低気圧は
外側に向かって気圧が高くなっていき
高気圧は
外側に向かって低くなっていく

で、合っていますか?

回答、お願いします

A 回答 (2件)

表現が逆です。



低気圧は、内側に向かって気圧が低くなっていき、
高気圧は、内側に向かって高くなっていく。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/04/16 11:30

間違いではありませんが、表現としては


 低気圧は周りよりも気圧が低い。
 高気圧は周りよりも気圧が高い。
です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/04/16 11:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q春と秋の気圧配置について質問です。 なぜ、春と秋には低気圧と高気圧が交互にやってくるのでしょうか?

春と秋の気圧配置について質問です。

なぜ、春と秋には低気圧と高気圧が交互にやってくるのでしょうか?

教えてください!

Aベストアンサー

日本が地球の緯度で丁度、北極と赤道の中間あたりに有るからですね。

北極の低温地域、赤道の高温地域、と言えども公転面と自転軸のズレによって、日本は低温期と高温期が1年毎に繰り返さます。
春・秋は期が切り替わる時期。

寒気・暖気が日本付近で交互に入れ替る為、気圧も交互に入れ替る。

Q天気図とは本来、雲量の情報はないんですかね? というのも、熱帯低気圧の問題で「熱帯低気圧は天気図上で

天気図とは本来、雲量の情報はないんですかね?

というのも、熱帯低気圧の問題で「熱帯低気圧は天気図上で見ると同心円状の〇〇によって囲まれ…」となっています。

〇〇に私はどうしても雲を入れます。ですが答えは等圧線です。

そこで天気図上には雲量の情報がなくて、だから等圧線というのかな?と疑問に思って調べると、雲が書かれている画像がありました。

何が正解なのか、よく分かりません。
ご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

お気づきの様に「天気図」は気圧の変化を表したものです。
雲が描かれたものは、天気図とレーダーや人工衛星から得た画像とを合成したものです。

天気予報のテレビ番組では、時折こんな表現があります。
「この天気図に、雲の画像を重ねると・・・」

Q気圧が高度の高いところほど低くなるのは"上空ほど、それより上にある空気の重さが小さくなるからである”

気圧が高度の高いところほど低くなるのは"上空ほど、それより上にある空気の重さが小さくなるからである”と書いてあったのですが


これはこう決まっているものなのですか??

決まっていない場合は中2でも理解できる様な理由ですか??

そこまで難しくなく、理解できそうであれば教えてください!!

Aベストアンサー

気圧とは、空気によって生じる圧力のことです。
書いている通り、上空になるほど、それより上にある空気の量が減る為、受ける圧力は低下します。
普段感じないけれど、空気にも重さがあるという事ですね。

空気を水に置き換えた場合、気圧は水圧になります。
水深が深くなればなるほど圧力は高くなります。
簡単に言えば、海面の高さでは水圧は最小で、気圧は最大ということになりますね。
(厳密言えば、海面より下に空気がある場合は、海面よりそちらの方が気圧は高いということになったりします)

もっと分かりやすく例えれば、
人間の上に人間が乗ります。その上にまた人間が乗ります。
一番上の人は誰も上にいないので、重くありません。
上から2番目の人は、1人上にいるので1人分の重さがかかっています。
上から3番目の人は、2人上にいるので2人分の重さがかかっています。
上から10番目の人は…もう潰れちゃうくらい重たくて耐えられないかもしれませんね。
空気は人と比べて物凄く軽いですが、同じようなことが起こっているのですよ。

Q気圧が下がると空気は膨張し、気温も下がると習ったのですが。 ついこの間、 大陸で、昼間は海より暑く、

気圧が下がると空気は膨張し、気温も下がると習ったのですが。

ついこの間、

大陸で、昼間は海より暑く、
夜間は海より寒い。

と習い、
寒い所にて、寒気は密度が重いので暖気の下に行く。
そこで下降気流が発生し、気圧は高くなる、とも習いました。


あれ?!
おかしくないですか?

寒い所で気圧も下がるって習ったのに
なんで、次は気圧上がるんですか?


わけわかりません!
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

因果関係が逆。

空気をそのまま冷せば、密度が大きくなって重くなり、降下する。
降下すると空気が集まって密集し、密度が詰まり、圧力が高くなり高気圧になる。

気圧が下がると、断熱膨張で、エネルギー保存則に従い、温度が下がる。

自身が断熱膨張して温度が下がったのか、周りの低温の影響で温度が下がったのか、の違い。

Q偏差値の低い中学と高い中学

新6年生で、受験を考えている子供の親です。
偏差値が低い中学と高い中学では教育内容など、極端な違いが出るものでしょうか?

私が子供に行ってほしいと思う中学の偏差値は36くらいで、おそらくほとんど誰でもが
入れてしまうような学校です。
ただ、学校を見にいった時に、ほかの中学とは何かすごく違う、とても良い印象を受けたのです。
授業の内容も良さそうでしたし、ここでなら勉強面で遅れをとる事もないだろうな、
と感じました。
ただ気になる事は、偏差値が低い学校には、公立へはわけありで行けないのでとりあえず
私立に入っておこう、と考えて受験する子供もいるのでは・・・ということです。
実際、私の知り合いのところでこのようなことがありましたし、他にも何件か話を聞いています。
偏差値が高い学校にもいじめは存在すると思いますが、それとはまたちょっと違う問題かな、と感じています。

偏差値で学校を決めるのは好きではないのですが、校風や教育等であまりにも極端な差が
出てくると思いますか?

Aベストアンサー

私立の場合はそんなに違いはないと思います。高校卒業後はおそらく進学でしょうし、その進学先が地元の大学や短大になるか有名私大・国公立になるかの差だと思います(「高校4年制(予備校1年)」を覚悟すればある程度選択の幅も広がると思います)。お子さんの希望に合っていればどちらでも構わないのではないでしょうか。

偏差値36といっても学校の勉強もままならないようでは入学できないでしょうし。入学はそんなに難しくなくても高校卒業のときは偏差値60を越えるような学校も、少数ですが存在します。また、およそ半数が東大に入るような有名中学が余裕がないかというと、そういう学校は勝手に勉強する子ばかり集めているので学校ではそんなにスパルタはやりません。

結局はお子さんや親御さんの考え次第だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報