年間に5000~6000km程度走行する国産ハイブリット車を前提とした質問です。

単純に、交換サイクルを延ばすことができるかという観点で考えた場合、化学合成油の方が鉱物油より長くできるということは言えるでしょうか?

私は、オイルには拘りはないのですが、交換する行為自体が面倒なので、長いだろうと考えていた化学合成油にしようとして、GSに行きました。
GSの店員さんの説明としては、交換サイクルには変わりはないということでした。
初心貫徹で化学合成油にはしましたが、価格が1.5倍した状況もあり、腑に落ちず、質問をさせて頂いています。

よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    0W-では、100%の鉱物油は存在しないのかもしれませんが、少なくとも100%の化学合成油ではないものは存在していると捉えています。
    具体的なイメージでは、鉱物油を1年で交換しているのを、化学合成油は1.5年にならないかと考えています。

      補足日時:2017/04/16 21:09

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

補足


100%化学合成油でないものを 半合成油 部分合成油と言い 現状も多く存在しますよ。
鉱物油が今だ販売していて 何に使うのか?です。
鉱物油で 10,000kmは、どうなんでしょう?ベースオイルの良いオイルメーカーの鉱物油なら良いですが 中東系原油のモービル・カストロール・BPなどやめた方がいいと思います。
100%化学合成油でも 5,000~7,000kmでの交換した方がエンジン内部の汚れ付着が少なく済み 15,000km使用できますが エンジン内部の汚れ付着を考えると良くないと思います。

鉱物油に関しては、初めの回答で申しあげて様に 不純物が多く混入してるのでこれが良くないのと 今時のエンジン設計やテストで 鉱物油を使っていないので エンジンに合わない 適切なエンジン性能を発揮できない(スポイルしてしまう)でしょう
今時の車に 鉱物油を使おうとすることが?と 思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答をありがとうございました。
半合成油の存在は知っていましたが、0W-の場合、少なくとも半合成油であるということを、皆さんの回答で把握できました。

確かに最近の新車であれば、鉱物油ではなさそうなので、鉱物油を使用可なのは、10年以上前に新車として売り出された車なのでしょうね。。。

お礼日時:2017/04/24 00:06

HVだから、使用オイルは0W~ですよね。


ならば化学合成油しか選択肢が無いですよね?
年間に5000~6000km程度走行ならば
法定点検時に、年一回だけオイル交換すればいいですよ。
どうせ法律で義務づけられているので、点検時にオイル交換すれば
交換の手間は皆無です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご挨拶が遅れましたが、回答をありがとうございました。

お礼日時:2017/04/24 00:00

化学合成油は性能がよくて劣化が早い。


鉱物油はその逆だったかと。
半化学合成油くらいでいいんじゃないですかね?
激しい走りをしなければ、純正で十分ですよ。
いいオイルを長く使うより、安いオイルをマメに変えてあげるほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご挨拶が遅れましたが、回答をありがとうございました。

お礼日時:2017/04/23 23:59

乗り方が荒いとか、turbo車、ロータリー車で無いなら1年でどちらでも十分と思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご挨拶が遅れましたが、回答をありがとうございました。

お礼日時:2017/04/24 00:00

国産ハイブリット車の エンジンオイルの粘度は、0W-20か0W-16あたりだと思います。


この超柔らかい低粘度オイルは、鉱物油では、存在しないと思いますよ 化学合成の力を借りないと こんな柔らかいオイルは、作れない よって 100%化学合成油か 半合成油だと思います。

鉱物油など 20年以上前の三菱位しか使えませんというか 合いませんよ
エンジンとエンジンオイルは、共に開発進化してるので 今時のエンジンで鉱物用が合うエンジンもなく 入れて走りますが マッチングが良くなく 燃費・パワー・耐久性面で良くないですねー 早くメカノイズ(ガチャガチャ音)が増え壊れちゃいます。

鉱物油は 算出した原油からベースオイルを精製して作ります。不純物も残るのが鉱物油
100%化学合成油は、原油から精製し必要な成分だけを取り出し 不足してる性能成分を科学的に作り出した添加剤を加え作り出し 不純物がほぼ0です。 科学的合成精製して作るのでコストが掛かるのと 不純物成分を捨てるので収率が下がり 結果原価も高く 販売価格も高くなります。
鉱物油とは、かなり品質が違うと思って良いでしょう。
100%化学合成油が高いと 思うなら 半合成油がお薦め。

交換サイクルですが 5000km位で良いと思いますが 1年で 5000~6000kmのなら 6000kmでも 1年点検時に交換するタイミングとすれば良いでしょう
長く乗るのですから 100%化学合成油の方が良いですよ。

鉱物油は、使い始めから 徐々に左肩下がりで 徐々に低下(劣化)
化学合成油は、使い始めから 3000km位は、性能維持で 突然かくっと性能が落ちる感じです。インプレッサーのターボなどでガンカン回すと高熱と高回転後負荷に耐えられず 3000km位でオイルが垂れるといった表現をしますねー 化学合成成分が耐え切れず分解破壊されエンジンオイルとしての性能が失われてるんです。

エンジンオイルは、乗らなくても 経年劣化 酸化が進むので 1年では交換した方が良いです。 交換しないまま乗ると 風呂の水を交換しないよなもので汚れが多く付着します で汚れが落ちにくくなるんです。
エンジン内部は、見えないので 理化しない人がほとんどでしょうが マメに交換した方が エンジン内部の汚れ防止にもなるんです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご挨拶が遅れましたが、回答をありがとうございました。

お礼日時:2017/04/23 23:58

日本では、まだまだ流通は少ないのだろうと思いますが、ロングライフのエンジンオイルというものもあります。

VWのものは2年または3万キロの交換となっていますし、他も3年もつものもあったと思います。

日本では、エンジンオイル交換してたらクルマに手をかけてる気になるって人が大勢いるので、半年ごととか3カ月ごととか、せっせとオイル交換して、手をかけてる気になっているほうが良いようで、ロングライフのエンジンオイルを探すのは難しいかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご挨拶が遅れましたが、回答をありがとうございました。

お礼日時:2017/04/23 23:58

オイル交換は儲かるので 交換サイクルを早めに設定するけど 無視すればいい

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご挨拶が遅れましたが、回答をありがとうございました。

お礼日時:2017/04/23 23:57

一般的に、


化学は5,000に対して
鉱物はその半分の2,500
あくまでも一般的で、数字は大まかなものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご挨拶が遅れましたが、回答をありがとうございました。

お礼日時:2017/04/23 23:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンオイルの部分合成油

H23年式 三菱ミニカ H42V 3万km

短距離走行が多いのでエンジンの構造上、冬場はエンジンオイルが乳化しやすいです。
キャップに多量に付着したので、今までは鉱物油でしたが同じ粘度の部分合成油に交換して300kmくらい経ちました。

ゲージにつくオイルが乳化しているかどうかはよくわかりませんが、
走行後は、拭き取るウェスに垂れることがあるくらい柔らかいです(5w-30)

交換前にディーラーで見てもらったら、カムにも付着は見られないので心配ないとは
言われましたが、部分合成油ってそんなにサラサラしているものなのでしょうか?
(ちなみに三菱ディーラーは鉱物油を使用しているそうです)

Aベストアンサー

自分の今までの経験からですが、
オイルのサラサラ度合い(触った感じの粘度)ですが、部分合成油・化学合成油・鉱物油だからサラサラと言う事はありません。
今回交換されたオイルが、省燃費型になっているからだと思います。
オイルゲージから垂れても何ら心配はいりません。普通の事です。
逆に垂れなかった時が乳化による現象ではないでしょうか?
ただ、傾向としましては同じエンジン保護性能を発揮できるなら、サラサラしている方が粘性抵抗が少なくなりエンジンが元気よく回る事になるので、高性能を意識的に作り出した合成油ほどサラサラ方向にあると思います。

また、同じ5W-30表記でも、0W-20側に近いものと、10W-40側に近いものとがあります。
一昔前で言いますと、5Wは完全に粘性抵抗の低い省燃費オイルと言えます。
今回のオイルを入れてから、エンジンからキンキンカンカン・コトコトなどの金属音が大きく聞こえるようになったのであれば、エンジン内の各部の隙間との油膜不適合があるかも知れません。
壊れると言う意味ではありませんので…。

このサラサラか、ネバネバか、の見た目は余り気にされない方が良いと思います。
サラサラならエンジンに悪い用に感じ、ネバネバならエンジンの回り方が重くて燃費が悪い用に感じたりするものです。頭でいくら理解しても気にし過ぎると不安感が出てくるものと思います。

それよりもエンジンオイルの乳化が心配と思います。
高額なオイルの長期使用よりも、エンジン内から水分を除く方向が良いのではないでしょうか?
特に寒い冬季はオイルをこまめに確認して、乳化があれば鉱物油でいいので必ず交換して車を使われる方が合っていると考えます。

自分の今までの経験からですが、
オイルのサラサラ度合い(触った感じの粘度)ですが、部分合成油・化学合成油・鉱物油だからサラサラと言う事はありません。
今回交換されたオイルが、省燃費型になっているからだと思います。
オイルゲージから垂れても何ら心配はいりません。普通の事です。
逆に垂れなかった時が乳化による現象ではないでしょうか?
ただ、傾向としましては同じエンジン保護性能を発揮できるなら、サラサラしている方が粘性抵抗が少なくなりエンジンが元気よく回る事になるので、高性能を意識的に...続きを読む

QGSとメーカー販社との車検の違い

はじめまして。

今までずっと、購入したメーカーの販売店ににて車検を通してきました。
しかし、ガソリンを入れにGSへ寄ると「車検お任せください」なんて幟が
たっています。

両者の違い、メリット・デメリットなど教えて頂ければと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の感想を交えて書きます。
まず、車検を通すということについての考え方が違うと思っています。ディーラーは車検に通るのはもちろん、ちゃんと安全に、また性能を発揮できるように整備することを考えていると思います。
GSは正直、車検に通ればよいというスタンスが多いのではないでしょうか。
車検を取る=整備されて安心、ということではありません。
車検を通す段階で、車検の要求する基準をその時点では満たしているに過ぎません。

以上を前提に、ディーラーは専用のテスター、工具、知識のあるメカニックによって整備されますし、早めに部品交換などを行うことで予防的な整備も行います。ある意味安心できます。これがメリットと言えると思います。
その反面、値段は高くなります。
GSはその逆と考えればいいでしょう。安く上げたければ、とにかく車検にさえ通ればよいのならGSでしょうね。
ご自分でいつもエンジンルームを覗き、ご自身である程度整備も行うような人、誤解を恐れずに言うと、個人車検を取りに行ってもいいんだけど、面倒だからGSにやってもらうか、という方なら良いと思います。
でも、普段エンジンルームを開けたこともない、使っているオイルの種類も知らない、ウィンドウォッシャー液の量すら知らないというのなら、ディーラーの方をお勧めします。
私はGSで車検を通したいとは、まったく思いません。そのかわり、ディーラーの見積もりそのままということもせず、必要、不要をある程度自分で判断しながら整備範囲を決めています。

私の感想を交えて書きます。
まず、車検を通すということについての考え方が違うと思っています。ディーラーは車検に通るのはもちろん、ちゃんと安全に、また性能を発揮できるように整備することを考えていると思います。
GSは正直、車検に通ればよいというスタンスが多いのではないでしょうか。
車検を取る=整備されて安心、ということではありません。
車検を通す段階で、車検の要求する基準をその時点では満たしているに過ぎません。

以上を前提に、ディーラーは専用のテスター、工具、知識のあるメカニック...続きを読む

Qタイミングベルト交換時に、クランクシャフトプーリーを交換しますか?

はじめまして。

車検時に、タイミングベルト交換をする事にしました。
平成10年カローラワゴンae100g エンジンは5Aです。
見積もりを出してもらいました。
部品・油脂 45491円
技術料   26276円
交換部品のなかで、クランクシャフトプーリー(20952円)がありました。

【質問】
クランクシャフトプーリーの交換が気になりました。
タイミングベルト交換時に、交換すること多い部品でしょうか?
20952円というのは、妥当な額なのでしょうか?

このようなことは、工場に聞いては失礼に当たるのかと思い。
質問させて頂いた次第です。
よろしくお願い致します。

明細にあるもの。
ウォーターポンプ ASSY 取替
ウォータインレットホース
ウォータインレットホースクリップ
ウォータバイパス ガスケット
ラジエーター ドレンコックパッキン
ラジエーターキャップ
Vリブベルト 3本
ベンチレーションホース
ベンチレーションホースクリップ
シリンダーヘッドカバーガスケット
シリンダーカバーシールワッシャ
タイトプラグ
クランクシャフトシール
クランクシャフトプーリー
クランクシャフトプーリーセットボトル
タイミングベルト
タイミングベルト アイドラ
アイドラ テンション スプリング
カムシャフトセッティング オイルシール
ディストリビュータハウジングOリング
冷却水

はじめまして。

車検時に、タイミングベルト交換をする事にしました。
平成10年カローラワゴンae100g エンジンは5Aです。
見積もりを出してもらいました。
部品・油脂 45491円
技術料   26276円
交換部品のなかで、クランクシャフトプーリー(20952円)がありました。

【質問】
クランクシャフトプーリーの交換が気になりました。
タイミングベルト交換時に、交換すること多い部品でしょうか?
20952円というのは、妥当な額なのでしょうか?

このようなことは、工場に聞いては失礼に当たるの...続きを読む

Aベストアンサー

年式から言ってヤバそう、というのでついでに交換したというのが実情かと
この型のクランクプーリー(エアコンやオルタネーターなどを駆動しているvベルトのプーリー)は振動対策でゴムダンパーが仕込んであります。
具体的に言うと中心部分と外周部分が分割されていて、ゴムで固めてあります。
これにより振動面で有利なのですが、経年劣化でゴムがダメになるとバラバラになります(汗) 19年落ちですからね~ゴムパーツは機会があれば更新したい、といったところでしょう


参考 AE100 5A-FEエンジンのタイミングベルト交換
http://super.fureai.or.jp/~noranbo/0111205Atv.htm

Q車のオイル交換・バッテリー交換だけだと、ガソリンスタンドとオートバックスみたいな店、どちらが良いので

車のオイル交換・バッテリー交換だけだと、ガソリンスタンドとオートバックスみたいな店、どちらが良いのですか?

Aベストアンサー

なぜみんなガソリンスタンドでオイル交換をするのは不思議でならない。
    
ガソリンスタンドなんてバイトが一杯で、危なくて任せられない。
まだオートバックス、イエローハットの方が安全。
出来ればディーラーか修理業者が一番。
私はガソリンスタンドでボンネットを開けさせた事はありません。
   
試しに、オートバックスなどでオイル交換後、1週間程度してガソリンスタンドで「オイルを見て下さい」と言ってみて下さい。
間違いなく「オイルが汚れています、交換しましょう」という信じられない返事が返ってきます。
ガソリンスタンドとはそういう所です。
ガソリンスタンドでガソリン以外を入れては駄目。

Qお世話になります、オイル交換の事です。ベンツCクラスに乗っています。 オイル交換は、適合以外でも大丈

お世話になります、オイル交換の事です。ベンツCクラスに乗っています。
オイル交換は、適合以外でも大丈夫なのですか? オイルの質は鉱物油です。量販店でオイル交換込みでかなり安く出来るので迷ってます。

Aベストアンサー

>適合以外でも大丈夫なのですか?
国産車なら 取説に 指定グレードと 指定粘度が記載されてますが
メルセデスの取説に記載されてませんが?
欧州車は、粘度が高く 5W-40位でしょう
今時の車で 鉱物油は、使いませんよ。入れても走りますが 鉱物油は、不純物が多いので エンジン内に金属に良い面もあるのですが 不純物が邪魔する場合も多く考えられます。
そもそも鉱物油ベースで エンジン設計も開発もしてませんからねー
直ぐに壊れる事や 異常が起きませんが 不調時期が早まるでしょう。

Cクラス乗れる人が 安とか高いなど言わず きちっとオイル交換をしてくれる ディーラーか 整備工場へ持ち込みましょう。
カー用品店のバイト君に メルセデスをさわらせないほうが良いですよ。

費用を適正価格で きちっとした作業をしてもらうには、メルセデスを扱える 民間整備工場でしょう。
社外オイルを使用した場合 ディーラー(ヤナセ)の保証は受けられませんので ご了承の上利用してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報