電圧計Vの指示は次のうちどれか?
という問題で、正解は(4)と書いてありました。

(4)を選ぶ事は出来たのですが、
V2-V1
では駄目なのでしょうか?
ふと疑問に思い質問してみました。
教えてください。よろしくお願いします。<(_ _)>

「変圧器の極性に関する問題」の質問画像

A 回答 (1件)

答えは、V1とV2の差、です。

なので、どちらでも同じです。
しかし、公流電圧の大きさには(瞬間を除けは)正負の区別はありませんから、
V1とV2の差の絶対値、が正解でしょう。

強いていうならば、
設問は、V1>V2なので、正数となる方が正解とされている、
事だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「駄目」というわけでもないのですね。
それを聞いて安心しました。ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/16 15:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧計の内部抵抗Rvを∞電圧計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件

電気系の問題に
「現実に、電圧計の内部抵抗Rvを∞、電流計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件を満たす場合かを述べよ。」

とあるのですがいまいちよくわかりません。
是非とも教えてください。

Aベストアンサー

電圧計の場合ですが被測定側のインピーダンスが電圧計の内部抵抗に比べて極めて小さい場合、具体的には家庭用電源にその電圧計をつないだ場合などがそれですね。電源の能力に対して電圧計に流れる電流が無視出来るほど小さいので電圧計をつないでもつながなくても電圧そのものはほとんど変化しないという事です。

電流計の場合は被測定側のインピーダンスが電流計の内部抵抗に比べて十分大きい場合、具体的には100ボルトの電源に10キロオームの抵抗をつなぐと10ミリアンペア流れますがこれに例えば内部抵抗0.01オームの電流計をつないだ場合も流れる電流にはほとんど差は無いわけです。

実際に数字を入れて計算すれば分かりますよ。

Q最大電圧5Vのアナログ信号を最大電圧3.3Vに変換したいのですが

3.3V動作のマイコンでAD変換をするために
最大電圧5Vのアナログ信号を最大電圧3.3Vに変換したいのですが
どのような回路を組めばいいのでしょうか。

Aベストアンサー

3.3/5に減衰させるもの(アッテネータ)を入れればよいのですが、
少々注意点を。

最も簡単なアッテネータは#1の方の言うとおり抵抗2本でできます。
この場合に気をつけなければならないことは、その抵抗値です。
大きすぎればADコンバータの精度が落ちることがあります。特に高速の
信号または高速のADコンバータの場合は顕著です。マイコン内蔵のAD
だとあまり詳しく書かれていないことがありますが、必要な信号源
インピーダンスの値を守る必要があります。

一方、抵抗値が小さすぎると、元の信号源にとって過負荷にならないか
注意が必要です。

これらが両立しないときは、
○インストゥルメンテーションアンプを使う
○アッテネータのあとにボルテージフォロワをつける
○アッテネータの前にボルテージフォロワをつける
のどれかが必要となります。

インストゥルメンテーションアンプは高価なのでもったいない気が
します。

どれにするか、またどんなOPアンプをつかってフォロワを作るかなどは
周囲の仕様条件によってまちまちです。

3.3/5に減衰させるもの(アッテネータ)を入れればよいのですが、
少々注意点を。

最も簡単なアッテネータは#1の方の言うとおり抵抗2本でできます。
この場合に気をつけなければならないことは、その抵抗値です。
大きすぎればADコンバータの精度が落ちることがあります。特に高速の
信号または高速のADコンバータの場合は顕著です。マイコン内蔵のAD
だとあまり詳しく書かれていないことがありますが、必要な信号源
インピーダンスの値を守る必要があります。

一方、抵抗値が小さすぎると、元の信...続きを読む

Q物理の問題について質問です 問題 電圧Vで充電された電気容量Cのコンデンサーに電圧3Vの電池つなぎ、

物理の問題について質問です


問題
電圧Vで充電された電気容量Cのコンデンサーに電圧3Vの電池つなぎ、スイッチを入れる。抵抗で発生する熱量Hを求めよ。

解答

電池を流れる電気量は3CV-CV=2CV

2CV×3V=C(3v)^2/2 - CV^2/2 +H

∴H=2CV^2

電池を流れる電気量なのですが、なぜ3CV-CV=2CVという式になるのでしょうか?

また、静電エネルギーの変化量の求め方について質問です。変化量を求めるときは、どこに着目すれば変化量を求める事できますでしょうか?どこを基準にすれば求められるでしょうか?

解説よろしくお願いします

Aベストアンサー

コンデンサーには、最初CVの電気が蓄えられています。
3Vの電圧の電池につないだときは、は3CVの電気量が最終的に蓄えられる事になるのですが、
そのためには、電池が2CVの電荷を補充してやればよい・・・つまり、それは、電池に流れる電気量が2CVだと言うことです(解答は”電流”ではなく、”電気量”ですよね)。
ちなみに、抵抗が入っていますが、コンデンサーに電気が蓄えられてしまうと、抵抗には電流が流れなくなります・・・当たり前ですよね。
したがって、このとき抵抗に加わる電圧は、オームの法則より、V=IR → V=0・R したがって、0[V]となり、
電池の電圧は、最終的に全てコンデンサーに加わる事になります。

静電エネルギーの変化量ですが、
静電エネルギーU=(1/2)CV^2=(1/2)QV=(1/2)Q^2/C
ですね。Cを一定とみた場合は、左の公式では電圧の変化に注目、真ん中の式ではQとVの変化に注目、右の式では、Qの変化に注目します。
静電エネルギーの式を3つに書き分けるのは、もちろん、問題によって使いやすい形があるからです。
あ、ちなみに、右の式を使って静電エネルギーの変化を求めるとき。
ΔU=(1/2)C(3V ー V)^2
なんてしないで下さいね(^^;)
静電エネルギーの変化は、ΔU=(1/2)C・ΔV^2 ではありませんからね(^^)・・・大きなお世話だったかな(^^A)・・・あ、ΔVは電圧の変化の意味です。

コンデンサーには、最初CVの電気が蓄えられています。
3Vの電圧の電池につないだときは、は3CVの電気量が最終的に蓄えられる事になるのですが、
そのためには、電池が2CVの電荷を補充してやればよい・・・つまり、それは、電池に流れる電気量が2CVだと言うことです(解答は”電流”ではなく、”電気量”ですよね)。
ちなみに、抵抗が入っていますが、コンデンサーに電気が蓄えられてしまうと、抵抗には電流が流れなくなります・・・当たり前ですよね。
したがって、このとき抵抗に加わる電圧は、オームの法則より、V=...続きを読む

Q動線の端にプラス24vと0vをつなぎました。線上の2点に直流電圧テスターの両極を当てまた。電圧が0

動線の端にプラス24vと0vをつなぎました。
線上の2点に直流電圧テスターの両極を当てまた。電圧が0です。なぜですか?

Aベストアンサー

無理やりの回答をさせてもらうと、
銅線の抵抗は理想ゼロなので、いくら電流が流れようとも電圧降下は生じない、
電圧24Vは、電源内部抵抗で負担している。

本来は、設問自体が無理です。

Q電圧を4.5Vから6Vや12Vにしたときの抵抗は

先日、inara1 さんから、暗くなると自動点灯する回路を教えていただきました。さっそく、回路を組んでみたら、とてもうまくいき助かっています。(下図)

そこで、この回路で、電源電圧を6Vや12Vにした場合、R2やR3の抵抗は、どのように変更すればよいのでしょうか。また、電源電圧が上がると、この回路では無理なのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

変更不要です。

感度調節の可変抵抗は調節しなおす必要があるかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報