新車購入してから半年なのですが、自分で手洗い洗車を何回かしているのですが、何度か洗車中の何かしらの原因から磨きでも取れないようなキズを付けてしまい、何度か板金塗装をしています。

洗車にはムートングローブを使用しています。

拭き取りクロスはTARO WORKSの青い洗車タオルです。

車輌はホンダ車のクリスタルブラックパールです。

今後も自分で洗車をしようと思っているのですが、またいつキズを付けてしまうのではないかと思い、なかなか洗車に踏み切れていません。

洗車中や拭き取り作業の際に使用する脚立の取り扱いもキズを付けてしまうのではないかと思い、毎回冷や冷やしながら作業していました。

洗車中のキズ防止の為にどのような対策をされていますか?

みなさんの意見をお聞かせください!

これからは自分で洗車は行わず、KeePerコーティングを施工しているので、KeePerのプロショップに手洗い洗車をお願いしようと考えています。

「洗車について!」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

パール系とかの車でも、普通は自分で洗っていると思いますよ。



洗車にもいろいろな複数の洗車方法があり、その複数種類を使い分けていると思います。

①時短洗車
小雨が降ったりしますと、車が雨でぬれ、ホコリなどが浮いてくる。白い車ですと小雨に濡れた状態で
屋根付き月極駐車場に帰ってきた時に水滴を見ると、黒っぽい汚れがいっぱい見えたりします。

そんな場合、「雨は今日だけで、明日降らない晴れらしいから、今時短洗車しておくか」となります。

◆参考資料:屋根付き月極駐車場内で時短洗車
https://matome.naver.jp/odai/2148888265303980901

屋根付きの月極駐車場とか、一戸建てのガレージとかですと、雨の降った濡れたその状態で汚れを
落としておくと良いという考え方があります。

例えば、一戸建てとかですと、自分の車が雨に濡れますと、そのまま放置しますと雨が乾く際に
汚れも固着してしまいます。

自宅の近所のコイン洗車場やGSで洗車してから帰るという方法や、家に帰った時に高圧洗浄機の水を
スプレーするような感じでザックリ汚れを落としておくという方法も有効。

なぜ時短洗車するの?と訊かれるとうまく説明するのも難しいのですが、雨に濡れた日にそのまま一気に
汚れを落としておくと、翌日晴れたりして、わざわざその時に洗車するよりも楽だったりするといえば
良いでしょうか。

同じ洗車でも、1度雨などに濡れ、その汚れが乾いてしまった汚れとかであれば、コイン洗車場で
高圧洗浄機で水洗いするという方法もあります。

◆参考資料:コイン洗車場JOE箱崎で洗車する方法
https://matome.naver.jp/odai/2142260367539156201

コイン洗車場というのは、1回あたり水洗い洗車を選択しますと、4分間くらい高圧洗浄機に水がスプレー
のように噴き出します。

ハトなど鳥のフンや、走行中に付着した虫などの汚れなども一気に吹き飛んでしまいます。

コイン洗車場には、関門型という、逆U字風の洗車機もあります。お金を入れてスタートすると、頭の方から
ブラシなどが回転し、水をかけたりしながら、後ろに移動し、その後コーティング剤を吹き付けることや
乾燥まで進みます。

一見楽ちんに見えますが、ブラシなどが回転すると洗車キズなどがどうしても増える傾向にあるといえます。

洗車は、洗車の森というのが福岡市の場合にあったりするのですが、全国どこでもそのような洗車関連の
施設はあると思います。

◆参考資料:洗車の森
http://www.f-standard.com/service02.html

洗車の森のシステムの場合でいえば、1度\5,000分のプリペイドカードを買うと、それは販売価格\2,500
で売っている日があるので、洗車代金が半分に割引されるようなもの。

洗車マニア風の人たちが普段から来れば、ついでにガソリン入れて行ってくれる・・・という人の流れ。

ブラックパールは特別な色なので、こまめに綺麗にしておくという車になります。

一般の車ですと、ソリッド系の塗装や、メタリック系の塗装は、20cm四方を1ピースと呼び、線キズ
(一直線の線のような傷)ですと、1ピース\15,000くらいで修理してもらえます。

パール系の場合とか、高級車の場合は、10cm四方が1ピースとなり、パールブラックであれば、
ベース色のブラックを塗り、その上にパールを塗り、そしてクリアを吹きつける。色の付いた塗装色
だけでも普通の車の2倍ですので、ちっちゃなキズを直すだけでも4万円とか5万円します。

つまり、①普段から洗車のお金がかかる傾向の車に乗り、いざキズがつくと②修理代金も高い。
修理しないとお金はかかりませんが、それだと綺麗な車が台無し。

免許を取得し、新しく車を買ったいう場合ですと、
①最初に洗車方法をマスターしておく。
②修理する工場もみつけておく。

修理する工場というのは、
①安く修理できるまちのどこにでるような自動車修理工場
②塗装などを含む板金塗装の工場
③エアコンを直してくれる電装屋さん
の最低3種類。

パール系の車は綺麗に維持するというのにお金もかかりますが、事故に遭いにくいというメリット
などもあります。

「あれに当たると給料が一瞬で溶けちゃうなあ~」みたいに周りを走る車が少し気を使うので
道を譲ってもらえるとかのメリットもあるので、まあ事故に遭うよりはマシと考え、GSとかで
手洗い洗車してもらえば良いのではないでしょうか。
    • good
    • 1

洗車前に、車体全体に水をかけて砂や泥などをふやかせておく。


砂など付いたままで即洗車をすると、その砂で傷が付く事があります。
新車から20年間、手洗いしていますが、
反射光の具合で微かな傷は見えますが、その傷は数が読める程です。
愛車なら整備や洗車を自分ですると、更に愛着が増します。
    • good
    • 0

こんにちは。


洗車中に気を付けることは、強風で砂埃が待っていそうな日には行わないとか、特にふき取りに使用するクロスに砂粒などが噛んでいないか使用前よくチェックするといった程度ですね。そもそも洗車中に板金が必要なくらいの傷が何度もつく可能性は非常に低いと思いますし、自分で洗車中にそのような傷をつけてしまったら、その時点で気が付くと思います。それよりも高速走行中に小石が当たったとか、濃色車だと駐車中のイタズラで傷をつけられる可能性が結構あります(特に記憶にない長めの線キズがあったらその可能性が大です)。なのでスーパーその他の大規模駐車場では、建物出入り口から離れた目立たないスペースに停めるとか、路駐は可能な限りしないなど、工夫をお勧めします。

お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0

クリスタルブラックパール色は傷が意外と目立つんですよね。

確かに愛車ですから悲しいですよね。洗車で傷がついたんではなくて駐車場とかでもつく可能性があります。
    • good
    • 0

諦める。


そもそも外をスピード出して走っているわけですからね。
どんなに気をつけても無理なものは無理。
    • good
    • 0

洗車をするには技術が必要です。



板金代を出すぐらいなら、スタンドや洗車屋で洗車をしてもらっては?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報