日雇いバイトですが、50円、源泉徴収税額を引かれると言われました。引いてもらってよいと伝えましたが、引く、引かないで何が違うのでしょうか?その後、いつも確定申告していますか?と聞かれましたが、会社が聞く理由はなんですか。

A 回答 (5件)

>引く、引かないで何が違うのでしょうか?


給料から引かれる所得税は、国税庁が作成する「源泉徴収税額表」に基づきます。
給料の額や日額払いか月額払いかで、その額も違います。
なので、引いてもいいとか、ダメとかはありません。

>いつも確定申告していますか?と聞かれましたが、会社が聞く理由はなんですか。
年収103万円以下なら、本来、所得税はかかりません。
今、所得税を引かれても、今年の貴方の年収が103万円以下だったら確定申告すれば全額還付されます。
なので、親切心から言ったんでしょう。
    • good
    • 1

>日雇いバイトですが、50円、源泉徴収税額を引かれると言われました。

引いてもらってよいと伝えましたが、

こういうときは自分の当面の利益を優先して、「引かないで下さい」と言うのが、処世術というものです。引かれなければ50円、お得になりますものね。覚えておいて損はありませんよ。

もっとも、「引かないで下さい」と言っても引くと思いますが。でも世の中には、「引かないで下さい」と言えば引かない会社もありますから、ダメモトで「引かないで下さい」と言ってみるべきなのです。


>引く、引かないで何が違うのでしょうか?

引かれなければ、当面はあなたがお得になります


>その後、いつも確定申告していますか?と聞かれましたが、会社が聞く理由はなんですか。

会社は余計なお節介をしますね。あなたが確定申告するかしないかは、あなた自身が決める問題なのですから。会社には関係ありません。
    • good
    • 1

給与支払いを受ける者に、支払者が「確定申告をしてるかどうか」を聞く必要は法令的には全くありません。


「言う必要はありません」で良いのですが、身も蓋もない回答となり、人間性を疑われる元となりかねません。
プライベートな事ですし、法令的にも確認しないとならない事ではないので、聞く方にも落ち度があると言えます。

心情的には「社会的にまだ若いので、確定申告書の提出で、源泉徴収された所得税が還付される場合が多い事を知らないかもしれない」という親切心があり、その伝え方が「確定申告ってしてる?」という疑問形から会話が始まっているのでしょう。

確定申告を毎年してるという方に対して「じゃ、源泉徴収はするけど、年末調整はしないからね」という場合もあります。
年末調整は給与支払い者の義務なのですが、確定申告書の提出をする者には年末調整を省いて良いと誤った解釈をしてる企業もあります。

どちらにしても「ある人の発言の真意」は、第三者にはわかりかねるところがありますね。

ご質問者自身が税に詳しくないようでしたら、この際に「確定申告とはいったい何者でしょうか」と聞き返して、教えてもらう手もありましょう。
    • good
    • 0

源泉を引かれても、確定申告していれば


ある程度お金が戻ってくるからでしょ。
あなたのことを心配して言ってるんじゃないですか?
    • good
    • 0

確定申告をすれば還付される金額だと思い親切心で聞いたのではないでしょうかね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金の「源泉徴収税額」について

偶数月に年金(老齢厚生年金)を貰っています。

現在は66歳のため介護保険料を源泉徴収され、
さらに税金が取られています。

ここからが質問です。
何を今更ですが、
この源泉徴収される税金の算出方法を教えてください。
確定申告で、最終的に調整されるのですが、
都度(2ヶ月毎)の税金の検証をしたことがありませんので。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(年金支給額-社会保険料(介護保険料、国保の保険料など)-各種控除額)×5.105%(税率)
です。
税率は、「所得税+復興特別所得税」の合計税率です。

参考
http://www.nenkin.go.jp/n/data/faq/0000008054.pdf#search='%E5%B9%B4%E9%87%91+%E6%BA%90%E6%B3%89%E5%BE%B4%E5%8F%8E%E7%A8%8E%E9%A1%8D+%E6%AF%8E%E6%9C%88'

Q年末調整をしなく確定申告をこれからする場合、源泉徴収税額は0円の場合

私は契約社員で年間300万弱働いています。主人が亡くなり子供2人を扶養している寡婦です。
会社からもらった源泉徴収税額は0円でした。

保険料控除と障がい者なので障がい者控除と遺族年金の申告をまだしていません。

①これらしたことにより税金は戻ってくるのでしょうか?
②払いすぎている社会保険料は戻ってくるのでしょうか?
③遺族年金を申告すると税金がかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

>所得が280万でした。
>所得税はいくらからとられる
>のでしょうか・・。

微妙なところなので、内訳を紹介して
おきます。

給与収入が280万とします。
給与には給与所得控除という、
給与所得者の経費とみなす控除が
あります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

280万×30%+18万=1024万の給与所得控除を
引くことができます。

給与収入280万
-給与所得控除102万
=給与所得178万★

ここから、各種所得控除を引いて
いきます。

条件は下記のとおりです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm

寡婦の条件は
①死別、離婚で、扶養親族がいるか
②死別で、所得500万以下
特定寡婦の条件は
③死別、離婚で扶養している子がいて
 所得500万以下
ですが、
③の特定の寡婦控除に該当します。

寡婦の他、所得控除は以下が想定されます。
     所得税 住民税
①基礎控除 38万 33万
②寡婦控除 35万 30万(特定)
③扶養控除 38万 33万(子供①)
④扶養控除 38万 33万(子供②)
⑤障害者控除27万 26万
⑥社保控除 43万 43万
⑦合計   219万 198万
程度の所得控除額があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

③④の扶養控除は年齢により決まります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

⑥は健康保険、厚生年金の保険料です。

税金の計算
給与所得から所得控除を引いた金額が
課税所得となります。

給与所得178万★から
⑦の合計を引きます。
178万-⑦219万≦0となるので、
所得税は非課税です。

⑦の金額が178万以上なら、
所得税は非課税となります。
住民税は所得割が非課税となります。

⑤障害者控除を申告しなくても
おそらく非課税のままです。

しかし来年末に、
③扶養控除の申告が1つなくなると
所得税で
178万-154万=23万が課税所得となり、
23万×5%≒1.1万の所得税
住民税で
178万-140万=38万となるので、
38万×10%≒3.8万の所得割
調整控除7,500を引いて
横浜の均等割6,200を加算し、
約3.2万となります。

★それはあくまで来年末の年末調整の
話です。
今年は扶養控除の申告はできます。

それでも、
★障害者控除を申告すれば、
所得税は非課税
住民税は1万程度となります。
その明細を添付します。

控除の条件等を確認していただき、
所得控除を加算、減算してもらえば、
課税、非課税の判断はつくと思います。

長くなりましたが、いかがでしょうか?

>所得が280万でした。
>所得税はいくらからとられる
>のでしょうか・・。

微妙なところなので、内訳を紹介して
おきます。

給与収入が280万とします。
給与には給与所得控除という、
給与所得者の経費とみなす控除が
あります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

280万×30%+18万=1024万の給与所得控除を
引くことができます。

給与収入280万
-給与所得控除102万
=給与所得178万★

ここから、各種所得控除を引いて
いきます。

条件は下記のとおりです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sh...続きを読む

Q源泉徴収票の書き方

所得税乙欄に該当する人の源泉徴収票の書き方がよくわからないのですが、
例えば給与所得が60万円の人の場合、支払い金額と源泉徴収税額に金額を記入し、
後は乙欄のところに○を入れればよいだけでしょうか?

また、給与支払い報告書の総括表の特別徴収義務者指定番号ですが、ここkは空白でも
よいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>所得税乙欄に該当する人の源泉徴収票の書き方…
>例えば給与所得が60万円の人の場合、支払い金額と源泉徴収税額に金額を記入し、後は乙欄のところに○を入れればよいだけでしょうか?

基本的にはそれでOKです。

※なお、「詳しく状況を聞いて、見て判断する」ということができませんので、あいにく断言まではできません。
また、念のため確認ですが、「給与所得が60万円」というのは、「給与所得控除後の【所得金額】」ではなく、「支払金額」ですね?

---
(詳しい解説)

『給与所得の源泉徴収票(給与支払報告書)』の書き方で一番重要なのは【事実と相違がないこと】です。

「支払った給与の金額」「源泉徴収した所得税の金額」(「天引きした社会保険料」)などが間違っていなければ、大きな問題はありません。(起こりません。)

たとえば、「受け取る本人」にとっては、「確定申告」する際に重要な情報は、「実際に受け取った給与の金額」と「実際に源泉徴収された(すでに納めたことになっている)所得税の金額」です。(※もちろん、「各種所得控除の金額(情報)」がある場合は、それも重要です。)

「市町村」にとっては、わざわざ「住民」に確認しなくても、「その数字(情報)をもとに個人住民税を算定できる」ことになります。

※より詳細なことについては、「以下の手引」が参考になります。(不明な点は、「最寄りの税務署」へご確認ください。)

『平成25年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引』
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hotei/tebiki2013/index.htm
>>[第1 給与所得の源泉徴収票(給与支払報告書)]

>…給与支払い報告書の総括表の特別徴収義務者指定番号ですが、ここkは空白でもよいのでしょうか?

「特別徴収義務者指定番号」は、【市町村が】発行・管理しているものです。
「特別徴収」の実績があれば番号はすでに決定していますので、(不明な場合は)市町村にご確認ください。

「給与支払報告書」の提出自体が初めてならば、分からなくて当然ですので「空欄」でかまいません。(詳しくは提出先の市町村にご確認ください。)

(所沢市の案内)『給与支払報告書の提出について(会社の経理担当の方へ)』
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/tetuduki/zeikin/shiminzei/kojinshiminzei/qhouteisyutsu/index.html
(越谷市の案内)『給与支払報告書の提出』
http://www.city.koshigaya.saitama.jp/kurashi/zeikin/shiminzeikenminzei/041103A_20091104112003751.html

*****
(その他参考URL)

『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『税務署 混雑開始』(2013/01/17)
http://ameblo.jp/hidakamasaki/entry-11452845572.html
---
『[PDF【9.43MB】]\事業主のみなさん/個人住民税は特別徴収で納めましょう(総務省・全国地方税務協議会)』
http://www.zenzeikyo.jp/ippan/koho/kobetu_koho/tokubetuchousyu/pdf/tokubetu_panf_all.pdf

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>所得税乙欄に該当する人の源泉徴収票の書き方…
>例えば給与所得が60万円の人の場合、支払い金額と源泉徴収税額に金額を記入し、後は乙欄のところに○を入れればよいだけでしょうか?

基本的にはそれでOKです。

※なお、「詳しく状況を聞いて、見て判断する」ということができませんので、あいにく断言まではできません。
また、念のため確認ですが、「給与所得が60万円」というのは、「給与所得控除後の【所得金額】」ではなく、「支払金額」ですね?

---
(詳しい解説...続きを読む

Q源泉徴収の確定申告の記入方法

題名だと分かりづらくて申し訳ございません。

昨年6月末に退社し、昨年7月頭から個人事業主となりました。
6月末までの源泉徴収票は頂いているのですが、税金は抜かれておりませんでした。
そこでご質問がございます。

(1)上記の場合、確定申告のさい、青色申告の記入+提出とは別に、源泉徴収について別途書類(申告書B?)を頂いて記入+提出する必要があるという認識ですが正しいでしょうか?
それとも、分離課税用の申告書Bが必要なのでしょうか?

(2)確定申告の際に、源泉徴収票の記入例、または説明が分かりやすいサイトはございますでしょうか?
ALL About 様のサイト下記の源泉徴収票を手元に~の辺りを参考にしてみたのですが、今一つよく分からず……。

http://allabout.co.jp/gm/gl/985/


なお、やよいの青色申告を利用しています。
やよいの青色で対応してるのか分かりませんが、源泉徴収票貰ってる場合だと、多分直接書くのが楽ですよね……?


申し訳ございませんが、御助言頂けますでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>源泉徴収について別途書類(申告書B?)を頂いて記入+提出する必要が…

日本語で「源泉徴収」とは、支払われるお金から別の何かのお金をあらかじめ天引きしておくことです。

>源泉徴収票は頂いているのですが、税金は抜かれておりませんでした…

それならわざわざ“源泉徴収”について別途書類を用意する必用など、さらさらありません。

>分離課税用の申告書Bが必要なのでしょうか…

給与も事業所得も「総合課税」ですので、分離課税用の申告書は関係ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm

>(2)確定申告の際に、源泉徴収票の記入例…

源泉徴収票の「支払金額」を、確定申告書 B の○カ「収入→給与」欄に、
「社会保険料等の金額」を、自分で払った国保。国民年金と合算して確定申告書 B の○12「社会保険料控除」欄に転記。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100051-7.pdf
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h25/02.pdf

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>源泉徴収について別途書類(申告書B?)を頂いて記入+提出する必要が…

日本語で「源泉徴収」とは、支払われるお金から別の何かのお金をあらかじめ天引きしておくことです。

>源泉徴収票は頂いているのですが、税金は抜かれておりませんでした…

それならわざわざ“源泉徴収”について別途書類を用意する必用など、さらさらありません。

>分離課税用の申告書Bが必要なのでしょうか…

給与も事業所得も「総合課税」ですので、分離課税用の申告書は関係ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/22...続きを読む

Q確定申告に添付する源泉徴収票

企業に勤めているサラリーマンです。
確定申告時に添付する源泉徴収票は会社印が押印してあるものでなければならないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

会社印というものが一般にイメージする「朱肉で押した会社の判子」であれば、

そのようなものは全く不要です。会社名の記入(印刷含む)は必要です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報