現在脳下垂体腺腫の疑いがかかっていて、TRH負荷試験をやりました。その結果、注射の前のPRLが33。30分後が220。60分後が133でした。LHRH負荷試験というのもやりましたが、それは正常でした。
このような反応の場合腫瘍がある可能性はあるのでしょうか?MRI検査も3回やりましたが医師が言うには、1回目は、ほぼ腫瘍があると言って間違いないが100%あるとはいえない。2回目は腫瘍がはっきり写っている。3回目の画像でははっきりしない。という事でした。
また、最近潜在性高PRL血症というものがある事をしりました。もしかしたら私はこれではないかと思っているのですが、この潜在性高PRLというのは下垂体腺腫が原因でおこることはあるのでしょうか?それとも、潜在性の場合、腫瘍が原因の事はありえないのでしょうか?

教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は、流産を3度経験しています。

そのため、全てではありませんが、不妊、不育検査を行っております。その中で、やはり、私もプロラクチンの値が高く、それが原因となっていて、流産後には、血液検査やTRH検査も行います。そういった中で、私も何が原因で高くなるのか心配になり、ドクターに聞いたり、多少調べたりしています。
 通常で、プロラクチンが30を越えるくらいが異常値となりますが、100を越えなければ、腫瘍の可能性はないと言われます。それから、負荷をかけて、70を越したら、高プロラクチン血症となりますし、通常が正常値で負荷を掛けて高くなる人を潜在性高プロラクチン血症となります。
 プロラクチンの値が高くなる人は、脳下垂体だけでなく、甲状腺の病気の可能性に入ってきます。私は、甲状腺ホルモン値を調べてもらいましたが、異常がありませんでした。
 MRIで診てもらったりしているのですから、きちんとドクターに確認するのがいいですね。
    • good
    • 0

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「ホルモン負荷試験」
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/kasuit …
(PRL)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(プロラクチン)
この中で特に「検査を行う理由」「正常値」「異常値の意味」と関連リンク先を参考にしてください。

TOPページで「脳下垂体」あるいは「脳下垂体腺腫」と入れて検索するとHitしますので参考にしてください。

御参考まで。

御大事に。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brown/2111/ …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qproxyの負荷テスト実施方法

proxyサーバーのパフォーマンス調査のために負荷テストがしたいです(proxyはMSのISAを使う予定)。
ユーザーがProxy経由でWebにアクセスした際、proxyサーバーのCPU使用率やディスク使用率がどの程度か知りたいのです。
ネットなどで検索すると、Webサーバーへ負荷をかけるツールはよく見かける(MSのWASTなど)のですが、こうしたツールでproxyの負荷テストは可能なのでしょか? WebサーバーではなくProxyのパフォーマンスが知りたいんですが。。
proxyサーバーの負荷テスト実施方法をご存知の方がいましたら、ご教授下さい。
ちなみに、ツールに関してはフリーのもののみしか使用できない状況です。

Aベストアンサー

MSのツールだと、MS-TESTで、内側から、外部の適当なURL先を多数指定して負荷をかけます。

ツールが無い場合、人海戦術で実施します。つまりたくさんの人に同時にインターネット接続してもらう。金がないなら、人海戦術しかありません。

QTRH負荷試験 経験者いますか?

生まれて初めて「TRH負荷試験」を経験しました。

薬剤を入れる時不思議な感覚に陥り、脂汗がザザー
と流れて来ました。あれは副作用なのでしょうか?

それから負荷前のPRLは25、負荷15分後に採血した
値は220でした。

高プロラクチン血症と診断されたのですが、このデータ
はどのように分析すれば良いのでしょうか。

また脳下垂体腫瘍はどのくらいの値から疑いが強く
なるのでしょうか。

Aベストアンサー

TRH試験以前はよくやってました。身体カーッとなりますよ。個人差大きいですが、全くどうもない人いますけど。負荷後15分値のみで判断するのは難しいですが、負荷前が25ならすごく低いというか下垂体腫瘍の可能性は少ないです。以前は100を越えれば90%以上の確立で下垂体腫瘍が存在すると言ってましたが、今はどうでしょうか?日本医科大学脳神経外科の寺本先生が日本では最も多くの手術をてがけていらしゃると思います。

Q高負荷時にCPU温度が90度を超えるのって正常?

CPU高負荷時にCPU温度が90度を超えるのって正常ですか?

CPUクーラーをはじめて取り替えました。試しに CINEBENCH R10 でレンダリングテストを行ってみたところ、レンダリング中のCPU温度(OpenHardwareMonitorで計測)が90度を超えています。これって正常ですか?それとも問題ありの数値でしょうか?
一応、アイドル時は45度ぐらいで動いてます。

ご助言をください。よろしくお願いします。


MB BIOSTAR H55 HD
core i7 870
memory 4GB

Aベストアンサー

うちのPCではこちらのクーラーを使っています。
http://apac.coolermaster.com/jp/product/Detail/cooling/hyper-series/hyper-tx3-evo.html

これでエンコードでCPU使用率が95~100%という状況で50~55度(室温約20度)になっています。(CPUは同じi7 870です。)

Q脳下垂体腫瘍とホルモンの関係について

今年の6月に、ハーディ法で脳下垂体腫瘍を摘出しました。
腫瘍はホルモン非産生でしたが、2センチ大で視床下部を圧迫しており、それによりプロラクチン値が高く(70NG/ML)生理不順でした。

術後約5ヶ月を過ぎ、プロラクチン値は20NG/ML前後に下がって来て一安心なのですが、コルチゾール(3MCG/DL前後)が戻らず、いまだにコートリル(20mg/day)を服用しています。主治医(脳外科医)の話ですと、大体術後2ヶ月以内くらいで、正常値に戻るとのことで、私は「戻りが遅い」と言われました。ちなみに、術前は、15MCG/DL前後あり、正常範囲内でした。

そこで、お伺いしたいのですが、
1、コルチゾールの戻りが遅い理由としては、例えばどんな原因があるのでしょうか?(「個人差」という以外の理由で、考えられること)

2、術後合併症がなくても、正常下垂体が傷ついたということはありえるのでしょうか?(「医療ミス」という意味合いではなく)

3、コートリル服用により、腫瘍が繊維化するのでしょうか?(するとしたら、どれくらいの期間で?!)

4、コルチゾール値を、自力で上げるには、どんな方法があるでしょうか?

以上の点について、教えて頂きたいのです。

主治医に尋ねても、「どうなんでしょうねえ」という答えしか返って来ないので、
困っています。自分としては、早く薬を無くしたい(コートリル以外は処方されていません)のと、「何故、術前正常だったものが、未だ低いままなのか」知りたいのです。どうか、よきアドヴァイスをお願いいたします。

今年の6月に、ハーディ法で脳下垂体腫瘍を摘出しました。
腫瘍はホルモン非産生でしたが、2センチ大で視床下部を圧迫しており、それによりプロラクチン値が高く(70NG/ML)生理不順でした。

術後約5ヶ月を過ぎ、プロラクチン値は20NG/ML前後に下がって来て一安心なのですが、コルチゾール(3MCG/DL前後)が戻らず、いまだにコートリル(20mg/day)を服用しています。主治医(脳外科医)の話ですと、大体術後2ヶ月以内くらいで、正常値に戻るとのことで、私は「戻りが遅い」と言われました。ちなみに、術前...続きを読む

Aベストアンサー

脳神経外科の専門の方がアドヴァイスをされるのがよろしいかと思いますが、回答がないようですので考えられる範囲でお答えをいたします。

1、コルチゾールの戻りが遅い理由としては、例えばどんな原因があるのでしょうか?
2、術後合併症がなくても、正常下垂体が傷ついたということはありえるのでしょうか?
1,2の質問は関連しているのでまとめて回答をします。
視床下部又は下垂体が障害されている為に血清コルチゾール値が低下していると考えられます。その原因としては
(1)腫瘍そのものによる視床下部又は下垂体への障害があり、手術時点では元に戻らないような状態になっていた可能性です。それがコルチゾールが正常であった時点から手術までの時点のどこかで出現した場合です。
(2)手術そのものによる正常下垂体への影響。これは下垂体腫瘍の性質によると思います。くりっと取れるような腫瘍ならばあまり影響はないと考えられますが、正常下垂体と腫瘍の境界がせはっきりしないような腫瘍ですと、少しずつつまんで腫瘍を摘出しますので、取り残せば再発、取りすぎれば下垂体機能低下になる可能性があります。

3、コートリル服用により、腫瘍が繊維化するのでしょうか?
ないと思います。プロラクチン産生腫瘍においてはパーロデルの術前投与で腫瘍の線維化が言われています。

4、コルチゾール値を、自力で上げるには、どんな方法があるでしょうか?
申し訳ありませんが、残念ながら私は知りません。

要点だけを書きましたので、わかりにくくてまだまだ疑問点も多いと思います。内分泌内科を受診されるとの事ですのでたぶん詳しい説明をしてくれると思います。その場合でも現在の主治医の先生とよくコンタクトをとって、内分泌の先生を受診される事が大切だと思います。
お大事になさってください。

脳神経外科の専門の方がアドヴァイスをされるのがよろしいかと思いますが、回答がないようですので考えられる範囲でお答えをいたします。

1、コルチゾールの戻りが遅い理由としては、例えばどんな原因があるのでしょうか?
2、術後合併症がなくても、正常下垂体が傷ついたということはありえるのでしょうか?
1,2の質問は関連しているのでまとめて回答をします。
視床下部又は下垂体が障害されている為に血清コルチゾール値が低下していると考えられます。その原因としては
(1)腫瘍そのものによる視床下...続きを読む

QマルチコアCPUの負荷偏り

マルチコアCPUの負荷偏り
CPUの負荷をsar -P ALLで見ると1つのコアのみ負荷が高い場合が多いと思うのですが、これはなぜでしょうか?
また、解決する方法(すべてのコアに均等に負荷をかける)はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「1つのコアのみ負荷が高い場合が多いと思うのですが、これはなぜでしょうか?」
 ソフトがマルチCPUやマルチスレッドに対応していないからです。


「また、解決する方法(すべてのコアに均等に負荷をかける)はあるのでしょうか? 」
 ありません。なのでCore-iシリーズでは、複数のCPUに負荷が分散されていないときは、負荷の掛かっているCPUのクロックを上げる仕掛けになっています。

Q下垂体腫瘍??

教えてください。
今脳神経外科の再MRI検査の結果待ちなのですが、半年前にとったMRIで下垂体付近にしろっぽいものが写っていて、先生が言うには水みたいなものが入っていると予想される、とのことでした。こちらの質問など色々調べてみたのですが、水が本当にたまっているのなら、それは腫瘍とは言いませんよね?
この結果待ちの期間がとても苦痛です。
また病は気から・・と分かってはいるのですが、以前からあった偏頭痛(もしかしたら違う種類の頭痛かもしれませんが・・)もぶり返してきて、胃も痛くなり呼吸も苦しかったりします。このような症状は、下垂体腫瘍の症状にあったりするのでしょうか?
今週末には結果が出るので、それを待つのが一番なんでしょうけど、少し心構えておきたいのもあり、質問させてもらいました。お願いします。

Aベストアンサー

これはあくまでわたしの場合なのですが。
最初にかかった病院で腫瘍と言われました。
その後、別の大学病院にかかったところ、ラトケ膿胞と言われました。
それが、水がたまっている状態で、腫瘍ではありません。
現在は経過観察中で、視神経やホルモンに異常がないか定期的に検査をしています。
わたしが参考にしたサイトを挙げておきます。

検査を受けたきっかけは偏頭痛なのですが、それが原因かどうかはよく分からないと言われています。(^^;
で、そちらの方はその都度鎮痛剤を飲んでいるだけです。

「腫瘍」という文字がちらつくと悩む気持ちも分かります。
(自分自身もそうですが、周囲がショックを受けますよね)
あまり気にせずと言っても無理でしょうが、なるべく軽い結果であることを祈っております。

参考URL:http://park.zero.ad.jp/~zbk44901/

Qメモリを増やせばCPUの負荷が減るかどうか

今使っているソフトを起動した上でCPUの負荷を調べてみると、80パーセント以上使っていました。これからもっと負荷がかかるようになると思うのですが、メモリを増やせばCPUの負荷がかるくなるといったことはあるのですか?

Aベストアンサー

一般論としてはメモリ追加でCPU負荷を軽くすることはできません。メモリが足りていない状態でなければメモリ追加をしても何も効果は見られません。

メモリ使用量が物理メモリ量を上回りHDDに頻繁にアクセスしている(スラッシング)状態なら、メモリを追加することでHDDアクセスが減り結果としてCPU負荷も下がるかもしれません。逆にHDDアクセスが減ることで本来の作業を進めることができCPU負荷はむしろ上がるかもしれません。

Q下垂体腫瘍の手術時期

今年の1月に下垂体腫瘍が判明しました。まだ小さいものなのですが、視神経に接近しています。薬は副作用がきつくて飲んでいません。担当医は腫瘍がもっと大きくなってから手術をしようと言っており、いつになるのか分らない状態です。どんなに小さな腫瘍でも突然出血が起こしたりすると聞きました。下垂体腫瘍の手術は腫瘍がどのくらいの大きさになった方が行いやすいのですか?

Aベストアンサー

はじめまして!
私は今年下垂体腫瘍の手術を受けたものです。(医師ではありませんが回答が付かないようなので、ご参考までに私が経験した事を書かせて頂きますね)

腫瘍の「手術しやすい大きさ」との事ですが、「大きさだけ」に限って言えば、大きくても2センチ位まで、小さすぎてもやりにくいと聞いた事があります。ですので、1センチ~1.5センチ位がし易いって事なのでしょうか?
(すみません。ここらへんは脳外科医ではないですし、寡聞にしかすぎないので・・・。現場の方のご意見が欲しい所です)

但し、手術のし易さは、単純に「大きさ」だけで決まるものではないです。
腫瘍の「発育形態」「硬さ」も大きく関ってきます。いくら大きさがベストな大きさでも、血管を巻き込んでいたり、硬かったりすると、切除は難しくなります。
また、ハーディ法と呼ばれる、鼻からの手術ですと、術野が狭い為、医師の技量も大きく関ってくると思います。

腫瘍の発育のスピードは、個人差もあり(・・・また、いつ発祥したかという時期も正確には不明な為・・・)その判定は難しいですし、一生そのままで大丈夫な方もいらっしゃるようですよ。ただ、視神経を圧迫し、視野が欠けるようになれば、手術を急いだ方が良いかもしれませんね。

お薬を投薬されているようですが、それによって、腫瘍の縮小が望める場合がありますので(腫瘍の種類によって)、副作用が辛いかもしれませんが、(医師の判断無く)勝手にお止めになるのは良くないかもしれませんよ。余計な事かもしれませんが。。。

下垂体の出血は「下垂体卒中」です。私は医師に「大量にお酒を飲まないように」と言われました。

いずれにせよ、良く主治医とお話になって、ベストな選択をなさってくださいね!ここには、素晴らしい脳外科の先生もいらっしゃいますので、よいアドヴァイスが付くことを、お祈りしています。
お大事になさってください。

はじめまして!
私は今年下垂体腫瘍の手術を受けたものです。(医師ではありませんが回答が付かないようなので、ご参考までに私が経験した事を書かせて頂きますね)

腫瘍の「手術しやすい大きさ」との事ですが、「大きさだけ」に限って言えば、大きくても2センチ位まで、小さすぎてもやりにくいと聞いた事があります。ですので、1センチ~1.5センチ位がし易いって事なのでしょうか?
(すみません。ここらへんは脳外科医ではないですし、寡聞にしかすぎないので・・・。現場の方のご意見が欲しい所です)

...続きを読む

QDOSプロンプトやコマンドプロンプト画面でCPU負荷を少なくするには?

Windows98SEのDOSプロンプトや
WindowsXP  のコマンドプロンプト画面にしたら、CPU負荷が多いせいか、コンピュータが熱を持ち、動作が鈍くなったり、フリーズすることがあります。

マシン IBM NetVistaA40
CPU Celeron533MHz

質問1
プロンプト画面を開けたまま、CPU負荷を少しでも抑える方法を教えてください。

質問2
CPUをもっと強烈に冷やす方法を教えてください。

Aベストアンサー

XPならタスクマネージャーのプロセスタブでCMDの優先度を下げればよいのかも?

それとCPUを強力に冷却するならCPUクーラーもしくはクーラーファンを強力な物に変更する、
もしくは筐体内部の空気の流れを見直す(ホコリが溜まってるとかファンの動きが悪くなってるとかは無いですか)。

Q下垂体腫瘍のの手術

私の旦那が下垂体腺腫プロラクチン産生腫瘍と診断されました。いろいろ調べたのですが、この病気は女性に多いらしく、男性の話を聞くことができません。

腫瘍の大きさは9ミリで、先生が思っていたより小さいものだったそうです。
内分泌科の先生は、薬で治療をすると言うことでした。
薬のメリットはわかるのですが、私にはデメリットのほうが多いような気がしてなりません。
薬の副作用・止めてからの再発・一生飲み続けなければいけない・いざ手術となった場合に腫瘍が硬くなってしまい、完全に腫瘍が取りきれないなど・・・。

内科医的には薬での治療、脳外科医的には手術、と意見が医者の中でも分かれていると言う話を聞いたことがあります。
一体どのような治療を選択するのが一番良いのか、わからなくなってきました。

旦那も年をとってから会社を休んでクビになるより、今のうちに手術をしたほうが良いのではないか、と考えているようです。

専門家の方、この病気で薬を飲んで治療している男性、手術を受けた男性のいろいろな意見を聞いてみたいのです。
どうぞよろしくお願いします。

私の旦那が下垂体腺腫プロラクチン産生腫瘍と診断されました。いろいろ調べたのですが、この病気は女性に多いらしく、男性の話を聞くことができません。

腫瘍の大きさは9ミリで、先生が思っていたより小さいものだったそうです。
内分泌科の先生は、薬で治療をすると言うことでした。
薬のメリットはわかるのですが、私にはデメリットのほうが多いような気がしてなりません。
薬の副作用・止めてからの再発・一生飲み続けなければいけない・いざ手術となった場合に腫瘍が硬くなってしまい、完全に腫瘍が取...続きを読む

Aベストアンサー

脳神経外科が御専門のinogeさん、nobu1さんと、経験者であるturubaraさんの御回答が有りますが、内科の方からのコメントを少し。

>性欲の減退です。
>そこでは血液検査を2回した結果、もしかしたら腫瘍があるかもしれないので、大きい病院へということで紹介されました。

まず、最初に受診をした泌尿器科の医師に対して敬意を表したいと思います。男性で腫瘍が大きくなっての圧迫症状でなく、性欲の低下が主症状でこれほど短期間に診断まで至った事は大したものだと思います。一般内科に行けば多分かなり診断到達まで時間がかかったと考えます。さすが泌尿器科医。

さてプロラクチノーマですが、腫瘍の大きさは9ミリであれば、マイクロアデノーマ(ミクロ腺腫)となります。この場合、現在保険の認められている内科的薬物療法によって80~90%の患者さんで血清プロラクチンの正常化をし、50%以上の腫瘍の縮小効果も約4割の患者さんで報告されています。主に女性ですが、腫瘍が消失した症例もあります。効果が少ない症例では保険では認められていないのですが、他の効果的な薬剤もあります。薬物療法の欠点は、服薬を中止すると腫瘍の増大は少ないものの血清プロラクチン再上昇が認められます。中止する場合には時間をかけて少しずつ薬を減らしていきます。

一方ハーディ法による手術では、70~80%の治癒率が見込まれます。但し、術後の再発はマイクロアデノーマで17~18%位報告をされています。
プロラクチノーマの原因は不明ですが、下垂体での異常でなく、視床下部からのホルモンの異常が原因であるとゆう仮説があります。この場合、手術をしても腫瘍発生の原因がさらに上位にあれば、手術による腫瘍の取り残し以外にも再発をしてしまう可能性が出てきます。

マイクロアデノーマは自然経過でもほとんどが小さいままで経過をして、腫瘍が1cm以上になるマクロアデノーマに移行する症例は10%以下といわれています。マイクロアデノーマとマクロアデノーマの原因は別のものであるとの考えがあるくらいです。

手術の適応は、腫瘍の急速な増大によって神経症状が出現する場合や薬物療法に抵抗性があったり、副作用が強くて服用ができない場合は選択されますが、一般的にはマイクロアデノーマの場合では薬物療法で治療を行う事が多いですね。

脳神経外科が御専門のinogeさん、nobu1さんと、経験者であるturubaraさんの御回答が有りますが、内科の方からのコメントを少し。

>性欲の減退です。
>そこでは血液検査を2回した結果、もしかしたら腫瘍があるかもしれないので、大きい病院へということで紹介されました。

まず、最初に受診をした泌尿器科の医師に対して敬意を表したいと思います。男性で腫瘍が大きくなっての圧迫症状でなく、性欲の低下が主症状でこれほど短期間に診断まで至った事は大したものだと思います。一般内科に行けば多分かな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報