椎間板ヘルニアで坐骨神経痛の症状が出て3か月ほど経ちます。ブロック注射や痛み止めでの保存治療を行っていますが、まったく良くなりません。仰向けで足は20度程度しか上がりません。

手術に踏み切ろうと考えているのですが、ヘルニアを摘出したとしても結局、線維輪の穴は開いたままという理解です。

アメリカのサイトや動画で線維輪の修復について調べてみると人工的なメッシュを線維輪の内側に設置する事で線維輪の穴の開いた部分の修復を助けるという手術があるようなのですが、日本では開いた穴はとりあえずそのままで自然治癒を前提とした手術しかないのでしょうか?もし日本でも手術可能という事であればどの医療機関で可能かについてもご教示願います。

#因みに、もう何年もヘルニア状態になっており自然に無くなる事は無いと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私の場合はヘルニアではなく脊柱管狭窄が複数というか全域にわたっており,脊椎の滑り,椎間板の変形・狭窄で,神経根症のように軟骨が外に飛び出て神経根を圧迫しているのとは異なります。

保存療法とは名ばかりで,痛み対処療法だけなので通院もせず自己治療でもう7年になりますが,良く持っていると思います。神経根症だけなら手術も簡単ですが,腰椎のように軟骨を抜いて固定する事が良くない場合は手の打ちようがない。スペーサーはありますが,複数個所ともなると,頸椎と同様にチタンやPEEK版をねじで固定して狭窄を防ぐ方法を選ぶしかないと思います。  
  ご質問は椎間板の修復という事になりますが,飛び出した髄核の穴の修復となります。内視鏡術では飛び出た軟骨を取り除くだけで,そのほかは何もしないと思います。今では津看板内の髄核まで除去してしまう事もあります。この場合も何もしていないと思います。
  今までは飛び出た髄核の切除による穴(繊維輪)の修復まで行った例を聞きません。 人工的なメッシュを用いるというのは穴をふさいで髄核の再流出?を防ぐのが主たる目的と思いますが日本では聞き及びません。
  
  手術をする場合,髄核までじょきょするのかの確認が必要です。おそらく飛び出た髄核の切除だけだと思います。また,手術した後,どのくらいで同様の事が起きるのか?何年くらい同じことが起きなければ良いのか?ご自身の予定・心づもりを持って下さい。

  医療機関ではなくドクターを選ぶべきですが,私は61歳で知っている医師は現役から離れており,現在どの医師が良いのかという医師間の情報がありません。 
  いきなり大学付属とか大きな組織のDr.に問い合わせる事が出来ればその方が良いですし(保険適用の都合上),かかりつけ医からの紹介状をもらう場合に医療機関と医師名が必要。

  回答にならず申し訳ございませんが,自分も医師探し中です。お互いに頑張りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。人工メッシュの利用について、私も髄核の流出を防ぐ目的だと理解しています。質問をさせて頂いた時、症状として、椅子に1分も座れないような状況でした。なんとしてもなるべく早めに、少なくとも30~60分程度は椅子に座れるような状態にする必要があった為、手術を受けました。内視鏡のような手術は、線維輪に穴をあけると理解しています。手術で開けた線維輪の穴を塞ぐ(/縫合)手術を行っている医師を見つけることがでなかったので、突出している髄核の周りの線維輪を熱(?だったと思いますが)で縮めさせ椎間板の圧力を低下させて神経圧迫を軽減させる経皮的髄核摘出術(PD法)を選択しました。手術は成功し今では30~40分程度であれば椅子に座れるようになりました。今後は、痛み止めを飲みつつ定期的にブロック注射を行い、自然に痛みが緩和していく事を祈る治療(?)を行う事にしています。仰っている通り、ブロック注射や痛み止めは、ただの痛み対処を行っているだけで治療とは言えないと思っています。将来的には東海大学が行っているような椎間板再生が一般医療として出てくるかもしれませんが、かなり先だと思われます。お互いに頑張りましょう。

お礼日時:2017/04/22 14:05

ヘルニアは切らない方が正解です。



痛みという物は不思議なもので、ヘルニアになってる人でも痛まない人もいれば、ヘルニアになってないのに同じ症状が出る人がいるのです。

多くは心因性の問題で、それを除くと痛みは回復します。

あと、痛みを感じる事そのものに問題がある場合もあり、ペインクリニックなどで相談すると、神経系の問題を治療してくれます。

ヘルニアは、一度切っても、また出てくる事も多く、出て来なくても、痛みが治らないという、理屈では分からない事が起こる事が多いのです。

妹は椎間板ヘルニアで手術しましたが、腰痛は今でもひどく、片足はしびれや先端だけ感覚麻痺みたいになってる事もあるようですが、もう諦めて痛み止めも飲まずに我慢しています。

一方、西洋医学ではなく、東洋医学で治療出来る先生も稀にいます。

もちろん切りませんが、飛び出したヘルニアを中へ収めていくのです。

引っ張るとか、鍼とかではないです。
素人には良く分からない手法ですが、痛みを伴わずにしっかり治療する事が出来ます。

そちらも調べてみてはいかがでしょうか?
ただ、そんな事が出来る先生は、大変人気があり、予約を取るのが大変です。

でも、切るよりはましだと思いますよ。
切っても痛みが無くならない事が多いし、体にはかなりの負担がかかるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。別の回答へのお礼でも述べさせて頂いた通りどうしても椅子に座れるようになる必要があった為、手術を行いました。ヘルニアを摘出する手術はその手術によって線維輪に穴を開けるため、PD法を選択しました。とりあえず目的は達成できた為、満足しています。対処について、様々な手法をやってみるつもりです。まずは痛みを取る為にブロック注射等を定期的に行う予定です。痛みを取らなければ周りの筋肉が緊張してしまい椎間板に栄養が行き渡らなくなり椎間板の新陳代謝がうまくできなくて自然治癒効果の弊害になる。。。らしいです(椎間板は無血管組織なので直接栄養を与えることはできませんが、ポンプのように伸縮する事で新陳代謝(老廃物を捨てて栄養吸収)を行うとの事)。ヘルニアを戻す施術について、腰を反る動きをすると椎間板前部(お腹側)と後部(背中側)の圧力の関係で椎間板が前部に移動する。。らしいです。アメリカでは、結構主流だそうです。日本の医療業界では、腰を反るなんて言語道断、という事で真逆の考え方だそうです。ゲル状の元気な椎間板の場合は、圧力を調整する事でヘルニアを戻す事も可能だけど、液体圧が低く繊維化してしまっている椎間板については、そのような効果は期待できない。できないばかりか逆にヘルニアが悪化するとしている記事もありました。因みに、私の椎間板はMRIで真っ黒に映る感じの元気とは言えない椎間板なので、あまり無理せずに圧力調整体操を行っています。コメント頂いた東洋医学について、調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/22 14:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの度椎間板ヘルニアの手術をすることになりました。 背中に2センチ位切って全身麻酔で手術をします。

この度椎間板ヘルニアの手術をすることになりました。
背中に2センチ位切って全身麻酔で手術をします。
先日造影剤の検査もしました。
今まで2回ほどブロック注射をしましたが、飲み薬もブロック注射も効かなくて、MRIで既に爆発していますねと言われ、造影剤でも一部の神経の塊ヘルニアのせいで押しつぶされていて見えない状態だそうです。

率直に術後の痛みってどのくらいなのか、ネットで調べたらかなり辛いみたいだし・・・痛みが苦手な私にとってはかなりの未知数で恐怖心で、不安で耐えられないのですが・・・

出産と術後の痛みってどっちが痛いんだろう?
寝れないほどの痛みって2センチでもあるのかなぁ~??

誰かこの恐怖心を取り除いてください。

Aベストアンサー

問題は、「2センチ」の処の痛みで無く、椎間板ヘルニアの処、の痛みでしょう。
出産の痛み、程はあり得ませんので、Dr. の腕を信じて、ガンバ!
お大事に。

Q神経線維腫の除去手術による後遺症

10年前に見つかった、右頭頚部にできた良性の神経線維腫が大きくなってき、このままだと将来脳を圧迫するかもしれないと言われたので、その除去手術を秋口に受ける予定です。医者からは、「神経が集まっている部位で、細かくて難しい手術なので、万全を期すが、間違って神経を切断する可能性もあり、その場合、顔面麻痺や嚥下(飲み下し)障害などの後遺症が生じるかもしれない。」と言われています。これまで自覚症状はなく、生活上、まったく支障がないのでなんとなく釈然としない心境です。最新の医学、医術でも、後遺症が生じるのはやむをえないのでしょうか。56歳男性。

Aベストアンサー

ご心配のことと存じます。

手術時に神経を損傷する可能性があると説明されたとのことですが、最近は手術前の説明で非常に詳細な説明を行う義務が担当医師に課せられ始めています。即ち、考え得る危険性はすべて説明しなさいと言うものです。近年の医療訴訟増加に対する措置としての行政の指導です。ですから、人の手で行う以上、周辺の正常組織を傷つける可能性はもちろんのこと、確率的に10万分の一以下の確率で起きる様な合併症についても説明する義務が生じ始めているのです。極端な話、指先の手術でも「場合によっては死ぬかも知れない」という説明をする必要があるのです。結果的に患者さんを不安にさせるだけの感もありますが、仕方なしに行っています。

ですから、今回の場合、私は脳神経の専門ではありませんので手術の具体的なことは分かりませんし、担当医師がどのような趣旨で説明したのかにもよりますので、具体的にどのくらい起こりうるものか尋ねられるとよいでしょう。まれな合併症であれば数値としてはな出せないと思いますので、そういった事例は実際にどのくらい起こっているのか、学会などで報告されているのか、担当先生の周囲で経験された先生はどのくらいおられるのか、などを聞くとよいでしょう。診たことも聞いたこともないが、あり得るので説明した、と言う程度のものならそういう風に説明してくださるのではないでしょうか。

もしこれらの内容を聞かれてもご不安なようでしたら、不安なまま手術に踏み切られるのはよくないと思いますので、セカンドオピニオンをとられるとよいでしょう。

お大事にしてください。

ご心配のことと存じます。

手術時に神経を損傷する可能性があると説明されたとのことですが、最近は手術前の説明で非常に詳細な説明を行う義務が担当医師に課せられ始めています。即ち、考え得る危険性はすべて説明しなさいと言うものです。近年の医療訴訟増加に対する措置としての行政の指導です。ですから、人の手で行う以上、周辺の正常組織を傷つける可能性はもちろんのこと、確率的に10万分の一以下の確率で起きる様な合併症についても説明する義務が生じ始めているのです。極端な話、指先の手術でも「場...続きを読む

Q椎間板ヘルニアは自然に治らないのに、なぜ痛みは日数を経て治まるのでしょ

椎間板ヘルニアは自然に治らないのに、なぜ痛みは日数を経て治まるのでしょうか?
椎間板が後方の神経と干渉してるからどこかに神経痛が走る。
しかし自然に治らないということはその椎間板が引っ込まない→神経と干渉→痛いまま のはず。
なのになぜ痛みが和らいでゆくのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>痛みが微妙レベルになった場合、シップ程度ではもう効果が現れないのでは?と思ったまでです。

もともと、ヘルニアであればシップだけで効果を出すのは厳しいでしょう。でも実際の治療はシップだけではありません。シップの他に飲み薬、リハビリ、鍼など全て総合力で治療を行います。普通の初期の腰痛で痛みが軽いものなら、シップだけで治る場合もあります。かく言う私は、腰痛が出たらすぐにシップを貼って治しています。


>つぶれた椎間板は元の厚みに戻ることはないのでしょうか?

椎間板とは中心層と、それを取り巻く層の構造になっています。ヘルニアとはその中心層が出ることを言います。大福で言えばあんこの部分です。出てしまったあんこは元に戻りません。


>もしなければつぶれたままということになりますが、それが、
これ以上突出する余裕がないくらいペッチャンコであれば、
今後、突出によって神経への炎症がおきることは無い、ということでしょうか。

ヘルニアによる炎症の可能性は減るかも知れませんね。しかし炎症の原因はヘルニアだけではありません。他の原因によって炎症がおき、激しい痛み、坐骨神経痛などでるかもしれません。

No.1です。補足ありがとうございます。


>痛みが微妙レベルになった場合、シップ程度ではもう効果が現れないのでは?と思ったまでです。

もともと、ヘルニアであればシップだけで効果を出すのは厳しいでしょう。でも実際の治療はシップだけではありません。シップの他に飲み薬、リハビリ、鍼など全て総合力で治療を行います。普通の初期の腰痛で痛みが軽いものなら、シップだけで治る場合もあります。かく言う私は、腰痛が出たらすぐにシップを貼って治しています。


>つぶれた椎間板は元の厚みに戻ることは...続きを読む

Q椎間板ヘルニアの手術について

腰痛がひどくなったのでMRI検査をしたところ椎間板ヘルニアと診断されました。症状から手術を勧められました。
整形外科の先生が専門医を紹介してくれると言うことで、専門医の先生の予約を取ってくれたのですが、診察が1ヶ月後になりました。
現在の症状は腰の痛みはなく、左足全体が軽くしびれているのと、つま先に力が入らないので歩行がうまくできません。左足を引きずるようになります。
こんな症状で1ヶ月後の診断になっても専門の先生に診てもらうのがいいのでしょうか?それともほかの先生のところで早急に処置してもらった方がいいのでしょうか?
整形外科の先生が紹介してくれる専門医の方は、ほかの人からも名医と言われているようです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

腰椎4番5番の椎間板ヘルニア持ちです。

僕は朝、突然の激痛に身体を「くの字」にしか曲げれず、一か月の
寝たきりとなりました。

整形外科のMRI診断結果は「腰椎椎間板ヘルニア」で「手術をしましょう」と
宣告を受け、途方にくれてしまったのを覚えています。

何とか手術だけは避けられないのか・・・・・

と、寝たきりの時にインターネットでとにかく情報を集めたのですが、
自分の身体について、また椎間板ヘルニアの仕組みについて勉強をするにつれて
気持ちが安心してきた(見えなかった部分がある程度見えてきたからかな)
のをはっきりと覚えています。

手術は確かに効果的な治療法だと思いますが、人生の一大決心ですよね。

僕もそうだったのですが、人生で初めて神経痛/痺れを経験した時はパニックにならない方がおかしいと思います。

既にされているかと思いますが、再度ヘルニアについての情報を整理し、
今、ご自身の身体がどんな状態になっているのか、またヘルニアとはそもそも何なのだ、といった部分から明らかにされては如何でしょうか。

「あ、こんな方法もあるんだ」と色々と新しい発見があると思います。

僕のヘルニア闘病記からいいまして、

「己を知り、敵を知れば百戦危うからず」は間違いないと痛感しました。

診察までの一ヶ月間、安静にして、その間に情報を整理されるとよいと思います。

腰椎4番5番の椎間板ヘルニア持ちです。

僕は朝、突然の激痛に身体を「くの字」にしか曲げれず、一か月の
寝たきりとなりました。

整形外科のMRI診断結果は「腰椎椎間板ヘルニア」で「手術をしましょう」と
宣告を受け、途方にくれてしまったのを覚えています。

何とか手術だけは避けられないのか・・・・・

と、寝たきりの時にインターネットでとにかく情報を集めたのですが、
自分の身体について、また椎間板ヘルニアの仕組みについて勉強をするにつれて
気持ちが安心してきた(見えなかった部分...続きを読む

Q椎間板ヘルニア 手術か温存か!

椎間板ヘルニアになって、約1ヶ月です。腰椎4-5番ヘルニア。
座骨神経の激痛のため 今だに一切歩行できません。現在車椅子生活です。
横仰向けになることができず、熟睡することができず困っています。

ブロック注射を2回しましたが、改善できず、むしろ術後2日間程 痛みがました気がします。
薬は、トラムセット配合錠 1日3回 痛み止めのみです。

医師に相談するのですが、ただ安静にして温存治療して治る場合もある。
しかし、日常生活に支障出る場合、内視鏡手術MED という方法になるそうです。

脊髄の一部骨を取り 靭帯を取って ヘルニアの部分を切除するそうです。
私の場合程度は中ぐらい、でも靭帯のほうに飛び出しているかもしれない、
ともいっておられました。 手術は全身麻酔になるらしく 心配です。

急いで 手術しないほうがいい、、とも言われるし
支障があるのなら、手術とも言われるし 、、、、
これは大変迷う話ですよね。

最近では筋力も落ち始め 気力も萎え始めてます、毎日激痛との戦いです。
もちろん手術という方法で早く いたみをとりたいのですが、
しかし 重要な脊椎の手術は しないで済むのなら したくはありません。


もちろん 今後も担当医師と相談しながらと思いますが、
今のところ、これしかやることがない、とも言われるし。

もうひとつ別の脊椎の専門医の意見を聞きたいとは思っています。
(ヘルニアの専門で 有名な病院は ご存知でしょうか?)

私の場合、まだ1ヶ月ほどなので もう少し 様子を見たほうがいいのか?
早々に 手術の段取りで 進めたほうがいいのか?
今後 どう考えてゆけばいいのでしょうか?

椎間板ヘルニアになって、約1ヶ月です。腰椎4-5番ヘルニア。
座骨神経の激痛のため 今だに一切歩行できません。現在車椅子生活です。
横仰向けになることができず、熟睡することができず困っています。

ブロック注射を2回しましたが、改善できず、むしろ術後2日間程 痛みがました気がします。
薬は、トラムセット配合錠 1日3回 痛み止めのみです。

医師に相談するのですが、ただ安静にして温存治療して治る場合もある。
しかし、日常生活に支障出る場合、内視鏡手術MED という方法になるそうです。

脊髄の一部...続きを読む

Aベストアンサー

寝てください。車椅子は良くないです。そもそも椅子に座る姿勢は腰に負担をかけます。治らないのは、寝て安静を保ってないからです。

私は保存療法を薦めます。手術はやむを得ないケースに限るのが良いと思います。
出来るだけ痛みが少ない姿勢で横になっててください。痛みが薄らいだと思って起きてしまうと、またじきに痛みがぶり返します。
横になっている時間が長ければ長いほど回復していきます。痛みがなくなっても椎間板ヘルニアが治癒したわけではないので、痛くなくとも寝ていることが重要です。(多くの人がここで失敗します)

仰向けで寝る場合には、膝(ひざ)の裏側に枕などを入れて少し膝を曲げた状態で寝ると、腰への負担が軽くなって楽になります。
横になって寝る場合にも膝を軽く曲げれば痛みは薄らぐはずです。
痛みが軽い状態を保って寝ていることで治癒していきます。

極論すれば、食事とトイレ以外は寝ていること。起き上がるのは最小限にすること。
時に「運動療法」を薦める人がいたりもしますが、酷い腰痛を経験すれば誰にも分かりますが、運動なんてできません。運動は厳禁です。寝ていることが治療です。

椎間板ヘルニアは、椎間板が縦方向に圧迫されて、その圧力によってヘルニアが飛び出て神経を刺激することから痛みが発生します。
治癒の過程は、ヘルニアが引っこむか吸収されるかして、神経圧迫部位のヘルニアが消滅することによります。
なので、脊椎に縦方向(鉛直方向)に圧力をかけないこと。寝ていればこれを避けられます。ヘルニアが吸収・消滅され易いようにしてください。
痛みがいったん薄らいでも、ヘルニアが完全に吸収・消滅したわけでなく、起きだして背骨に鉛直方向に圧を加えれば、ヘルニアがまた飛び出してきます。
ヘルニアが吸収されて、破れたところに膜がはってヘルニアが再び飛び出さなくなるまで、寝ていること。これが治療のコツです。

さてそこで、あなたの治療がはかばかしくない原因ですが、「現在車椅子生活です。」と書かれてますので、安静にしてないんでしょう。それが治癒しない原因です。
それほど酷くなったヘルニアは、車椅子で騒いでいる限り治りませんよ。ベッド(フトンでもいいですが)で寝ていてください。背骨に縦方向に荷重をかけないこと。
寝ている時間をたっぷりとって、食事やトイレ以外に起きずに寝ていれば早ければ1週間くらいで軽減していきます。

椎間板ヘルニアの治療法には医師によってばらつきがあります。保存療法を主とする医師ややたらと手術を薦める医師や色々です。最悪なのは全く治療ができない医師、どんな病気のどんな患者が来ても全く同じことしかしない整形外科医なんてのもいます。
出来たら椎間板ヘルニアの得意な医師に診てもらえれば良いですね。

寝てください。車椅子は良くないです。そもそも椅子に座る姿勢は腰に負担をかけます。治らないのは、寝て安静を保ってないからです。

私は保存療法を薦めます。手術はやむを得ないケースに限るのが良いと思います。
出来るだけ痛みが少ない姿勢で横になっててください。痛みが薄らいだと思って起きてしまうと、またじきに痛みがぶり返します。
横になっている時間が長ければ長いほど回復していきます。痛みがなくなっても椎間板ヘルニアが治癒したわけではないので、痛くなくとも寝ていることが重要です。(多く...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報