アフリカナガバモウセンゴケを購入しましたが、ぐんぐんと育っています。
大きい苗の横にちっちゃいのがどんどん出てきて増えていますが、これはどのように
増えているのでしょうか?(ネットにも、このことに触れているページがないので、とても不思議です。)
とにかく小さいのがたくさん出てきたので、この時期ですが、植え替えをして増やしたいのです。
ネットには、小石を入れ、ミズゴケを入れる、もしくは、ピートモスなどと書いていますが、購入時の容器には、どうみても普通の土(ただ水分が多い柔らかめの土)でこれで良く育っています。これは何の土でしょうか?それと、何故この土に植え替えるんじゃなくて、わざわざミズゴケに植えるのでしょうか?石は、植木鉢のどこらへんまで敷くのでしょうか?ネットには、この分野の事はかなり曖昧の事しか書いていませんし、どこのサイトをみてもほぼ同じ様な事しか書いてありません。
 どなたか詳しい方おりませんか???

A 回答 (1件)

あくまでも一般的な植物の基本情報を元に回答します。



ミズゴケもピートモスも保水性が高いので、その植物も湿気が好きなのでしょう。
もちろん、どちらにも適宜水をあげないと、乾燥しちゃいますけどね。
それは、購入時の土も一緒です。

購入時の土は、育苗業者によって違うと思いますよ。
もちろん、保水性が高くなるように最初から黒土にするとか、安価な園芸用土にピートモスなどを配合し、保水性が高くなるように調整しているでしょうが。

>どこのサイトをみてもほぼ同じ様な事しか書いてありません。
ということは、購入時の土じゃなくて、ピートモスやミズゴケでもちゃんと育つ確率が高いということでしょう。
ホームセンターなどで「これと同じ土を下さい」なんて言っても「なんて言う土ですか?」と聞かれるのがオチですよ。

>大きい苗の横にちっちゃいのがどんどん出てきて増えていますが、これはどのように
増えているのでしょうか?

その植物を知りませんが、あなたのこの文面からすると、地下茎で増えているように思います。
土の中で茎や根を伸ばして、そこから新しい芽を出しているのでしょう。
こういう増え方をする植物は多いですよ。
それ以外だと、球根が増えているとか、こぼれた種で増えていくとかですが。

>石は、植木鉢のどこらへんまで敷くのでしょうか?

鉢底石のことですよね?
その植物が湿気が好きと言っても、鉢の中で水が溜まった状態にしておくと、その水が腐ってしまいますから、鉢底石で水捌けだけは良くする必要があります。
そのための鉢底石のことでしょう。
鉢の底に穴が開いていますよね?
その穴が隠れるくらいにすればいいと思いますよ。
隠れないと、その上に入れるミズゴケなどが穴から出ちゃいますからね。

心配なら、増えた部分だけを購入時の鉢(土)に植えたままにして、他の部分をミズゴケの鉢に植え替えてみたらいかがですか?
地下茎で増えていれば、本体と繋がっている茎のようなものがありますから、増えた部分に根っこが生えていれば、その繋がっている茎をカットしても、増えた部分は自分の根から栄養や水分を吸収して単体で成長していくと思いますよ。

不安なら、購入先に問い合わせてみたらいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほぼ自分が必要とすることを考えて下さった完璧な回答でした。
多分、かなり演芸にお詳しいのですね。
 一般的な植物情報とはいえ、モウセンゴケ栽培と一致していることも
数多くありそうなので、非常に参考になりました。
 あと、回答者さんの植物に対する愛も感じ、非常に心が爽やかになりました。
こういうのって、伝わりますよね、不思議です。
自分も、人に喜びや幸せを伝えられる様な気持ち良い人間性を養ってゆきたいです!

お礼日時:2017/04/19 19:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小石だらけの空き地に どんな野菜を植えたらいいでしょうか?

 4年前 空き地にフェンスした時 業者(夫の知人)が 河原の砂利を入れて整地しました。私は畑にしたいから 畑用の土を入れてと言ってたのに・・・
 今までは砂利のまま コンフリー、はぶ、紫蘇、ハーブ植えてました。草よりましかなと。花や野菜を植えたいので 先週から 少しずつ 小石取り除いてます。(小石ばかりです)
 気長に砂利を取り除き 堆肥を入れながら 畑にするつもりです。今 砂利だらけの土地に植えるのでしたら どんな 野菜がいいのでしょうか?それとも まだ土作りした方がいいのでしょうか?
 

Aベストアンサー

#3さんへ

>No.2の方が薦める大根やにんじんなど根菜類は、やめた方がよいでしょう

薦めてませんよ。もう一度よく読んでいただきたい。
「長芋や長ねぎ、大根、ニンジンなどを植えるのでなければ、土の層はそれほど厚くなくても何とかなります」
つまり、土の層が薄い場合、長芋や長ねぎ、大根、ニンジンは不向きだと書いたつもりなのですが、分かりにくかったでしょうか?

誤解のないよう、補足させていただきました。

質問者さんへ

#3の方が書かれる葉物野菜も良いと思います。
秋から冬にかけては虫もつきにくいので。
(逆に、春~夏に小松菜など植えるのはやめたほうが良いです。モンシロチョウの格好のエサになりますし、筋っぽくて固くなりがちです)

#2で書いた豆類についていえば、スナックエンドウがお勧めです。スーパーなどで売っているものは、実入りが十分でなく、「さやえんどうの少し大きいもの」という感じですが、ご自宅で十分実が大きくなるまで育てると、甘くてみずみずしくて、とても美味しいです。自家製のスナックエンドウを一度食べたら、スーパーで売っているものは貧相で食べる気になりませんよ。
エンドウは連作障害が出やすく、一度植えると5~6年は間を空けないといけませんので、最初の年に植えてみるのも良いかと・・・。

#3さんへ

>No.2の方が薦める大根やにんじんなど根菜類は、やめた方がよいでしょう

薦めてませんよ。もう一度よく読んでいただきたい。
「長芋や長ねぎ、大根、ニンジンなどを植えるのでなければ、土の層はそれほど厚くなくても何とかなります」
つまり、土の層が薄い場合、長芋や長ねぎ、大根、ニンジンは不向きだと書いたつもりなのですが、分かりにくかったでしょうか?

誤解のないよう、補足させていただきました。

質問者さんへ

#3の方が書かれる葉物野菜も良いと思います。
秋から冬...続きを読む

Q鶏糞やピートモスを混ぜて直ぐに植物を植えれない?

訳もわからぬままホームセンターの破損市で購入した鶏糞40lにピートモス160l赤玉土30l腐葉土30lバーミュユライト40l野菜の土220lを混ぜてDiyした花壇に入れました(運ぶのも混ぜるのも一苦労で腰が砕けるかと思いました笑)

知人に聞いた所、いろんな意味で一定期間植木を植えるのは避けた方が良いと言われました

もう一度詳しく意味を聞きたくて連絡を取った所、知人は来月まで入院するので聞くのは失礼と思いここに投稿しました

知人はどういった意味で植木を植えるのを避けた方が良いと行ったのでしょうか?

可能性のある限りで構いませんので投稿ください

植えようと思っている植物は柑橘系です

花壇の広さは2m四方、深さは50cmになります

その下は下からあった地面です

水はけは良い、雑草が生えていた

Aベストアンサー

2m四方、480Lの土に鶏糞40L(15kgくらい?)だと、ずいぶん多いですね。2m四方なら、植え付け時の肥料は500gから1kgも施用すれば十分だと思います。そもそも、「野菜の土」というものには肥料分が含まれているのではないでしょうか?肥料を多く与えると、植物が軟弱に育ち病気や害虫が出るなど、良い事がありません。それにしても、多すぎます。

一般的に有機肥料としては、鶏糞や油かす(菜種などの油を絞った残渣)などが良く使われますが、それらは土に混ぜられて水分が加わると発酵が始まり、数週間から数カ月かけて植物が吸収し易い肥料分に分解されてゆきます。そして、その過程で発熱します。施した量や深さ、水分、通気などの条件次第では温度は50-60℃を越えるので、すぐ近くに植物の根があると、熱でやられてしまいます。
また、肥料が多すぎると、根の周りに肥料分が充満し、浸透圧が高まることで根が水を吸収することが出来なくなります(水は濃度の薄いところから濃いところへ流れるので)。その結果、植物は枯れてしまいます。

今回の例を見る限り、その両方の危険があると思います。
発熱に関しては、植え付けまでの期間を空けることで解決します。1-2カ月も経てば発熱は治まっているでしょうから、その後で植え付ければ良いでしょう。でも、今から1-2カ月というと真冬ですので、柑橘類の植え付けには向いていません。暖かくなるまで待って、4月頃に植え付けた方が良いと思います。

多肥については、何度も水をたっぷりかけて余分な肥料分を洗い流すか、土を入れ替えるか、でしょう。洗い流しの場合、何十リットルもの水を期間をおいて何度も灌水しないといけまぜんし(しかも水であまり流せない成分もあります)、どの程度になればOKなのかご自分で判断できないと思うので、思い切ってもう一度土を入れ替えるのが無難かもしれません。震災で津波を被った田畑も同じような状態で、農家は作土(野菜が根を張る深さの土)を入れ替えたり、何度も水を貯めては流して土壌にたまった塩類を洗い流したそうです。
もし枯れてもイイという気持ちで植えるのなら、上記のように何度も大量に水をやった上で、4月頃に木を植えてみてはどうでしょう。うまくいけば根付くと思います。

2m四方、480Lの土に鶏糞40L(15kgくらい?)だと、ずいぶん多いですね。2m四方なら、植え付け時の肥料は500gから1kgも施用すれば十分だと思います。そもそも、「野菜の土」というものには肥料分が含まれているのではないでしょうか?肥料を多く与えると、植物が軟弱に育ち病気や害虫が出るなど、良い事がありません。それにしても、多すぎます。

一般的に有機肥料としては、鶏糞や油かす(菜種などの油を絞った残渣)などが良く使われますが、それらは土に混ぜられて水分が加わると発酵が始まり、数週間から数カ...続きを読む

Q苗から5月連休後に植えた野菜  植木鉢

ミニトマトは背ばかり伸びて 花は咲きますが やっと 先端部分に青い実が4つくらい出来ました。しかし 大きくなってきません。 トマトは背ばかり伸びて 花は咲いたけど 実が全くできず しおれ出しました。肥料をコーナンで買ってきて やりまくったのがわるかったのか? 原因がわかりません。最近は 米とぎ汁をよくやっています。ちなみに ピーマンは 肥料を遣りすぎたのがまずかったのか しおれてだめになりました。トマト類の今後は見込みないでしょうか?

Aベストアンサー

トマトは、乾燥した状態で肥料が少ない方が良く実ります。
肥料が多いと、葉っぱや幹ばかり育ってしまいます。
また、しおれてくると言う事は、水「米とぎ汁」をやりすぎて根腐れを起こしている可能性も有ります。

水はけが良く肥料分の少ない土に、思い切って植え替えて見るのが良いかも知れません。
元気が出て花が咲いたら、実どまりを良くするホルモン剤が有りますので、それを花に吹き付けると実が育ってくれます。
その後、肥料や水を控えて枯れる寸前の状態で育てると、甘い実が実る可能性が有ります。

トマト育て方でくぐると、色々なアドバイスが出てきますので、参考にすると良いでしょう。
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&rlz=1C1RNVH_enJP561JP586&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88%20%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9

Qからし菜の、種植え。 土をかぶせず、土に直接ばら撒く理由は?

こんにちは、家庭菜園初心者です。

からし菜の種を購入したのですが、種が入っている袋に、普通は「3cmの深さに種を植えてください」とあるところを、「土を被せず、直接種を蒔いてください。」とありました。

種が入っていた袋には、「7~14日で収穫できます。 それ以前にモヤシとして食べていただく事もできます。」と書いて有りました。

もしかして、「土を被せない、種蒔きの方法は、モヤシとして育てる場合であって、『からし菜』として食べたい場合は、種を土に植えるべきなんでしょうか?」

色々と検索して調べてみたのですが、「種植え」に関しては、2つ程のブログがヒットして、やはり「土の上にバラ蒔いた。」と土を被せないで育てたようです。

種が入っていた袋、2つ程のブログ、どれも、理由が説明されていないので、「何でばら撒くの?」と未だに不思議です? 教えていただけませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

種には好日性と嫌日性ってあるんです。好光性、嫌光性ともいう。
たいがい細かい種は好日性です。

なのでからし菜の種は土の上にばら撒いてくださいね。

Q鉢植え薔薇の土(pH調整無しのピートモス使用)

大苗の薔薇(ハイブリットティー)の 鉢植えの土について。
どうぞ教えてください。
5年以上の 鉢植えの薔薇ですが 黒星病で葉が落ちるので、昨日、
土を 少しほぐして、上からピートモスと薔薇専用肥料を混ぜ込みました。

後で気付いたのですが、pHバランス調整してないピートモスでした。
(いつも pHバランス調整済み を使っていました。)

酸性だから・・・中和すればいいか。。と思って、安易に
「海苔」の乾燥剤に入っていた 袋タイプの「消石灰」を、
鉢植えの上から 一袋・混ぜて入れてみました。

今日になって、腐葉土を買えばよかった~大丈夫かな~?と心配に!

薔薇の他には、ハイビスカス(ちゅらさん)も植え替えて
赤玉土+ピートモスを使用したので、同じく消石灰を追加。

このままで 大丈夫でしょうか? 土替えしなおした方が良いのでしょうか?

鉢植えの薔薇栽培や pH調整してないピートモスについて
教えて頂ければ大変助かります。どうかよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

もう、あまり、いじらないほうがいいと思います。
黒点病は、雨や、水遣りの時にドロはねして、葉の裏側につくことによって、発生することが多いです。後は、マルティングとして、腐葉土を鉢の上に引いて、下のほうの、葉を落とす、黒点病の予防薬、治療薬を噴霧する。で、いいと思います。窒素分が多い肥料配分になると、貧弱な葉っぱになってしまい、病気が出やすくなるといわれていますが、ウドンコ病と黒点病は、ばらには、つき物だと、思います。どうしても土が気にかかるのなら、きちんと、調整済みのピートモスと腐葉土、土を混ぜたものを作ってもう一回り大きな鉢に植えかえることです。この時、元々ある、根の周りについている土は、崩さない。後、雨の日は、室内に入れるなどの対策も必要だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報