この字は何と読むのでしょうか?
無人のお寺にありました。

よろしくお願いします。

「漢字の読み方をおしえていただけませんか?」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「登」の崩し字のようです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

bunsuirei様
 ありがとうございます。
「登」の崩し字で検索してみました。
ピッタリ一致する字体にはなかなか出会えませんが確かに似ていると思います。
また 「登」はトドと読むことができるのでしょうか?

お礼日時:2017/04/22 06:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの字は何と読むのでしょうか

カタカナで ノマ (々)よく繰り返す時に使うみたいですが。読み方が解りません、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者様が書かれているように『々』は分解して『ノ』『マ』と呼ばれていますが漢字ではなく記号なので読み方はありません。
繰り返し記号とか踊り字と呼ばれています。
携帯などでは全角記号一覧にあるかと思います。

Q『文』←の漢字で『たくみ』と人名や当て字等で、読む場合(読む事)もありますか?

『文』←の漢字で『たくみ』
『最』←の漢字で『かなめ』
『麗人』←の漢字で『れいと』
左側の漢字を右側の平仮名のように、人名や地名や当て字等で、読む場合もありますか?または、読む事はできますか?
是非教えて下さい!

Aベストアンサー

「文」の漢字の意味の中には「細かな模様」「きらびやかな」「美しい」という意味があります。「たくみ」という言葉の意味には「技巧や意匠」という意味があります。「細かな模様」と「技巧や意匠」を近い意味と考えれば、「文」を「たくみ」と読んでも、おかしくはないと言えるかもしれません。ただし一般的な漢字の読み、人名としての”読みぐせ”の中に「文」を「たくみ」と読ませるものはありません。

「最」で「かなめ」とは読みにくいと思います。「最」は状態をあらわす接頭語に使われ「最高」とか「最重要」といった「高」「重要」の中でも、もっともそうであるという意味を補強する文字として使われるので、「ものごとの中心」という存在そのものをあらわす「かなめ」という言葉とは少し違うように思います。

「麗人」は「容貌の美しい夫人」という意味で、「麗」と「人」のそれぞれの一般的な読みを組み合わせれば「れいと」と読んでもおかしくはないと思います。ただ、「麗人」は漢字としては女性を指すもので、これを男性名風の「れいと」と読ませるのは少し違和感があるかも知れません。蛇足ながら、中国皇帝の後宮にいるランクの低い妃たちを指して「麗人」と呼んでいたというような話を聞いたこともあります。

すでに現存する地名や人名の中に、このような組み合わせがあるかもしれませんが、それは先に読みの音があって、後から漢字を(何らかの理由で、あるいは適当に)当てはめたか、ごく個別的な理由でそのように当て読みをしたものではないでしょうか。

「文」の漢字の意味の中には「細かな模様」「きらびやかな」「美しい」という意味があります。「たくみ」という言葉の意味には「技巧や意匠」という意味があります。「細かな模様」と「技巧や意匠」を近い意味と考えれば、「文」を「たくみ」と読んでも、おかしくはないと言えるかもしれません。ただし一般的な漢字の読み、人名としての”読みぐせ”の中に「文」を「たくみ」と読ませるものはありません。

「最」で「かなめ」とは読みにくいと思います。「最」は状態をあらわす接頭語に使われ「最高」とか「最重...続きを読む

Q『亮』という字は何と読むんでしょう

『亮』という漢字に遭遇すると、いつも困ります。
名前くらいしかお目にかからないんですが、そのためか
いつまでたっても覚えられません。部首も何なのかよくわかりません。
名前ですと、『とおる』や『りょう』と読むようですが、
今日たまたま『亮忠(まこと)』、『孝亮(こうすけ)』に遭遇しパニくりました。
訳がわかりません(笑)。まあ、名前はどう読んでも法律上はいいらしいですが。
この漢字、元々どう読むもので、どういう意味なんでしょうか?

Aベストアンサー

部首は ナベブタ だそうです。「高」 という文字の下に人を表す二本足をくっつけた形の文字。
読み方は、音読みで 「リョウ」。
「高いところ」 にいる人だから、ものごとに 「明るい」。ものごとが 「明らか」 である。そこから 「まことに」 という字義も派生。「亮忠」 という人名は、忠節の人だから 「まことの人」 ということで、「亮」 に余分な 「忠」 という文字を付け加えたものと思われます。
また、わが国独自の訓 (国訓) として、「すけ」 という読みもあるそうです。起源は大宝令だそうで、長官を補佐する官の位。「孝亮」 という人名の読みは、ここから出ているのでしょう。
人名としては、「あき」 「あきら」 の他にも「かつ」 「きよし」 「とおる」 「ふさ」 「よし」 「より」 「ろ」 などという読み方をするのがあるそうで、本人に聞くしかない場合もありそうですね。

* 『新版 漢語林 第2版』 (大修館書店) を参照しました。

Qこの名前(くずし字)は何と読むのでしょうか?

このくずし字は江戸時代の男子の名前なのですが、何と読むのでしょうか?

「猫画之物語」という草双紙の主人公の名前です。

趣味でくずし字を学びながら、この草双紙を読み始めたのですが、主人公の名前が読めずに切ない思いをしています。「八」は読めるのですが、二文字目が分かりません。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も「八矢」(はちや)と推測します。
添付図の出典は次のとおりです。
http://clioz39.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/ZClient/W34/z_list.php?title=%E7%9F%A2&resourcetype=0

Q「期待×価値理論」おん「×」は何とと読む?

認知論的アプローチの代表的理論には「期待×価値理論」がある。

という記述を音読する場合、

「期待×価値理論」の「×」は何と読めばよいのでしょうか?

「きたい かちりろん」
「きたい かける かちりろん」
「きたい ばい かちりろん」

……

Aベストアンサー

価値理論(expectancy-value theory)って、

元が、 by と表現されていないので、きたい かちりろんでしょうね。あるいは、本来、期待-価値理論なのかな。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報