設立会社は、新設分割によって、その親会社の株式を分割会社から承継することができる。

答えは◯ですが、その理由を教えて下さいm(_ _)m

そもそも新設分割って、親会社のAとBという事業があって、B事業を切り離して独立させることですよね?

親会社の株式を分割会社【から承継することができる】。って、おかしくないですか?

親会社の株式を分割会社【は承継する】。というのが普通だと思います。

子会社による親会社株式取得の禁止と何か関連しているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>そもそも新設分割って、親会社のAとBという事業があって、B事業を切り離して独立させることですよね?



 吸収分割との違いが説明できてますか。

>親会社の株式を分割会社【は承継する】。というのが普通だと思います。

オーソドックスな事例で、X会社(新設分割会社)が新設分割して、Y会社(新設分割設立会社)が設立された場合、Y会社の株主は誰になるのですか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確認株式会社の株式分割について

たとえば一株1円で資本金1円(発行株式1株)の会社が、
その株式を一株1銭にして100株に分割することなどは出来るのでしょうか?

もっといっちゃって、一株0.1銭にして1000株なんてことも可能でしょうか?

Aベストアンサー

日本の最小貨幣単位は1円であるため、1株が1円未満となるような株式分割は不可能と思います。
但し、5万円×2株=10万円の資本金で設立した確認株式会社の株式を、1株を5万株に分割することにより、発行済み株式数を10万株とすることは可能です。
株式分割を行っても企業価値に変化は無く、当然、登記が必要となり、コストがかかる話ですので、なぜそうしたいのかメリットをしっかりと考えておかないとあまり意味はありません(ストックオプション発行?第三者への割当増資での創業者シェアの低下防止?)

Q会社設立について 株式会社と個人事業。

会社設立について 株式会社と個人事業。


素人です。お手数ですがお教え下さい。
現在、サラリーマンで働いております。

会社には了解済みなのですが
会社勤務をしながら 副業をやろうと思っております。
その際、会社設立するのには 株式会社と個人事業で
どちらの場合が税金関係で負担が少ないでしょうか?

また、メリット・デメリットもお教え頂けないでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

開業前からある程度の収益確保をしているなら法人でしょう。

儲かるかどうかわからないというレベルなら個人事業で、青色申告の開業届を出してお始めになるのがよいかと思います。

どんな商売をどんな規模で始めるかで、個人、法人どちらがいいかは一概に決められません。

とりあえず、青色申告の個人事業で始めて(控除があります。)事業規模が大きくなったら法人にしてもいいのかなと思いますが。

いずれにしても会計帳簿はきちんと記載しないと、受けられる控除も受けられなくなりますので気を付けてください。

No.1さんもおっしゃってますが、サラリーマンの収入を超えてから考えても遅くないと思います。

Q株式会社モデュレックスってどのような事業を行っている会社ですか?

株式会社モデュレックスってどのような事業を行っている会社ですか?

Aベストアンサー

公式ホームページより
商号 株式会社モデュレックス ModuleX Inc.
代表者 代表取締役 曄道 悟朗 (Goro Terumichi)
設立 昭和48年8月3日
資本金 1億5,700万円
目的 1 照明器具ならびに光学機器の製造、販売、輸出、輸入
2 電子ならびに電気機器の製造、販売、輸出、輸入
3 照明の設計 施工
4 前各号に付帯する一切の事業
取扱商品 ModuleXブランドの高付加価値機能照明器具
MODSブランドの高付加価値屋外用機能照明器具
MRブランドのプロフェッショナルライティングデザイン

照明に関する事業を行っているようです。

Q今起業するのであれば、株式会社、有限会社、個人事業どれが有利ですか?

来年4月から会社設立しやすくなり、有限会社も無くなるとのことですが、情報開示や税金など、今設立するのであれば、どの形態が有利か教えてください。

Aベストアンサー

ANo.2です。

 設計業務でしたら、入札のハードルが高いですね(^_^;
施工業者でしたら、役所関係の仕事は、手形なしの現金払いは魅力的です。
書類の煩わしさを除けばですけど・・・(笑)
100万円台の仕事でも施工管理(特に若い方)の勉強だと思えば、意義があります。
くじ運で当たりますから、法人・個人を問わずやってみても良いかも知れないですね。

 設計事務所でしたら、損保の鑑定業務などをやっている所もありますので、
そういう事を念頭に置いているのでしたら、法人化も良いかも知れませんね。
 私の知り合いの建築士さんは、個人で開業して2年後に法人化しました。
理由は、厄年が終わってから法人化したかったからだそうです。
法人だと諸々の出費があるから、自分自身への課題が増えてがんばれるからとも言ってました。
 私は、納税等の簡易さと売り上げの少なさ、ほとんど一人でやっている為、
法人化の予定はありません。
 私と同様の営業形態の方でも、厚生年金の加入期間の為に法人化した方とか、
後継者育成(息子の跡継ぎ)の為に法人化した方もいます。

 新会社法の下で株式会社を作るよりも、現法の下で有限会社を作って
新会社法施行後に株式会社にする方が、3万円ほど安上がりだと書いてありました。
登録免許税が変更されるかもしれないし、半年早い分のメリット・デメリットを考えると
拘る様な事ではなさそうですね。
現法下であわてて、確認有限会社・確認株式会社を設立する意義は少なく感じますし、
資本金を履行の根拠と見なす契約ですと、0円・1円法人では、あまり意味がないとも感じます。
みなし法人の時代に逆戻りした様な感じですね(^_^;


 頑張って下さい。
陰ながら応援しています。

■最低資本金撤廃に対応した「有限会社設立マニュアル」公開■
http://port-system.net/yugen/index.htm
新会社法
http://port-system.net/newcom/

参考URL:http://www.kaisha-seturitu.com/

ANo.2です。

 設計業務でしたら、入札のハードルが高いですね(^_^;
施工業者でしたら、役所関係の仕事は、手形なしの現金払いは魅力的です。
書類の煩わしさを除けばですけど・・・(笑)
100万円台の仕事でも施工管理(特に若い方)の勉強だと思えば、意義があります。
くじ運で当たりますから、法人・個人を問わずやってみても良いかも知れないですね。

 設計事務所でしたら、損保の鑑定業務などをやっている所もありますので、
そういう事を念頭に置いているのでしたら、法人化も良いかも知れませんね...続きを読む

Q■ 株式会社の会社員のまま株式会社を起業

 株式会社の会社員のまま株式会社を起業をする気でいる者です。
 就業規則には副業禁止とはありませんが、株式会社を起業する事が出来るのか教えていただけませんか?

 また、可能な場合、税金や保険等どのようにしたらいいのでしょうか?

 音楽のレーベル等の立ち上げですが、営業活動、著作権とったりするに辺り株式会社で起業する事に・・・。


 未熟者に良きアドバイスをいただけると幸いです。

Aベストアンサー

会社員のまま起業することには他の方の回答のように特に問題はありませんが小資本で始めるなら初めは個人事業でいいと思います。株式会社の方が見栄えもいい!というのであっても会社の概要に資本金10万とかだと正直、取引先はまともに相手をしてくれないと思うので以前の有限会社最低資本金の300万を準備できないなら個人事業で始めるのがいいと思いますよ。(すでに1000万とかの資本があったら失礼なこと書いてすみません・・・)

>営業活動、著作権とったりするに辺り株式会社で起業する事に・・
株式会社でないと著作権取れないんですか?私の友人はフリーですが普通にやってる気がします・・・。

個人事業であればあくまでも会社員が本業であるので個人事業の届出も不要です。ただ収入が逆転したり継続して事業として続けるなら個人事業の届出、またはその時点で法人とするのがいいでしょう。

そう考えると会社は会社、個人は個人なのでまったく別で考えていいですよね。

会社員が本業であれば社会保険、厚生年金ですから個人事業のほうでは特に気にすることはありません。

個人事業のほうで経費が出たらその領収書は個人名でとっておきましょう。交通費も出ますから電車で出かければ電車代、高速に乗れば高速代、ガソリン代は出ます。

確定申告で経費を申告すれば本業で支払った所得税が戻ってきますね。
ただそれによって収入が変わって翌年、会社で支払っている市県民税が変わってくるのでその時点で副業をしていることが会社にはわかってしまいますね。

1年の通じての利益が20万に満たなければ確定申告も不要ですがそれを越えると確定申告しないと脱税になるので確定申告によって会社にはわかってしまいます。

株式会社にする以前に個人で立ち上げて経営のことをちょっと勉強してから法人にするほうがいいですよ。影の支配人的なアドバイザーみたいな人がいればいいのですが、そうでなければとても無謀な気がします。。

会社員のまま起業することには他の方の回答のように特に問題はありませんが小資本で始めるなら初めは個人事業でいいと思います。株式会社の方が見栄えもいい!というのであっても会社の概要に資本金10万とかだと正直、取引先はまともに相手をしてくれないと思うので以前の有限会社最低資本金の300万を準備できないなら個人事業で始めるのがいいと思いますよ。(すでに1000万とかの資本があったら失礼なこと書いてすみません・・・)

>営業活動、著作権とったりするに辺り株式会社で起業する事に・・
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報