遺骨ペンダントというのがありますが、骨というのは
何年か経つと水になってしまって無くなると言うことはないのでしようか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

爆笑、それなら、今、戦後の70数年たって、硫黄島へ遺骨収集に行くのは、無意味になりますね。


身は無くなりますが、骨は、残りますが、人骨は、一度火葬するので、プラスチックなどで固める作業をしておくと、何時迄も綺麗に持ちますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね、ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/14 16:59

仏舎利というのがあるので、大丈夫なのでしょう。

ニセモノも多いように思いますが。
    • good
    • 0

こんにちは



あとそういったロケットペンダントには
シリコンパッキンもついていますので
ある程度密封です

猫の遺骨を持ち歩いています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/14 17:03

骨の主成分カルシウムは金属です。

どうやっても水にはならん。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/04/14 16:58

遺骨ペンダント=カロートペンダント、



質問者さん!、
骨は何時まで経っても液体に変化する事は有りません、間違っても、

ペンダントへ入れて移動させてると振動で細かくは成って行くでしょうね、
最終的には粉末近くに成るかも知れませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/04/14 16:59

火葬したお骨を分骨して小さな磁器の骨壷に入れています。


土や水の中の微生物によって分解されるとかではないので、
ほぼ半永久的に残っていますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/04/14 16:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発掘されたことのある歴史上有名な人の遺骨ってありますか?

歴史に詳しい訳ではありませんが、歴史には何かミステリ-を感じます。今まで史料でしか知らなかった遺構の大発見や有名人の遺骨発掘ってどんなものがあるのでしょうか?

今までに

伊達政宗、豊臣秀頼、石田光成、徳川将軍家、俊寛の遺骨が発掘された話や奥州藤原氏のミイラの写真を見たことがあります。

Aベストアンサー

海外ではエジプトの王族の御陵や中国最初の皇帝といわれる秦の始皇帝の墳墓などわかっているものも多いですが、日本の場合天皇陵などは発掘が許可されないため、古墳時代に造られた古墳の多くは誰のお墓であるかわかっていません。

一様○○天皇陵と名が付いているものもありますが、確証がないのがほとんどです。

世界でもっとも面積の大きい墳墓である仁徳天皇陵も、本当は応神天皇の御陵であるという説の方が強いです。

この時代の古墳で被葬者がかなり確実なのは、天武天皇・持統天皇の夫婦合葬陵で、これは鎌倉時代に盗掘に合い、当時の役人の記録によると、1人は火葬になっていることから、最初に火葬になった天皇といわれる持統天皇(女性)であることがほぼ確実のようです。

http://domestic.travel.yahoo.co.jp/bin/tifdetail?no=jtba3903410

また大阪の阿武山古墳は藤原鎌足という説が強いです。発見されたのが昭和9年ですのであまり科学的な調査はされていないので、確実ではありませんが。

http://www.vega.or.jp/~sokonsha/Tbunkazai/abuyama.html


そういえば最近の新聞記事で、遣唐使の一人の墓誌が中国で発見されました。日本の記録ではこれが誰だか不明ということでミステリーの素材としておもしろいと思います。

http://www.shinmai.co.jp/news/2004/10/14/007.htm

海外ではまだ墓は見つかっていませんが、チンギス・ハンの霊廟後が見つかったようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041005-00000000-maip-soci

質問の趣旨とは離れますが、奈良県飛鳥で有名な観光地である、石舞台古墳は蘇我馬子(蘇我入鹿の父)の墓であるという説があります。
石舞台古墳自体すでに破壊されているので、遺骨などはありませんが、建造時期や位置や建造法(以前あった古墳を破壊してその上に造っていることから相当な権力者)などからそういう推定ができるようです。

http://homepage1.nifty.com/hig101/asukah15.htm

海外ではエジプトの王族の御陵や中国最初の皇帝といわれる秦の始皇帝の墳墓などわかっているものも多いですが、日本の場合天皇陵などは発掘が許可されないため、古墳時代に造られた古墳の多くは誰のお墓であるかわかっていません。

一様○○天皇陵と名が付いているものもありますが、確証がないのがほとんどです。

世界でもっとも面積の大きい墳墓である仁徳天皇陵も、本当は応神天皇の御陵であるという説の方が強いです。

この時代の古墳で被葬者がかなり確実なのは、天武天皇・持統天皇の夫婦合葬陵で、...続きを読む

Q遺骨発掘の準備

戦時中の遺骨を発掘します。行政の許可は下りました。

数年前には協力者である外国の研究者が機材やさまざまなツールを持ちこんで発掘をしたので、私たちはスコップとクワで手伝いをするだけでした。
そのときは5m四方の区切りをもうけ、数体を発掘。その後DNA鑑定などに回しました。

今回、具体的に何から準備をすべきでしょうか?費用などは?
対象は20坪程度の草地です。ご教示ください。

Aベストアンサー

この質問には興味があり、私も誰かが答えるのを待っていた状態でしたが…
力が及ばないとは思いますがアドバイスをします。
私はアメリカで発掘のクラスを取っていたので、日本のやり方はちょっと
わからないのですが、ご了承ください。
用意するもの:杭、軍手、レベルゲージ、たこ糸、三角錘、画鋲、釘、グラフ用紙と筆記用具、時計、シャベル、刷毛や歯ブラシなどとジップロック(保管用)、ビニールシート

杭(角型、確か10cm×10cm×1m以上)を用意し、一番角に一本地面に垂直になるようにたて、地面から1mの一に印をし、画鋲か何かで糸を幅の一端に留めます。ここを基準とします。
杭の角が採掘する5m四方の角になります。そこで次の杭は5m離れた位置に打ちますが、そこにも画鋲にて中心を決め(まだ留めない)、水平になるようにレベルゲージにて計ってとめます。
*地面はどこでも水平でないため、2本目の杭は地面から1mではないと思います。
すべての杭の側面の幅の両端に糸を張ったあと、先のとがった錘に糸をつけたものを用意し、杭間に張った糸から糸付きの錘をたらし、今度は地面の一番高いところに合わせて5m四方間が10cm感覚で開くような糸を長釘で地面にさします。そこで杭の役目は終わりです。基準の杭以外の杭を抜くと、釘によって留められた糸で区画整理がされているはずです。10cm幅の道を残して5m四方をまんべんなく発掘することになります。グラフ紙にて、すべての区画の情報を記した地図を作り、各区画の情報も(遺骨が出た場合)別紙に記録します。(グラフ紙を使用し、どの辺りに何がいつ出たかのスケッチと、基準の杭位置からまたレベルゲージを使用して何cm下に遺骨の一番高い位置が現れたか、などを記します。風雨により基準や糸の区画がずれるのを防ぐため、一日の最後はビニールシートをかけて重しをのせておきます。
発掘された遺骨にはNo.をつけ、記録したグラフにもどの遺骨のことかわかるようにNo.を記しておきます。発掘を終える時には、遺骨は保管し(私たちのケースは採取し保管しましたが、場所によっては戻すかもしれません)元どおりに埋めるなりします。
これらは概要ですし、すべて記憶に頼ったものですので、抜けがあるかもしれません。アメリカのサイトでApplied Archaeology を検索したらもしかしたら出てくるかもしれません。大学の教科書類でものっていたのですが本が見つからず参考に載せることができませんでした。少しでも力になれたらうれしいですが…

この質問には興味があり、私も誰かが答えるのを待っていた状態でしたが…
力が及ばないとは思いますがアドバイスをします。
私はアメリカで発掘のクラスを取っていたので、日本のやり方はちょっと
わからないのですが、ご了承ください。
用意するもの:杭、軍手、レベルゲージ、たこ糸、三角錘、画鋲、釘、グラフ用紙と筆記用具、時計、シャベル、刷毛や歯ブラシなどとジップロック(保管用)、ビニールシート

杭(角型、確か10cm×10cm×1m以上)を用意し、一番角に一本地面に垂直になるようにたて、地面から1m...続きを読む

Q今1番人類にとって必要なこと大事なことやるべきことはなんでしようか?

今1番人類にとって必要なこと大事なことやるべきことはなんでしようか?

Aベストアンサー

先進国の人口減少に歯止めをかけるための健康問題解決が急務です。
もしこのままでいくと、発展途上国の力が先進国を上回り、力関係が逆転してしまいます。

Q手足の骨と身長の関係

発見された大腿骨から身長は約○cmという記述を見ます。
発掘された骨から身長を割り出す方法とはどんな方法ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

 他の骨における統計データをもとに、その平均値と比較します。
 具体的には、年齢ごとの大腿骨の大きさの平均データをあらかじめ用意しておき、それと比較することで身長を予測するのです。

 このとき年齢は、骨自体の太さと両端部の大きさの差や、断面の構造などによって推測することができますが、これもやはり統計データなどから予測します。

Q漢字の起源となった甲骨による卜占

 漢字の起源となった甲骨による卜占についてお教えください。
 1. 甲骨の卜占でお伺いするご意志などは、どういう存在のそれなのでしょうか?

 2. 自然神でしょうか。祖先神でしょうか。

 3. 漢字の起源となった甲骨による卜占をしていた時代においては、どんな神が信じられていたのでしょうか?

 どうかお教えください。

Aベストアンサー

司馬遼太郎著『街道をゆく 壱岐・対馬の道』に、かなり詳しく、しかも門外漢の私でも理解できるような文章で載っています。
その部分部分をつなぎながら書いてみます。

動物の骨を焼いて吉凶をうらなうというのは、古代の北アジアの諸民族(中国からみれば蛮族)一般の習俗である。
中国大陸では文字のないころから、周辺の諸民族が流入しては、中央・地方に王朝をたてた。
それらが草原でやっていた骨卜の習俗をもちこみ、やがて殷になって亀卜になったのであろう。
骨卜をやっていた遊牧民族たちが草原で羊を追いつつ信仰していたのは、天であった。
天という中国語も、草原民族たちのテングリ(天)からきたのではないかという説もある。
殷人が夷狄くさいのは、王みずからが天を祭り、天の意思を知るために王みずからが神主の長となって亀卜をおこなったことである。
天という意識なしに、骨卜は成立しえない。

司馬氏によれば亀卜よりも鹿卜の方が古いそうで、日本でも今も鹿卜神事をやっているそうです。「鹿卜の神事」で検索すれば何件かヒットします。

http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/mobile?date=20040419

ご参考になれば幸いです。

司馬遼太郎著『街道をゆく 壱岐・対馬の道』に、かなり詳しく、しかも門外漢の私でも理解できるような文章で載っています。
その部分部分をつなぎながら書いてみます。

動物の骨を焼いて吉凶をうらなうというのは、古代の北アジアの諸民族(中国からみれば蛮族)一般の習俗である。
中国大陸では文字のないころから、周辺の諸民族が流入しては、中央・地方に王朝をたてた。
それらが草原でやっていた骨卜の習俗をもちこみ、やがて殷になって亀卜になったのであろう。
骨卜をやっていた遊牧民族たちが草原...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報