【日本で総理大臣ではなく首相という言葉が使われるようになったのはなぜですか?】

総理、総理と言っているのは時代遅れの旧社民党議員ぐらいです。

小泉純一郎も森も総理大臣と世間からも言われていた。

安倍晋三は首相、首相と世間から言われている。

総理大臣から首相に変わった経緯が知りたい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

邪馬台国時代までなら禰。

(=摂政のこと)
飛鳥時代までなら宿禰。(=摂政のこと)
江戸時代までなら太閤。(=太政大臣)

おそらく、帰化議員だから首相と他人事なのでしょう。
外人の発想です。

ま~安倍総理は子がいないので、太閤ではないですけどね。
なので関白晋三で良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/04/15 23:25

「安倍首相がんばれ」のこと?

    • good
    • 0

妄想君、辞めたら幼稚な質問意味ないし。

妄想小説家になりたいの?
    • good
    • 0

総理って内閣総理大臣。

内閣のトップ。
首相は、政府のトップ。
どちらも多数決で決めるから、与党のトップが成りますよね。
小泉さんも安倍さんも、みんな総理であり首相です。
    • good
    • 0

首相で検索するとでてきますよ。

例えば
Wikipedia では
>閣僚の首席を表す言葉は各国においてそれぞれ違いがあり、後述する通り様々に日本語訳されているが、それらの通称・普通名詞として首相が使われている。例えば日本においての閣僚の首席は内閣総理大臣であるが、通称として首相が用いられる場合が多い。ただし、この首相という呼称は日本の法体系に基づく正式なものではなく、法令では一切使用されていない。一方、議会では内閣総理大臣を指す慣用的な呼称として定着している。

いや、これはご存じなのですよね。
>経緯が知りたい
ということでしたね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報