When I was flat out with the hordan team I did have a driver that was one to be able to make calls and to be able to recive calls and to be able to work in the car, not because I didn't want to drive and I always felt cheated because there was a driver there taking the pleasure that I should be having.
that was oneのthatはdriverを差しているとの理解でよろしいでしょうか?またwork in the car, not because~以降文脈が取りずらいのですが説明して頂けると幸いです。

質問者からの補足コメント

  • うれしい

    間違えを含む質問ですみませんでした。このIdid have a drivr that was oner thatという構文、そして、because there was a driver there taking the pleasure that I should be having.は自分が得るべき楽しみを味わうdriverがいることで、いつも騙されていると感じていた」のような意訳になるのですが、よろしいでしょうか?

      補足日時:2017/04/15 10:32

A 回答 (6件)

いつもの転記ミスは目をつぶるとしても、


> a driver that was one to
これだと、that は関係代名詞ですね。
でも、and that was となれば、that は普通の「それ」という指示代名詞。
この that は「その人」というより、職業として、職務としてこれこれが可能な、
という職種的な、もの的なものを指す、「それ」であり、
one = a driver も、職種的な感覚です。

Jordan チームでがんばってた時、ドライバーがいたんだが、
どういうタイプのドライバーが雇われていたかというと、
電話もできるし、受けることもできるし、車で仕事をすることができる、
そういうタイプのドライバーだったんだ、
なぜドライバーを雇ったかって、自分が運転したくなかったわけじゃないんだ、
(本当は自分が運転したいくらいなんだが)
いつもだまされたかのような気分だったよ、
だって、そこにドライバーがいて、自分が味わえたはずの楽しみを持っていたんだから。
    • good
    • 1
    • good
    • 0

Stanford's senior class was one to be remembered.

    • good
    • 0

ほんと、最近目が悪くなったのが悩み。


心の眼で
one は driver を指す、と正しく理解されている、
と読んでしまったけど、that は、って書いてたんですね。

最近、心の眼で読んだ時、vices だろうな、と思いながら、
実際目で見て、voices に見えてしまって、
そのように自分で書き写して、そのまま「声」と訳したところ、
ボロカス言われちゃいました。

ついでに、fruchin、まだいたのか。

すみません、汚してしまって。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいアセンOneはdriverです。書き間違えました。関係詞として続くと書きたくて、もうしいわけありません。

お礼日時:2017/04/15 09:56

コピー間違いの英文で質問しても正しい回答は得られませんよ。



When I was flat out with the Jordan team I did have a driver and that was one to be able to make calls and to be able to receive calls and to be able to work in the car, .....
    • good
    • 0

>that was oneのthatはdriverを差しているとの理解でよろしいでしょうか?



厳密には「one」が「a driver」を指しているのです。

>またwork in the car, not because~以降文脈が取りずらい

「work in the car」までが「a driver」についての説明ですよね。「a driver that was able to ~ work in the car」ということです。

一方で、「not because」は「I did have」とつながっています。「I did have a driver ~ not because I didn't want to drive」なのです。

さらに、「and I always felt cheated ~」は、またちょっと違う区切りです。つまり・・・
「I did have a driver that was ~」(事実)
「I did have a driver ~ not because I didn't want to drive」(背景)
「and I always felt cheated ~」(事実と背景がかみ合わなかったゆえの結果)
というわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいアセンOneはdriverです。書き間違えました。関係詞として続くと書きたくて、もうしいわけありません。

お礼日時:2017/04/15 09:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwill be able to Vの場合、able to Vの性質はどうなってしまうのでしょうか?

どうもこんにちは。いつもお世話になっています。

さて、be able to Vという表現がありますよね。学校で習ったことを書きますと、「一回こっきりの動作」に使うのだそうです。

I was able to cross the river. 
I could cross the river.

上の表現の違いは、able to Vの方が「その時は渡れたが今はわからない」で、下のは「いつでもその川を渡ることができた(能力)があった」とのことなのです。

では「彼はその川を渡ることができるだろう」という日本語を、
He will be able to cross the river.とすると、これも一回こっきりの動作になるのでしょうか?もしそうであるなら、「いつでも川を渡れるだろう」という場合にはHe can cross the river.とすべきなのでしょうか?

長い質問で申し訳ございません。でもとても気になってしまいます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょっとややこしいので、ゆっくりお読みください。

基本的には、can は能力を表すので、「たまたま一回だけできる(できた、できるだろう)」には使えないので、そういうときには be able to を使いなさい、というのがメインであって、be able to は「一回こっきりの動作」にしか使えない、というわけではありません。

1.現在形
can が普通で、be able to do はまれ。意味はほぼ同じ。
I can cross the river.
I am able to cross the river.

2.過去形
2-1. 肯定文
(A)過去であることがはっきり明示されない場合
could は仮定法の解釈が普通。
I could cross the river. 
「(今、)川を渡れるだろう」(通常は「川を渡ることができた」とはならない)
I was able to cross the river. 「川を渡ることができた」

(B)過去であることがはっきりしてる場合
could は「その当時の能力」を表すので、「一回だけ、たまたまできた」という文では使われない。

be able to は「一回だけ、たまたまできた」という文でも使えるし、そうでなくてもよい。

つまり、could は「一回こっきりの動作」では使えないが、be able to は一回だろうが、何回だろうが、構わない。

I could cross the river when I was young.
I was able to cross the river.

ただし、「その時はできた」であれば、be able to よりも、succeeded in Ving や managed to do のほうが多い。

I succeeded in crossing the river.
I managed to cross the river.

2-2. 否定文
could が普通
I couldn't cross the river.

3.未来形
will be able to でもよいし、will succeed in Ving, will manage to do でもよい。
will be able to do は「一回こっきりの動作」にも使えるというだけ。

ちょっとややこしいので、ゆっくりお読みください。

基本的には、can は能力を表すので、「たまたま一回だけできる(できた、できるだろう)」には使えないので、そういうときには be able to を使いなさい、というのがメインであって、be able to は「一回こっきりの動作」にしか使えない、というわけではありません。

1.現在形
can が普通で、be able to do はまれ。意味はほぼ同じ。
I can cross the river.
I am able to cross the river.

2.過去形
2-1. 肯定文
(A)過去であること...続きを読む

Qto be or not to beの訳  do? should be? will be?

検索かけたら出てきたのですが、いま一つわからない部分があったので質問させてください。

ハムレットが決断する場面のせりふだったと思いますが、生きるべきか死ぬべきか っていう意味がわかりません。

live on or dieという意味だったらto die oe not to dieでto do or not to doだと思うのですが。
また殺し(でしたっけ)を決行するのかしないのか、でもto do になると思います。
それとも今の状態であるべきか否かというshould beなのでしょうか。
それとも未来にこうあらなければならないという意味なのでしょうか。
それとも今の状態から脱出すべきか否かという意味でしょうか。
それとも存在し続けていいものか否かという意味でしょうか。
to be と not to be でハムレットが決行したのは今のまま(to be)でダメだからnot to beの道を選んで悲劇になってしまったという解釈でいいのですか?それとも正反対でしょうか。。

ハムレットの主題やこれまでの経緯を踏まえて、説明調の文体でいいので、わかりやすい訳を思いついたら教えてください。

検索かけたら出てきたのですが、いま一つわからない部分があったので質問させてください。

ハムレットが決断する場面のせりふだったと思いますが、生きるべきか死ぬべきか っていう意味がわかりません。

live on or dieという意味だったらto die oe not to dieでto do or not to doだと思うのですが。
また殺し(でしたっけ)を決行するのかしないのか、でもto do になると思います。
それとも今の状態であるべきか否かというshould beなのでしょうか。
それとも未来にこうあらなければならないという意...続きを読む

Aベストアンサー

ハムレットのこの独白は演劇用のセリフを500年前の英語で書かれているので、現代人が解釈するのは困難ですが、明治時代から多くの人が挑戦し、名訳、定訳といわれるものがあります。そのひとつが「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」です。

英語の基本動詞BEにはexist, live, occupy a place,continue などたくさんの意味があります。日本語には欧米語と違ってBeと同じ意味で一語の動詞がないため、用途に応じて適切な訳語を決める必要があります。スペイン語ならBe=Serなので簡単にSer o no serと訳すことが出来ます。誰が訳してもこれ以外に訳はありません。

端的にいえばbeとは人や物が存在(生きて)していることを表すと考えていいでしょう。

訳例
*ながらふべきか但し又 ながらふべきに非るか 爰が思案のしどころぞ。  矢田部良吉訳

*世に在る、世に在らぬ、それが疑問じゃ。坪内逍遥

*生か、死か、それが疑問だ。 福田恒存

*このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。 小田島雄志訳

ハムレットのこの独白は演劇用のセリフを500年前の英語で書かれているので、現代人が解釈するのは困難ですが、明治時代から多くの人が挑戦し、名訳、定訳といわれるものがあります。そのひとつが「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」です。

英語の基本動詞BEにはexist, live, occupy a place,continue などたくさんの意味があります。日本語には欧米語と違ってBeと同じ意味で一語の動詞がないため、用途に応じて適切な訳語を決める必要があります。スペイン語ならBe=Serなので簡単にSer o no serと...続きを読む

Q中学英語の質問です。 He was the first man that reached the

中学英語の質問です。


He was the first man that reached the moon.
=He was the first man to reach the moon.

一つ目の英文は関係代名詞が使われている文だという事はわかります。 が、二つ目の英文はto reach は不定詞ですか?
不定詞なら何用法なのかもわかりません。
二つ目はどういった文法を用いた英文なのか教えてください。

Aベストアンサー

man to reach the moon は、to reach が  man を就職している、不定詞の形容詞的用法です。

the first man「最初の人(男)」を更に説明するために、不定詞で to reach「着いた、到着した」を、
付記していることになります。 場所を示す the moon はが付いています。

「月に着いた、最初の人」となります。

関係代名詞の文と比較して、不定詞の形容詞的用法にも慣れましょう。

参考までに。

Qcouldn't と was not able to

先日英会話の先生が私に言ったのですが、

  could より was able to を使う方が良い

と言いましたが、本当にそうなのでしょうか?
文法的に be able toの方が良いのでしょうか?

ネイティブの人はどちらを良く使っているのでしょうか?

特に否定形になると、私はどうしても couln'tの方を使ってしまうのですが。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

私なりに書かせてもらいますね。

was able to を使う方がいい、という言い方は、少し誤解を招きますね。この次にそういわれたら、なぜ?って聞くべきだと思います。

なぜか、というと、couldの持つ全ての意味をwas able to では表現できないんですね。

多分、「出来なかった、といいたいときは」、という条件が入ってきていると思います。

その意味でcouldを使うと、ただ単に、出来た、という意味なんですね。 しかし、was able toとすると、できそうもなかったけどできた、というフィーリングが出てくるんですね。 つまり、I was ableなんですね。

また、皆さんがおっしゃっている、couldの持つ「できると思う」「はずがない」などの意味が入ってきて、「下手をすると」聞いた人が誤解する可能性があるんですね。 ですから、これを上手に「ちゃんとフィーリングを伝える事が出来るには」前後の文章、口調などで、作り上げなくてはならないという語学的技術(大げさ!!<g>)が必要となるんですね。

やる、ということに敏感なこちらの人は、was able toの方をよく使うと思います。 特に、子供達が親の関心をもらいたい時とか、ハッパ学の生徒などは、I was able toと「大変だったんだぜ!」のフィーリングを出したがるわけですね。

否定形も同じですね。 couldn'tで出来なかった、was not able to で、やったけど出来なかった、という事で、やる事はやったんだ、期待に外れて、というようなフィーリングを出すことができますね。

という事で、couldが作り上げるフィーリングが必要な時は、was able toでは表現できないけれど、やっと出来た、などのフィーリングを出したければ、couldでは出来ない、ということですね。

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

私なりに書かせてもらいますね。

was able to を使う方がいい、という言い方は、少し誤解を招きますね。この次にそういわれたら、なぜ?って聞くべきだと思います。

なぜか、というと、couldの持つ全ての意味をwas able to では表現できないんですね。

多分、「出来なかった、といいたいときは」、という条件が入ってきていると思います。

その意味でcouldを使うと、ただ単に、出来た、という意味なんですね。 しかし、was able toとすると、できそうもなか...続きを読む

Qwas able toとcould

1、I was able to acsess.

2、I could acsess.

これって同じですか?
もし同じ意だとしたら使い分けはどうすればいいですか?

あと、could goは行くことができたとは言わないのは何故ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

1.
まず、動詞 access (の間違いですね?)には他動詞しかありませんので、access the internet、access the data base、access it と、必ず「~を」を表す目的語が伴います。そういう意味で、ご質問の 1.、2. とも間違いです。

2.
ここで用いられている could は、ズバリ can の過去形です:
(1) I was able to access it.
(2) I could access it.
、、、これはどっちも同じと解釈して構わないと思いますよ:
・You said you couldn't access the internet last night. What happened? ⇒ I could finally access it after midnight. Thanks.

ちなみに「昔はアクセスできた」のなら:
・I used to be able to access it. I don't know what happened.
、、、でしょうね。ここは一つの使い分けでしょう。

can とは「習得して身に付けた結果として「能力がある」という意味である」と書いてある受験英語用参考書もあるようですが:
・After an extensive training, he is now able to swim 25 meters straight.
、、、と言っても間違いではありません。なので現代英語において、多くの場合にて互換的に使われており、確固たる使い分けがあるものではないと僕は認識しています。

3.
could goは行くことができたとは言わないのは何故ですか?
、、、これは誰が言っていましたか? 全然そんなことありませんよ:
・With the scholarship, he could go to college. (奨学金のお陰で進学することができた)
・I am glad I could go to the concert last night. (行けて良かった)
、、、こういうことでしょうか?

ただ一つ気を付けたいのは:
・I wish I could go to the concert tonight. (行くことができたら嬉しい ⇒ 行きたいなぁ)
、、、と、仮定法で用いられる時には意味がちがいますよね。


ご参考までに。

こんにちは。

1.
まず、動詞 access (の間違いですね?)には他動詞しかありませんので、access the internet、access the data base、access it と、必ず「~を」を表す目的語が伴います。そういう意味で、ご質問の 1.、2. とも間違いです。

2.
ここで用いられている could は、ズバリ can の過去形です:
(1) I was able to access it.
(2) I could access it.
、、、これはどっちも同じと解釈して構わないと思いますよ:
・You said you couldn't access the internet last night. What happened...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報