ネットで公開されている小説に次のような文章がありました。
この「関所」とは何でしょうか。

>碁会所の関所の田辺が志郎の元へやって来た

「碁会所の関所とは何ですか。」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 誤記がありました。

    > 二人はその後、結婚してハッピーエンドという展開となります。滝川は、二人を近づけただけでその後まったく登場しません。

    (誤)滝川は、 → (正)田辺は、

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/04/15 22:25
  • 執筆者に問い合わせたところ、次のような回答がありました。

    碁会所の関所は 私の勘違いです
    正確には 席亭です
    ご指摘ありがとうございます

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/04/19 00:23

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

関所=席亭=店主ということではないでしょうか?

この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
検索したところ、次のようなサイトがありました。
しかし、ここでも「関所」の説明はありませんでした。

>5月22日日曜日→4歳の男の子体験レッスン。
>一人一面で、定石を覚え・手筋も習い・関所付き。関所で(帰る時に復習をごくたま~にします)
https://kkidsgoschoolblog.jimdo.com/2016/05/22/% …

お礼日時:2017/04/15 12:08

碁会所という場所は、様々な腕前の人が集まってきます。



対戦として面白いのは、同じくらいの腕前の人です。
勝ったり負けたりですから、「またやりたい」になります。

おもしろくないのは、腕前に差がありすぎることです。
ハンデなしの対戦なら、簡単に決着してしまいますし、ハンデを付ければ普通の碁ではなくなってしまいますからこれも楽しくないです。

長い期間通っていれば、誰がどの程度の腕前かは分かってきますが、そうでなければどのように対戦相手を探すのかが問題になります。

特に「川口」はアマ5段ですからトップクラスです。
対等に対戦できる人は少ないでしょう。

この「田辺」という人物は、この碁会所の顔役的存在なのだと思います。
たぶん、この碁会所の古株の一人でしょう。

川口がこの碁会所に行き始めた頃には対戦したこともあるでしょうし、適当な対戦相手を見つけてくれたりしたのだと思います。

キチンとした態度で接しないと、村八分になって行けなくなってしまいます。

だから「この人に目を付けられたらマズイ」という意識から「関所」というイメージになっているのだと思います。

女流プロの滝川、30歳くらいの綺麗な女性。
一方、川口はアマチュアトップクラス。

対戦とすればいい勝負でしょう。

で、川口が勝っても負けても女流プロが気に入って、足を運ぶようになる。

30歳くらいの綺麗な女性でプロですから、その碁会所のマドンナです。
毎回川口とはいい勝負で和気藹々とした関係でしょう。

これを見ている田辺は心穏やかではない。
自分が最初にセッティングしてやったのに…。

さてさて川口、田辺、滝川の関係はどうなるか、というような展開ですかね。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。

「関所」について調べてみました。しかし、碁との関係では何も判明しませんでした。よって、「碁会所の関所」は極めて意味不明と言わざるを得ません。

>さてさて川口、田辺、滝川の関係はどうなるか、というような展開ですかね。

二人はその後、結婚してハッピーエンドという展開となります。滝川は、二人を近づけただけでその後まったく登場しません。

お礼日時:2017/04/15 12:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネット上の小説公開

携帯などの、魔法のIランドのように、パソコン上で自作の小説を公開できるサイトってありますか?
もし、ありましたら教えてください

Aベストアンサー

その手のサイトをお探しなら、
メビウスリングが規模も大きくてオススメです。
市販されているケータイ小説と同レベルの作品がたんとあります。
http://aurasoul.mb2.jp/
投稿する時はくれぐれも投稿ルールと空気を読んで投稿してくださいね☆

Q次の文章はある小説の一節ですが、あなたはこのシーンをイメージできますか?

>私の家にも小鳥のエサ場がある。ある時そこに隼が来て、スズメを捕まえた。それを見た妻が飛び出していってむんずと隼を捕まえたが、隼は捕らえてスズメを放さず、とうとうそのまま飛んでいってしまった。

Aベストアンサー

イメージしようと努力がいる、という感じですが
内容がまた、ありえない。ハヤブサを、人間が家の中から飛びだして捕まえるというのがまずありえない
そのまま飛び立った?人がつかまったまま?

それに、ハヤブサが基本狩りをするときは、かすめ取るように一瞬でさっと摑んで飛び立ちます。
そして安全な場所でゆっくり食べる。
妻が家の中から気づいて、履き物を履くか、裸足の状態でかけより、むんずとつかむ?

「むんずとつかむ」のも、しっかりと摑んでいる感じになります。
それをハヤブサがどう振り払って逃げたかの説明がないと

「え?妻をぶらさげて飛んだの?」となりますし。

「あり得ない状況が」起こることはあり得ますが
それを人に伝えるならなぜありえない事態になったのか説明がないと理解できないと思います。

Q名作と言われている小説で文章の誤りが指摘されている小説がありますか。

名作と言われている小説で文章の誤りが指摘されている小説がありますか。

あればその一例を教えてください。

Aベストアンサー

堀辰雄の「風立ちぬ」に出てくる「風立ちぬ、いざ生きめやも」と言う文は、堀辰雄自身は、「風が吹いてきた さあ生きようではないか」と言う意味で使用していますが、「~めやも」は本来の古文では反語的表現で、これでは「生きようか、いやそうではない」と言う正反対の意味になってしまうと、国語学者の大野晋らが指摘しています。

詳細は下記参照
http://murasaki-cube.blogspot.jp/2013/03/blog-post_25.html

Q「小説家になろう」で小説を書こうと思うのですが、実際に存在する地名を用いて、その特色を文章に起こすの

「小説家になろう」で小説を書こうと思うのですが、実際に存在する地名を用いて、その特色を文章に起こすのは違法になったりしますか?

Aベストアンサー

問題ありません。ただし商品名と歌詞等はアウトみたいです。
特に歌詞のほうは、ランキングにも載った作品の作者が感想への返信で
既存の歌の替え歌を書いたことが原因でアカウントまでされたことかあるらしいので
特に気をつけた方がよさそうです。

Q小説でラブコメが読みたい!(ネット小説、ラノベ以外)

あまり小説を読んできていないのですが、今むしょうにラブコメを読みたくて、いい本がないかな?と探しています。
お勧めの本があったら、教えてください!
ネットで検索をかけるとネット小説ばかりひっかかって何が面白いのかわからないのです。
ネット小説などではなく、出版されているものがいいです。

イメージでは、くっつきそうなのに、なかなかくっつかない・・・!みたいな、もどかしーいかんじのものが読みたいです。
最新でなくてかまわないのですが、できたら90年代以降のものだと読みやすいかなあと思います。
今まで「おいしいコーヒーのいれ方」くらいしか読んだことがないのですが、ああいう男の子目線でオイシイ設定、というよりは女の子向けのものがいいなぁ、と・・・注文が多くてすみません。
希望を満たしているものでなくても全然いいので、お勧めの「ラブコメ小説」を教えてください!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょっとジャンルが変わりますが、「(株)魔法製作所」シリーズ(シャンナ・スウェンドソン・今泉敦子訳・創元推理文庫)を推します。主人公は田舎からニューヨークに出てきた女性で、ニューヨークにはなんか変な人がいるなあ、と思っていたのだが、実は彼女は「妖精」を見ることができる能力の持ち主で、その能力を生かして転職、というサクセスストーリーになります。その中で究極かっこよくて照れ屋という天才魔法使いと出会うのですが、彼との仲が進まず読者はやきもき……このやきもきさが快感だよね!というところが楽しかったのでおすすめです。ファンタジーにはなりますが、とても現実的でリアリティのある主人公の視点からの話になりますので、あまり読み慣れない方でも楽しめるのではないかと。映画を見ているような感覚で楽しめました。翻訳文も舞台が現代なので、読みやすいものだと思います。
気に入っていただければ幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報