車の事故で自宅に突っ込まれ、自分の自動車保険の弁護士特約を使用して,物損事故の対応を弁護士に任せようと思っています。そこで質問ですが,自分の自動車保険会社と,相手側加害者の自動車保険会社が全く同じの場合,自分の保険会社が選任する弁護士を使うと不利益になると思うのですがどうでしょうか。自宅の壊れ方が複雑でもめそうなんですけど、早いうちから自分で選任した弁護士を使って対応したほうがよろしいでしょうか。また,このような物損事故で弁護士を間に入れるメリットについて教えてください。弁護士が入ることによって不利益になることもあるでしょうか。

質問者からの補足コメント

  • 鉄筋コンクリートの家の一部が複雑な壊れ方をして補修が非常に難しく,表面的には補修しても後々ポロリと取れるかもしれないようないろんなリスクがある状況です。

      補足日時:2017/04/11 20:31

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>賠償額の増額は難しいみたい


 臨時費用(破損物の撤去費用)を除いたら
「実損額の賠償」になるのは当然のことです。
 火災発生時の「焼け太り」が無いのと同じです。

 従って、実損額を越える賠償はありませんし、
 請求したら恐喝罪を犯すことになると思います。

被害状況を把握し、キチンと修繕を行なうことが出来れば完了です。
従って、弁護士よりも構造計算が出来る1級建築士や家屋調査士に
損害状況をチキンと確認させて、その補修内容を確定し、
修繕費用を請求、清算させれば良いのです。

弁護士は任意に選択出来ます。
保険会社に連絡をすれば、通常は承認され適応されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
>賠償額の増額
これは、元の材料を輸入したり補修工事にかかる数ヶ月間、その部屋が使えなくなっていることや、不便な生活を強いられる事に対して、なにか賠償請求できないか・・・といった意味です。慰謝料は請求できないため、素人ではどこまで請求できるのか分からないので、弁護士に相談しようと思っています。
>弁護士よりも構造計算が出来る1級建築士や家屋調査士に
損害状況をチキンと確認させて、その補修内容を確定し、
修繕費用を請求、清算させれば良いのです。
自宅の壊れ方が複雑でもめそうと思っていましたが、的確なコメント有り難うございました。どこかでそのように思ってはいたのですが、他の人にはっきり指摘されるとスッキリした感じです。有り難うございました。

お礼日時:2017/04/13 17:16

ところで、あなたの加入する自動車保険って、効くのですか?


今回、あなたの車は関わっていない様子、ならば自動車保険が効果を発揮するとは思えません。
なので、任せるなら自動事故に詳しい普通の弁護士への相談になると思います。
まずは、保険会社にそういう場合に動いてもらえるのかどうかを尋ねてみてはいかが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。保険会社には確認済みです。私も初め自分の方は車ではなく,家だったので弁護士特約は使えないと思ったのですが,ダメ元で問い合わせたところ使用できるとの回答がありました。

お礼日時:2017/04/15 06:03

そのような交通事故でも、事故車両でもなく、あなた方自身が怪我していないにもかかわらず、自動車保険の弁護士費用特約が利用できるのですね。


勉強になります。

まずは、弁護士費用特約で依頼する弁護士というものは、あなたが依頼人となる弁護士です。
保険会社が代理交渉で手におえない場合に保険会社が弁護士を利用する場合とは違うのです。

ですので、保険会社が紹介する弁護士である必要はないはずです。

私自身は車対車での交通事故で弁護費用特約を利用して裁判を行いましたが、依頼の前に保険会社へ弁護士費用特約を利用する旨を伝え、依頼後に依頼弁護士事務所の連絡先を伝えたぐらいですね。保険会社からもお抱えの弁護士などを使えとかいうこともなく、必要であれば紹介も可能という程度の話でしたね。

私の場合には、相手の保険会社が私をうるさい相手として、すぐに弁護士を入れたこともあり、相手の弁護士の素性を調べましたね。
その上で、相手の弁護士の目上の弁護士がよいのではと、友人知人の紹介で弁護士を探し依頼しました。
保険会社のお抱え弁護士なんてものは、通常の弁護士活動で食べていけないような弁護士であることが多いのです。そのため、大学の講師などをしていることもあるのです。
私の時には、ネットで調べるだけで、相手の弁護士の登録番号でどの程度の経験年数の弁護士なのか確認し、出身大学と出身大学での非常勤講師であることを確認しました。
依頼した弁護士は、同一の弁護士会地域で、ベテランで、弁護士界の重鎮であり、さらには同じ大学の名誉教授になっている弁護士に依頼しましたね。

弁護士は制度上、弁護士仲間であってもなあなあにしてはいけないはずです。しかし、弁護士も人間です。そのため少しでも人間性も経験も上だと想える弁護士に依頼しましたね。

被害のすべてを後悔なく賠償してもらえることは少ないかもしれません。しかし、少しでも後悔のない十分に賠償してもらえる努力は無駄ではないはずです。
色々と考え、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。交通関係に詳しい弁護士に尋ねると、これはむしろ建築関係に詳しい弁護士に相談した方がよろしいんじゃないか?みたいな感じで、弁護士を選びのも難しそうです。あと、物損事故だけの事案は弁護士が入っても賠償額の増額は難しいみたいなこともいわれ、なかなか取り扱ってもらえないようです。

お礼日時:2017/04/13 15:24

こんばんは。


災難でしたね。
お気持ち察します。

ぶっ損事故の場合、弁護士特約を使えるのでしたらメリットがあります。費用倒れしない所です。弁護士特約の最大限メリットです。
交通事故に強い弁護士さんを探されて下さい。今、インターネットで探す事が出来ます。あと、弁護士会に問い合わせて、交通事故に得意な先生を見付ける事も出来ます。弁護士会の紹介ですと、結構メリットもあると思います。

交通事故は後から揉める事が多いので、いち早く相談する事で解決策が見付かると思います。

一日も早く解決される事を願っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。さっそく弁護士会に問い合わせてみます。

お礼日時:2017/04/11 21:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング