地球はなぜ公転しているのでしょうか?

太陽系ができた時の、ガスやチリの回転が原因であると聞いたことがあるのですが、

なぜ太陽の引力に引っ張られて太陽とぶつかってしまわないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、地球が公転していないと(静止していると)、太陽に引っ張られてぶつかってしまいます(^^;)


ここからは、話を単純にするために、地球はきれいな円運動をしているとします。
物体は、力が働かないとき、静止している物は静止を続け、
運動している物は、同じ速さで直線的に運動する性質があります。
この性質を「慣性」と呼んでいます(^^)
もちろん、地球も「慣性」を持っているので、
太陽からの引力が無ければ、真っ直ぐに進んでしまうんですね(◎◎;)
つまり、物体が円運動をするときは、真っ直ぐの進路を変える力が必要なんです。
この力(引力)があるからこそ、地球は太陽の周りを円運動します(^^)

太陽からの引力が無ければ、地球は真っ直ぐに進んで、太陽から遠ざかってしまう・・・
・・・これを太陽の引力が、ギュギュッと引っ張って、太陽の回りを公転するようにしている・・・
これを、地球は常に、太陽に落下しながら運動しているって説明される場合があります(◎◎!)
これは、引力が働かないときと比べると、地球は太陽側に運動している(接近している)よねって言う意味です(^^)


簡単に言うと、太陽の引力があるからこそ、地球は太陽の回りを公転できるって事です(^^)

参考になれば幸いです(^^v)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。とてもわかやすいです。

お礼日時:2017/04/15 16:47

> 地球はなぜ公転しているのでしょうか?



後に太陽が出来た位置を中心にたくさんの岩石やちりが回転した。
岩石やちりの分布は均一ではなくばらつきがあり、全体としては中心部の周囲を回りつつも密度の濃い部分に小さな渦が生まれた。
後に中心部にたくさん集まった岩石やちりは太陽になり、周辺部に生まれた小さな渦部分が衛星になった。

なので公転しつつ自転していると。。。


> なぜ太陽の引力に引っ張られて太陽とぶつかってしまわないのでしょうか?

大気圏上層よりずっと高い位置を周る人工衛星はなぜ長い期間たっても地球に落ちて来ないか。
それと同じ事です。
遠心力と引力がバランスし、大気という抵抗(速度を落とす要因)が無いから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/15 16:42

地球の公転運動は、太陽系が形成された時の状態(ガスや塵の回転運動)から進化の過程によって、


現在のような地球を含めた惑星の公転運動に落ち着いたのです。

太陽に引っ張られてぶつかる可能性はとりあえずないです。
基本は円運動(正確には楕円運動)の方程式で記述されるのですが、地球の運動(真っ直ぐに進もうとする運動)と太陽の引力が釣り合っていて、
今の公転運動となっているのです。

今現在、地球が太陽に引っ張られて飲み込まれてしまう心配はないのですが、人工衛星などでは時折そのようなことが起こります。
人工衛星が地球の周りを回っていて落ちてこないのも、地球が太陽の周りを回っていることと同じ理屈なのですが、
低高度を周回している人工衛星の場合、太陽で大きなフレアの爆発などが発生した場合、地球の上層大気がそのエネルギーを受けて大気層が膨らむことがあります。
低高度で真空中を周回している人工衛星が、膨らんだ非常に薄い大気によって周回速度にブレーキがかけられることになります。
そうすると、人工衛星が地球に落下という事態が発生します。昔のスカイラブが、この様な周回速度の低下に伴い落下したと言われていますね。

将来的には太陽の核融合反応の変化により、太陽が赤色巨星になると地球が飲み込まれるとも言われていますが、
生き残るかも知れないという説もあり決着はついていないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/15 16:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報