家庭裁判所に、ある申し立てをして却下された場合、再び同じ件で、申し立てをする事は出来ないのでしょうか?却下された内容と同じ申し立てをするにはどうすれば良いのでしょうか?なるべく専門用語なしで解りやすく教えて下さい。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 名の変更の申立てに関する御質問だと分かりましたので,再度回答させていただきます。


 永年使用を理由に名の変更を申し立てた場合,永年であると主張する期間(実務では7年以上だったら認められているケースが多い)と永年使用してきたことを証明する資料(通名の郵便物等)があれば,認容される可能性は高いと思います。
 もし申立てが却下された場合,特別家事審判規則6条により,審判した家庭裁判所を管轄する高等裁判所に,即時抗告(特別抗告ではありません。)の申立てをすれば,高等裁判所で審理されます。この場合,書面審理のケースが多いと思われます。
 次に,却下審判確定後,また申立てをすることはできますが,資料不足あるいは期間不足であるなら,それを満たしたときに,あなたの住所地を管轄する家庭裁判所に申立てをすれば,認容される可能性は高くなります。
 なお,再申し立てするのに,違う裁判所でなければならないということはなく,あくまでも住所地を管轄する家庭裁判所へ申し立てすることになります。また,違う家庭裁判所(裁判官)であれば認容される場合が全くないとは言い切れませんが,大体どこの裁判所(裁判官)でも同じだとお考えになった方がいいと思います。
 永年使用期間あるいは資料について不安があるようでしたら,家庭裁判所の家事相談(無料)で相談されるのも,一方法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度も、ご回答して頂き本当にありがとうございます。
一度却下されたら、再び同じ裁判所に申し立ては出来ないと聞いた事があったのですが、却下された(同じ)裁判所でも再び申し立てする事は出来るんですね。

お礼日時:2001/07/02 02:05

 あなたの場合は戸籍法107条の2、119条に基き家事審判法の審判を受け、申立却下という処分内容が不服と思われますので、2週間以内に高等裁判所に特別抗告することになります(家事審判14)。

名前の変更の場合は、今まで、事例の蓄積がありますので、その中からあなたの意見を補強するのを選び、結果が不当なことを主張すればいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答して頂きありがとうございました。

お礼日時:2001/07/02 02:08

 御質問の件は,既判力があるかどうかのことだと思いますので,その点についてお答えします。


 既判力とは,裁判所の最終判断が不服申立によって取り消される可能性がなくなり,この最終判断に反する主張や判断をする余地を無くしてしまう効果をいいます。
 家庭裁判所の却下審判に対して,再度同じ申立てができるかどうかは,家庭裁判所の審判に既判力が認められるかどうかということになります。
 家庭裁判所の審判は甲類審判事件(調停による解決の対象とならない事件)と,乙類審判事件(手続的に対立する当事者があり,調停・審判によって解決を図ることができる事件)に分けられますが,一般的には,甲類審判事件は既判力を否定すべきという見解であり,乙類審判事件でも,既判力は認められないと解されています。したがって,手続的には,再度の申立ては可能となります。
 ただ,却下されたときと同じ理由で申立てをされても,また却下される可能性は極めて高い(また却下されると思われた方がいいでしょう。)と考えられますから,裁判所に認めてもらえる(認容)理由をよく検討して申立てをする必要があります。また,認容されるまで同じ理由で申立てを続けることは可能でしょうが,それは,みだりに申し立てたものとして,却下されることになると思います。
 審判には理由が書かれていますので,それをよく読んで御検討ください。
    • good
    • 0

具体的に何の申立なのか書いてくれれば説明できるのに・・・。



なんだかわからないと,出来るものもあれば出来ないものもある,としか回答できないですよ・・・。

この回答への補足

具体的な内容は、「名前の変更」の申し立てです。
名前の変更は長年使用していると可能だと聞いたのですが、もし却下された場合は
もう一度申し立ては出来ないのかと、申し立てをする前に知っておきたいと思います。再度、申し立てする場合は、違う土地(他の都道府県)に行って(住民票を移して?)申し立てをしなければいけないのでしょうか?

補足日時:2001/07/01 01:27
    • good
    • 0

却下されるのはそれ相当の理由があるはずです。

その理由を補正せずに再び申し立てをしても却下されるのは目に見えています。理由を聞いて、それを補正する必要があります。却下するのが理由がないと思われるならば、高等裁判所に2週間以内に書面で即時抗告できます。
    • good
    • 0

内容が不明確で一概に云えませんが一般的に云えばできません。


ただし、「却下」が不服ならその却下について「異議」ができる場合はあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q移送申立て却下に対する不服申し立てについて

移送申立て却下に対する不服申し立てについて

お尋ねします

地裁での裁判にて移送申立てを却下されたのですが、
これに対して即時抗告ではなく、通常抗告は通りますでしょうか。

また、もし通常抗告を申し立て却下された場合、
それに対して再抗告や、異議申し立てなどの不服申し立ては可能でしょうか。

可能な場合、なんという不服申し立てになりますでしょうか。

また、不服申し立て可能な場合、即時抗告のように申し立てのための期限はありますでしょうか。

Aベストアンサー

>答弁書を出すと、応訴したとみなされて、その裁判所での管轄を自ら認めたこととなるような気がするのですが、

《1 主位的答弁 本件を○○地方裁判所(○○支部担当)に移送する。 2 予備的答弁 原告の請求を棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。》
普通は,答弁書の中で,こんな具合の答弁をします。応訴管轄は生じません。

>前の決定理由に不服がある、矛盾があることも含めて申し立てても大丈夫

前の決定理由を引用すると,前の却下決定に対する即時抗告と解釈されてしまいますって。《なお,原告が本申立を…(前の却下決定の理由)…という理由で却下すべきと主張することが予測されるが,それは失当である。けだし…》とか書くことになります。

Q裁判所や裁判官に公訴件はあるか

素朴な疑問です。

一般人がメディアを通して侮辱されたり名誉を傷つけられたと感じた場合、裁判を起こしてその相手に対して損害賠償を求めたり行為の差し止めを求めたり、あるいは誣告罪や名誉毀損罪で告発したりするケースをよく耳にします。同様に裁判所や裁判官が名誉などを傷つけられた場合公訴する事はあるのでしょうか?

裁判官個人の資質が雑誌などでスクープ記事として取り上げられて叩かれたりする事があります。中にはプライベートのスキャンダルが詳細に渡って紹介されるケースもあり明らかにプライバシーの侵害だと思われるののもあります。

また敗訴を受けた関係者がその腹いせに担当裁判官や裁判所を罵ったり痛烈に批判したりする姿がメディアに乗る事は日常茶飯事です。中には気が立ったせいか「そこまで言うか!」と驚くような個人批判を口にする人すら見受けられます。

このような立場に立たされた裁判官や裁判所がその相手に対して裁判を請求したという話は全く聞いたことがありません。それには法律で禁止されているなどの根拠があるのでしょうか?

裁判官や裁判所が裁判を請求しても結局裁くのは本人達の仲間なので公正さに欠くのは目に見えており、当たり前と言えば当たり前ですが、それでもやろうと思えば出来るものなのでしょうか?

素朴な疑問です。

一般人がメディアを通して侮辱されたり名誉を傷つけられたと感じた場合、裁判を起こしてその相手に対して損害賠償を求めたり行為の差し止めを求めたり、あるいは誣告罪や名誉毀損罪で告発したりするケースをよく耳にします。同様に裁判所や裁判官が名誉などを傷つけられた場合公訴する事はあるのでしょうか?

裁判官個人の資質が雑誌などでスクープ記事として取り上げられて叩かれたりする事があります。中にはプライベートのスキャンダルが詳細に渡って紹介されるケースもあり明らかにプ...続きを読む

Aベストアンサー

まず「裁判所」は当事者適格がありませんから、刑事でも民事でも訴えることができません。
ただし、民事では国として原告や被告となれますし、刑事では省庁として告発はできます。
次に判事や判事補のような裁判官ですが、これは公の立場、例えば「○○裁判所××裁判官」としてはできませんが、その者の私生活で個人が個人としてならば民事での原告や被告となれます。
刑事では警察官や検察官に告訴や告発ができます。
そのように、「誰が誰に何を」などで変わってきます。
なお、裁判官などが個人的に受けた侵害であっても、その内容は「公」なので問題にならないのです。

Q民事裁判の第1審での棄却と却下を定めた法律は何?

こちらで、民事裁判の第1審に棄却と却下というのがあると教えていただきました(No.2のbuttonholeさんの御回答)。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7667648.html

民事裁判の第1審での棄却、却下というのが上記御回答のような意味であることは、何という法律に書いてあるのでしょうか。
また、民事裁判の第1審では棄却、却下というのが可能であることは、何という法律に書いてあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>民事裁判の第1審での棄却、却下というのが上記御回答のような意味であることは、何という法律に書いてあるのでしょうか。

却下については、
例えば民事訴訟法第140条に規定があります。

(口頭弁論を経ない訴えの却下)
第百四十条  訴えが不適法でその不備を補正することができないときは、裁判所は、口頭弁論を経ないで、判決で、訴えを却下することができる。

その他の手続上の不備でも却下されますので、規定はあります。


棄却は、文字通りの意味なので特に規定はありません。


>民事裁判の第1審での棄却、却下というのが上記御回答のような意味であることは、何という法律に書いてあるのでしょうか。

上記の通り、却下の規定がありますし、
請求を容認するか棄却しないと裁判になりませんので、裁判制度がそもそも予定していることです。
まさか1審では判断せずに上級審でないと判断してはいけないとは言いませんよね?

Q家庭裁判所への申し立てについて

遺産分割で家裁に申し立てをされているのですが、こちらも寄与分の申し立てを考えています。
相続人は遺産分割メンバーと同じなのですが、申し立て時に必要なもので戸籍謄本などは必要でしょうか?

Aベストアンサー

調停の申し立ての際は戸籍謄本等が必要ですが、
その申し立てられた遺産分割調停のなかで、あなたの寄与分に関する考えを主張されては如何?

Q大相撲”八百長裁判”で証人を却下するのは何故?

大相撲”八百長裁判”で現役力士4人の証人申請却下
「「週刊現代」が報じた大相撲の八百長疑惑の記事をめぐる裁判で、東京地裁は証人申請された4人の現役力士について証人として採用しないことを決めました。」
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/index10.html?now=20081023015906

裁判を進行するのには、証人がいればいるほど真理が明らかになると思うのですが、裁判所が証人を拒否するのはどうしてでしょうか?
考えられる理由を教えてください。
また裁判所が却下理由をあえて説明しないのも何故でしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081022-00000017-nks-fight

このサイトがわかり易いです。
以下抜粋ですが、
●記事の対象の06年九州と07年初場所は、元若ノ鵬の入幕前のため、裁判長が証人採用の判断を見送った。
●20日に提出された陳述書も対象場所とは違う事例だったことが却下の理由とみられる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報