お金が10倍増えると物価も10倍になると
聞いたのですが、なぜですか?
2倍、5倍とかで落ち着いたりしないのですか?

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

「お金が10倍増えると物価も10倍になる」


「ハイパーインフレになったら借金はへる」
「経常収支が赤字に転落すれば、円安や金利上昇、交易条件の悪化がおきる」
などの言い方は、象徴的いい方、誇張表現することで言いたいことの端的な理解を容易にする方法です。
文字通りに解釈するものではないです。
社会現象、経済や政治、行政、保健衛生、気候などの話でも、方向性や程度、相関や連関が高いということを言うのには、こうした表現を使います。
言葉や数値などを、そのまま論理の一部、計算式そのもののように考えようとしてはだめです。

お金が10倍増えると物価も10倍になると聞いたとしても、その言葉を発したヒトも、お金が10倍増えるて物価が12倍、あるいは5倍になることを否定しているつもりはないのです。

ハイパーインフレになったら借金は減ると言うヒトがいても、その人が、ハイパーインフレになった状況で急激にインフレ率を遙かに上回る借金の増加に苦しむヒトの出現はないとは思ってないのです。 国家財政に赤字を抱えていて国債の再発行増加発行で回っているようならば、ハイパーインフレになれば、財政赤字は急激に増加するとはたぶん思っているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変勉強になりました。

お礼日時:2017/04/18 20:45

それは「言葉の綾」であって、「必ず10倍になる」と言うことではないんだよ。


なので、2倍、5倍、で落ち着くこともあるが、20倍になることだってないわけではない。
が、最終的には10倍くらいで収まると思うよ。
経済なんてそんなものなのだよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/17 00:55

>お金が10倍増えると物価も10倍


そんなことはないと思います。

経済規模が10倍になるとお金も10倍必要になってきますが、
物価も同時に10倍になるとは限りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/16 16:56

>お金が10倍増えると物価も10倍になると聞いたのですが



実際にはね、群集心理が働いて物価は10倍では納まらないね
納まらない物価上昇に対して、当座の混乱を回避するために紙幣を増刷せざるを得なくなる
つまり、紙幣供給が主じゃなくて物価上昇に引きずられていくことになる
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変勉強になりました。

お礼日時:2017/04/14 20:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q企業物価指数が消費者物価指数の先行指標となる理由について

企業物価指数の説明で、「原材料→中間製品→最終製品→小売という順で価格が波及するため、企業物価指数は消費者物価指数に対しての先行指標として活用することもできます。」というように、企業物価指数が消費者物価指数に対しての先行指標となる理由が書いてあります。申し訳ありませんが、この説明の意味をどなたか解説し直して頂けないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

先行指数とは後から連動して動くものがあるときに先に徴候が現れる場合に使います。
原材料の値段が上がれば、やがては価格にも転化されて物価が上がります。
だから原材料の高騰(企業物価指数)は消費者物価指数が上昇する目安になります。

現在でも小麦粉の価格上昇にその典型をみることができます。
小麦粉の値段が上昇しても流通業界などからの要請でメ-カは暫く値上げを断念していました。
ですがそれも限界を迎え、製パン、カップ麺などは値上げをしています。

Q消費者物価指数と企業物価指数の関係

現在、日本経済データの読み方を学んでいるところですが、その際に「企業物価指数」と「消費者物価指数」というキーワードを見つけました。

企業物価指数(CGPI)の推移に即して、消費者物価指数(CPI)は推移すると様々な資料に書かれています。

しかし、日銀、総務省の統計をもとにグラフを作成したところ、80年代くらいから企業物価指数は減少傾向にあるのに対して、消費者物価指数は上昇傾向にあると読みとれます。

一方で2004年以降はCGPIの方がCPIよりも上にきています。理論とは違う結果が生じています。

この要因として何が考えられるでしょうか。

サービス
石油価格の上昇
為替の変動

などがキーワードでしょうか。

なにか切り口だけでも分かれば考えやすいのですが、的を得た見解が見つかりません。

キーワードだけでも、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

 企業物価指数(CGPI)は企業間で取引される商品価格を指数化したものです。企業が生産する商品(中間財や最終財)の原材料には原油が含まれますので、原油価格や為替レートの変化の影響が大きいと思われます。

 一方、消費者物価指数(CPI)は小売されているモノやサービスの物価水準を指数化したものです。なのでCGPIに含まれる原材料や中間財は含まれず、最終財は含まれますが消費財に限定されます。このため原材料の価格変化が消費財まで波及するのに時間がかかるのでCGPIの動きとCPIの動きにはタイムラグが起こります。

 ただ消費者物価指数はモノの価格だけでなく、人件費の比重が大きいサービス価格も含まれています。サービス価格は原油価格など国際市況の影響を受けにくく、景況に敏感だと言われており異なった動きをします。

 例えば景況が悪化するなどで人件費や企業利益に下落圧力が高い状況で原油価格が上昇するなどサービス価格と原油価格が異なる動きをした場合、CGPIは上昇しているのにCPIは下落するケースが起こりえます。

参考になれば幸いです。

Qお金って何で『お金』っていうの?

小学生の甥に「お金って何で『お金』っていうの?」と
聞かれ、回答することができませんでした。
子どもにも分かるように、分かりやすく説明して
いただけませんでしょうか。
または、このような事について記述のある
サイトがありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://gogen-allguide.com/ka/kane.html

語源は諸説ありながらも不祥だそうです

お金というものの本質について解り易いのは
「経済ってこういうことだったのか会議」
という本が解りやすいです。
小学生にはちょっと難しいですが
大人がこれを読んで理解して、話してやることはできると思います。
http://www.bk1.jp/product/2215783?partnerid=p-garakuta57186

Q物価上昇 アイス 

 物価上昇の中、アイスは値下がりしている気がするのですが、気のせいでしょうか。周りのスーパーは確実に値下がりしています。
理由がわかる方、教えてください。

Aベストアンサー

アイスも値上がりしています。
牛乳などの原材料や包装資材、電気代の値上げ、輸送費の上昇などで各社値上げしています。
下はロッテの値上げのニュースです。
http://www.lotte.co.jp/news/news577.html

こちらのスーパーでも10円ー20円程度値上がりしています。
ディスカウント店でも去年はオール60円でしたが、今は72円に値上げされています。
値下がりしているのであれば特売中か、赤字覚悟のセールだと思います。
あとアイスには製造日も賞味期限も記入しなくても良い事になっているので、去年に生産したアイスを安く仕入れて売っているのかも知れません。

Q物価変動と預金

以前から疑問に思っていたのですが、物価というものは常に変動していますよね。
戦前の10円といったら大金ですが、現在ではせいぜいうまい棒くらいしか買えない金額です。

そこで質問なのですが、もしこれから日本の物価が急上昇したとしても、今の預金口座の金額ってそのままなのでしょうか?
例えば1000万円の預金があったとして、もし物価が今の10倍になった場合、実質的に今でいう100万円の価値しかなくなりますよね。
その差額の補償を国や銀行はやってくれないのでしょうか?

もしそうなら、貯蓄を預金一辺倒にすることに不安を感じます。
詳しい方がいたら、解説をお願いします。

Aベストアンサー

●物価が急上昇すれば、預金金利が上がる
 1000万円の預金があったとして、もし物価が今の10倍になった場合、実質的に今でいう100万円の価値しかなくなります。物価がドンドン急上昇すれば、預金者は預金を引き出して金を買ったり、不動産を買ったり、株式に投資したりします。預金がドンドン引き出されては銀行は困ってしまいます。そこで銀行は預金金利を引き上げて何とか預金があまり引き出されないようにします。
 預金元金は増えませんが、高金利になりあまり実質価値が下がらなくなるはずです。
 昭和17年と昭和27年を比べると、金の価格、アメリカドルとの為替レートで、日本円は約200分の1になりました。預金者は困ったでしょう。でも日本政府は助かっています。なにしろ昭和17年に発行した国債を10年後の昭和27年に償還したときに200分の1の価値しかなかったのですから。200億円の国債があったとしても実質1億円の償還で済んだのですから。戦前の高橋財政をほめる人も多いのですが、あれは、結果的には「借金踏み倒し財政」なのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報