中国やロシア等は自分勝手に南シナ海、クリミヤ半島等その他色々問題ありますが、太平洋戦争の時もロシアは条約破って日本を攻めたりしたとか、アメリカも過去には自分勝手な行動をした事あるのでしょうか?
アメリカが力をなくしたら中国の台頭でメチャクチャになりそうです。
歴史に詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ロシア参戦批判の条約は、ロシアと戦争不可避のドイツとの同盟を結んだ時点で条約は無効、これは時の外務省には、わかっていましたが、日本国民に政府は隠していました。

    • good
    • 0

日ソの問題は「社会カテ」では、何度も質問がされているようですが、


時間の概念のない方が、日ソ中立条約が三国同盟によって無効化されたとか言っているようですね。
(「参戦批判の条約」って何だろう。批判だけする条約が何の役に立つのだろう)

1940年9月:日独伊三国同盟(この時点で独は日独伊ソ四国協商も考えていた)
1941年4月:日ソ中立条約締結
1941年6月:ドイツとソ連が開戦

私は、同盟国だからと言って何でも知っているわけではないと思います。
中国と北朝鮮も同盟関係にあるらしいですが、あまり相手の事を理解していないようですね。

それに↑の三国同盟の時点でソ連(≠ロシア)とドイツの回線が不可避だと思っていた者がどれだけいたのでしょうか。
「中国やロシア等は自分勝手に南シナ海、クリ」の回答画像4
    • good
    • 0

アメリカが国土を広げて行ったのは、大半が自分勝手な行動によるものです。

 平和的に割譲されたり、購入した領土はごく一部です。 近年でも、領土こそ奪っていないものの、朝鮮戦争、ベトナム戦争、グレナダ侵攻、パナマ侵攻、湾岸戦争、イラク戦争等々全てアメリカの自分勝手な行動です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q靖国参拝にアメリカやロシアは抗議してるのか?

相変わらず8月15日になると日本の政治家の靖国参拝で
中国や韓国が抗議したりしてますが、
第二次世界大戦で日本と戦ったアメリカやロシアは
靖国参拝に抗議したりしてるのでしょうか?

Aベストアンサー

 アメリカは、軍関係者なんかが結構、公式に参拝してますよ。
   http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entry/1747757/

 ブッシュ大統領が参拝を希望したなんて話しも、ニュースに成ったぐらいですし。
 (外務省が某国に配慮して、明治神宮に変えたのですが…。←結局非難されたので意味ないですが…。)

 ドイツの駐日武官は着任と離任時に参拝するのは定例化しているみたいです。

 あとロシアも公式参拝した事有るみたいです。
 (まあ、あの韓国も公式参拝[2002年]した国ですが…。)

 ちなみに、日中共同声明に署名した周恩来は、若い頃靖国の大祭を見物して「はなはだ大きな感慨を催す」なんて日記に残しています。

Q日本(+アメリカ)対中国(+ロシア)戦争になりますか?

日本(+アメリカ)対中国(+ロシア)戦争になりますか?

ネットの書き込みでこのような意見を見ました。

「尖閣諸島問題・船長釈放で中国は日本に対し
謝罪と96億円の賠償金を請求。日本対中国、全面戦争に突入か?」
↓ネットに書き込まれた意見です。
「中国が調子に乗り始めたのは、国際的な問題になりかねない。
下手したら、中国は日本の領域まで貪り始めるぞ。
そうすると、国連は黙ってない。
とくにアメリカは日米安保があるから日本を守らざる得ない。
多分、欧州系の親日国は日本を守るだろう。
しかし、怖いのは親中国だ。
まずはロシア、中国の軍備はロシアの協力で成り立っているらしい。
おそらく、ロシアは中国の味方をするだろう。
あとは、北朝鮮だな。以前から中国と仲がいいのは知っていると思うが、北はかなりの懸念材料だ。

この緊迫した中、何処かが誤って引き金を引いたら、待っているのは戦争だ。

それを避けるには、今回の事件の正当性を全世界に訴えなければならない。
ただえさえ軍備を拡張している中国、平和ボケしている日本は太刀打ちできないだろう。」

本当に戦争になるのでしょうか
アメリカは助けてくれますか?
戦争になった場合日本に勝算はありますか?
隣が横田基地なので
安心と不安でいっぱいです。

日本(+アメリカ)対中国(+ロシア)戦争になりますか?

ネットの書き込みでこのような意見を見ました。

「尖閣諸島問題・船長釈放で中国は日本に対し
謝罪と96億円の賠償金を請求。日本対中国、全面戦争に突入か?」
↓ネットに書き込まれた意見です。
「中国が調子に乗り始めたのは、国際的な問題になりかねない。
下手したら、中国は日本の領域まで貪り始めるぞ。
そうすると、国連は黙ってない。
とくにアメリカは日米安保があるから日本を守らざる得ない。
多分、欧州系の親日国は日本を守るだろう。
しか...続きを読む

Aベストアンサー

戦争ではありません。攻撃されるだけです。
日本は憲法9条があるから敵地攻撃用兵器を持っていません。
日本には空母はないし原子力潜水艦もないし、爆撃機もありません。
空中給油機はたしか3機持っていますが、3機じゃ作戦行動はできません。
最低20機は必要です。3機は訓練用ですね。

日本は中国から攻撃されることはあっても、こちらから攻撃する能力がありません。
じゃあ、アメリカが代わりに戦争してくれるかといえば、それもありえません。
中国もそれをわかっていますから、アメリカ軍の基地は攻撃しません。
だから横田基地の隣なら安全です。

実際には、尖閣諸島周辺で海上保安庁の艦船と中国海軍の小競り合いがあって、中国人民解放軍が軍事施設を建設して終わりです。
島の実効支配をしているのは中国というところで決着です。
日本政府にはそれを取り返す度胸はありません。

ロシアは金で兵器を中国に売っていますが、技術を盗まれることを警戒しているくらいですから一緒に戦おうという気はさらさらないでしょう。

Q中国 ロシアは だいたい 戦争したいの? 【北朝鮮】て そんなに 重要? アメリカが北朝鮮を叩かない

中国 ロシアは だいたい 戦争したいの?
【北朝鮮】て そんなに 重要?
アメリカが北朝鮮を叩かないのは
【中国】【ロシア】の 存在があるからですよね??
わざわざ 発展途上から 先進国に なりつつ【中国】は 戦争等 したくは ありませんよね??

Aベストアンサー

中国はいやでしょう、米国と北朝鮮の板挟み、北朝鮮は金遣いの荒い馬鹿息子、米国は一番のお得意様なので!企業移転シフトは日本企業は、多いですね。
しかし国民の用に簡単にいきません。金もかかるし。

Q☆おそロシア☆ロシア大統領選挙プーチン当選!

またプーチンさんが大統領になったと見ました。

デモとかなんだかロシアは大変みたいです。
↓のニュース見ると、なんだかかなりモメているようですね?

ロシア大統領選 プーチン首相の当選に不正選挙の指摘がなされるなど波紋広がる映像
二重投票の動画も…ロシア大統領選やり直し求める
ロシア大統領選から一夜 モスクワで反プーチン派が抗議集会 不正投票あったと非難映像

質問ですが、
(1)不正はあったんでしょうか?
(2)なぜプーチンさんは一回大統領から遠ざかってたんですか?
(3)なぜプーチンさんはまた大統領に立候補したんですか?
(4)プーチンさんが大統領になると、日本的にはどうなんですか?

一個でもいいので、教えてください!
よろしくお願いいたします^^

Aベストアンサー

1)
警察官を信用しない人が国民の7割以上。
役人の賄賂要求を経験した国民が9割以上。

これで、100%公正無私の選挙が出来るとは思えない。

いくらかの不正はあったと思われるのが常識的判断。
しかし、選挙結果をひっくり返すほどの根本的な不正とまではいえない。

そもそも、多数の候補者の中から選択する国会議員選挙であれば野党勢力の躍進もありえるが
プーチン氏以外に全国的に名が通って、組織力のある候補者が旧共産党系統のジュガーノフ氏以外に見当たらない以上
×印ばかりの中に、嫌味な奴だけどそれなりの実績のある人物がただ一人だけいれば、消極的に賛成するのが人情というものだから、プーチン氏の当選はほぼ確定していた。

問題はその勝ち方であって、1回目の投票で確定できるのか?あるいは2回目の決選投票に持ち込まれるのか?その辺が今回の投票の注目点であった。

2)憲法の規定で大統領の任期には2期までという制限がある。
 その制限が『連続2期』であれば、一度大統領職を離れてメドベージェフ氏が次の大統領になり、更にその次の大統領にプーチン氏が就任することは可能という話。
憲法の規定をクリアするための政治的な裏技。

3)なぜ?
 大統領として権力を振るい続けたかったから。

4)日本の政治家は太刀打ちできないので、言いように手玉に取られる可能性大。

1)
警察官を信用しない人が国民の7割以上。
役人の賄賂要求を経験した国民が9割以上。

これで、100%公正無私の選挙が出来るとは思えない。

いくらかの不正はあったと思われるのが常識的判断。
しかし、選挙結果をひっくり返すほどの根本的な不正とまではいえない。

そもそも、多数の候補者の中から選択する国会議員選挙であれば野党勢力の躍進もありえるが
プーチン氏以外に全国的に名が通って、組織力のある候補者が旧共産党系統のジュガーノフ氏以外に見当たらない以上
×印ばかりの中に、嫌味な奴だ...続きを読む

Qアメリカ、中国、フランス、イギリス、ロシア(すみませんちょっとちがうか

アメリカ、中国、フランス、イギリス、ロシア(すみませんちょっとちがうかも)が自分たちでは核を保有しているのにどうして廃止を訴えているのですか?これらの国では核は持ってても兵器では使用しないということですか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

なぜ常任理事国の核保有は許されて、それ以外はダメかというと

第一次世界大戦後の国際連盟の反省が根底にあるからです。

国際連盟と現在の国際連合の最大の違いを上げると、連盟は制裁措置は経済的な方法のみ、各国が同じ1票を持っていた、アメリカが参加しなかった、ということになります。

国際連盟は、大きな国も小さな国も同じ1票しかもっていないため、なかなかまとまることが出来ず、まとまっても経済制裁しか出来なかったため、秩序の維持が困難でした。アメリカが参加しなかったことも非常に大きな損失だったのです。

そして第二次世界大戦が始まってしまいます。

大戦終了後、国際連盟の反省をいかした組織つくりに着手するのですが、反省点を生かした大原則に
「世界の安定と平和に寄与するために、大国は責任と義務を負い、そのための手段を維持する」
というものがあったのです。

これにより制裁措置は軍事的行動を伴うことができるようになり(たとえばPKF)、各国の1票に対して常任理事国(責任と義務を負っている大国)は拒否権をもち、アメリカも参加することになりました。
これらの原則の中のひとつとして、大国である常任理事国は核兵器おも持ちうる立場であり、その責任と義務を負っている、だから持っていてもいいし、持っていても他の国々に「あんたらは持ってはいけない」と強く指導する権限を有している、とされているのです。

第二次大戦後60年以上、世界を巻き込むような軍事衝突は起きていませんからある程度国際連合の役割と目的は達成できたと言えると思います。
しかし、核兵器も60年前は高度で革新的な技術だったものの、現代ではちょっとしたレベルの工場でも生産できる程度の技術まで普遍化しています。
そのため、インドやパキスタンは世界の不評を買ってまで核兵器を持ちましたし、北朝鮮やイランなどが持つ努力を続けています。

そういう意味では、大国の責任と核兵器の廃絶はそろそろ別に考える時期に来ているといえるのかもしれません。

なぜ常任理事国の核保有は許されて、それ以外はダメかというと

第一次世界大戦後の国際連盟の反省が根底にあるからです。

国際連盟と現在の国際連合の最大の違いを上げると、連盟は制裁措置は経済的な方法のみ、各国が同じ1票を持っていた、アメリカが参加しなかった、ということになります。

国際連盟は、大きな国も小さな国も同じ1票しかもっていないため、なかなかまとまることが出来ず、まとまっても経済制裁しか出来なかったため、秩序の維持が困難でした。アメリカが参加しなかったことも非常に大きな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報