運動馬鹿とかを、時々、「脳筋」とか言いますが、やはり少しおかしいのでは?と思う点があります。

何故なら、運動して身体を動かせば脳細胞の発達にも繋がり、運動・スポーツをすれば集中力や忍耐力も身に付きますね。

なので、「運動だけする人、スポーツだけ出来る人」は、
「運動も勉強もしない人」(身体も頭も使わない人)
よりは、まだずっと脳の働きは活発になっている筈ですよね?

ずっと前に、新聞で、ある番組のタイトルと見出しだけ見たところ、「運動バカは、バカじゃない!!」
とありました。

運動も勉強も出来ない人よりは、運動だけ出来る人よりは頭は良いと思います。

なので、運動馬鹿の方だけを脳筋と言うのはやはりおかしいと考えます。

如何でしょうか?

それともやはり、運動馬鹿は、それだけ図に乗り易く、空気を読もうとしない事が多いとか、または文武両道で優秀な人をすぐに妬んだりするから、脳筋とか言われるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 運動も学業も駄目は人は割と、性格は素直で謙虚な優しい人が多かったりはしますかね。

      補足日時:2017/04/15 10:27

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足拝見…。



>運動も学業も駄目は人は割と、性格は素直で謙虚な優しい人が多かったりはしますかね。
んなこたぁありません。
コンプレックスの塊となりひねくれていながら、能力はないくせにプライドばかり高く、人と関わる経験が少なくて優しさも見当はずれな方向に向かったりします。

私のことですがね。

多いかどうかは何とも言えませんが、強みを持たない(オタクな趣味のように称賛を得られないものもありますし)人は自信がなくなかなか人と深く関われませんからね。
多くいたとしても、あまり人の印象には残らないかもしれませんよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

成る程。

お礼日時:2017/04/15 10:45

企業の採用担当者は、運動部経験者を優遇します。


規律・忍耐・向上心があり、目的に対して頑張るので、
組織の要員として適性があります。(という考えもある)
    • good
    • 2

古い話しですが、学生時代問題を起こす者が、文化系部活にいず、運動系部活に多い。


多い順では、サッカー部、相撲部、野球部など、中には後輩から金の巻き上げ事件!学校がもみ消し。警察介入阻止しました。
    • good
    • 1

>それともやはり、運動馬鹿は、それだけ図に乗り易く、空気を読もうとしない事が多いとか、または文武両道で優秀な人をすぐに妬んだりするから、脳筋とか言われるのでしょうか?




と、いうことですよ。
スポーツそのものが脳に及ぼす影響よりも、体育会系や勝利至上主義、経験至上主義、根性論といった思想によるところが大きいのだと思います。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文武両道な人はやはり、社交性とか素直さとか、または芸術的センス等、大事な何かを一つは犠牲にしているも

文武両道な人はやはり、社交性とか素直さとか、または芸術的センス等、大事な何かを一つは犠牲にしているものですかね?

Aベストアンサー

「文武両道な人はやはり、社交性とか素直さとか、または芸術的センス等、大事な何かを一つは犠牲にしているものですかね?」
→そうでしょうね。
何かに優れている、というのは、それを一生懸命に頑張ってきたからです。
ということは、反対ベクトルをみれば、まったくやっていないことがあるはずです。

例えば、一生懸命に勉強して東大に合格したとします。
ということは、反対ベクトルをみれば、その時期に友達との交友をまったくやっていないことなのです。
そのデメリットは必ずあります。

Q「命は大切だ」とか「生きているだけで素晴らしい」とか言う人が嫌いです。

私はmixiをやっているのですが、「命は大切だ」とか「生きているだけですばらしい」といった内容の日記を書く友人がいます。私はそのようなことを臆面もなく言う(書く)人が虫酸が走るほど大嫌いです。しかし、なぜそのようなことを言う人が嫌いなのか、うまく説明することができません。この私の気持ちを説明しているような本などはありませんでしょうか。中島義道さんなどが書いているかも…と思って探してみましたが、見つけることができませんでした。
また、それ以外にも、「命は大切である」「生きているだけですばらしい」という意見に疑問を呈し、反論しているような著作、もしくは、そうである理由を分かりやすく明確に論じている本も同時に探しております。心当たりのある方、オススメの本がある、という方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えていただきたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

わたしも中島義道さんなら書いているような気がします。
昔読んだ記憶があるのですが『私の嫌いな10の人びと 』(新潮社)にあったかなあ、と思って検索してみたら、こんなページがヒットしました。
http://www.shinchosha.co.jp/books/html/439703.html

ここにある
「定型的な言葉を使って何の疑問も感じない人。自分の信念を正確に表現する労力を払わない人。周囲から発せられるその時々のサインを尊重せず、自分の殻(安全地帯)の中に小さく閉じこもってしまう人。」
というのが、質問者さんの

> 「命は大切だ」とか「生きているだけですばらしい」といった内容の日記を書く友人がいます。私はそのようなことを臆面もなく言う(書く)人が虫酸が走るほど大嫌いです。

の答えになるのではないでしょうか。

あと、いっそ倫理学の本を読んだ方がいいかもしれません。
加藤尚武の『現代倫理学入門』には、
「10人の命を救うために一人の人を殺すことは許されるか」とか
「10人のエイズ患者に対して特効薬が一人分しかない時、誰に渡すか」
と具体的な問題が提起され、「倫理的に考える」というのはどういうことかが示されています。

具体的な問題にもっと興味があれば『倫理問題101題』(マーティン・コーエン ちくま学芸文庫)もおもしろい。
この本には「どう考えたらいいか」という考え方の筋道は示してありますが、結論は出してありません。
たとえばこの本のジレンマ1に、沈んでゆく船から救命ボートで逃げようとしているときに、「ひとりでも多くの船員を助けるべきかどうか」という例題が載っているのですが、「命は大切だ」とか「生きているだけですばらしい」といった定型文では解決できない問題ですよね。

そういう定型文を使う人を批判するならば、質問者さんの側に、もういっぽ踏み込んだ考えなりなんなりというものを持っていくことが必要ではないのでしょうか。そういうときの、考える訓練の助けになると思います。

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/books/html/439703.html

わたしも中島義道さんなら書いているような気がします。
昔読んだ記憶があるのですが『私の嫌いな10の人びと 』(新潮社)にあったかなあ、と思って検索してみたら、こんなページがヒットしました。
http://www.shinchosha.co.jp/books/html/439703.html

ここにある
「定型的な言葉を使って何の疑問も感じない人。自分の信念を正確に表現する労力を払わない人。周囲から発せられるその時々のサインを尊重せず、自分の殻(安全地帯)の中に小さく閉じこもってしまう人。」
というのが、質問者さんの

> 「...続きを読む

Q「文武両道で非社交的」と「明るい運動馬鹿」とでは、結局どちらが良いと思いますか?

真面目な回答を求みます。

ここでですが、文武両道でも、非社交的な人っていますよね?
スポーツをしていても、内向的で無口で人を信じない人と、運動が出来るわけでもないけれど、明るくて元気が良い人は普通にいますね。
それについては、「打ち込み方が人それぞれ違うから。」との事だとお聞きした事もあります。
ではここで皆様は「文武両道で非社交的」と「明るい運動馬鹿」とでは、結局どちらが良いと思いますか?

ではそれを1と2の選択肢に分けてみますね。

選択困難な場合には、どちらともどちら。両者ともモテるとは言えない。良いとも言えない。
また「10人女子がいて、半分程度からはモテるかも。」でもOKです。

1.成績優秀でスポーツ万能、読書家、容姿端麗ではあるが、非社交的で無口で普段は陰気臭い。ニヒル。(熱くなるのは体育の時間だけ。教室にいる時は、がり勉また読書家で、皆とは話さない。)


2.スポーツ万能だが勉強はイマイチ。将来困ってしまいそうな程、勉強、読書はしない。しかし、他には明るく積極的でユーモア溢れ、誰とでもすぐに仲良く出来る。でも軽薄で騒がしい。元気だけが取り柄と言うところ。


良く
「文武両道が格好良い。」とか「性格が一番大事。」と言いますが、偏った固定概念は、時に大きな誤りを引き起こしますね?


ですが、好みも十人十色なので、全員からモテるのはどなたでも、無理ですよね?

あと、
「明るい人が一番。」
またその一方で、「ニヒルで人と話さない方が俗っぽくなくて良いわね。」も聞きますが。時折です。

好みはそれぞれであると言いますので、どれが正解と言うのは無いと私も思っています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212288957
私は過去に知恵袋で立てた同じような記事はこちらにもありますが、そこに書かれてある回答の中に、「学生時代なら2で、結婚を考え出す頃なら1。」とあるのですが、それは人によってはあまりにも身勝手な考えになるのではとも思いました。それでは2はとても悲しいではないかと。

ここで私の思っていた事はと言いますと、
「『男の御喋りは良くない。』と言うのであれば、もうイッソ1になっとけ。」、
「単純とか浅はかとか、欺かれたり利用されて馬鹿だなあ等と決まった事を言われるのが嫌なら、も1になる他ないだろう。それが嫌で1になっていると言うケースもあるのではないかとね。」
ですね。

1のようなタイプの人間についての例を言いますと、空想の世界では、
FF8のスコールとか、あずまんが大王の榊とか、また実在の人物では、東京弁護士会の北村弁護士さんですね。
嘗ては高校野球児であったとは言え、小3以来はずっとあのような感じになっているそうです。小3以来はまともに笑っていないと言う風にも聞きますが。(まあそんな事はないでしょうね。多分。)

でありますからして私は現在のところ、もう2は本当に白けるねとは思っていましたが。この時代は別に1でも良いと言われませんかね?

それでは、知恵袋の人達のあらゆる意見には流されなくて結構ですので、有りの侭に答えて下さいまし。
私は、"ナイローゼになるとか、または何処かがプツンと切れて犯罪を起こす等、取り返しの付かない問題を起こす事ようなさえなければ"
1で良いと思っています。

私は不言実行タイプの1が良いと思っています。口だけタイプになりたくない、決まった事を言われたくも無いとなれば、躊躇する事なく1を選びます。

真面目な回答を求みます。

ここでですが、文武両道でも、非社交的な人っていますよね?
スポーツをしていても、内向的で無口で人を信じない人と、運動が出来るわけでもないけれど、明るくて元気が良い人は普通にいますね。
それについては、「打ち込み方が人それぞれ違うから。」との事だとお聞きした事もあります。
ではここで皆様は「文武両道で非社交的」と「明るい運動馬鹿」とでは、結局どちらが良いと思いますか?

ではそれを1と2の選択肢に分けてみますね。

選択困難な場合には、どちらとも...続きを読む

Aベストアンサー

見方を変えて、人として魅力的・尊敬できる人がいて、その人が「文武両道で非社交的」かもしれないし、「明るい運動馬鹿」かもしれないと考えてみることも大切だと思うのですがいかがでしょう。

Q馬鹿と利口は、やはり紙一重? 難しい事を知り過ぎて分かり過ぎている人は、逆に簡単な事が分からなかった

馬鹿と利口は、やはり紙一重?
難しい事を知り過ぎて分かり過ぎている人は、逆に簡単な事が分からなかったり、常識的な事を知らなかったりするのでしょうか?

文学者や哲学者として優秀な人間は、逆に、
雑用や、単純な細かい作業を行う際に手際良く出来ず、
「気が利かないなあ。」、「もうちょっと頭使えよ。」
とか言われて諭されたりするのでしょうかね?
賢さの定義、機知と英知の違いについて。
賢さには幾つも類型はありますね。

論旨の一つに「知的な人に限って、頭の回転が鈍く、要領が悪く生き方上手にはなれない。」がありますが。

人には得意不得意があり、全ての面で賢くなるのは無理だと(絶対的な無理ではなく、経験したり努力するのには時間が足りないのですね。)最初から解っているつもりではありましたが。

学生の場合でもですが、以下はやはり、機知と英知の違いでしょうか?

1は英知に長けた人で、2は機知に富んだ人でしょうか?

1 内向的な優等生の場合。

・勉学優秀で、人と話さない分、いつも図書館で難しそうな本ばかりをよく読んでいる。思慮深い性格。
なのでよく端から見ている人からは「知的な人だ。」と囁かれたりしている。
実際、勤勉で勉強と読書は誰にも劣らず、思慮深く猜疑心も強く、物事を深く考察する事にも裏読みにも長けており、博学才穎で洞察力、分析力は抜群である。いつも落ち着いている。特に文学、哲学、人間科学、倫理等の分野には造詣が深い。
しかし、遊びやレジャーや雑用とかで、単純な細かい事を行う時には、ボンヤリして簡単な工夫も思い付かず、咄嗟に「もう少し頭使えよ。」とか「それぐらい考えりゃ解るだろう。」と、普通の人から言われて諭される事が少なくない。
特に、大勢の前に出るとボンヤリして頭が回らなくなったりもするし、勿論話術も無く口下手。
気苦労も多く、肝心な時にエネルギーが無かったりもする。
人と触れ合う機会も少なく、折角の豊富な知識を活かすのもそんなに上手とは言えない。
でも疑り深いから軽率な振る舞いもしないので2と比べれば、誰からも「単純」とか「子供っぽい」、「軽い」、「能天気」等とは言われたりはしない。
でもノイローゼとかになる危険性は、後者より圧倒的に高い為、天か地かになりがち。

2 いつも明朗快活な反面、軟派で浅薄でチャランポランで、勉強嫌いの読書嫌い。
しかし、よく周囲からは「アホだなあ。」とか「単純」、「幼稚(子供っぽい)」等と謗られるのはしょっちゅう。
そんな人に限り、何かする時に色々な事でチョイチョイと頭が働く。話術も巧み。
「明るさ」と「頭の回転」だけが取り柄ってところ。
だけれど、前者に比べて、ノイローゼや犯罪者になる危険性は低く、普通に働いて普通に稼い行ける無難な人間で、標準偏差を保てやすいと思う。

以上ですが如何でしょうか?

「勉強出来ない人に限って、勉強以外の事ではやたら頭が働く。柔軟なので世間のどんな荒波にも打ち勝てる。」とは皮肉なものですが。

「賢い人は存在しない。」と言う訳ではなく、
「全知万能な人は存在しない。そこまで成長は出来ない。」が正しいとは思いますが。

因みに私の友人S氏は、どちらかと言えば前者タイプになるそうです。
本を読んで知識を吸収し、得たものをこう言う場所に書き込んだりする文字媒体では力を発揮しますが、人から聞いてすぐ仕事を覚えたり、咄嗟の機転を効かせたりすることは苦手との事なので。
本人が言うには、ですから社会人としては、下の部類に入るでしょうと。リアルでは寧ろ、要領の悪い人間だと思われている節があります。

でも、知識のある人間が知恵を見につけるのは困難ですが、知恵のある人間が知識を身につけるのは、前者よりも難しくないような気がするのです。
努力して成功するタイプというのは、恐らく知恵のある人間の事なのでしょうと。

現に、勉強が出来て知恵も回り、おまけにスポーツまでこなし、人格も良い、完璧に近い超人が、存在していないわけではありません。現にそう言う人間を自分は知っています。そしてそう言う人間は、おしなべて社会的に高い地位へと就いています。
世の中に業界は数多くあれど、どこでもトップに君臨しているのは、そう言うタイプの人間が多いのではないでしょうか。

出だしの言葉を変えると、
「世渡り上手な頭の悪い人」と
「世渡り下手な頭の良い人」の比較と言う事です。

まず、学業で使う「頭」と、生活の中で使う「頭」は違うような気がするのですが、
専門家では無いので、よく分かりません。

素人ながら思ったことは、
思慮深く猜疑心も強く、物事を深く考察する人は人間関係の中で、話題以外のことを深く考え過ぎて(自分がこう答えると変に思われないだろうか、、など)
明朗活発な人に比べると
余分なところで色々と頭を使い過ぎるために

大勢の前に出るとボンヤリして頭が回らなくなったりもするし、勿論話術も無く口下手

活躍中のチエリアン・専門家に回答リクエスト中(ほかの方も回答できます)

補足
になってしまうのではないでしょうか。
なので、頭の回転の問題では無いかもしれないと思いました。
しかし明朗活発で知的な人も、勿論います。
ただ、確かに、あまりにも熟考が過ぎるために
思慮深く猜疑心も強く、となってしまう人も中には居ます。

これは、知的かどうか、と言うよりもやはり、
その人の性格、経験値が関係するのではないでしょうかと。

「回転が速過ぎて人には止まったように見える」と言う事もあるかも知れません。

例えば、素人将棋では数分でも考え込めば「遅い」と言われるでしょう。でも、プロの対局では数時間の長考もあり得ます。

脳が思考してる時は、人の心と自然の情緒との交流を、脳が遮断するので、心がストレスになります。脳が休むと、人の心と自然の情緒が交流するので、心が癒されます。情緒は、人を癒し、人を育て、社会を調和に導きます。人は、脳が万能だと思っていますが、人を育てるのは情緒です。脳の科学は、かつて自然を破壊しました。脳の論理思考は、情緒を排除します。だから脳は不調和な存在です。
だから天才は、脳の思考が自我が休んで、脳が無我になっているそうです。

また、そうやって、優秀な人の粗探しをして「完璧な人間なんていないんだな」と思い込んで安心したいだけかも知れませんが。

馬鹿と利口は、やはり紙一重?
難しい事を知り過ぎて分かり過ぎている人は、逆に簡単な事が分からなかったり、常識的な事を知らなかったりするのでしょうか?

文学者や哲学者として優秀な人間は、逆に、
雑用や、単純な細かい作業を行う際に手際良く出来ず、
「気が利かないなあ。」、「もうちょっと頭使えよ。」
とか言われて諭されたりするのでしょうかね?
賢さの定義、機知と英知の違いについて。
賢さには幾つも類型はありますね。

論旨の一つに「知的な人に限って、頭の回転が鈍く、要領が悪く生き方上手にはな...続きを読む

Aベストアンサー

★ 難しい事を知り過ぎて分かり過ぎている
☆ ということが 具体的にどういうことかを知らないうちは 何を
言っても話は始まりません。

★ 文学者や哲学者として優秀
☆ という世間の評判を鵜呑みにするだけなら 人間としての第一歩
をすら踏み出していません。その中身を自分できちんと表現すること
ができるほどには理解してからでしょう。



ここで中身のある話は 世間において成功するかどうかという判断の
基準です。

地位が上であり所得が高いというのが 成功だと見られています。
だとすると 次は 何をどう考え行動したからいわゆる出世が成った
ほどに成功したのか? これを突き止めることでしょう。

哲学として〔定義しないままに使いますが〕成功していることが 世
間における成功と 相関するのか? どうつながっているのか? こ
のことも問い求めるとよいはずです。

そういう方向へと舵を切り替えるとよいでしょう。



それ以前の状態にあって 頭やその回転がよいとかわるいとか 世渡
りがうまいのだの下手だのといろいろ言葉を並べても うわっつらを
撫でまわす世間話のみに終わります。

ほかのカテではいざ知らず哲学カテでそういう文章に出会うなら あ
あ そうですねと相づちを打つだけでしょうね。

★ 難しい事を知り過ぎて分かり過ぎている
☆ ということが 具体的にどういうことかを知らないうちは 何を
言っても話は始まりません。

★ 文学者や哲学者として優秀
☆ という世間の評判を鵜呑みにするだけなら 人間としての第一歩
をすら踏み出していません。その中身を自分できちんと表現すること
ができるほどには理解してからでしょう。



ここで中身のある話は 世間において成功するかどうかという判断の
基準です。

地位が上であり所得が高いというのが 成功だと見られています。
だとすると 次は...続きを読む

Qバカの人権、バカの生きる意味

似たような設問を投稿しましたが、設問の仕方が悪かったので、やり直します。

○「バカは死ね」という意見がエリートらの世界にはあるそうです。バカには何を言ってもわからないから、口を挟まないで欲しい。エリートの言うことに従っていてもらいたい(=人権もない)。
この意見に従えば、原子力発電所の管理についても、バカ(=一般素人)は口を出すべきではない。またバカが減る大量殺戮も肯定される。百人の犠牲も一人の進化のためにはやむを得ない(生体実験も可)――ということになるそうです。「不浄なる者」を排除しようとしたポアだとか、ナチスのショアーも似たような発想なのかもしれません。

さて、こういう人や、こういう言葉を発する人にどう切り返したらいいのか?を教えてください。
・頓知、エスプリやウィットの類
・理屈(ex. 人権思想など)
の両側面から教えてください。

ちなみに、お礼欄はため口にしますので、皆さんも楽にどうぞ。
よろしくお願い。

Aベストアンサー

>うーん。この質問欄でも同じ系統の意見を言ったおじさんがいたと思う。ムッとはするけれど、こういう意見に本当に同意するのかな。同意するなら王権神授説でもあるまいし自分を何だと思っているのか、よく聞いておきたいと思う。

あれはオフレコでしたからね。

表向きは「男の女の平等だ。女性に男性と同じ権利を」ってことで、misとかの雑誌に資金を提供したCIA。

CIAは女性たちに優しい組織? 
いえ。

今までは人口の半分からしか税金を取れなかった。
女性が社会に出て働けば、女性からの 税金 を取れるじゃないですか。

女性が外に働きに出るためには「学校でちゃんと飼育 ちがった教育をほどこしますからご安心を」となったわけです。
国が都合のいいように思想統一教育を子供にするわけで、子供を親から引き離し、小さいうちから国家で洗脳していくわけです。

そうなると、学校で習った教育が正しいものだとなり、親を馬鹿だと思ったりして、言うことを聞かなくなる。
言うことは聞いても「古いんだな」と思って、話半分にしか聞かない。

その国家に教育された子供が9.11が起こったとき「国家により郵便物でも電話でもメールでも傍受して勝手にチェックしてくれ」となった。
テロリストのやりとりを傍受して、事前にテロを阻止してくれるのなら、プライバシーなど放棄する となり、9,11が起こったあと、突然傍受法?が議会で通ったんです。


頭のいい人たちは「お前らは馬鹿だから背番号つけて行動を監視してやる、羊が迷子にならないように管理してやる牧童が俺たちだ。俺たちはいい人だ」と言わない。

「わが国はテロリストにより多大なる被害を受けましたが、これからは傍受に勤め、テロリストの攻撃からみなさまをお守りいたします。私たちはあなた方を守るガーディアンです」って言うわけです。

管理すれば、誰がどこにいて、いくら所得があるからどれだけ税金を奪えばいいかわかってきて、脱税を防止できる。
クレジットカードでいくらどこで使い、どのホテルにいつ泊まったか、その消費は収入に見合っていないとなると、どこから得ているのか 調べられるわけです。


最初のビデオでロックフェラーが言ってましたけど、「実際は敵などいない。国民は仮想敵を本当にいると思って、永遠に幻の敵におびえて国家の言うなりになってくれる」

「最終的には国民全員にインプラントで埋め込み、監視することさ」

ふむ・・・・
まずは、そうやって 実際いない敵をいると思わせ、通貨で世界と統一し、最終的には 我らの新秩序の元管理された社会を実現することだ。

壮大な計画ですが、アメリカの1ドル紙幣にそのスローガンが描かれている。

ピラミッドの上の下々の人を監視する目。

新世界秩序に従え の文字。

計画して着実に実現していっているわけで、もう無理でしょうけど、アーサー C クラークの<幼少期の終わりに>のように 本当に<馬鹿>な人がたった一人 統合を拒否し 最後まで自分の人生を自分で作ることを手放さない人もいると私は思っています。


ということで、その教授に アーサー・C・クラークの<幼少期の終わりに>を読んでどう思ったかを聞いてみればいいと思います。

果たしてその男は 本当に馬鹿なのか と。
あなたは この小説でいけば 誰に当たると思うか と。

ウイットに飛んだ質問になると思いますよ。
教授に聞いてもし返事もらえたら 教えてくださいね。
どんな返答をするのか 楽しみだぁ。

>うーん。この質問欄でも同じ系統の意見を言ったおじさんがいたと思う。ムッとはするけれど、こういう意見に本当に同意するのかな。同意するなら王権神授説でもあるまいし自分を何だと思っているのか、よく聞いておきたいと思う。

あれはオフレコでしたからね。

表向きは「男の女の平等だ。女性に男性と同じ権利を」ってことで、misとかの雑誌に資金を提供したCIA。

CIAは女性たちに優しい組織? 
いえ。

今までは人口の半分からしか税金を取れなかった。
女性が社会に出て働けば、女性からの 税金 ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報