解き終わった問題集って捨てて大丈夫なんですか?

A 回答 (2件)

とっておいた方がいいのでは?


復習もできますし、
解いて終わりだったら
進研ゼミの代金を半分
捨てているような
感じがします
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/16 16:39

捨てていいと思います。


受験に出るのは、教科書からしか出ないので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/16 16:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英文法についての質問です。 ある問題集を解いているとこのような問題がありました。 問題文:「A

英文法についての質問です。

ある問題集を解いているとこのような問題がありました。

問題文:「A man's worth lies not so much in what he has as in what he is.」
和訳:「人の価値は財産よりもむしろ人柄にある」

この問題は not so much A as B 構文であると思うのですが、
Aの部分に当たる「what he has」が和訳部の財産に当たるのでしょうか?

Bの what he is が本当の自分、つまり人柄と訳せると思うので納得していますがAの財産がイマイチ飲み込めません。

英文法に詳しい方、分かりやすく解説して頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

what he has は、関係代名詞のwhat + S + Vの形で、「彼が持っているもの」、つまり、「財産」になります。

Q勉強(特に数学)をする際、問題を解くにおいて ・とにかく何回も問題を解いて感覚的に覚えてしまう ・仕

勉強(特に数学)をする際、問題を解くにおいて
・とにかく何回も問題を解いて感覚的に覚えてしまう
・仕組みを理解してその原理を覚える、問題を使う際にはこれらを応用して解く

どちらが良いのですか?
両方にそれぞれメリットとデメリットあると思いますが。

Aベストアンサー

前者は、数学の不得意な人がやる方法です。

この方法では永遠に不得意なままです。

理解しなければ数学は得意になりません。

理解してから、問題を何回も解いて、応用力を
つけるのです。

そうやって、数学は得意科目になります。




両方にそれぞれメリットとデメリットあると思いますが。
  ↑
前者にメリットなどありません。
思考能力は鍛えられないし、応用問題も出来ないし、
永久に不得意のママだし。

Qビリギャルの坪田先生の勉強法で、薄い冊子の問題集を解いて復習することによって達成感が生まれてきてやる

ビリギャルの坪田先生の勉強法で、薄い冊子の問題集を解いて復習することによって達成感が生まれてきてやる気が出来るとありましたが、私は中学内容の英語を復習したいです。

薄くさっと出来るような冊子(問題集)で、尚且つ復習に適しているオススメのものありませんか?

Aベストアンサー

以下のものが、100ページ未満なので、いかがでしょうか?

中学英語の総復習 (くもんの高校入試英語完全攻略トレーニング 1) 公文
高校入試英語入試基礎テスト 富士教育
高校入試集中ドリル夏トレ英語―1日2ページ (シグマベスト)  文英堂
高校入試サマードリル英語 学研
高校入試基礎力診断英語  学研

Q中学一年生です! 獣医になるための問題集を教えてください! (中学一年生でもできる問題集がいいです!

中学一年生です!
獣医になるための問題集を教えてください!
(中学一年生でもできる問題集がいいです!)

Aベストアンサー

あなたの年齢ではまだ獣医学に関する勉強が出来ません。

まずは基礎的な学業を修めてください。
高校卒業レベルの学力が付いた時点で、ようやっと専門的なことを学べます。
つまり、獣医に関しての勉強は大学に入ってから初めてします。

その大学に入る為にも、今学校でやっている勉強をしっかりしましょう。

獣医のこと(仕事内容)を知りたい、ということであれば
職業図鑑(http://aaaaaa.co.jp/job/?p=163)などのHPや
図書館の本で学ぶことが出来ます。

Q大学受験、問題を解くスピードについて 人によって理科や数学などの問題を解くスピードが違うのは何が原

大学受験、問題を解くスピードについて

人によって理科や数学などの問題を解くスピードが違うのは何が原因なのでしょうか。
たとえ同じ参考書を使って勉強したとしても人によって成績が異なりますよね。
これは素質とか進め方に違いがあるのだと思うのですが、私は問題を解くのが遅いようです。

河合の記述の物理化学はだいたい偏差値60ちょっと程度で、標準的な問題を解き終わるのが精一杯で難しい問題を解く時間すらありません。
恐らくそういう問題にも手が回せる人が偏差値70程度なのでしょうか。

それなのに偏差値70程度の頭のいい友人と化学の話をしていたら僕が知ってるようなことも案外知らなかったりして意外でした。ちなみにその人は勉強の復習をほとんどしたことがないそうです。
持っている知識にそこまでの差が無いのだとしたら、解くスピードの違いの原因はどこにあるのでしょうか?

やはり頭のよさの差はあると思いますが、その差を埋めるために何をすればいいのか考えるべきですよね。

私は今までけっこうてきとうに勉強してきてしまって復習もしたりしなかったりで自分に甘い勉強をやってきました。
復習をしないとするのではやはり後の試験において問題を解くスピードにかなりの影響を与えるのかもしれないなと最近考えています。
勉強ができる人は毎晩その日勉強したことを復習するという習慣があるのでしょうか?

新しいことを勉強するのは楽しいのですが、復習って半分わかってることを繰り返すだけでつまらないですし、ついやらなくてもいいかってなってしまうんですよね。

また復習は夜やるべきですよね?
夜は寝る時間も限られているし新しいことを学ぶには時間の融通が利きませんし。

以上のことが気になったので質問させていただきました。
どなたか教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

大学受験、問題を解くスピードについて

人によって理科や数学などの問題を解くスピードが違うのは何が原因なのでしょうか。
たとえ同じ参考書を使って勉強したとしても人によって成績が異なりますよね。
これは素質とか進め方に違いがあるのだと思うのですが、私は問題を解くのが遅いようです。

河合の記述の物理化学はだいたい偏差値60ちょっと程度で、標準的な問題を解き終わるのが精一杯で難しい問題を解く時間すらありません。
恐らくそういう問題にも手が回せる人が偏差値70程度なのでしょうか。

それなの...続きを読む

Aベストアンサー

復習なんかしないでも、応用問題をすらすら解けてしまう人はいますね。まあ、センス(才能)と言ってよいんでしょうね。

ただ、そういうセンスがない人でも、現時点で時間をかければ解けるということならば、大量に練習問題をやれば、必ず速く解けるようになります。
センス(才能)がないなら、努力で補うしかないです。
そして、物事をきわめるために最も重要な才能は、努力できることである、というのは勉強に限らず全ての分野についていえることです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報