人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

能年玲奈改め、のんの存在が大きかった 『この世界の片隅に』大ヒットの理由 ←この記事どう思う?
昨年11月の公開以来、口コミでじわじわと評判が広がったアニメ映画『この世界の片隅に』(片渕須直監督)。第90回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画1位に輝き、興行収入も3月25日付で25億円を突破した。昨
続きはこちら↓
https://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/bdda25bd68 …


【注意】
こちらの質問はベストアンサーを選びません。
教えて!goo編集部から記事に関するコメントを受け付けています。

「能年玲奈改め、のんの存在が大きかった 『」の質問画像
  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

『火垂るの墓』の舞台は西宮で、原爆投下を描いた作品ではないでしょう。


戦時中を描いた話ではあるけど、混同してないか?

あと、当方個人としてはあくまでも作品が素晴しいという評判で、それで見たいと思い、見て良かったと思ったけど、声優としてのんさんが参加したからという事からではないんだけどね。というか見るまで知らなかったし。
まあ、声が合っていたというのは確かにそうですが。
    • good
    • 0

つれが茶飲み友だちに聞いてよいから見に行こうといわれている映画だったので、まさにタイムリーであった。

    • good
    • 0

なるほどですね。

君の名とは違いの考察が面白かったです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング