You may have been told than a dog with a cold ,wet nose is in good health.

A 回答 (1件)

You may have been told "that" ~


の書き違いでしょうか。

そうすると
「鼻が冷たく、濡れている犬は、健康状態がよい」ということを聞いたことがあるかもしれない」(直訳は、「~言われたことがあるかもしれない」)

may have + 過去分詞(ここではbeen) は、「~したかもしれない」という過去の推測を表します。
それに、この文は受け身になっています。(言われたことがあるかもしれない)

ご参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA more than B more than A

英語ネイテブの知り合いがこんなことをつぶやいています。

I speak Japanese more often than I speak English more than I speak Japanese.

しゃらくさくて分かりにくい言い方ですが、常識的に考えると英語ネイテブが言ってるわけだから、下記のような事をいっているのでしょうか?

・私は、日本語よりも英語を話せるけど、日本語を話す事のほうが多い。

それとも、日本語も英語も最近良く使うな~と考えて、下記のように意味不明な事を言っているのでしょうか?

・私は、日本語を話すよりも英語を話すよりも日本語を頻繁に話す。

できれば、文構造も教えていただけると助かります。 また、A more than B more than Aの例文も教えていただければ、と思っています。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1)比べているのは、

A:「英語より日本語を話すこと」と
B:「日本語より英語を話すこと」

 で、AのほうがBより多いということでしょう。具体的には、Aが週のうち4日で、Bが週のうち3日であるような状況を考えると何となく分かります。

2)英語としては、その意味を伝えるには不完全ですが、(まじめに何かを伝えようとしていると仮定すると)そう取るよりほかない英語だと思います。

Q「a cold」と「cold」について

いつもお世話になっております。
「a cold」と「cold」についてお尋ねします。

“I endure cold.”「寒さに耐える」
“I have a cold.”「風邪をひいている」

この「a cold」と「cold」の違いが良く分かっていません。

“I endure a cold.” では 「寒さに耐える」という意味にはならないのでしょうか?
“I have a cold. ”は誰もが知っている言葉ですが、なぜ「a cold」になるのかも疑問に思っています。
(「a cold」…風邪、「cold」…寒さ と理解するべきかなと思っていますが、正しいでしょうか?)

ご教授頂けませんでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「a cold」…風邪、「cold」…寒さ と理解するのが早いです。

寒さの意味の cold が uncountable (a はつけない) であることを先ず直感的に理解すべきです。誰も寒さを数えたりしませんから。

風邪は catch cold のように書いてもよいのですが、普通は catch a cold のように書きます。そもそも英語では病気は(原則として) an illness, a desease のように数えるのですね。

QHave a good dayを日本語に

「Have a good day」を日本語に直訳すると「良い一日を」だと思いますが、日本では、良い一日をということは無いと思います。Have a good dayに代わる適切な日本語表現の言葉は他にありますでしょうか?それと同様に、「お疲れ様です」を英語に訳すと「Thank you for your hard working」これも英語では無いかと思います。これらの言語表現はいつ頃どのようにして、日本で、また英語圏で成り立って行ったのかということにも興味があるのですが、おススメの書籍などございませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

詳しい者ではないですが・・・
「Have a good day」は、日本語だと「いってらっしゃい」や「楽しんできてね」だと私は思っています。
この言葉が使われる状況はそれ以外にもさまざまありますので、必ずしもこの二つだけがすべての状況に「しっくり当てはまる」とは言えないですが・・・

あと、外国には日本のように「おつかれさまでした」と軽くねぎらう(?)ような習慣がそもそもありませんので、これを英語に訳そうとしたときもその状況によって使うフレーズは変わってくると思います。
外国の会社で働いている日本人の方が、なんといえばよいかと困ってここで質問していることがありましたが、回答は
「See you tomorrow(またはnext week).」「Don't work too hard.」「Have a good evening(または night または weekendとか)」etc.のような感じだったと記憶しています。

習慣があれば言葉はできるし、なければ言葉もできないわけで、ないところになにか無理やり当てはめるっていうのはやっぱり、難しいでしょう。
「いつから」とは、これまたとても難しい質問だと思います。お探しの書籍、見つかるとよいですね。

詳しい者ではないですが・・・
「Have a good day」は、日本語だと「いってらっしゃい」や「楽しんできてね」だと私は思っています。
この言葉が使われる状況はそれ以外にもさまざまありますので、必ずしもこの二つだけがすべての状況に「しっくり当てはまる」とは言えないですが・・・

あと、外国には日本のように「おつかれさまでした」と軽くねぎらう(?)ような習慣がそもそもありませんので、これを英語に訳そうとしたときもその状況によって使うフレーズは変わってくると思います。
外国の会社で働いている...続きを読む

Q比較級(副詞)のthanの後のthan me(I)もしくはthan I doの使い分けについて

比較級(副詞)のthanの後のthan me(I)もしくはthan I doの使い分けに少し苦労しています。

以下2つの例文で質問させてください。
※「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という書籍から引用しています。

(1)弟は僕より遅く家に帰ってきました
My brother came back home later than I did.

(2)彼女は他の少女よりゆっくり歩きます。
She walks more slowly than other girls.

(2)今朝僕はお母さんより早く起きました。
I got up earlier than my mother this morning.

(1)は"than I did."を"than me."としてはいけないのでしょうか。
(2)は"than other girls."を"than other girls do."としてはけないのでしょうか。
(3)は"than my mother"を"than my mother did"としてはけないのでしょうか。

厳密に使い分けがどこで必要なのかが分かっておりません。
ネットでも調べてるのですが、両方あてはまる場合もあるし、そうでもないケースもあるようで、
イマイチ使い分けの「核」の部分を抑えれていないです。。

コツというか考え方などアドバイス頂けると嬉しいです。

以上よろしくお願いします

比較級(副詞)のthanの後のthan me(I)もしくはthan I doの使い分けに少し苦労しています。

以下2つの例文で質問させてください。
※「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という書籍から引用しています。

(1)弟は僕より遅く家に帰ってきました
My brother came back home later than I did.

(2)彼女は他の少女よりゆっくり歩きます。
She walks more slowly than other girls.

(2)今朝僕はお母さんより早く起きました。
I got up earlier than my mother this morning.

(1)は"than I d...続きを読む

Aベストアンサー

しばしば質問されていますが、それぞれでたまたまそうなっているだけで、
どちらかが誤りというものではありません。

ただ、I/me と変わってくるので、than I do/did としているいというのはあります。
than me は以前は誤りとされていましたが、今では普通に使われます。
それでも I do/did とした方が正式ではあります。
than I で終えるのは特に日本人が好んで使ってきましたが、今では古臭く、
衒学的に響きます。

一方、other girls や my mother など名詞の場合は主格・目的格の別がないので、
than ~だけでも、than me が持つような、くだけた感じがしない、というのはあります。

QTom always had a smile and a good word for everybo

Tom always had a smile and a good word for everybody, and was great fun to be with.

英文の解釈ができません。特に、上記の文章のand was great fun to be with.が理解できません。

was の前とwithの後ろは何が省略されているのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ここは、いわゆる tough 構文になっています。

This book is easy to understand.
この本は理解しやすい。
= It is easy to understand this book.
のような意味合いで、
understand の目的語は文の主語である this book です。

人間を主語にして easy は使えない(easy-going 的なら可)けど、
Tom is easy to talk to.
トムは話しやすい人だ
は可。

talk to Tom を念頭においています。

今回も、Tom was great fun to be with.
というのは
It was great fun to be with Tom.
を念頭において、
トムはいっしょにいてとても楽しい人だった。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報