「GEOパワーシステム」という地熱による空調設備を検討しています。
使っている方、詳しい方、良い点・悪い点・断熱方法などアドバイスください。
床下のぐり石の隙間に、ちりや埃が溜まったり、カビが発生しないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ホームページがあります。



参考URL:http://www.geo-power.com/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
ホームページは以前から一応全部見ておりました。
しかし、良いことばかり書いてあって、欠点は書かないですよね。
このシステムが出来てそう年月が経ってないので、数十年使った後の感想はまだ聞けませんが、ぐり石の間にちりや埃がたまらないか、湿度の高い時期に空気を地下に送り込んで、カビが生えないか、各部屋に送られる空気はフィルターがついているからほこりは出ないとは言っても、カビ臭がするようになるのではないかなど、疑問が生じるのです。
実際使っている方や詳しい方から、こういう欠点があるよなど、どんなことでも良いので気づいたことを教えていただきたいのです。
建坪一坪あたり5千円のコストで設置でき、エアコンを使わなくても涼しいというこのシステムを是非使って家を建てたいのですが、欠点があれば知りたいのです。
断熱方法も、外断熱が良いとは思いますが、内断熱でもそんなに効果が落ちないのか、GEOシステムを取り入れている方の家は断熱材はどんな材質のものを使っているか、情報をいただきたいのです。
よろしくお願いします。

お礼日時:2001/06/29 08:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q床下のウレタン断熱は可否?

住宅で隙間風が床の畳の隙間から入ってきます。床板の下側からウレタンフォームを吹き付けて断熱しようと考えております。この時に断熱すると、床下との通気が遮断されますが、良く知らないことのため、不安に思って、実行して良いものかどうか悩んでいます。あとあと問題になるか、ならないかご存知の方、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

底冷えがひどいんでしょう。
 畳内部で結露を起こしているかも知れませんね。
畳が濡れてしまうと、床下の冷気が室内に伝わりますので、底冷えがひどく成ります。仮にウレタンフォームを吹き付けたとしても、おそらく底冷えの改善にはつながらないでしょう。
 床下全体の温度低下を防ぐ事が大切です。
「床下 温度」と言うキーワードで検索で探してみるとヒントになると思います。

Q床下の断熱について教えて下さい

根太間にネオマフォームをいれての断熱について教えてください。
根太間にネオマフォームを入れる場合、少しの隙間が出来ると思います。
この隙間はどれぐらいまでが許容範囲なのでしょうか?
断熱材の施工方法で隙間に対しての何か決まりはありますでしょうか?

根太間に断熱材を入れると根太が熱橋になると聞きましたが、剛床と比べるとどれくらい性能が落ちるのでしょうか?
床下にもぐり根太の上から断熱材を張り付ければ、断熱性能はあがりますか?
根太を密閉し、床下の外気にあてなくなることで何か結露やカビの発生の可能性はありますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

またも事実ではない「回答」があるみたいですが、
構造用合板本体の「断熱性能」なんて

「断熱材」と比較すれば分かると思いますが
ほとんど無いのと同じですよ。

但しあなたが書かれた内容とは違い
「根太」は木材ですから「熱橋現象」は発生しませんよ。

(1)まずは「ネオマフォーム」の様な「発泡系面材」は
外貼り断熱の様に、隙間なく全面貼りするのが基本です。

(2)それでも根太の間に「切り込みたい!」のであれば
1~2mm程度の「隙間」がネオマフォームと
根太の間の外周部分に出来ていても、

床材に「断熱材」がピッタリとくっついてさえいれば
問題はないのですが、実際には経年変化で「断熱材」は
垂れてくるので、断熱性能はゼロとなってしまいます。

(3)既存の床に今から「断熱材」を追加するのであれば
「高性能グラスウール」の方が隙間が出来ないので
お勧めですよ。

(4)この「断熱材」の工事と並行して、「気流止め」も
施工しましょう(これが無いと壁が寒いままですよ)

「補足」があれば「追記」が可能です。

Q築25年木造平屋 にすんでおります。床下からの冷えがひどく床下の換気口を塞いでみようかと思っておりま

築25年木造平屋 にすんでおります。床下からの冷えがひどく床下の換気口を塞いでみようかと思っております。
台所の床下収納から上がってくる冷気はものすごく寒いので換気口を塞げばいくらかはしのげるのではないかと思いましたがいかがでしょうか!?

また基礎はもちろんコンクリートではなく土なので湿気の問題もあるかとは思っておりますが寒い期間だけでも塞げないでしょうか?



よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

過去ログですが1つ
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8499784.html

Q外断熱と内断熱

これらのいいところわるいところをおしえてください。どちらが断熱性がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

断熱材の性能としては、同じ断熱性能の物を同じ厚さで使用すれば、同じ、となりますが、実際の断熱性となると、違ってきます。
一般的に、外断熱の方が、断熱性は良く、但し、コストが高くなります。

簡単なのでRCの場合を書きますが、内断熱の外壁の場合、外側から、外気→RC→断熱材→室内、という順番となりますが、壁が床や天井にぶつかる部分では断熱材が切れて(連続しない)しまい、断熱上の不利な点が発生してしまいます。(「熱橋」とか「ヒートブリッジ」と呼びます。)
壁が冷やされると、それに連続した床や梁が冷やされ、そこが断熱上の欠点となります。
それをどのように補強するのかが内断熱の課題と言えますが、どのように補強しても、なかなか難しい、弱点が残ってしまうという状況です。

外断熱で有れば、断熱材が連続しますので、そのような弱点は少なく(無いわけではありません)、断熱性は、同じ断熱材種で同じ厚さの場合、一般的に高くなります。
但し、外断熱では、断熱材保護のために、別途、外壁を作るとか、複合版にするとか、工夫が必要なため、一般的に、内断熱よりも、コストは高くなります。

ごくごく、さわりだけを書きましたが、以上のような傾向が有ります。

断熱材の性能としては、同じ断熱性能の物を同じ厚さで使用すれば、同じ、となりますが、実際の断熱性となると、違ってきます。
一般的に、外断熱の方が、断熱性は良く、但し、コストが高くなります。

簡単なのでRCの場合を書きますが、内断熱の外壁の場合、外側から、外気→RC→断熱材→室内、という順番となりますが、壁が床や天井にぶつかる部分では断熱材が切れて(連続しない)しまい、断熱上の不利な点が発生してしまいます。(「熱橋」とか「ヒートブリッジ」と呼びます。)
壁が冷やされると、それに...続きを読む

Q外断熱と内断熱

木造3階の家を建てようと考えています。
外断熱の2重通気工法も魅力ですが、あまり聞かない方法なので不安です。
地元の工務店さんに相談したら、内断熱で建てても結露の問題などは解決できると言います。

どちらかを選ばなければいけないのですが、最後の決断ができないでいます。
何かアドバイスをお願いします。
もし外断熱の2重通気工法で家を建てられた方がいらっしゃれば、住み心地など教えて下さると幸いです。

Aベストアンサー

コンクリートの建物は外断熱が良いでしょう。
木造で極寒にならない地域でしたら、換気に気をつければ、あまり変わらないのかもしれません。

仕事柄、内断熱コンクリート北側&湿気が閉じ込められている木造家屋でカビをたくさん処理してきたので。

外断熱疑問視意見
http://plaza21.mbn.or.jp/~yamada32/sumai_011.htm

外断熱賛成意見
http://www.t3.rim.or.jp/~u-minami/class/sinbiosis/sotodan/wsotodan.html

参考URL:http://www.izzat.co.jp/sotodan-info/jyutakugaku/box/bousitu.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報