地球はなぜ公転しているのでしょうか?

太陽系ができた時の、ガスやチリの回転が原因であると聞いたことがあるのですが、

なぜ太陽の引力に引っ張られて太陽とぶつかってしまわないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、地球が公転していないと(静止していると)、太陽に引っ張られてぶつかってしまいます(^^;)


ここからは、話を単純にするために、地球はきれいな円運動をしているとします。
物体は、力が働かないとき、静止している物は静止を続け、
運動している物は、同じ速さで直線的に運動する性質があります。
この性質を「慣性」と呼んでいます(^^)
もちろん、地球も「慣性」を持っているので、
太陽からの引力が無ければ、真っ直ぐに進んでしまうんですね(◎◎;)
つまり、物体が円運動をするときは、真っ直ぐの進路を変える力が必要なんです。
この力(引力)があるからこそ、地球は太陽の周りを円運動します(^^)

太陽からの引力が無ければ、地球は真っ直ぐに進んで、太陽から遠ざかってしまう・・・
・・・これを太陽の引力が、ギュギュッと引っ張って、太陽の回りを公転するようにしている・・・
これを、地球は常に、太陽に落下しながら運動しているって説明される場合があります(◎◎!)
これは、引力が働かないときと比べると、地球は太陽側に運動している(接近している)よねって言う意味です(^^)


簡単に言うと、太陽の引力があるからこそ、地球は太陽の回りを公転できるって事です(^^)

参考になれば幸いです(^^v)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。とてもわかやすいです。

お礼日時:2017/04/15 16:47

> 地球はなぜ公転しているのでしょうか?



後に太陽が出来た位置を中心にたくさんの岩石やちりが回転した。
岩石やちりの分布は均一ではなくばらつきがあり、全体としては中心部の周囲を回りつつも密度の濃い部分に小さな渦が生まれた。
後に中心部にたくさん集まった岩石やちりは太陽になり、周辺部に生まれた小さな渦部分が衛星になった。

なので公転しつつ自転していると。。。


> なぜ太陽の引力に引っ張られて太陽とぶつかってしまわないのでしょうか?

大気圏上層よりずっと高い位置を周る人工衛星はなぜ長い期間たっても地球に落ちて来ないか。
それと同じ事です。
遠心力と引力がバランスし、大気という抵抗(速度を落とす要因)が無いから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/15 16:42

地球の公転運動は、太陽系が形成された時の状態(ガスや塵の回転運動)から進化の過程によって、


現在のような地球を含めた惑星の公転運動に落ち着いたのです。

太陽に引っ張られてぶつかる可能性はとりあえずないです。
基本は円運動(正確には楕円運動)の方程式で記述されるのですが、地球の運動(真っ直ぐに進もうとする運動)と太陽の引力が釣り合っていて、
今の公転運動となっているのです。

今現在、地球が太陽に引っ張られて飲み込まれてしまう心配はないのですが、人工衛星などでは時折そのようなことが起こります。
人工衛星が地球の周りを回っていて落ちてこないのも、地球が太陽の周りを回っていることと同じ理屈なのですが、
低高度を周回している人工衛星の場合、太陽で大きなフレアの爆発などが発生した場合、地球の上層大気がそのエネルギーを受けて大気層が膨らむことがあります。
低高度で真空中を周回している人工衛星が、膨らんだ非常に薄い大気によって周回速度にブレーキがかけられることになります。
そうすると、人工衛星が地球に落下という事態が発生します。昔のスカイラブが、この様な周回速度の低下に伴い落下したと言われていますね。

将来的には太陽の核融合反応の変化により、太陽が赤色巨星になると地球が飲み込まれるとも言われていますが、
生き残るかも知れないという説もあり決着はついていないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/15 16:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公転地球が楕円なのは太陽が公転してるから

ここで何度となく質問される公転惑星の楕円の謎。
何度回答を読んでも片方の焦点が存在しない理由が理解(納得)できません。

私はずっと楕円の理由は新円運動の中心点(太陽)が移動してるからだと考えてました。
例えばピンっと張った紙の中央に砲丸玉を落として、そこへビー玉を転がすと
中央がめり込んでビー玉は螺旋を描きながら限りなく真円に近くなってゆきます。
この時、砲丸が少しずつ移動してるとビー玉は砲丸を焦点にして楕円運動をとります。
そうゆう事じゃないんですか?
明らかに間違ってますか?

Aベストアンサー

>太陽を中心に回ってるけど何らかの要因で結果的に楕円の軌道になってる

 質問者さんは、惑星が太陽を中心に回るときの軌道は円であるべきだ、とお考えではありませんか?
 そして、それが何らかの要因でゆがめられて楕円になってしまっているとお考えのようですね。
 そうではなく初めから楕円軌道なのです。
 太陽を中心に回る、というときの中心とは、軌道の図形的な中心という意味ではなく、
ただ単に、太陽のまわりを、というだけの意味なのです。
 #3のお答えのように、公転軌道は楕円軌道が一般的で、
完全な円軌道は極めて例外的なものでしょう。
 質問者さんが楕円軌道のふたつある焦点の片方に何も存在していないことを納得できない理由は、
こういうことではないのでしょうか。
 
 惑星が太陽があるほうの焦点の近く(近日点)を通っているときは、
円軌道と同じようなものだから問題はない。
 しかし、何もないほうの焦点の近く(遠日点)を通っているときは、
その焦点には何もない、つまり惑星を引き寄せるものがないのだから、
回り続けることは出来ず、どこかに飛んでいってしまうのではないか。
 
 質問者さんは惑星が公転軌道上を動く速さは一定であると考えてはいませんか?
 惑星が動く速さは、近日点付近では速く、遠日点付近では遅くなっているのです(ケプラーの第二法則)。
 こう考えてみてはいかがでしょうか。
 太陽に近くて引力も大きい近日点付近では速く通り抜けるので太陽には引き込まれず、
太陽から遠くて引力も小さい遠日点付近ではゆっくり動いているので軌道から飛び出すことはない。

 
 
 

>太陽を中心に回ってるけど何らかの要因で結果的に楕円の軌道になってる

 質問者さんは、惑星が太陽を中心に回るときの軌道は円であるべきだ、とお考えではありませんか?
 そして、それが何らかの要因でゆがめられて楕円になってしまっているとお考えのようですね。
 そうではなく初めから楕円軌道なのです。
 太陽を中心に回る、というときの中心とは、軌道の図形的な中心という意味ではなく、
ただ単に、太陽のまわりを、というだけの意味なのです。
 #3のお答えのように、公転軌道は楕円軌道...続きを読む

Q月と地球 太陽と地球にそれぞれ働く引力はどちらが大きい?

万有引力で 月と地球 太陽と地球の間ににそれぞれ働く力はどちらが 大きいでしょうか? また 特別な計算をしなくても自然現象から判断する何か方法はありますか?

Aベストアンサー

地球から太陽と月の距離は月の方が遥かに近いですね。
でも、どうでしょうね、どちらが地球への働く力が大きいでしょうね。

比べる方法として半月の時の海面水位でしょうか。
なぜなら、地球と月と太陽の関係が地球に対して90度の角度で
引力が働くと思いますよ。

なので、半月の日に比べるのが良いでしょう。
昼12時(0時)、夜12時(0時)に、
そう、太陽が真南に来た時の海面の高さと、
同じく月が真南(朝6時、夜6時)に来た時に海面の高さを
比べれば良いかも知れません。

大潮と月の言葉との関連図が
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN6/mame/topic1.html
書かれたWebページが有りました。

http://www.84p.net/tenkiya/cwf19.htmlこのWebページの中ほどに
太陽の引力は月の引力に比べて地球への影響が小さい、
というような事が書かれています。

http://www.s-yamaga.jp/nanimono/taikitoumi/choseki.htm
このWebページも見るとよいかも。

湖だとダムで水量を調整しているかも知れないので、
やはり海(港など)での海面水位の変化を見るのが良いと思います。

地球から太陽と月の距離は月の方が遥かに近いですね。
でも、どうでしょうね、どちらが地球への働く力が大きいでしょうね。

比べる方法として半月の時の海面水位でしょうか。
なぜなら、地球と月と太陽の関係が地球に対して90度の角度で
引力が働くと思いますよ。

なので、半月の日に比べるのが良いでしょう。
昼12時(0時)、夜12時(0時)に、
そう、太陽が真南に来た時の海面の高さと、
同じく月が真南(朝6時、夜6時)に来た時に海面の高さを
比べれば良いかも知れません。

大潮と...続きを読む

Q月の公転軌道面と地球の公転軌道面の関係

月の公転軌道面と地球の公転軌道面は、同一平面状に在るのでしょうか?あるとしたら、なぜそうなっているのでしょうか?必然なのでしょうか?
同一平面上にないとしたら、どの程度の傾きがあるのでしょうか?
また、太陽系の他の惑星同士の公転軌道面は同一平面上にあるのでしょうか?なぜそうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大きいのは、彗星の衝突が原因であるため、ぶつかった衝撃で舞い上がった塵や岩石が固まって、月になったといわれています。ですが、未だ、これぞと言う説がないのが現実です。
tntさんが申した塵は・・・たしか、月と地球とその塵を結んだ線が、正三角形になるように、つまり、月の軌道上の、地球から見て、軌道の後ろ側60度の位置に常に追尾するかたちになています。
また、太陽系の公転軌道面はほぼ一致していると言うのは、mideさんの申してる通りです。ただ、最近の研究では、冥王星が、太陽系に元々有ったのではなく、宇宙空間をさまよっていた他の惑星が、偶々太陽系の引力圏に捕まった説が有力です。
太陽系の惑星がなぜ、公転面がほぼ水平かといいますと、太陽系発生初期、塵やガス(惑星の元)が、公転面に円盤状に集積し、その後、雪達磨しきに、大きな惑星のもとに、ガスや塵が集まって、惑星になったからです。
最近の観測データで、ハッブル望遠鏡が、誕生初期の恒星でも、やはり、惑星の誕生が、公転面に集積した塵やガスから惑星が誕生しているところを観測しています。
参考になさって下さい。

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大き...続きを読む

Q月の引力と太陽の引力

 理科系雑学(三笠書房)に、
満月か新月のときは、月の引力と太陽の引力が強めあい、
半月のときは、引力が直角になり打ち消しあう、
との説明がありましたが、
納得できません。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベクトルで考えると、どちらも「和」の話で、「打ち消す」というのは、ご質問者さんの疑問の通り、ヘンな表現です。でも、よく言われる表現ですよ。

Q月の公転面と地球の公転面は傾いている・・?

月の影響で、地球の地軸の傾きが安定している・・と聞きましたが、地球の地軸と月の公転面が垂直ということなのでしょうか・・・?でも地球から見ると月の位置は変化するし・・。

Aベストアンサー

地球の公転面と月の公転面は約5度傾いています。もし傾いていなければ、毎月 赤道上で皆既日食が
起きる事になります。そんなことはないですよね。これは月の公転面が傾いているからなのです。

月の引力の存在で、地球の自転は安定しています。昔、何かの理由で23.5度傾いてしまいましたが、その角度で安定しています。ただし月は23.5度斜めから引力で引っぱているので、傾きの向きが
長い年月で変わります。

月の位置が変わるのは、地球が自転しているから月が動いて見えるのと、月が公転しているので、毎晩の
位置が変わります。また地球の季節によっても、月の高度が変わります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報