この度、ネットショップを作り(個人として。個人事業主でもないです)ブラジルの知り合いからプロポリスを輸入し、自分のサイトで販売したいと思い調べております。
しかし実際にブラジルで販売されているもので製品の確保はできているものの、わたしのような個人が輸入し販売するに至るまでのプロセスは途方もなく長く複雑に見えております。
そこで質問したいと思いこちらに投稿いたします。どなたかご存知な方是非力を貸してください。
現在の状況として、個人でネットショップを立ち上げ現地にて製品を確保してもらっている。。
こちらで止まってしまっています。これから、輸出入手続きにおいて(代行業者)の利用はマストなのか、食品に当たるので検査や販売においてのチェックが厳しいのは承知ですがどの機関で、まず何から手をつけていいかこんがらがってしまいました。
輸入から販売に至るまでのプロセス、また使用すべき機関などをご存知の方、こんなわたしに是非ご教授願います。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

フォワダ代行業者さんに輸入から検疫や税関の通し方など出来る人がいますから


そこへ相談すればいいのではないでしょうか
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業で食品の輸入・販売

個人事業で海外(主に西欧)の食品を輸入、販売しようと考えています。
輸入食品の販売にはどういった許可が必要でしょうか?
可能であれば具体的な手続きの方法についても教えて頂ければ助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

食品は二種類あります
農林水産省が管理するもの
厚生労働省が管理するもの
扱う食品によっては両方の認可や資格を必要とします
これらの地方支局に直接お尋ねになったほうがいいです

Q輸入販売と自己研究開発販売はどちらが利益が多いですか?

現在、ある病気予防の健康食品の販売業を考えている者です。
その場合、
(1)自分でその病気の予防食品を研究開発し、製造を工場に発注して、それを販売する
(2)海外で既に開発され完成している商品を輸入し、値段を上乗せして販売する
(1)と(2)では、どちらが利益が多く出ると思いますか?アドバイスを頂きたいです。

Aベストアンサー

当然ですが、それは開発費がどのくらいかかるかによりますよ。ただし、製造も外注なら、輸入販売の方が安くあがるように思いますし、1種類作ればそれでずっとやっていけるほどの健康食品は世の中にほとんどありません。
ですからよほど継続的に新商品を研究開発できる自信があるのなら別ですが、そうでない場合は仕入れて売った方がいいと思います。
ただし薬事法という高い壁がありますから、作れば売れる、良いものなら売れる、と思ったら大間違いというのが健康食品の世界だという事をお忘れなく。知識や経験がないと絶対に成功しません。

Q輸入販売について

No.2179515で質問をさせていただいた者ですが、再び失礼します。
(前回は、化粧品の輸入販売を考えているということで、化粧品製造業許可と製造販売業許可が必要だということを教えていただきました。)

追加質問させていただきたいと思います。
輸入販売されている会社として、FBC(http://www.fbcusa.com/japan/index.php3)というところを知っているのですが、こちらは「個人輸入」という立場を守りながらも在庫を持っているようです。
これは、化粧品でないからできることなのでしょうか?それとも、何か方法によってはこのように在庫を持ちながらインターネットで集客・販売が可能になるのでしょうか?
また、このようなことについての専門機関は「税関」になるのでしょうか?

Aベストアンサー

 sophiasanさん こんばんは

 薬局を開局している薬剤師です。

 例えば海外生活が長い方が帰国する際に、今使っている化粧品を買って持ち帰ってくると言う方法なら例え成分的に日本では販売許可が出てない成分配合品であっても持ち込んで使う事は可能なようです。また個人輸入的な感覚で、日本で販売されてない化粧品を今まで住んでいた所の友人に購入して送ってもらって使い続ける事は多分可能だろうと思います。その理由として、以下のHPに記載の有る商品の中で、日本の薬事法では私達薬局を経営している薬剤師でさえ、医師の処方箋なしに販売した事がバレたら即薬局の営業許可が取り消しになる医薬品もネットで販売しているからです。もしかしたら厚労省のお役人さんが知らないだけなのかもしれません。以上法律の網を上手に掻い潜ったグレーゾーン販売なんだろうと思います。
 http://www.digitalinformationservice.com/shop/detail.cgi?code=HK-DIFL100MG10
 http://www.digitalinformationservice.com/shop/detail.cgi?code=HK-CRVT20

 ところで質問に記載あるHPのショップは、このグレーゾーンを上手に使って、本来は友人にお願いして買って頂いて送ってもらうところを代理で行なう方式で輸入販売しているんだろうと想像します。この場合、幾等化粧品と言えども法律に則った資格・許可が無くても販売(実際は販売ではないく、代理購入+代理手数料と言う形式)が可能なんだろうと思います。
 このショップはそう言う方式で販売可能な商品のうち、日本の法律に照らし合わせて店頭販売可能な雑貨類等を店頭販売しているんだろうと想像します。

 化粧品の場合は、私が使っている「カボティーヌ」と言う香水でも日本の業者が輸入して販売する場合、成分が日本の薬事法で許可されている物でも薬事法に則って成分等の表示等が必要になります。したがってこの表示義務の表示をすること自体が製造業の許可が必要になります。(以下のHP参照 このHPはsophiasanさんに役立つと思います。)
 http://www.office-ksb.com/kesyouhin/sei1.html

 ところでご質問に記載のあるHP同様の個人輸入形態の場合は、実際に販売されているお国そのままの形状(パッケージや表示等)で商品が届く事になりますから、業者としては製造業等の資格は事実上必要ない事になります。ですから、国内に輸入する事自体が法律で規制されてない拳銃・麻薬や覚せい剤(これらは許可を受けて輸入する場合は可能なようですが、許可を取るのが大変です。)でなければ、事実上個人輸入形態なら販売可能だろうと思います。ただし、輸出元のお国にこの事業を行なう人が必要と言う事と、税務上利益に対する税金がどうなるかは私には解りかねますので結構な知識と資金が必要になると思います。
 商売自体は、ご希望のネット販売であれば輸出元のお国からのネットのHPを日本向けに配信すれば良い訳ですから、どの程度集客出来るかはともかく可能だろうと思います。

 個人輸入時の関税にに付いては、以下のHPに記載が有る通りです。簡単に言えば、関税対商品は受け取る段階でお客様が支払う形ですから業者としては何も考えなくて大丈夫です。ただしHPで販売する時に、商品の代金・送料以外に関税が幾等なのか(結果総トータル幾等になるか)の表示が必要でしょう。
 http://www.tokyo-customs.go.jp/zei/2.htm

 以上より、製造業等の資格が無くても質問に記載のHPのショップ同等の方法での商売形態ならやってやれない事は無いと思います。ただし、輸出元のお国に従業員が必要と言う事と、税務的にどうなるかの問題がありますから結構資金的にもそれ以外にも大変な事業になりそうだと思います。

 私なりに解る範囲で纏めて見ました。何かの参考になれば幸いです。

 sophiasanさん こんばんは

 薬局を開局している薬剤師です。

 例えば海外生活が長い方が帰国する際に、今使っている化粧品を買って持ち帰ってくると言う方法なら例え成分的に日本では販売許可が出てない成分配合品であっても持ち込んで使う事は可能なようです。また個人輸入的な感覚で、日本で販売されてない化粧品を今まで住んでいた所の友人に購入して送ってもらって使い続ける事は多分可能だろうと思います。その理由として、以下のHPに記載の有る商品の中で、日本の薬事法では私達薬局を経営して...続きを読む

Q輸入品の販売

ネットショップで輸入玩具などを販売したいと思って、今はその下調べ等をしている段階です。
インターネットで仕入先候補のカタログを請求しようと思っています。「会社名」を記入する欄がありますが、まだ名前が決まっていない場合は英語で何と記入したらよいでしょうか。
「会社名」がないと取引に応じてくれないのでは?と心配ですが、自分はこれから起業予定であることをうまく伝える方法なども教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

情報(カタログなど)やサンプル購入などは個人名でも
出来ますので、会社名の欄は無視しても良いと思います。もし記入するとすればnot yet registeredでも
良いと思います。会社でなければ相手にしない場合は、フォーマットだけでなく、基本取引条件(支払い条件、最低購入量など)に明確に表記されると思います。そのような会社は、いずれ会社を設立する予定だけでは通用しないでしょう。

Q輸入品販売で起業したい

価格差を利用して日本でネットショップをと考えてます。以前楽天市場の並行輸入セレクトショップにてWEB製作から販売・発送・各種電話対応をしていたので販売するシステムには精通しているのですが、仕入れに不安があります。

仕入先やコネを作りだすにはどうすればいいのでしょうか?

また【直接買い付け】という言葉をよく聞きますが、一般の人間が海外に行って買えるのでしょうか?

特に販売商品を決めているわけではないので仕入れ国・ジャンル不問でどんな些細な情報でもいいのでアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

過去にも似たような質問をされている方を何名か見かけました。
似た回答になりますが、書かせてください。
国内外の価格差を利用してのネットショップを計画する人は大勢居ます。海外旅行した人の二人に一人は考えるのではないでしょうか。
しかし、実際には難しいです。
誰でも販売できる様な品では価格差が無く。価格差があるような品は、難しくて手が出ないからです。

もし、本気で販売を考えるなら、次の2つの条件を満たしていないと商売には成りません。
(1)仕入れコスト(品代、送料、税金の総計)が、販売価格の30%以下である。
(2)他の人は仕入れられない。もしくは仕入れが難しい。

経験者であり、現在も輸入販売を行っています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報