『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

おすすめの小説を教えてください。
ジャンル・国は問いません。
面白いと思ったものを紹介していただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

司馬遼太郎氏 「俄(にわか)」


C.W.ニコル氏 「勇魚(いさな)」
童門冬二氏  「小説 上杉鷹山」
津本 陽氏  「巨人伝」

どれも江戸時代から幕末、明治にかけての実在の人物もしくは
史実に基づいて書かれた作品です。
    • good
    • 0

おはようございます。



ブックオフオンラインさんで歴史小説を買うことがたまにあります。

最近読んで面白かったのはどちらも今から17年ぐらい前の
2000年発売の歴史小説の

2000年 第34回 吉川英治文学賞受賞受賞作の
高橋克彦さんの「火怨 」

火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫) 文庫 – 2002/10/16
https://www.amazon.co.jp/dp/4062735288/

辺境と蔑まれ、それゆえに朝廷の興味から遠ざけられ、平和に暮らしていた陸奥の民。
8世紀、黄金を求めて支配せんとする朝廷の大軍に、
蝦夷の若きリーダー・阿弖流為は遊撃戦を開始した。
北の将たちの熱い思いと民の希望を担って。
古代東北の英雄の生涯を空前のスケールで描く、
吉川英治文学賞受賞の傑作。(講談社文庫)

火怨 下 北の燿星アテルイ (講談社文庫) 文庫 – 2002/10/16
https://www.amazon.co.jp/dp/4062735296/

内容紹介
朝廷の大軍を退けた蝦夷たちの前に、智将・坂上田村麻呂が立ちはだかる。
威信を懸けた朝廷の逆襲がはじまった。信に足る武人・田村麻呂の出現で、
阿弖流為は、民のため命を捨てる覚悟を決めた。北の大地に将たちが1人、
また1人と果てていく。蝦夷の心を守り戦い抜いた古代の英雄を、
圧倒的迫力で描く歴史巨編。(講談社文庫)



佐藤 賢一さんの「双頭の鷲」

双頭の鷲〈上〉 (新潮文庫) 文庫 – 2001/6/28
https://www.amazon.co.jp/dp/4101125317/

時は、中世。イングランドとの百年戦争で、劣勢に陥るフランスに登場したベルトラン・デュ・ゲクラン。このブルターニュ産の貧乏貴族、口を開けば乱暴粗野なことばかり。だが幼き日より、喧嘩が滅法強いベルトラン、見事な用兵で敵を撃破する。神は、武骨なその男に軍事の大才を与えたもうた!鉄人チャンドスは戦慄し、好敵手グライーは闘志を燃やす―。歴史小説の新たなる傑作。

双頭の鷲〈下〉 (新潮文庫) 文庫 – 2001/6/28
https://www.amazon.co.jp/dp/4101125325/

ついに大元帥の位まで登りつめた、ベルトラン・デュ・ゲクラン。国王シャルル五世との奇跡のデュオは、民衆に希望をもたらした。破竹の快進撃を続ける武将は、いつしか生ける伝説に。だが、フランスで、スペインで、強敵に打ち勝ってきた男にも、黄昏は訪れる。その日まで―、男は太陽のように、周囲を照らし続けた。不世出の軍人と彼を巡る群像を描く歴史小説、堂々の完結編。

です。

どちらも時代ものですが両方とも事前知識があまりない状態でよんだのですがテンポが良くて時間がたつのも忘れて
読んでしまいました。お勧めです。
    • good
    • 0

■松岡圭祐:千里眼シリーズ


元空自の女性初F15パイロット。ある災害をきっかけに退官。心理学を学び患者に寄り添うも、テロ組織のテロに巻き込まれて行き対峙する。
スピード感、緊迫感のある描写が秀逸。
■大鐘稔彦:孤高のメス シリーズ
真摯に医療に取り組む熱血漢の凄腕外科医の物語。日本初の脳死肝移植、日本医療界を追われて海外に招へいされたり、波乱万丈。身近に起こる家族や身内の医療問題などを題材にした人間ドラマ。
■富樫倫太郎:SROシリーズ
警察もの。警視庁に新設された日本版FBI・広域捜査専任特別調査室。犯罪者側の心理描写やSROとシリアルキラーとの頭脳戦の緊迫感が秀逸。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめの小説を教えてください

最近本を読み始めた 本初心者です。
初心者でも読みやすい、

恋愛小説で
海外旅行へ行きたくなるような海外の風景を書いたような本を探しています。

また、その他にもこの人の本はいいよなどオススメがあれば教えてください。

Aベストアンサー

「スーツケースの半分は」(近藤史恵・ 祥伝社)がおすすめです。
アラサー友だちがそれぞれに旅行に行って「いいこと」があるお話。特に女性がおすすめです。あまりいい男がでてこないかもですが(^^;

Q私は現在27歳の女性です。昔の文学や音楽が大好きなのですが、本の世界に引きずられることがよくあり、読

私は現在27歳の女性です。昔の文学や音楽が大好きなのですが、本の世界に引きずられることがよくあり、読み終わったあとはしばらくぼーっとしてしまい、世の中と自分が隔離されたような気持ちになります。そして、音楽を聴いたり本を読んでいるとちょっとおかしいかな?と自分で思うぐらい入り込んでしまい、興奮してしまいます。高い所から飛び降りたい気持ちになったこともあります。私みたいな人に実際には今までお会いしたことありませんが、前に読んだ本でリンザーという方のドイツの波紋という小説と、現在読んでいる野溝七生子という方の山梔という小説は、著者の幼い頃を書いていますが、まるで私みたいな女の子が主人公でした。私は躁鬱病という精神疾患と発達障害を抱えています。そういったものも関係しているのでしょうか?

Aベストアンサー

精神疾患は、現実と妄想を切り分ける認識力が低下して、自我が混濁した状態の病気ですので。
音楽や本にのめり込むと、現実認識のほうが疎かになって、作品世界が現実や自分の経験のように感じてしまいます。

Q完全犯罪で証拠隠滅やアリバイは要らないのでは?

被害者と公衆の面前で過去にもめて周囲の目に留まってたり防犯カメラに記録されていたり、
二人きりでケンカしても被害者から警戒されて誰かに相談された過去がありその人が聞き込みで自分の名前をトラブル相手として挙げて、
そして捜査線上に浮上したらアウトですよね?
取調室に連行されたなら屈強な自衛官やヤンキーさえ3日もたず泣いて自白してしまうから、
せっかく物的証拠を隠滅してアリバイを用意した状態になってても疑いの目がある時点でアウトですよね?

Aベストアンサー

捜査線上に浮上したらアウトですよね?
  ↑
まあ、現実にはほとんどアウトですね。
例外はありますが、よほどでないと難しいでしょう。


せっかく物的証拠を隠滅してアリバイを用意した
状態になってても疑いの目がある時点でアウトですよね?
   ↑
ほとんどが自白させられます。
希に、頑張り通しているのがいますけど。
例えば、毒入りカレー事件の女性とか
麻原尊師とか、過激派といった政治犯とか。

そもそも現実の犯罪で、迷宮入りになる
のは思いつきの犯罪とか、通りすがりの
犯罪ばかりです。

計画犯罪はまず成功しません。
必ず、どこか穴があるものです。



完全犯罪で証拠隠滅やアリバイは要らないのでは?
   ↑
自白だけで有罪にすることはできません。
(憲法38条)
自白を補強する証拠が必要になります。

Q純文学の小説を片っ端から読みたいです。 何がありますか? 教えてください。

純文学の小説を片っ端から読みたいです。
何がありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

片っ端からということでしたら近代だと
森鴎外、泉鏡花、夏目漱石、樋口一葉、芥川龍之介、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治
あたりの作家の全集を図書館などで借りて、面白そうなものから読んでみるのはどうでしょうか?谷崎や太宰の作品は読みやすいものが多いのでとっつきやすいかもしれません。
谷崎『刺青』『痴人の愛』『春琴抄』等
太宰『津軽』『パンドラの匣』『お伽草子』等
梶井基次郎『桜の樹の下には』坂口安吾『桜の森の満開の下』は少し奇妙だけど、今の季節にぴったりだし、読みやすいと思います。

Qローラ・インガルス 大きな森の小さな家の「とうさん」「おとうさま」原文表記

ローラ・インガルスの「大きな森の小さな家」の恩地美保子訳を読んでます。 2ページ目に

女の子の名前はローラ、そして、おとうさんのことを「とうさん」、おかあさんのことを「かあさん」と呼んでいました。

 とあります。 他にも、

この土地では、子どもたちは、いまのように「おとうさま」「ぉかあさま」、「おとうちゃま」「おかあちゃま」とは呼ばなかったのです。

 とあります。
原書を呼んだ方、それぞれの親に対する英語表記は何だったのか教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

その部分の原文は

The little girl was named Laura and she called her father, Pa, and her mother, Ma.
In those days and in that place, children did not say Father and Mother, nor Mamma and Papa, as they do now.

その訳では

とうさん=Pa
かあさん=Ma
おとうさま=Father
おかあさま=Mother
おとうちゃま=Papa
おかあちゃま=Mama

ですが、渡辺南都子訳(講談社文庫)では

父さん=Pa
母さん=Ma
お父さん=Father
お母さん=Mother
パパ=Papa
ママ=Mamma

となっています。

Q「異世界に行って帰ってくる」作品が読みたいです。

「異世界に行って帰ってくる」作品が読みたいです。
多分一番求めてるのに近いのはジブリの千と千尋の神隠しだと思います。
世界が入念に作り込まれていて、まるで本当にその世界に行ってきたかのような空気感を味わえるようなものが読みたいです。

小説なら岡田淳さんの「二分間の冒険」、「扉の向こうの物語」や川上弘美さんの「七夜物語」も近いと思います。

Aベストアンサー

「地下室からのふしぎな旅」(柏葉幸子・講談社青い鳥文庫)がおすすめです。まさに「行って帰ってくる」物語です。

Q読書

おすすめの本はありますか?  最近になって読書に目覚めました。

Aベストアンサー

重松清「十字架」「流星ワゴン」「とんび」ほか
東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「秘密」「マスカレードホテル」ほか

時代物であれば「宮部みゆき(あやしシリーズ)」や「葉室麟(蜩の記、ほか)」「和田竜(のぼうの城、海賊の娘)」などもお勧めします。

Q自炊本について

小生、海外作家の冒険小説が大好きです。あまりに蔵書がたまりすぎ、処置に困り最初は資源ごみで出していたのですが、自炊本にする事を思いつきスキャナーを購入、新刊であれ、中古であれ断裁してPCに蔵書としておさめています。断裁した本ですが著作権侵害になるのか、ブックオフでもひきとってくれません。大きな工具箱函を庭先に据えて保管」していますが限りがあります。どなたか同好の士がいたら喜んで差し上げたいとおもうのですが、また交換する事ができたらいいなとも思います。
同好会のようなものはあるのでしょうか。
ちなみにクレイグ・トーマス、スティーブンハンター、マット・リン、トム・クランシー、クリス・ライアン、ジョン・グリシャム等多数あります。

Aベストアンサー

http://note100yen.com/en-130403.html

ヤフオクについては「裁断済み」であることを明記すれば販売可能のようです。
実際、されで販売されている方もいらっしゃいます。

著作権についてはここをご参考になさってください。
あとは、上記サイトを信用するかご友人を信用するかは質問者様次第です。
私に回答出来るはここまで、あとはご自身で判断をお願いします。

失礼します。

Q昔の小説の神の視点について

最近、昭和初期の頃の純文学(夢野久作や夏目漱石など)に興味を持ったのですが、現在の小説(ライトノベルを含む)とは違って神の視点や三人称で書かれた小説がないことに気がつきました。……もしかしたら私がまだ読んでいないだけなのかもしれませんが。
それと、昔の小説は文章中に読点が多い作品が多いような気がしました。

何か文化的/時代的な意味合いがあるのでしょうか?・。・?

Aベストアンサー

文語体でなく口語体による言文一致運動で生まれたのが、日本の純文学であり小説(私小説)で、その結果、自然主義文学が文壇を席巻してしまい、
見たままをそのまま書くのが純文学であり小説の定義になってしまい、客観視点である文語体を否定してしまったので、

神の視点や三人称の第三者の目線で書くと、芸術文学ではなく、娯楽文学である。って当時カテゴライズされちゃったので、
今の分類にまで、純文学に客観視点の作品がないのです。
海外作品はそんなことないし、国内の自然主義文学にはあるんですけど純文学ではないとされる。

Q何かお薦めの本はありませんか?

何かお薦めの本はありませんか?

Aベストアンサー

モンテクリスト伯


人気Q&Aランキング