いま、もっているアイデアで特許をとりたいのですが
もうすでに他の誰かが特許をとっているかどうか
調べるには、どうすればよいのでしょうか?
特許庁のHPを検索してみたのですが、よくわかりません。
ご存知の方、いらっしゃれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

特許になるかどうかは、誰かが特許を取っているかどうかということももちろんですが、


(1)誰かがすでに同じアイデアを世間に公表していないかどうか(ホームページなどでの公表も対象になります。当然国内国外を問いません。)、
(2)誰かがすでに日本で同じ発明について特許出願しているかどうか(公開されるまで原則的に約1年半かかるので、出願されているけど公開されていないという場合があり、その場合には発明の内容を知ることはできません。)、
(3)似たような発明を誰かが出願していたりすでに世間に知られていたり(国内国外問わず)という場合に、その類似発明から見てあなたの発明が専門家が容易に発明できるものであるかどうか(特許にならない原因はこれが一番多い)、
というようなことも関わってきます。
誰かが特許を取っているかどうかを調べるだけでは全然足りません。

特許になるかどうかという判断についても、ならないだろうという予測はできても、なるだろういう確約は決してできません(特に(1)や(2)の場合)。

その他の点については、他の人の回答を参考にしてください。

特許は当たれば大金が入るという賭けですから、大金(30万円~100万円程度)の出費も覚悟の上ならば、取り敢えず出願してみるというのも手だと思います。頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事おそくなり申し訳ございません。
大変、参考になりました。
丁寧にお教え下さって本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/08/31 15:49

特許について、過去ログがありますから、参考にされたら如何でしょう!



そのアイディアが採算が合うかどうか、厳しいようです。主婦の方のアイディアが商品になって店頭にアイディア商品として販売されていようです。

県にはその様なアイディアについて、相談にのってくれる発明協会の支部があると思います。県の工業技術センターにあるところもあります。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=97196

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=97196
    • good
    • 0

ご存知とは思いますが、「他の誰かが特許をとってい」なくても、出願済み、或いは世に公知(雑誌、学会発表等)であれば、特許はとれません。

    • good
    • 0

特許の先行調査は、文献調査・ネット検索に比較すると、相当慣れていないと難しいでしょう?


1-2度説明をされても、もれなく(?)調査できるかどうか
・・・・?
そこで、先の回答にもあるように費用を気にしないのであれば業者等に依頼(確実なのは弁理士を通して依頼する。)することです。
お金をかけたくなければ、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「知的所有権センター一覧」
各都道府県には上記センターがあり、そこには「特許検索アドバイザー」が常駐しており、特許検索を指導してくれます(無料)。一度相談されては如何でしょうか?

御参考まで。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
    • good
    • 0

パトリスなどがないので有れば特許庁で検索すれば無料で出来ます。


IPCかFIの分類表が特許庁のホームページに載っています。
http://www5.ipdl.jpo.go.jp/pmgs1/pmgs1/pmgs
ここで、自分のアイデアがどんな分類にはいるのかを調べて
http://www.ipdl.jpo.go.jp/homepg.ipdl
から、特許を検索してみてください。
また、公報テキスト検索で、要約のキーワードから検索することも出来ます。

ご自分で難しいと言うことでしたら、お近くの発明協会にアドバイザーがおりますので、
無料で相談に乗ってくれると思います。もちろん出願に関してもアドバイスもらえます。
http://www.jiii.or.jp/
    • good
    • 0

一番簡単な方法は先行技術調査を特許申請者に代わって調査代行してくれる企業がありまるので、そこに依頼する事がよいと思います。

費用については私は依頼したことが無いのでわかりませんが見積依頼して納得すれば御願いすればよいと思います。その会社の名前、住所はこのぺ-ジに記載はできませんが恐らく弁理士の電話帳に記載されていると思います。または個人が特許申請(個人が特許申請をすれば特許印紙21000円と請求項一項に付き電算化で3000円)で申請できるので、そのような個人の為の社団法人発明学会(特許の申請方法及び特許の書き方、特許申請後の企業化等を指導)があるので、そこへ問い合わせしても教えてくれると思います。電話03-5366-8811

参考URL:http://www.hatsumei.or.jp
    • good
    • 0

実用書に書いてありましたので、お取り次ぎします。


特許の審査請求から取得まで2年程度。費用は出願書類提出手数料だけで21000円、そのほか権利設定登録手数料、出願審査請求手数料など、出願時に18万円以上、権利を維持するために10年分の登録料66000円と3年分の特許料で5万円程度。
複雑な手続きを弁理士に依頼すれば20万円位は掛かってしまいます。

なんやかんやで、50万円ぐらいは掛けないと特許の権利を維持することはできなくなります。
そのアイディアから50万円以上の利益は出るのでしょうか?
また、そのアイディアを事業化するために必要な費用も出てくるでしょう。
権利を確保することも大切ですが、その前に事業として成立させる計画と見通しを取ることから始められてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

再びubonoti01です。


・簡単な(ただし金が掛かる)方法として、先ず出願すること。1年半で公開されます。
・公開された明細書には、先回回答した各種コードが付与されていますので、そのコードを用いて類似のものが出願されていないかを検索する。
・もう一つ、公開されたら検索調査せず、特許庁へ「審査請求」する。そうすると、特許庁が先行出願の有無を調査し、あなたの明細書が特許に値するか否かを調査してくれます。
・費用は特許庁(他)HPでお調べください。
    • good
    • 1

企業の場合、担当部署(特許部等)があって、特許庁の外郭団体であるJAPIOがサービスしているPATOLISというシステムで検索するか、或いは企業内データベースを使ったシステムで検索します。


全くの個人の場合、なかなか大変です。特許庁のHPで検索するにしても、幾つかの予備知識が必要です。
・IPC(国際特許分類)ーー発明の内容が属する製品分野、技術分野を分類したもの。
・FI(ファイルインデックス)ーーIPCを更に細分化した日本特有の分類。
・FT(Fターム)ーーIPCを基準に、発明を各種切り口(目的、効果、etc)で分類したもの。
・FK(フリーキーワード)ーー特許明細書に書かれた言葉を単語として切り出したもの。ただし、シソーラス(同義語化)されていますから注意が必要です。
・特許庁に出願され公開された明細書には、上記IPC,FI,FT,FK(その他)の各コードが付与されていますので、自分のアイデアのコードを見極め、近い内容の出願が無いかを検索します。
・PATOLISの場合、ヒットした明細書の概要(抄録)が出力されますから、抄録を読んで、場合によっては明細書全文をダウンロードします。
・上記については、特許庁特許電子図書館(IPDL)のHPで調べることが可能です。
・いずれにしても、個人で行なうには、かなりの覚悟が必要です。
・企業内の話しであれば、JAPIOと契約して、企業内にJAPIOの検索端末を設置すれば簡単です。

参考URL:http://www.ipdl.jpo.go.jp/homepg.ipdl
    • good
    • 0

特許庁の電子図書館で検索、閲覧できます。



ただし、検索件数が膨大になるうえ、ご自信のアイディアとの関連を判断するのは難しいと思いますよ。
とりあえず、実用書を一読されることをお勧めします。
何でも良いと思いますが、たとえば「図解 特許・商標が見る見るわかる」内山充監修 サンマーク出版 ISBN4-7631-9274-4はコンパクトにまとめてありました。

参考URL:http://www.ipdl.jpo.go.jp/homepg.ipdl
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ特許の検索 Pending Application Patent

アメリカ特許の検索でPending Application Patent US02-11/774,393とあります。この特許を検索して内容を見たいのですが、検索時にUS特許庁の検索ページでどのように入力すればいいのでしょうか。あるいは、特許が成立していないものは見ることができないのでしょうか。成立してるものは、7桁の特許番号を入れるとでました。

Aベストアンサー

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。

「Published Documents」では、それに関連して公開された書類を見ることができます。これで公開番号や特許番号もみられます(先の「書誌情報」でも番号はわかりますが)

「Transaction History」では特許庁の中で取り扱った書類が一式リストとして表示されます(いわゆる包袋=File Wrapperというやつです)

参考URL:http://patft.uspto.gov/

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。
...続きを読む

Qヨーロッパ特許庁で特許を取れば?

・ヨーロッパ特許庁に特許を出してヨーロッパ特許庁管轄の国すべてに有効な特許を取ることができるのか?
・ヨーロッパ特許庁に特許を出すには管轄国の代理人が必要と言うことですが日本でヨーロッパ特許庁に申請する手段は?
・ヨーロッパ特許庁への申請手続きやヨーロッパ特許庁との事務的なやり取りだけを依頼し実質的な書類の作成主張反論は自分でやる場合の最低限の費用は?
(ヨーロッパ特許庁に払う費用は除く)

以上の3点について教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

>ヨーロッパ(英語)は現地の代理人に名前だけ借りて郵送しようと思っています

 EPCについての知識をお持ちでない方が自力出願を行うのは無謀としか思えませんが、ご本人の決意が固そうですから、あれこれとは口出ししません。

 が、私は、名義だけ貸すという代理人はあいにくと存じませんので、ご自分で積極的に現地代理人にアプローチなさって下さい。業務上の信頼に関わることですので、そのような奇特な人物はまずもっていないと思いますが。

 ご期待に添える回答でなくて申し訳ありませんが。
 それでは。

Q特許電子図書館の検索について

特許電子図書館の検索について教えてください。

公開特許公報フロントページ検索よりキーワードで検索すると、
出願中のものもヒットします。
そのキーワードで【特許を取得しているもの】だけを絞り込みたいのですが、
どういう風に検索したらいいのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「公開特許公報フロントページ検索」ではなく、そのいくつか上にある「公報テキスト検索」で検索して下さい。公報種別で特許公報を選択すれば、特許されたもののみから検索できます。尚、特許された後に、権利が消滅しているものも検索の対象となりますので、もし、現在有効に権利が存続しているか否かを知りたいということであれば、別のところで確認する必要があります。

参考URL:http://www7.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

Q特許庁のHPでの検索方法について

お尋ねします。よく特許庁のホームページを閲覧するのですが、出願者、発明者等の検索の他に、ある「住所」に該当する出願の一覧を絞り込めないでしょうか?自分の住んでいる地域はどんな発明がなされているか調べたいと考えています。できないでょうか?

Aベストアンサー

特許庁の「特許電子図書館」で行える、特許・実用新案文献の検索で、フリーワード検索が行える機能は
「公報テキスト検索」ですが、

 残念ながら、検索項目の中に”住所”に該当する項目はありませんね。

 これは、権利の有効範囲は日本国内一律であり、地域差によって権利行使云々は関係しないからだと思われます。

 もし、権利の実施権(通常実施権、専用実施権)の設定のおける、「権利行使範囲」を調べたいとおもわれているならば、特許原簿の閲覧をする必要があると思いますよ。

Q特許検索

特許庁の「特許電子図書館」で検索した特許情報は
私はてっきり、全て特許として成立したものだとばかり
思っていました。
ところが最近そうではないことを知りました。
特許申請した(1年半?)内容がそのまま特許になっても
ならなくても公開される資料と特許となった資料とが異なる
というのです。
この特許となった資料を検索したいのですが、どうしていいのか
やってはみたのがまったくわかりません。
どなたかご教示いただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文書種別をBの特許または特許公告で検索してください。
公報テキスト検索の場合は、特許公報(公告、特許)で検索してください。(デフォルトでは公開特許公報となっています。)

Q特許庁で特許申請(自分で考案したもの)

まず、おはずかしながら・・・特許申請と実用新案とあまり違いが分かっていません。

教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?
それとも、設計図のようなものを申請書と一緒に申請するのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、手順などを教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?

試作品は要りませんが、当業者が発明の構成を理解できる程度に詳しく説明した書類を特許庁に提出することが必須です。
また、それで足りない場合には図面を添付します。

その辺の基本的なことは、特許庁のHPにも解説があるでしょうし、発明協会及び弁理士会の無料相談も有効です。
是非下記URLをご覧ください。

http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/index.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_gaiyou/tokkyo1.htm
http://www.jiii.or.jp/
http://www.jpaa.or.jp/?05291100

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1278615

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作っ...続きを読む

Q特許番号による特許検索方法

こんにちは.

先日,ある製品の特許について調べていたところ,
「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」
とあったので,詳細を知ろうと思い,特許庁のHPのIPDLから検索をしようとしました.

しかし,いくら調べても特許第1875483号についての記述が見つかりませんでした.
そこで皆様に,正しい特許番号による特許検索方法を教えていただければと思います.

ちなみに,「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」は
http://www.facetedpearl.com/what%27s-j.html
このサイトに載っていました.

よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.
特許・実用新案文献番号索引照会 で、種別を「登録」にしてから、文献番号に「1875483」を入力し、「照会」をクリックする。
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjbansaku.ipdl?N0000=110

2.
文献番号一覧が表示される。
出願番号 特許出願平02-160094
公開番号 特許公開平04-051906
公告番号 特許公告平05-085163
審判番号
特許番号 特許1875483

3.
そのページの下の部分で、文献種別を選択し(例えば「公告」)、「リスト」をクリックすると、その文献番号が表示される。

4.
左欄の文献番号(公告の場合は「特公平05-085163」)をクリックすると、その文献が右欄に表示される。

5.
下欄のコントロールで、ページ送りや拡大、PDFファイルなどが可能。

6.
「文献単位PDF表示」をクリックすると、次に表示される認証用番号(4桁)を入力すればPDFファイルでダウンロードできるので、文書のコピーを保存できる。

Q“特許庁に係属(特許)”と“審査・審判又は再審に係属”の違い

“特許庁に係属(特許法)”と“審査・審判又は再審に係属(意匠法10条の2など)”は、一体何が違うんでしょうか?
特許庁に係属とは、特許でいうならば審査請求を行った後から、査定謄本送達までを言うのでしょうか?

両者の時期的な違いがいまいち分かりません。
ご存知の方、ご回答お願いします!

Aベストアンサー

特許法第17条において、「特許庁に係属」という用語が用いられているのは、出願審査請求制度が導入されたことと関係があります。特許出願後、出願審査請求前は、特許庁には係属していますが、実体審査には係属していません。しかし、審査請求前でも、補正を認める必要はあります。

特許庁に係属とは、出願手続完了後、査定又は審決がされるまでをいうのかと思います。例えば、拒絶審決がされるまで特許庁に係属しています。しかし、その拒絶審決に対して審決取消訴訟が提起され、訴訟に係属中は、特許庁に係属していません。拒絶審決が判決により取り消され、再び、特許庁に係属することになります。

Q特許検索・無料と有料の違い。

お世話になります。
特許検索についてお伺いいたします。

有料のパトリス(PATORIS)と無料の特許庁電子図書館などがあります。
利用するなら当然、無料のほうがいいのですが特許を検索する上で何が違ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

例えば、特許電子図書館の特許の「公報テキスト検索」の検索ページにある「検索可能範囲」のボタンを押すと、検索可能なデータの一覧が出てきます。例えば、特許公開公報は、平成5年以降のもののみが検索可能であることがわかります。

なお、有料のパトリスなどでも、CD-ROM公報発行前の出願について全文検索できるわけではなく、抄録検索であったり要約検索であったりします。その詳細は各データベースのオンラインヘルプや、仕様書などをご覧ください。

Q特許公報(がヨーロッパ特許庁)

特許認定されたあとで
特許公報がヨーロッパ特許庁から
でるとき、
 どんな形で(印刷物の様子)
どんなところに配布されるのでしょうか?
ご存知でしたら教えてください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考情報です。
欧州特許庁の検索サイトで色々と調べられます。日本語のページを紹介します。
http://ep.espacenet.com/?locale=jp_EP

ところで、貴方が特許権者なら、登録証書が送られてきます。

参考URL:http://ep.espacenet.com/?locale=jp_EP


人気Q&Aランキング

おすすめ情報