音楽歴35年・FLAKE RECORDSの店主DAWAの選ぶセンス光る注目曲ご紹介!

哲学カテで回答数が一番の質問が「人を殺してはいけないのは何故ですか」
というものでした。
回答数があまりにも多いので一部しか読んでいません。

ハーバードのマイケルサンデル教授の公開された講義の中に「殺人に正義は
あるか」というテーマのものがあり、あれこれ仮定を想定し学生に答えさせ
大変面白い講義を行っています。

私はこれまでこの問題に対する答えで、腑に落ちるものに出会ったことがほ
とんどありません。

改めて問いたいと思います。

1、人を殺してはいけないのは、何故ですか?

2、こんな「自明」に思える問題の答えがなかなか出てこないのは何故ですか?

「人を殺してはいけない理由」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 骰子さん、すいません、愚痴になっちゃいましたね。

    お分かりだと思いますが、私は左です。

    「人を殺してはいけない理由」の補足画像1
    No.48の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/04/11 00:08

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (54件中1~10件)

いや、ありがとうございます。


本当にいろいろと、副次的に?学ぶことができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全くです。

お礼日時:2017/04/12 21:59

>こんな「自明」に思える問題の答えがなかなか出てこないのは何故ですか?



散歩してたら気づいたのだけれども
逆に回答者側から考えると何でこんな当たり前のことをいちいち説明せにゃならんのかと思う
そこで一つ考えられるのはこの種の質問をする人はサイコパスではないかということ
一般的に人は感情が伴えば理屈抜きに理解できる物だ
葬式で泣いている人を見てなぜ泣くのかを説明する必要は無い
逆に言えば感情を伴わないからたくさんの理屈(御託)が必要になる
恐らくサイコパスは理知的な部分は人並みかそれ以上だが感情に対する共感能力が著しく低いのではなかろうか・・・
だからそれを補完するためにたくさんの御託が必要になる

まぁそんな可能性もあるかなと
別に質問者さんがサイコパスであると言っているわけではないので怒らないように
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>散歩してたら気づいたのだけれども逆に回答者側から考えると何でこんな
当たり前のことをいちいち説明せにゃならんのかと思う

あなたがすすんで回答をくれたことを、数日たってやっと気が付いたのですか?(笑)

あなたは哲学に興味がないということだと思うんですよね。ここは哲学カテだから、
あなたのいう「御託」は多いと思いますよ。
見なきゃいいんじゃないですか?(笑)

仮に「サイコパス」と言われても怒らないですねえ、今時ですから。

ちょっと感心したことがありましてね、
今どきの若者はちょっとばかり絡まれても怒らず「ハイハイ」って受け流すんです。
昔なら即喧嘩でしたけどね。そういう時代なんですね。

お礼日時:2017/04/12 17:42

◆ (回答52) そして私に期待しすぎだな。


☆ これが ほんとうであると確認できました。おあとが
よろしいようで。
    • good
    • 1

no53へ。

何がしたいのか、よくわからないな。あんたは、なんでさらに私に絡んできているんだ? 繰り返しておくよ。

>もっと何かと思うなら、あんたが自分でやってくれ。他人に寄りかかる言い方をするんじゃなくてね。

敢えて噛み砕いて言っておく。私と関係ない次元で、HとDRの言葉を引用して、もつれた議論を交通整理してあげたらどうか、って言っているんだ。
一方で私の考えは間違っているかもしれないし、軽薄かもしれないが、それはそれで私の考えなんだから尊重してもらいたい。それが対話のマナーってものじゃないか。

>うけたまわりました。
>ほんとうに いつも それなんですか?

全然、「うけたまわって」いないね。承って、それを疑っているわけなんだから。
そして「ほんとうに」「いつも」って、相手を規定するような言い方で聞いてくるのも、失礼な話し方だと思わないのか? 私はこの時点で、もうあんたの話し方が嫌なんだ。

私の方は迷惑だと思っている。あんたと話すと、少し気に入らないと、毒麦、メフィストフェレス、アルレッキーノ、悪魔、バカな日本人、などと断定されて、批判キャンペーンが始まる。次に私と仲が良い人が標的にされ、私が出ていかないとならなくなる。

あんたと話をする気は全くない。私は、もっと、さっぱりした人を友達にしたい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

骰子さん、そろそろ閉めますね。

お礼日時:2017/04/12 17:46

◆(回答№50) ~~~~~~~~~


まあ問題は、議論の前の議論にどれだけの労力を割く気があるかと
いうことになるでしょうか。

ころは労力を割かないで、ぱっぱとおやりになりたいのじゃないか
な。これは早いが、すれ違った時の修正が大変です。
~~~~~~~~~~~

☆ という議論が お茶を濁すものではないとすれば 《生命の尊
厳》からスタートする議論のほうに すでにはっきりと軍配を揚げ
ていないと 中途半端になりましょう。




《甘言》ではなく《雑感》であるとのこと。うけたまわりました。

何を言うかではなく 何かを言うことが大事であるという思想の場
合でしょうか。

ほんとうに いつも それなんですか?
    • good
    • 1

no51へ。

ま、別の分析の仕方があるなら、あんたが示して見せるといいよ。
しかし私の分析が間違いであるとも示さないうちに、勝手に「甘言」などと断定している態度は哲学的でもなんでもないな。
そして私に期待しすぎだな。私の暇な時間、私の費やそうと思う労力だと、雑感を言うのが関の山なんだ。
それを甘言だと思うのは、翻って見れば、本当は賽子はもっと緻密な分析ができるはずだと期待しているからなんだろう。それはできないとはっきり言っておくよ。
もっと何かと思うなら、あんたが自分でやってくれ。他人に寄りかかる言い方をするんじゃなくてね。
    • good
    • 0

待ちぼうけ でしょうか。




★(№49お礼欄) 難しいですね。
☆ 人間学だと思うのですが。




◆(回答№50) またも甘言を弄するピエロが・・・
☆ でも ほかにも要素・要因があるといった言い方では むしろ
甘言の部類なのでは?

何と言いましたか・・・あぁ たしかオッカムの剃刀(?)でした
か この剃刀をあてがう必要はないであろうとだけ言って あとは
――さも事態の論理的な分析のように見えるお話を添えて――お茶
を濁すというやり方は ピエロの甘言なのでは?

《匿名の文字列》と哲学のふつうの問い求めとは ふたつの別のこ
とがらです。




■(回答№47) 論理的反論ができなくなれば、自らの非を認め
るという方針を貫いてきております。
◆(回答№50) その地点まで話ができたことを喜んではいかが
でしょうか。




いぢわるぢいさんより。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>待ちぼうけでしょうか?

待っていません。

ただ、通りすがりの人間のつぶやきと
いぢわるぢいさんの言は聞いておきます。

お礼日時:2017/04/12 09:18

いろいろとお察ししますが、私がここで、誰それは間違っていると言い出したら、またも甘言を弄するピエロが出現したという話になりますので、言葉の選び方が難しいところです。



DRさんは「○○と△と◇◇」以外の諸要素を考えられるかもしれない、ということなのだと思います。あるいは、「○○と△と◇◇」という風に、可視化して列挙できるようなものとは考えていない、ということなのだと思います。
私の言葉で言えば、事象の構成要素を有限と捉えるか否か、ということになります。

まあ問題は、議論の前の議論にどれだけの労力を割く気があるかということになるでしょうか。Hさんはここのところは労力を割かないで、ぱっぱとおやりになりたいのじゃないかな。これは早いが、すれ違った時の修正が大変です。

>論理学の初歩を習ったばかりの哲学科の学生じゃあるまいし。

私も同じ印象を持ったことがあります。案外、それがHさんというものかもしれません。
しかし悪いことばかりでもありません。論理を武器に、躊躇せずにいろんなところに切り込んでいくこともできるでしょうし、論理的に言い負かされたら、納得もしてくれることでしょう。
どのような間合いで接するかということなのだと思いますよ。

匿名の文字列だけの付き合いとはいえ、相手の長所と短所を受け止めないと対話は難しいということなんでしょう。
その地点まで話ができたことを喜んではいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「甘言を弄するピエロ」って、そんなのがありましたね。

これをきっかけにまた場があれるといけませんから、これで終わりにしますが、
この質問ではハナっから喧嘩腰というか雑でしたね。

正直「え?」と思いました。でも、結局そういう人だったということになるでし
ょう。


中高年の男性が社会の中で荒れているという話をよく聞きます。
私の知り合いの奥さんが職場で男性の上司から強烈ないじめを受け、体を壊して
しまったという話を最近聞きました。

今の日本の社会では、壮年が諸悪の根源みたいに言われています。だから、荒れ
る人は荒れるんでしょうね。それで、「俺は違うよ」なんて顔をして難を避けよ
うとする人も多いと思います。

結局、誰かを悪者にして自分は助かろうという「いじめの方程式」ですね。
社会の柱として責任を持つべき壮年が、そこに逃げ込もうとしていると思うんで
す。

文明として、やばすぎると思うのですが…

お礼日時:2017/04/11 22:37

( a ) 《われ》は 掛け替えのない存在だ。


( b ) それが われだけのことではないと思いを馳せる。
( c ) だから 法律でも謳っている。

けっきょく中核は同じひとつである三つの事柄について無関心である
場合 そのときには この《われ》という存在を抹殺することを《肯
定する》となるだろうか?

無記ならば 肯定・否定を言わない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

難しいですね。

お礼日時:2017/04/11 22:10

介入する気もなく、ただの通りすがりの人間のつぶやきだけれども。



眺めていると、お互いにロジックが違うんだけれど、いちばんの問題は、次のことだと思いますねえ。
・自分が、事象の全体を見極めていると考えているか。
・見極めている立場をとるなら、パズルみたいに細かい議論が可能。裏の裏は表とか、背理法とかのことです。
・見極めていないという立場をとるなら、パズルみたいな議論は慮外のこと。

私はここでジグソー・パズルを思い浮かべていますが、「パズルみたい」ってことは、まだ空白になっている箇所と、手持ちのピースを眺めて、「どのピースがどの穴に当てはまるんだろうな」って推論を立てることです。しかし、そもそも議論している事象を構成する要素が有限であることに、自分だけではなくて相手が同意していないと、上述の穴埋めの論理は成立しません。

これからXという事象を話すとして、ある人にとっては、構成要素がABCDだとします。ABCと並べて行って、残りの一つは?と聞かれて、Dだと答えられるのが穴埋めの論理です。しかしこれには、最初に対話の相手が、事象Xの構成要素はABCDだと同意していないとなりません。仮にEFや他の要素を相手が想定していたら、ここでDだと断定すると意味はなくなってしまいます。

お二人の差は、多分ここなのでしょう。片方には、もう全体は見渡せていて、これ以外ないと思えている。そこでグダグダ行って来るのは、論破されているのに納得しない態度にしか思えない。しかしもう片方はさらに別の可能性を見ている。相手は発想が貧困なやつなんだなと思えているかもしれません。後者が脳裏に思い浮かべている別の可能性を言語化し、前者に提示することができたら、議論が進むかもしれません。ただ、言語化できるものばかりとは限りません。

パズルみたいな考え方は、考えを整理するには有効ですが、これをやると相手を無用に決めつけてしまうことにもなります。私自身はそういう話の仕方をしがちだけれども、別の話方の人もいるんだ、ってことがDRさんのおかげでわかりましたね。
このパズルみたいな話し方を使い分けられるのが、たぶん人間の幅になって来るんでしょうね。
実際、世の中には、人間に見極めきれない事象というものがあるわけです。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もめ事がつきもののカテですが(笑)また起きてしまいました。

私は「本質」について「対話」をしたい、というのが本心です。
議論というものは極力したくないのですが、やむない場合はやぶさかでない、という感じです。

今回の質問は私にとっても難しい問題でしたが、存外に多くの回答をもらって、「見えてきた」
という感じでしたね。

ところが、

「○○と△と◇◇というのが、殺人をしてはいけないという感覚が芽生える理由だ」
と規定した場合、
「○○と△と◇◇という理由がなければ、殺人をしてはいけないという感覚が芽生えないのは当然だ。であるから、その殺人は肯定されて然るべきだ」
という論理にならざるを得ないからです。この論理は同意していただけるはず。

という論理で返してくるわけです。論理学の初歩を習ったばかりの哲学科の学生じゃあるまいし。
筋が通れば「整合性がある」と思っていて、そこから議論を続けようとするわけです。

○○と△と◇◇というのが、殺人をしてはいけないという感覚が芽生える理由だ、「と規定した場合」
という前提になっていますが、私は断定などしていません。
にもかかわらず、その前提で、それらの理由がなければ、殺人をしてはいけないという感覚が芽生えないのは当然だ、としています。
これは一見整合性がありそうですが、そのように規定する場合など現実にはないわけです。「想定する場合」というのならまだ分かりますが。
また、そのように「想定した場合」、その理由がなければ、殺人をしてはいけないという感覚が芽生えないのは当然では「ない」と思います。人間の心は複雑ですから。
ゆえに、この論理は整合性がない、と考えるのです。

この一文だけでも大変です、反論するのは。それを彼は勝手に議論を進めてゆくわけです。

以前彼と、ここにも回答を寄せてくれているbragelloneさんがよく議論をしていたことは骰子さんもご存じだと思います。ののしりあいも交えて延々となされていましたよね?
あれを思い出したら、ぞっとしました、私にはできない、と。

それから、彼は私の書いたことに誠実に対応していないと思っています。「尊厳」の事も聞きましたが、どうも。

これらのことを考え合わせて、彼との議論は避けました。どれだけ時間がとられるかしれないと思ったからです。
これは、私の権利ですよね?

お礼日時:2017/04/10 23:39
1  2  3  4  5  6 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過剰な自画自賛?

少し前から気になっていたのですが、日本文化を称賛する論調が多すぎると思います。
外国人タレントが文句を言ったりしています。
日本人である私も、食傷気味。

これって、どういう現象なのでしょうか?

Aベストアンサー

昭和6年(1931年)から昭和20年(1945年)にかけてと同じ現象。歴史は繰り返す。
http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-2065-3

日本人の気質は奥ゆかしい(はたして本当にそうかはともかく)のに、自画自賛を大声で主張する行為は相容れなくて、行き過ぎると気持ち悪く感じます。


No.2さんの「自信喪失の裏返し」は成る程なと思いました。世界第2位の経済大国との自負も、2010年あたりに国内総生産(GDP)が中国に抜かれて世界3位になってしまいましたからね。日本メーカーの製品の多くも今では海外の工場で作ってますし、中国メーカーの製品も物によってはですがかつての安かろう悪かろうを脱してますし、日本の有名家電メーカーなどが中国や台湾の会社に買収されたりしてますからね。

日本に良い所が色々あるのはテレビで何度も繰り返し言われなくても分かってるし、他国の良い所を賞賛したり、見習ったりする姿勢が低下していかないか心配です。

ドイツの脱・原発の選択に日本も続こうというような風潮も少し前は多少あったのになぁ……

昭和6年(1931年)から昭和20年(1945年)にかけてと同じ現象。歴史は繰り返す。
http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-2065-3

日本人の気質は奥ゆかしい(はたして本当にそうかはともかく)のに、自画自賛を大声で主張する行為は相容れなくて、行き過ぎると気持ち悪く感じます。


No.2さんの「自信喪失の裏返し」は成る程なと思いました。世界第2位の経済大国との自負も、2010年あたりに国内総生産(GDP)が中国に抜かれて世界3位になってしまいましたからね。日本メーカーの製品の多くも今では...続きを読む

Q人間とは 何でしょうか?

そもそも人間とは何でしょうか?

実存とか精神とか 性善説とか性悪説とかありますが

人間と言う者は 一体何なんでしょうか?

Aベストアンサー

> 人間と言う者は 一体何なんでしょうか?

それを探求し続け、現時点では、その末にすべてを解明する可能性がある、宇宙で唯一の生物・・と言うところじゃないですかね?

もし仮に、「神」とか「宇宙の意思」なんてのが存在し、その意思のもと、人類が何らかの目的とか、何らかの使命を帯びて誕生した生物であれば、宇宙や生命科学の真理に到達するか?
たとえ到達せずとも、その手前くらいまでは辿り着くと思いますが。

やっぱり神などはおらず、人類は特に目的なども無い生物なら、地球と言う惑星に偶発的に発生しただけの生物であって、いずれは死滅する存在じゃないかと。
そんな生物であれば、「人間とは?」などと大上段に考察する必要もなく、多少の知性などはあるものの、本質的にはアメーバーなどと大差は無い生物ってことで良さそうです。

一方、近年の宇宙科学とかでは、「ホンマかいな?」と言う様な発見や研究が多いのですよ。
たとえば、「重力は小さすぎる」なんてのが証明されて、「その力はどこに消えてるのか?」などが研究されるたり、「未知なる『第5の力』がある!」なんてことも言い出しました。
そうなると、高名な学者が「宇宙は少なくとも5次元以上で構成されているが、人間の脳は、まだ3次元までしか感知,認識し得ない」みたいな説を唱えたりもしています。

何か「言いたい放題」みたいな感じなのですが、1つのことが判れば、謎は深まるばかりと言う様相で。
ご質問も、それこそパスカルの時代から存在しつつ、誰も明確に正解を答えられない問いですが。
結局のところ、「人類はまだ、何も判っていない」に等しい状況と言えそうです。

もう一つ、興味深い説があって、宇宙には人類以外の知的生命体がいる存在は、否定されつつあります。
これはちょっと寂しい気もする説ですが、これが事実なら、冒頭の「真理を突き止められる可能性がある、宇宙で唯一の生物」と言うことになります。

また、上でも少し触れましたが、宇宙と脳には各種の関連性が指摘されていて、まあ人類も宇宙の子ですから、関連があって当然ながら、何らか「宇宙の意思」的なものがあって、その様に作られているのかも知れません。

いずれにせよ、人類は未だ「人間とは何か?」に対し、明確な答えを得ておらず。
その答えを得るためには、まだ戦争などの愚かしい行為も繰り返しながら、もっと科学技術などを高める必要性はありそうだし。
戦争などとは無関係に、宇宙や生命科学の真理を探求できる状態になる頃には、完全なる平和なども手に入れねばならないです。

現代に生きる我々に出来ることは、我々の子孫が真理を解き明かすことを願い、我々の時代を少しでも良くする努力をすることではないか?と思います。
また、もし真理に到達すれば、それが「宇宙の意思」そのものと言えそうで。
「人類こそが、宇宙の意思であった」と言えるのかも知れません。
あるいは、人類の産物であるAIなどが、人類の意思を引き継いで、それを実現するのかも知れませんが。
出来れば、私のDNAもちょっとは受け継いだ、人類であって欲しいです。

> 人間と言う者は 一体何なんでしょうか?

それを探求し続け、現時点では、その末にすべてを解明する可能性がある、宇宙で唯一の生物・・と言うところじゃないですかね?

もし仮に、「神」とか「宇宙の意思」なんてのが存在し、その意思のもと、人類が何らかの目的とか、何らかの使命を帯びて誕生した生物であれば、宇宙や生命科学の真理に到達するか?
たとえ到達せずとも、その手前くらいまでは辿り着くと思いますが。

やっぱり神などはおらず、人類は特に目的なども無い生物なら、地球と言う惑星に偶発的に...続きを読む

Qどうすれば平和になるのか

私の通信履歴というのか
ログインアカウントとかパスワードなどは
どういうわけか外部からわかるようです。
パスワードは変更したほうがいいのでしょうか?
でも無駄な気がします。

それで、そこまで粘着してくる人たちは何が目的なのでしょうか?

仏教やキリスト教の話題は既に参照テキストなどは
回答で登場していますからいちいち私が言及する必要も無くて

それこそ私をバカにするのであればもっと能力の高い人たちが
自由に研究していけばいいのであって

なぜ私をバカにしながら私の生活に介入しながら
私の平和を破壊しようとするのでしょうか?

宗教の話題だって私のほうが質問したいですよ。

Aベストアンサー

おじさんです。

「ログインアカウントとかパスワードなどは どういうわけか外部からわかるようです」
⇒具体的は、どのようなことがわかったのでしょうか?
多分、分ってはいないと思いますよ。

「それで、そこまで粘着してくる人たちは何が目的なのでしょうか?」
⇒具体的は、どのようなことを書いてくるのでしょうか。
その内容によって、でしょうね。

Q唯我独尊は治りませんか?

いろんなことを考えるのは自由ですね。
哲学についても同様です。

ただ、自分の考えだけが正しいと言い張ってはいけませんね。
自分の考えも、他の人の考えも共に尊重していきたいものです。

孤独の中で考えていると、どうしても自分の考えだけが正しいという結論にたどり着いてしまいます。
そうなると、他人が馬鹿に思えてしまうようです。

どんな考えも自由ですが、他の違う考えにも耳を傾けたいものです。
そうでないと、誰にも理解されず、最終的には自分が疲弊していきます。

人生も半ばを過ぎると、唯我独尊はなかなか治らないものですか?

Aベストアンサー

記憶によると、「天上天下、唯我独尊」だと思いました。
詰まり、当時は色々な宗教が、ごちゃごちゃしてましたので、
「新しい価値観を、自分が切り開いていく。」みたいな意味合いで
理解していました。

それはいいとして、「唯我独尊」と釈迦の言葉と結びつける
必然性もないし、確かに「己を信じる。」と言う意味では、
良いのではないか、と思います。

問題は、「自分の考えだけが正しいと言い張ってはいけませんね。」です。

少し謙虚に考えて、己の全ての知識、思考は、その源を
他者に依っています。

先ず、それを認めることが重要です。

教育を受け、書を読み成長してきたのであれば、それは
先人の知恵を頂いてきた事でもあります。
このことを謙虚に認めないといけない、と思います。
認めて初めて、他者に耳を傾ける事が、出来る。

哲学も同じでしょう。
私は、哲学で、路傍の石ひとつも動かせるわけでもなかろうに、と
思っていますが、それでも、存在を全く否定している訳でもありません。

しかし、独善的な論理構成と結論には、悲哀を感じます。

そういう人は、自分が受けてきた教育や読破した書の価値が
理解できていない。
どのように自分の血となり肉となったか、の理解も出来ていない、と
思っています。

まあ、病気なんだと思っています。

記憶によると、「天上天下、唯我独尊」だと思いました。
詰まり、当時は色々な宗教が、ごちゃごちゃしてましたので、
「新しい価値観を、自分が切り開いていく。」みたいな意味合いで
理解していました。

それはいいとして、「唯我独尊」と釈迦の言葉と結びつける
必然性もないし、確かに「己を信じる。」と言う意味では、
良いのではないか、と思います。

問題は、「自分の考えだけが正しいと言い張ってはいけませんね。」です。

少し謙虚に考えて、己の全ての知識、思考は、その源を
他者に依っています。

...続きを読む

Q無謬性

人間は本然的に無謬性を求める、と言えると思います。
無謬性という概念は「信仰」につながると思います。

人々はかつては宗教にそれを見ました。「聖書の無謬性」などという言葉もあります。

現在は科学にそれを見ているのではないでしょうか?
わからないことがあるにせよ、科学的に証明されたものは「絶対に正しい」、と。

あるいは、人間は間違えるが、AIは絶対に間違えない、と。
そこから、AIに対する「神格化」の感情が急速に高まっていると思います。

しかし、AIは設定された条件内においては間違いはないと思いますが、その「条件」
の中に誤謬があるいは不完全性がありうると思います。

また、科学が証明したものは、宇宙の中のどの位置にあるのか?つまり、科学そのものの
無謬性は証明できるのか?

無謬性ということについて、あるいは無謬性と信仰について、無謬性と科学について、そ
の他、なんでも結構です、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

伝統的宗教が歴史の中で
人間にとっての社会を維持するために
直観的に正しいと思われる価値観の正当性の拠り所として
神もしくはそれに類する存在を土台にした無謬性を構築する必要があった。
というのは科学が未熟な時代を経ながら進歩せざるを得なかった
人類にとって避けて通ることができなかった必然の過程だと思います。
現代という時代は
そうやって積み重ねられた歴史の成果としての科学という客観的な拠り所によって
無謬性を検討できる時代にはなっていると理解していいのではないでしょうか。

物質科学の隆盛期にこじれた宗教と科学の関係も
物質科学の先に展開することが可能になった精神科学に照らして
整合性を検討することで新たな展開も期待できると思います。

科学の世界における無謬性においても人間の認識能力の構造的限界というものがあって
その閾値以下の部分においては信仰という拠り所の必要性はなくならない。
そしてその領域の拠り所を求められる局面もなくならない。
今のところそんなふうに考えています。

Q過保護に育ち、甘ったれた自分勝手な論理も自由?

国際交流が盛んになって久しい日本ですね。
諸外国の様々な文化が入り混じり、民主化が進みました。
もちろん、いいことでしょうね。

しかし、子育ても自由になった中で、過保護に育った人間の自分勝手な論理も目につきます。
自由を振りかざし、自分勝手な自己弁護の論理も堂々と表現します。

例えば、心身共に虚弱なためにニート生活を余儀なくされてる人は別として、”ニートのどこが悪い”と豪語する若者もいます。

過保護が生み出した自分勝手な若者の論理、それも自由でしょうか?

Aベストアンサー

>過保護が生み出した自分勝手な若者の論理、それも自由でしょうか?

要はお前の考えは間違っていると、そういう若者に対して叱ってよいのかということを問いたいのですよね?
もしもその若者の論理も自由であるならば間違ってるなんて言っちゃいけないと考えてしまいがちですもんね

結論から言うと否定できます
その根拠は自由であることと、それが正しいかどうかということは全く別問題だからです
”ニートのどこが悪い”と豪語するのは自由ですが、自由はその考えを肯定も否定もしません
つまり何を考えても自由ですが、それは自由であることを理由に正しいとは言えないわけです
だから若者に対してお前の考えは間違っていると言うことができます

また我々がこの社会で自由という言葉を発する際の共通の理解があるはずです
それは法に反しない限り、他人の権利を脅かさない限り、人の迷惑にならない限り
など常識的な括弧がつくはずです
なので自由の内容が反社会的であったりするならそれは我々が認める自由の範疇を超えるため
この場合は自由そのものを明確に否定できますし
それらの括弧を守る限りは他人の意見を否定するのも自由であるはずです

>過保護が生み出した自分勝手な若者の論理、それも自由でしょうか?

要はお前の考えは間違っていると、そういう若者に対して叱ってよいのかということを問いたいのですよね?
もしもその若者の論理も自由であるならば間違ってるなんて言っちゃいけないと考えてしまいがちですもんね

結論から言うと否定できます
その根拠は自由であることと、それが正しいかどうかということは全く別問題だからです
”ニートのどこが悪い”と豪語するのは自由ですが、自由はその考えを肯定も否定もしません
つまり何を考えても自由...続きを読む

Q【観覧注意】 ごめんなさい。 どうしても考えてしまうので、もう一度質問させてください。 こんばんは。

【観覧注意】
ごめんなさい。
どうしても考えてしまうので、もう一度質問させてください。
こんばんは。
少し重くて哲学的な話になってしまうのですが
よければよろしくお願いします。

ネットでこんな記事を読んでしまいとても怖くて仕方が無いです。
これについて考えているとこの記事に考えを合わせてしまって、死んだ後生きている人と違うパラレルワールドか何かになって時が自分だけ止まるとしたら、とか辻褄合わせをしてしまって信じてしまいそうです。

私の仮説は
死ぬと苦しかったり痛かったりそのまま脳が止まる、時間が止まる→永遠に感じ続ける
というものです。
もしくはこれを信じてしまった人のみ起こる、とか。
考えが止まりません。
本当に怖くて、よければこれに対する意見をお聞きしたいです。

重くてごめんなさい。
よろしくお願いします。

高校生なのにこんなこと考えている自分が怖いしもしかしたら警告か何か?と思ってしまいます。。。

Aベストアンサー

>>ネットでこんな記事を読んでしまいとても怖くて仕方が無いです。
これについて考えているとこの記事に考えを合わせてしまって

この記事 デタラメでしょうね。

 息子さんが後に インタビューに応じていますが、彼女は死を恐れるものとは考えておらず、卒業のようなものと考えていたそうです。それと、星とダンスするのが楽しみで、お迎えが来るのを待ちわびていたんだとか。
 また最後の数ヶ月間は、世界中からやってくる友達と話をしたり、タバコを嗜んだり、穏やかに過ごしていたそうです。

 ちなみに彼女自身は死について「蝶が繭をぬぎすてるように、肉体を離脱し、更に高い次元の意識に到達する過程である。そこでは引き続き、学習したり、笑ったり、成長もする」ということを言っていたそうです。

P.S
一応私が参照したサイトのリンク貼っておきます。もちろん英文ですが、大学入試程度の難易度ですので、勉強がてら読んでみてください。
http://www.nbcnews.com/id/5820045/ns/health-health_care/t/death-dying-author-kubler-ross-dead/#.WOL7RRjCNE5

>>ネットでこんな記事を読んでしまいとても怖くて仕方が無いです。
これについて考えているとこの記事に考えを合わせてしまって

この記事 デタラメでしょうね。

 息子さんが後に インタビューに応じていますが、彼女は死を恐れるものとは考えておらず、卒業のようなものと考えていたそうです。それと、星とダンスするのが楽しみで、お迎えが来るのを待ちわびていたんだとか。
 また最後の数ヶ月間は、世界中からやってくる友達と話をしたり、タバコを嗜んだり、穏やかに過ごしていたそうです。

 ちなみに彼...続きを読む

Q例外のない法則はあるか? これは真理と言い切れるものはあるか?

例外のない法則はない とよく言われますが 本当に例外のない法則はないのでしょうか?

例外のない法則 真理と言い切れるものはあるでしょうか?

もしあれば一つでもいいから教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普遍的な宇宙の大法則(摂理)を想像すると、例外というものは存在しないように
思えますが、変化・成長があるということを考えますと、完全ではなく、「例外」
と呼べるものがあるはずだと思います。

またそれは、現在の人間の認識方法によるもので、宇宙の普遍性から見たときに
「正しい」とは全く限らないわけです。
そのあたりを、現代物理学が解明しつつあるように思えます。

もう少し言えば、なぜ変化・成長があるかと言えば、それは個別化された生命に
自由があり、その自由な能動的な創造という行為が変化・成長を産む、と。
その全体から見ればわずかな「歪み」が「例外的存在」となり、それを因として
全体が変化をする、と。

まあ、こんなことを考えて楽しんでいる私です。(^^♪

Q人びとはなぜ神のことが分からないのか

1. 神などはいるもんかと言う。
――けれども いると言ってもいないと言っても何と言っても そのことに
よって神が決まるなどということはあり得ない。《絶対》なのだから。

2. 人間がこしらえたものに過ぎないと言う。
――けれども こしらえることが出来たなら 神は人間のあやつり人形にな
る。《絶対》ということを知らないから そんなお遊びをしている。

3. 神は 精神だと言う。概念だと言う。
――けれども 精神も概念もは 人間のもの。自然本性としてそなわったも
の。《絶対》がどうして この有限で相対的でうつろいゆかざるを得ない経
験事象であるのか。



人びとはどうして神のことが分からないのか?

Aベストアンサー

遅くなりました・・・すいません^_^

悪の体験をすることも、望んでいる・・・という所ですか・・・

正確には、望んでいるとはいえないのですが・・・要するに、望んでも、望んでいなくともない・・・という事です

神には、望みはひとつしかありません
・・・それば、すべてを経験することです、いい事も悪いことも含めた、すべて です!

だから、神は、価値判断もしないし、優劣もつけません、ただ経験を観察したい・・・という希望を持っています

だから、すべての人のあらゆる行為や考え方を否定せず、ただ見守ります

その人が、悪事を働く場合も、否定をしません・・・なぜなら、その人が良い行いをする為には、正反対の悪い事とは、なんなのか・・・という経験も必要だからです

だから、神は最終的には、良い人を支持するのでしょうが、途中経過としては、悪の経験も必要だと考えます

正義を知る為には、悪を知る必要があります

ちょっと、違ういいかたをすれば、例えば、よく思うのですが、私は、いつも、ワガママな人とかに、あった場合、イライラしてしまいます

そして、自分を人として、ダメな奴だな〜〜と自己嫌悪におちいります

でも、そんなダメな奴でも、天国に行って、いい人のなかにいれば、それなりに、徳がある人の様な振る舞いはするだろうと思います

しかし、天国の様な場所では、悪い人がいませんから、こんな私でも、徳のある人の様な、振る舞いをしますが、この世に戻って、イライラする人に会えば、また自己嫌悪するような、行動を起こします

つまり、私には、自己嫌悪する様な、要素があるにもかかわらず、それを出させる対象物がなければ、その状態には、なりません

言い方を変えれば、その人に、悪の心があっても、それを引き出す 要因が無ければ、その人は、悪の心を出せません

では、悪の心を持ったまま、それに気づかずに、過ごすのと、悪の心をしっかり認識する為に、悪の経験をするのと・・・どちらが、良いのでしようか?

もし、不本意ながら、自分の悪をしっかりと受け止めたい場合は、悪の経験も必要になります

だから、神は、悪も否定しません、
よく、神と聞いて、慈悲あふれる神を想像する方は、神の半分しか理解していない といわれます

だから、悪を望んでいる訳ではないですが、否定している、訳ではありません・・・どちらも、成長する為に必要な要素なのです・・・

遅くなりました・・・すいません^_^

悪の体験をすることも、望んでいる・・・という所ですか・・・

正確には、望んでいるとはいえないのですが・・・要するに、望んでも、望んでいなくともない・・・という事です

神には、望みはひとつしかありません
・・・それば、すべてを経験することです、いい事も悪いことも含めた、すべて です!

だから、神は、価値判断もしないし、優劣もつけません、ただ経験を観察したい・・・という希望を持っています

だから、すべての人のあらゆる行為や考え方を否定せず、た...続きを読む

Qどうして世界ははこうも上手く行かないのか?

世の中うまく言ってると思いますか?

国政的に 経済的に 仕事の面で 心の問題として

上手く行ってるのでしょうか?

商業競争で人手不足 保育 看護 介護で人手不足

世の中なんで上手く行かないのでしょうか?

不条理な事も多い

Aベストアンサー

「世の中・・・・国政的に 経済的に 仕事の面で 心の問題として上手く行ってるのでしょうか?」
⇒うまくいっているとは云えないでしょうね。

「商業競争で人手不足 保育 看護 介護で人手不足 世の中なんで上手く行かないのでしょうか?」
⇒逆に云えば、そもそもうまくいくはずがないのでしょう。

つまり、うまくいくような教育(家庭教育、学校教育、社会教育)もないですし、実際の社会でもうまくやろうよ、と考えている人は少ないと思います。

日本は戦後民主社会に向けてきましたが、実態は受験でも、企業でも、激しい競争の中にあります。
そんな中で、”自分だけうまくやろう”という国民がほとんどでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報