかりです。これから先日本家屋が増えることは有り得ますか?
洋風の建物ばかり増えているのは日本がすぐ真似をしたがるからでしょうか?
私の知り合いに「和風の物は古くさい、洋風の物はお洒落」と言っている人がいました。今建物を作ってる人達は皆このような事を考えているから、洋風の建物をわざわざ日本に建ててしまうんですか?
日本家屋が減った理由として「木をいっぱい使うからよく燃える、地震に対する耐久性がないから」と知り合いは言っていました。
確かによく燃えるかも知れませんが、地震に対する耐久性が無いわけではないと思います。日本は昔から地震が多いので地震大国と呼ばれています。そんな国で昔から作られている建物なんだから、先人の知恵が詰まっていてむしろ耐久性はいい方だと思います。
日本家屋が減ってしまった本当の理由は何なんでしょうか。

さっきから日本家屋って何回も言っていますが、昔の造りそのままの家を増やせと言っている訳ではありません。現代に適した自然災害に耐えられる建築法で、外見を和風にする事は可能だと思います。何故それをやらないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

職人が減るから。


日本家屋なら 左官がいない。
大工仕事も 墨付けや切り込みが 出来ない人が大半。
プレカットで CADに打ち込むのみ。
ハウスメーカーが増えて デザインが 統一化している。【大量生産】
もし 日本家屋したいなら 県外から 宮大工 から 左官まで 半年かけて して貰うしかない。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

職人さん自体が減ってきているんですね…残念です
皆さんありがとうございました

お礼日時:2017/04/03 08:36

1)NO1さんの指摘通り、腕の良い大工さんが、殆どいない、からです。


  宮大工のように、技能を伝承されている少数の方々はいますが、それ以外は
  見つけるのも難しい。

2)需要と供給の関係から、本物の大工さんのお願いすると、
  工事代金が非常に高価になる。

3)使用材料も、本物の材料を使うとなれば、そういった供給体制自体が
  ほぼ壊滅しているため、非常に高価なものになる。

4)構造上、瓦屋根は、地震に対して不利(頭でっかち)なので、
  被災時に倒壊の危険が大きい。

5)現代人が必要としている住環境を、伝統的な日本家屋で実現させるのは、
  ほぼ不可能に近い。
  取り分け、断熱。

6)その他
  その他、考えれば幾らもありそうです。
  
  伝統的な日本家屋が何を意味するか?も考える必要がありますが、
  例えば、「漆喰」「土壁」は、職人、材料の入手困難さの他に、
  本当に、それらの壁を採用した時、断熱材の入り込む余地は無い。

  勿論、壁を二重構造として、表面上は漆喰壁とし、内部は断熱材挿入、と
  言う事も可能ですが、そういった細工をした途端、「漆喰」や「土壁」は、
  単なる「デコレーション」になってしまいます。

  それを称して、本当に日本家屋と言えるのか?は、甚だ疑問だと
  思っています。

  安い居酒屋の民芸調と同じです。

  少なくとも、伝統的な日本家屋が、復活する可能性は、
  可なり、難しい、と思っています。
    • good
    • 4

一つには昔ながらの日本家屋(在来工法)を建てられる大工さんが減ってるのです。


なぜ減ったかと言うと工場で作ってそれを運んできてポンと置くだけのプレハブ住宅がローコストで工期も短いという状況から日本家屋の需要が減ってるのです。
一軒建てるよりも数軒、数十軒ぶんの建材を仕入れた方がコストが抑えられるから同じような建売住宅を一度に建てて売ります。

なんでもそうです。
手作り手仕事で人間が作ったものよりもオートメーションで作られた物が重宝で安い。
人が手をかけたものは贅沢品になってます。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ?日本家屋の減少、西洋家屋の増大 

近年、日本に昔からあった乾拭き屋根の家やどの部屋も畳の家が少なくなってきていると思います。それは時代のニーズなのでわかるのですが、そもそも日本という地域に西洋家屋が合っているのでしょうか?風土が違えばその地域に適した家に発展するものと思われます。それをまったく違った所の家を持ってくるとはどういうことなのでしょう?日本家屋と西洋家屋の違いについて、また、なぜこんなにも外国の家が増えたのか、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

瓦葺屋根や畳の家が減っている大きな理由は、やはり生活様式が戦後急激に変わったからでしょう。
昔は複数世代が同居していましたが、現在ほとんどの世帯が核家族です。また生活様式が欧米のスタイルになり、そうした家具に合わせるためにも床の間が必要になりました。
そのため新しく建てられる家は、そうした家庭が求めるものとなり、西洋家屋が増えたのだと思います。

日本家屋は風通しがよく、西洋家屋と比べ温暖多湿な気候に適しています。しかし現在クーラー、暖房が家に備わるようになり、風通しよりもむしろ気密性の高い西洋建築が求められるようになったのもひとつの理由でしょう。

Q家屋(建物)のミステリー

こんにちは。見て頂いて有難うございます。





マンションでも一軒家でも、分からない点があります。


家屋の目に見える部分のトラブルは、自分でやるなり、業者に頼むなりして修理が可能だと思います。ちょこちょこっと修理すれば良い。


ところが、たとえばマンションの壁の中を走っている電線だとか、床の下を走っている水洗トイレのパイプだとか、その他もろもろ手の届かない部分に生じたトラブルなどには、一体どうやって対処するのでしょうか?


考えても分かりません。


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電気については、前の方の回答通り、壁の中に電線管が埋め込まれているので、トラブルがあれば、その線を引っこ抜けばメンテナンス出来ます。

問題は給排水です。これは床下(スラブ下かスラブ上か)に通っていますので、トラブルの際は、床をめくるか天井をめくらないと対処できません。
これ以上詳しいことは省きます。長くなるので。

Q土地と家屋で所有者が異なる家屋に関する苦情について

土地は登記上現在私の名義になっていますが、その土地に立っている家屋は他人名義になっています。

祖父の代のころに土地を貸し、その上に家屋を建てたと聞いてます。ところが、この家に住んでいた所有者が亡くなり、この家屋を相続する身内もいないことから数年間放置したままとなり、屋根等が崩れ落ちかけている危険な状態で、隣の住人から家を修復するか取り壊すか何とかしてほしいと苦情を言われ続けております。

確かに土地の所有者は私ですが、私が家屋の処分をする義務があるのでしょうか?

Aベストアンサー

先ず1点目として、
地代を受け取っていなければ、使用貸借(無償貸借関係)だと思います。
使用貸借は借地人が死亡した時には契約は終了しますので、既に契約は
終了していると思います。
使用貸借が終了した際には建物を収去して更地で明け渡す事が民法で定め
られています。明渡の義務は建物権利の相続人にありますから明渡の請求
は相続人ににおこなうことになります。

2点目として、借地の権利が消滅しているとしてもその上にある建物は
他人の財産ですから、明渡の請求はできても勝手に処分することは許さ
れていません。必ず相続人(正確には権利継承者)に処分請求する必要に
なります。
ここで問題があります。それは、相続人がわからないとか相続放棄され
ている場合です。こうした場合には相当手間がかかります。

細かい事はこれから追々調べてもらう事として大まかにいえば↑のような
事ですので、先ずは建物所有者の相続人を探すことと隣の住民には事情
を話してしばらく待ってもらうしかないと思います。

Q燃えないゴミ?燃えるゴミ?

お菓子の袋(個別包装)に「プラ」と書かれていて
時計周りに「→」マークが2個あるのですが、
これは燃えないごみなのでしょうか?

Aベストアンサー

プラスチックは不燃ごみまたはリサイクルごみ
可燃ごみでは無いことは確かです。
燃やすと有毒ガスが出るためです。

自治体によって違います。

Q地震による建物の崩壊確率

鉄筋コンクリート5階建て(昭和53年5月施工)ビルの5階に住んでおりますが、もし震度7級の地震が起こった場合、建物は崩壊するのでしょうか?もちろんどのような地震かとか、揺れの長さがどのくらいかとか、地盤の固さがどれくらいとか、いろいろ条件によって違うと思いますが、単純にどうなのかしれたいです。ちなみに耐震補強等はビルにはしておりません。なにせビルが建って35年近くたちますので。どなたか解答お願いします。

Aベストアンサー

宮城県の不動産業者です。
もし直下型(阪神淡路の様な)なら倒壊もあるでしょう。東日本大震災のような地震ならば、倒壊は考えにくいと思います。が具体的な調査無しではなんとも回答できる方はおりません。
東日本大震災の事例で言えば、S48年~S55年ぐらいまでのRCのマンションやビル等、地震後に全壊認定を受けた建物はかなりありますが、地震時に建物(該当するビル)が倒壊してお亡くなりになった事例は無いと思います。(天井や壁の崩落は除く)
S55年築のRCの大規模賃貸マンションが以前の耐震診断で0.65程度の数値しかありませんでしたが、建物が倒壊はしていません。しかし全壊認定で危険建物扱いになり、立ち入り禁止で現在もそのまま廃墟となっています。数億程度の解体費用もかかることから、処分もままならない状態ですね。
小さなビルですと建物内部での耐震補強はむずかしく、(簡単に言うと建物内部にとても太い柱を支持層~5階まで何本か通すので、使用できないスペースが多く生まれるため)どうしても建物外部での補強が主のようです。鉄骨でブレスを作ったような感じです(学校など良くありますね)
ビル周辺に、空間がなければむずかしいですし、とんでもない費用がかかりますからあまり現実的ではありませし、耐震補強はあくまでビルが震度6程度で倒壊しない補強工事で、命は助かるでしょうが、その後にそのままビルが使用できるという保証はありません。
実際に耐震補強済みのビルが震災後解体という事例もあります。
私は技術者ではありませんので、あくまで経験上の一例です。
5階が居住用のスペースならば下階が店舗や事務所でも、建物全体地震保険は加入できますから万一現在加入されていないならば、加入してください。

宮城県の不動産業者です。
もし直下型(阪神淡路の様な)なら倒壊もあるでしょう。東日本大震災のような地震ならば、倒壊は考えにくいと思います。が具体的な調査無しではなんとも回答できる方はおりません。
東日本大震災の事例で言えば、S48年~S55年ぐらいまでのRCのマンションやビル等、地震後に全壊認定を受けた建物はかなりありますが、地震時に建物(該当するビル)が倒壊してお亡くなりになった事例は無いと思います。(天井や壁の崩落は除く)
S55年築のRCの大規模賃貸マンションが以前の耐震診断...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報