パワードのモニタースピーカーと、スタジオモニターのスピーカーで編集する際で、YOUTUBEとかにアップーして聞いてると音にかなりの差があるのです。

あと低音のきついHD系のヘッドホンでやると、やたら高音になってたりして困ることあります。

そのあたり、どう処理するのが良い(普通な)のでしょうか。?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

いわゆるフラットな特性と云われる、モニタースピーカーを聴き込んで、似た音質になる様に編集して、色んな媒体で聞く事です。


ステレオコンポ(スピーカーの大と小)、ヘッドホン(インイヤータイプ、開放型、密閉型タイプ等)、音響PA、等。
そうする事で、自分のモニターのクセや特性をもっと知る事になります。
本当はモニターを聴き比べ出来れば良いのですが、個人では中々出来ません。
なので、周りに有る環境で問題なく再生出来るか?で判断するしか有りません。

編集の時に、マージンは取って置かないと、そりゃあ、そうなります。
クセの強いスピーカーで、自分の気に入った音に仕上げれば、聴くスピーカーも、それぞれ特性というものが有りますから、そうなります。
ある程度、こうなるだろう。と見越した形で音質を整えないと成りません。
アレで聞くとこんな感じ、コレで聞くとこんな感じ、と云う風に。

なので、ミックススタジオではスモール、ラージ、昔はカセットテレコなどが常備されていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な回答有難う御座います。
宅録でも、普通に狭い和室に近い部屋なので大変で、ネットやPCでもlistening環境でもイコライザーくらいあってもいいのではと思ってましたけど、何か高音質の世界標準を作るとか・・目的があるのかも知れませんよね。

昭和期はカセットで、どんな音が出てるのかまで確かめてたんですね。そうして時代は創られてきたのだと実感わきます。

うちも最近、TVとして使わなくなった液晶で、時々音聞いてみたりします(笑;)。メーカーの色や価格帯の色ってありそうですけど、自分で作った音は、どうもついも妙な感じで(汗;) ? ? ? でした。

もっと良いもの選んで、苦労しないと、中々、そう簡単にはいかないようですね~。

お礼日時:2017/04/14 23:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング