55才の男性ですが 11年前から腹痛が出るようになり 冷えると痛むようになり

姿勢によっても痛むのですが

年を追う毎に悪化して 仕事も出来ず、生活にも支障をきたすようになりました

色んな病院を回って「知覚過敏」とか「身体表現性障害」とか言われましたが

過敏性腸症候群ではない様です。

年齢的に更年期障害というか 自律神経失調症としか言い様がないのですが

痛みを少なくする方法はないでしょうか?

色々と薬も飲んだし 運動がいいとも聞いていますが

何か良い方法はないでしょうか? どうか教えてくださいm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私も同じ症状でした、自立神経失調症ですぐに胃腸の調子が悪くなっていましたので、主治医と相談してだいぶ改善されました。


病院処方薬は漢方のハンゲコウボクトウ2.5gとビオスリー配合散にガスコンになります。
漢方薬は精神不安や神経性胃炎・胃痛・胃弱に対して健胃作用が働いていきます。
ビオスリーは善玉菌を増やし、腸内環境を改善しているようです。
ガスコンはガス玉を排出させ、膨満感を解消してくれます。
以前は下痢や腹痛によく悩まされていましたが、改善されてきています、日ごろから腹を冷やさず、暴飲暴食を避けて適度のウォーキングをしてます。
デパスなどの精神安定剤で睡眠改善や腹部にホカロンを使用して下腹部の冷えを解消することも大事です!
くよくよせずにおおらかな気持ちで生活し、下痢にも正露丸などの一時しのぎをしないように、正露丸は善玉菌までも漂白して殺してしまうので逆に悪いです。
今の私は呑みすぎたとき意外は下痢も無くなっていますが、納豆やヨーグルトを取り入れていることも改善につながっているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

どうもありがとうございますm(_ _)m 医者に言ってみます。

お礼日時:2017/04/16 21:33
  • 男性更年期障害<男性生殖器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    どんな病気か・症状の現れ方  男性ホルモン(テストステロン)は精巣が産生するホルモンで、さまざまな機能をもっており、心身状態に影響を及ぼしています。個人差が大きいのですが、一般的に男性ホルモン産生は高齢になると低下し、とくに40代後半から50代前半に、性欲低下・発汗・ほてり・寝汗・疲労感・うつ状態等の症状を呈します。  女性における更年期障害に対応する疾患として、男性更年期障害と呼ばれます。欧米では...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング