【ビール1日1缶は身体に良いというのはビール会社の宣伝?】


ビールを1日1缶飲むと

動脈硬化
狭心症
心筋梗塞
脳梗塞
認知症

の予防になる主に脳の5つの病気を防ぐことが出来る。

これがビールを飲む利点で、

ビールを飲むと病気になる欠点は、

高血圧
肝硬変
脳出血
くも膜下出血
慢性膵炎
糖尿病
うつ病
肥満
食道がん
喉頭癌
咽頭がん

になるリスクが高まると言う。

ビールを1日1缶飲むと利点が5つの病気に効いて欠点が11つもある。

のでビールを1日1缶飲むとリスクの方が大きいと言える。

ビールメーカーは利点しか広告しないのでアホな自分で考える力がない無能猿はビールは1日1缶飲んだ方が健康に良いと言うがあれは嘘だとはっきり統計として言える。

反論あるなら聞きます。

ビールは害です。有毒です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結論としては反対するわけじゃないけど、、、


論理としては、単なる理由の数ではなく、それぞれの発症率、死亡率、健康寿命などを比較しないと、成り立たないよね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

以外にビール会社の広報に肩を持つ人が多いことにビックリした

お礼日時:2017/04/05 21:20

No.3さんに同感!病は気から、です。

自分が好きだ、美味しいと思えるモノを飲食してれば人生、楽しく生きれます。そもそも統計云々、言ってる質問者さんが他人の思惑に踊らされているのでは?
    • good
    • 1

どっちもどっち。

酒を楽しく飲めない人は色々な病気に成る要素を自ら助長している人。やけ酒。深酒。

ビール一缶飲んで疾患抱える様な人は、健康食食べても~飲んでも病気に成るよ。
    • good
    • 4

益と害の項目数で比べてもたいした意味はないでしょう。


それぞれの項目について数量的に考えて総体的な判断しないと。

たとえば
益は5項目だがそれぞれ30ポイント
害は11項目のそれぞれ2ポイント
なんてこともあり得るわけで。

ご理解難しいでしょうか。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q缶ビールをおいしく飲む方法

こんばんは。
毎日暑くてビールが美味しい時期になりましたが家で飲む缶ビールってなんか物足りなくありませんか?
家で飲むときはとりあえずグラスを冷やすぐらいはしていますが
他になにか缶ビールを美味しく飲む方法ってないでしょうか。
皆さんが実際にやっている事や知ってる方法があったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グラスへの注ぎ方
 1回目は勢い良く泡を立てる
 落ち着いたら
 2回目は普通に
という2度注ぎを試してみて下さい。

本職のビヤバーテン(キャリア25年)です。
毎日ビールを注いでいます。
なぜか帰宅後も…。
風呂上りに飲むのが一番美味しいのかも知れませんね。

Q缶ビールをコップで飲むと美味しい?

缶ビールをコップで飲むほうが美味しく感じます。
缶ビールだと350を二本ぐらい飲むと、お腹いっぱいになるのですが、缶からコップに移すだけで四本ぐらい飲めちゃいます。
コップに移すことで何か変化があるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
それは「香り」と「泡立ち」のせいでしょうね。
缶で飲むとそのどちらもあまり味わうことなく飲み終わってしまいますが
コップに注ぐことで泡が立ち、飲み口が広がるおかげで
より強く香りを感じることができるからです。
僕も缶そのままよりグラス派です。
グラスに凝ったり注ぎき方を工夫して
もっとクリーミーな泡をつくれるとさらにおいしく飲めますよ。

Q缶ビールをグラスに注ぐ人とそのまま飲む人

家庭でビールをよく飲む人のうち、
そのまま飲む人と、グラスやコップに注いで飲む人とでは、どちらが多いのでしょうか?

何か、データなどあるでしょうか?

ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

ビール業界の情報を集めたウイキペディアでは、
日本では、しっかり冷やしてコップやジョッキに注いで飲むのが一般的であるとのこと。

ということでコップ等に移し飲むのが多いとのこと。
理由は缶のまま飲むとガスが強すぎるのでおいしくないそうです。
もう一つ、缶の臭いが鼻につくので美味しくないとのこと。

小生も缶のまま飲むとおいしいと思ったことありません。
ビールは泡で空気を遮断して美味しくなるのですね。

Q缶ビール、そのまま飲むのとグラスに注ぐで味が違う?

缶ビールを愛飲しています。

何となく漠然としたものなのですが、『そのまま飲むよりグラスに注いで飲んだ方が美味しい』気がします。これは気のせいでしょうか?それとも何か科学的(?)理由により美味しいものなのでしょうか?

『グラスに注いだ方が美味しいと感じるなら、そうすればよいだろう』って言われればそれまでですが、何だか気になります。

Aベストアンサー

少しでも美味しく飲むためには、グラスに注いたほうが、美味しいそうです。
★★★ビールグラスにビールを注いだ時、程よく炭酸が抜けて泡が立ち、泡がグラスのフタの代わりとなって酸化を防いでくれるからこそ美味しく飲めるのです。
グラスにビールが残っているのに注ぎ足すのはやめましょう。 炭酸の抜けたところに入れると味を落とすことになりますのでご注意!ビールはジョッキで飲むのが一般的ですが陶器のグラスも泡がキメ細かく出るのでおすすめです。
ビールは泡が美味しさを決めると言っても過言ではありません。

【缶ビールそそぎ方】
*以下のそそぎ方は、スーパードライなどの“シャープタイプ”向けである。
(1)グラスをテーブルに置き、少し高めの位置から勢いよくグラスの真ん中に向かってそそぐ。
(2)泡がグラスの半分に達したら、グラスを斜めに持ち、ふちと缶の口を付ける。
(3)グラスの内側の泡を下から持ち上げるようにビールを静かに注ぐ。
(4)徐々にグラスを立てて行く。ビールに対する泡の比率が20~30%になったら完成。


「上手な注ぎ方」
ビールの上手な注ぎ方とは、泡を上手につくることです。泡はビールのおいしさを守るふたの役割をしています。

まず、グラスは立てる。よくグラスを傾けて注ぐのを見かけますが、グラスは傾けてはいけません。

初めはゆるやかに、次第に勢いよく注いでいき、きれいに泡ができ始めたら、その泡を持ち上げるようにして静かに注ぎます。ビールと泡が7対3になれば完璧です。

また、ビールのつぎ足しはやめましょう。炭酸ガスの抜けたビールに新鮮なビールを混ぜることになり、ビールの味を落とすことになります。

ぬるくなったビールは泡が立ちすぎて美味しくありませんし冷凍庫などで3℃以下に冷やし過ぎると炭酸が抜けて泡が立たず美味しくありません。








・・参考にまで・・
「飲み頃の温度」
日本の気候では、夏は6~8℃、冬は10~12℃程度で飲むのがおいしい温度で、 3℃以下に冷やしたビールは、本来の味わいがわからなくなり、泡も立ちにくくなる。

また、コップも冷やしておくのがいっそうおいしく飲むコツである。

「清潔なグラス」
ビールをおいしく飲むために、ビールの泡は欠かせません。グラスが汚れていると泡が立たず、立ってもたちまち消えてしまいます。特に油類がついているときはぜんぜん泡が立たなくなります。

また、洗剤がグラスに残っていても泡立ちが悪くなるので、グラスを洗うときは洗剤で汚れをよく落としたあと、流水ですすぎを十分にして、洗剤を完全に落とすようにしましょう。

【飲む準備】
グラスの洗浄は、グラス専用のスポンジで。
(1)油分がクラスにつかないよう食器類とは別々に洗浄する。
(2)水ですすぎ、洗剤をしっかり落とす。
(3)ふせて、自然乾燥。
注意点
グラスに油分が付着していると、油分に気泡が生じ、ビールの泡もすぐに消えてしまう。
(*綺麗なグラスには気泡がつかない。)

少しでも美味しく飲むためには、グラスに注いたほうが、美味しいそうです。
★★★ビールグラスにビールを注いだ時、程よく炭酸が抜けて泡が立ち、泡がグラスのフタの代わりとなって酸化を防いでくれるからこそ美味しく飲めるのです。
グラスにビールが残っているのに注ぎ足すのはやめましょう。 炭酸の抜けたところに入れると味を落とすことになりますのでご注意!ビールはジョッキで飲むのが一般的ですが陶器のグラスも泡がキメ細かく出るのでおすすめです。
ビールは泡が美味しさを決めると言っても過言ではあ...続きを読む

Q瓶ビール 缶ビールより高い

瓶ビールが缶ビールより高いです。
これは普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。

瓶330mlで235円(保証金は5円)
缶350mlで203円でした>
先程の回答でも書いたように容量によって単価が変ってきますので、場合によっては逆転することもあり得ます(本数によっても違うかも?)。
ただ、これは瓶ビールの小瓶の単価が高いだけであって、主流の大瓶や中瓶は缶ビールより安いのが普通です。瓶ビール1ケース20本の価格から300円(@5円×20+ケース200円)を引き1ml当りの価格を求めます。缶ビールは24本なので24で割ったあと、350なり500で割ることになります。この単価を比較すれば、一般的には瓶ビールが安くなるかと思いますよ(少なくとも経験上は…)。
なお、瓶ビールは大瓶が一番安く、次に中瓶でしょうか。上記したように小瓶は流通量が少ないためか割高だと思います。片や、缶ビールは500mlが一番安く、次は350ml、更に小さいものは高く1Lや2L、3Lも高いですね。

この辺りは酒屋の広告等の販売価格を参考にし、それぞれの単価を求めると答えは出るでしょう。その上で自分に合った範囲内の容量の物を買い求めるのがお得かと。
ピンポイントで瓶で割高になる小瓶と缶で2番目に安い350mlを比べるだけでは無理があるでしょう。逆に大瓶と一番小さな缶か極端に大きな缶を比べると大きな差が出るかと思います。
http://draftbeer.jp/knowledge/538



ここからは話が変りますが、飲食店で飲む樽生ビール(所謂生ビール…瓶も熱処理してないから生ですが ^^;)も容量辺りは高いです。瓶ビールと同じくらいの価格設定の店が多いですが、容量が半分強くらいしか入ってないことが多いですので。瓶ビールは容量が決まってても、生ビールは店によっても容量にばらつきがあり、中サイズでも300ml前後が多いですので。
http://dadinc.jp/archives/1079

No.2です。

瓶330mlで235円(保証金は5円)
缶350mlで203円でした>
先程の回答でも書いたように容量によって単価が変ってきますので、場合によっては逆転することもあり得ます(本数によっても違うかも?)。
ただ、これは瓶ビールの小瓶の単価が高いだけであって、主流の大瓶や中瓶は缶ビールより安いのが普通です。瓶ビール1ケース20本の価格から300円(@5円×20+ケース200円)を引き1ml当りの価格を求めます。缶ビールは24本なので24で割ったあと、350なり500で割ることになります。この単価を比較すれば、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報