憲法の【米兵轢き逃げ事件】

結局、因果関係はなかった。ということで間違いないですよね?

因果関係は認められるのか、認められないのかよく分かりません。

A 回答 (1件)

憲法に【米兵轢き逃げ事件】なんて無い

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「憲法では認められているが法律で制限されている」という表現は適切ですか? 憲法の中にも公共の福祉とい

「憲法では認められているが法律で制限されている」という表現は適切ですか?

憲法の中にも公共の福祉という基準があって、
当該行為もそれによって憲法の保障を受けられないことになるが、
その基準は法律で示されることで初めて具体的な制限になる、という意味でしょうか。

(公務員がストライキする権利は憲法では認められているが法律によって特別に禁止している、という解説をネットの動画で見て少し違和感がありました。

Aベストアンサー

憲法では認められているが法律で制限されている」
という表現は適切ですか?
   ↑
適切ではありません。
この表現だと、法律の方が優先する、と読めます。



公務員がストライキする権利は憲法では認められているが
法律によって特別に禁止している、
という解説をネットの動画で見て少し違和感がありました。
   ↑
公務員も憲法28条の労働者だから、公務員にも
労働基本権は保障されている。

保障されているけど、公共の福祉などにより
民間とは違う制約がある。

その一環として、ストライキする権利が法律で
禁止されている。

しかし。
保障されているとしながら、法律で禁止
出来ると解するのはオカシイ。


こういう感じだと思われます。

Q憲法9条第2項に交戦権は、これを認めないとあります。では何故、自衛隊の存在を認めるのですか?村山元首

憲法9条第2項に交戦権は、これを認めないとあります。では何故、自衛隊の存在を認めるのですか?村山元首相が認めたからですか?尖閣を中国に武力占領されても交戦権がないのですから、自衛隊の武力による奪還は憲法違反ですがどうするんですか?

Aベストアンサー

2です。硬性憲法である以上、解釈に自由度があっていいでしょう。合理性がある限りは、詭弁とは言えないと思います。私も憲法改正に反対ではありませんが、土壇場で機能しない危険性がある国連、現在の日米の関係性等を見ていますと、やや時期尚早ではなかと思います。アメリカの家来ではなく、せめて弟ぐらいの関係になってからにするべきでしょう。

Q天皇に人権を与えない憲法は、憲法自体が憲法違反というパラドックスになってませんか?

天皇に人権を与えない憲法は、憲法自体が憲法違反というパラドックスになってませんか?

Aベストアンサー

天皇陛下は、日本国の象徴でありますが、一方で、現人神ではなく人間でもあるのですから、公務から引退出来るようになるのは、当然の事思います。

人間は誰でも、後期高齢者と言われる年代になっても、公的な仕事を若い時と同じようにするのは、肉体的にも、精神的にも、無理があるでしょう。

昭和天皇の時も、晩年は、ご公務の活動をされているときのお姿を見るにつけ、御労しい感じがしていました。

象徴の退位が、法律上問題があるのなら、早急に、法改正すべきだと思います。

Q憲法改正の勅令について 大日本帝国憲法では、憲法改正は「勅令を以って議案を帝国議会の議に付すべし」と

憲法改正の勅令について
大日本帝国憲法では、憲法改正は「勅令を以って議案を帝国議会の議に付すべし」となっていますが、現憲法になるとき、この勅令が発せられたのでしょうか? 発せられたのであればどんな文面だったのでしょうか?

Aベストアンサー

今の憲法が、明治憲法の改正という建前で
成立したことを知らない人が多いようですね。

勿論、勅令は発せられました。

以下、wikより抜粋。

大日本帝国憲法の改正としての日本国憲法

1946年(昭和21年)に公布され、1947年(昭和22年)に施行された日本国憲法は、形式的には大日本帝国憲法(明治憲法)に定められた改正手続により成立した。

具体的には、明治憲法第73条に基づき、憲法改正草案が天皇の勅命により衆議院と貴族院からなる帝国議会の議に付され、両議院のそれぞれの総員3分の2以上の出席の会議で、出席議員の3分の2以上の多数により議決がされた。この改正は、天皇の裁可を経て、公式令(明治40年勅令第6号)第3条に基づいて公布された。これは、改正の公布文に付された上諭に示されている。



朕は、日本国民の総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第七十三条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。
御名御璽
昭和二十一年十一月三日(以下略)

Q食糧管理法違反事件では、財産権に関して損失補償が財産の供与と同時に履行されなくとも憲法に反しないとさ

食糧管理法違反事件では、財産権に関して損失補償が財産の供与と同時に履行されなくとも憲法に反しないとされましたが、「損失補償が財産の供与と同時に履行」されるとは具体的にどういう事でしょうか?

Aベストアンサー

判決理由を読むと事実関係がある程度分かります。
「・・・・されば、政府が食糧管理法に基き個人の産米を買上げるには供出と同時に代金を支払わなければ憲法第三九条に違反するとの論旨は理由がない・・・」


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報