再掲載です。(1)の「距離の差は遠くなる程小さくなる」とはどういうことなのでしょうか?

「再掲載です。(1)の「距離の差は遠くなる」の質問画像

A 回答 (3件)

AがS0から離れる程、A-S0間距離と、A-S1間距離の差が小さくなる。



距離の差は下の図の赤線の事を言ってる。

Aが右へ行けば行くほど(Sから離れる程)、赤線は短くなる。
「再掲載です。(1)の「距離の差は遠くなる」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!図がとてもわかりやすかったです!

お礼日時:2017/04/17 07:30

右側に描いてある図の通りなのですが、式を使って説明してみます(^^)


写真がイマイチ見づらいので、上のSをS1、下のSをS0としておきます。
S0S1間の距離をl(エルの小文字)、S1Aの距離をLとします。
Lが大きいほど、遠くにあるって事ですね(^^)
すると、S0Aの距離は√(l^2 + L^2) ですから、
したがって、S0A - S1A =√(l^2 + L^2) - L (これが問題の「差」ですね)
L=0(S1とAが同じ位置)のとき、これは l となりますが、
Lが l より遙かに大きいときは √(l^2 + L^2) ≒ L 、したがってS0A - S1A =√(l^2 + L^2) - L =0
おおざっぱですが、この事から、「距離の差は遠くなる程小さくなる」事が分かるのではないでしょうか(^^)

参考になれば幸いです(^^v)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答ありがとうございました。数式的に考えることでより深く理解できたと思います

お礼日時:2017/04/17 08:18

障害があればあるほど燃え上がるという


 恋の法則ですね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング