って、分かりやすく言うと、どういう意味ですか?

具体例で教えて下さいm(_ _)m

A 回答 (2件)

全部の責任は取らないよってこんです。



私が今乗ってる車をあなたが欲しいと言い、相場額の30万円で売ったとします。
あなたが車を乗り始めて、すぐに動かなくなってしまった。
車が動かなくなった場所が高速道路上だったので、牽引車代と自分が帰るためのタクシー代がかかった。

この時「車代の30万円だけは返金します」っていう契約。
    • good
    • 0

何に関してのご質問でしょう。


普通に考えると会社法でいう取締役や監査役の責任限定契約を連想しますが。
会社の取締役は経営責任を負っていますから、会社に損害を与えた場合、その賠償義務が生じます。それを一定の条件の下で上限を定めて責任範囲を限定できる制度です。
https://business.bengo4.com/category1/practice39
http://www.azx.co.jp/modules/docs/index.php?cont …
同様に監査役は適正な監査によって取締役の職務が法令定款に違反しないよう監督する義務がありますが、それを見逃すとやはり責任が生じます。その責任範囲を限定するものです。

一般的な契約法の場面だとシステム開発契約で、開発に失敗したなどの場合の賠償の上限を契約額内までとするような契約はよくありますが、責任限定とはあまり言わない気がしますが。。。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上告書の意味と書き方を教えてくださいm(_)m

こんにちは。私は主婦です。裁判の事など全く縁がないので正直本当にチンプンカンプンで・・・。私の知り合いが上告書を書かなくてはならなくなりました。まず1つ本当にアホらしい質問(よくお知りの方、本当にすみませんm(_)m でも私は真剣なので許してください。)ですが上告書と上告理由書は同じことですか?前者はただ短くした言い方だけですか?あと、書き方は「憲法第○条」に基づき・・・とかで書かなくてはならないのですか?普通の人間は憲法第○条とかしらないし・・・困っています(><)どなたかこんな私でも解るように教えていただける方はいらっしゃいませんか?どうぞよろしくお願いいたします m(_)m 

Aベストアンサー

こんにちは

上告書の意味や書き方を「好奇心として」知りたいのでしょうか?
それとも「知り合いに書き方を聞かれてアドバイスをしたい」という
ことでしょうか?

前者であれば
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%91%8A

後者であれば・・・やめましょう。
不可能です。その上、ネットで仕込んだ生半可な知識でアドバイス
しても百害あって一理ありません。

>普通の人間は憲法第○条とかしらないし・・・

だから勉強する(並大抵の勉強では無理です。相手は「法律のプロ」
ですから)か専門家(弁護士)に頼むのです。

Qプライバシーの侵害の具体例って?

プライバシーの侵害って例えば、具体的にどのようなものが挙げられるのでしょうか?例えば、「○○部長が今日、電話越しに怒鳴って話していた。」などと社内の多くの人間に言いふらすことはプライバシーの侵害に該当するといえますか?
どなたかお詳しい方、教えて頂けませんか??

Aベストアンサー

プライバシー3要件といわれる判例の判断基準がある。

(1)私生活上の事実または事実らしく受け取られるおそれのある事柄であること。

(2)一般人の感受性を基準にして当該私人の立場に立った場合、
公開を欲しないであろうと認められる事柄であること。

(3)一般の人々にいまだ知られていない事柄であること。

このうち、(3)は必ずしも厳格な条件じゃなくて、ちょっとゆるい。

部長の怒鳴りはどうなんだろうねえ。
一般人の感覚で部長の立場に立ったとして、
社内での電話ならいいやと思うかもしれないけど、
昼休みに外で携帯で話しているのをたまたま見かけて、
しかも、相手はどうやら奥さんだったみたいだよ、
なーんてことならプライバシー侵害にあたるかもね。

Q根抵当権の具体例について

根抵当権の具体例として、下記のとおりに解釈してよいでしょうか。
ご教示よろしくお願いいたします。



※「甲商品」「乙商品」の仕入れに伴う代金の支払いにおける「債権者A」「債務者B」で、つぎのような根抵当権を設定する契約をした(「根抵当権者=債権者A」「根抵当権設定者=債務者B」となる。)。
◆極度額:5,000万円
◆担保物:X土地
◆甲商品の仕入れに伴う代金の支払い(弁済期:毎月15日)
◆乙商品の仕入れに伴う代金の支払い(弁済期:毎月15日)

※4月1日につぎの状態で元本が確定した。
◆甲商品を仕入れた代金の残額:100万円
◆乙商品を仕入れた代金の残額:200万円

※債務者Bは4月15日に、これらの全額は弁済できなかった。
◆甲商品を仕入れた代金の残額:10万円
◆乙商品を仕入れた代金の残額:0円

債務者Bは債務不履行となり、債権者Aは根抵当権を実行して、X土地を競売にかける。

Aベストアンサー

これは、被担保債権が300万円として確定したのでしよう。
それで、290万返済したが、残金10万円が返済できなかったのでしよう。
それならば、根抵当権者は抵当権実行して回収できます。

Q行政事件訴訟法46条3項の具体例

行政事件訴訟法46条3項の具体例を教えてもらえませんでしょうか。
法律初学者で、基本的部分を理解しておりませんので、これを前提によろしくお願いします。

Aベストアンサー

「当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするものを提起することができる処分又は裁決をする場合」とは、要するに形式的当事者訴訟(4条、39条、40条参照)のことをいう。3項はその場合について、誰を被告とすべきか、期間などをの教示を規定しているのである。

なお、形式当事者訴訟の具体例は、土地収用に関する収用委員会の裁決について,損失補償額に争いがある場合,土地収用者と起業者との間で当事者訴訟を提起させる場合があげられる(土地収用法133条2項)。本来であれば,行政主体を被告として裁決を争う抗告訴訟によるべきである。しかし、補償金額については,補償金の支払いに関係する当事者間で直接争わせたほうが適切であるため,立法政策により当事者訴訟が用いられている。

Q相殺についての設問 どのような具体例がありますか

 どなたか教えてください。ビジネス実務法務検定での設問で下記のような相殺に関する問題で、具体的な事例としてはどのようなものがあるでしょうか? 設問の意図もわかりにくい上、どういう事例があるかすら理解できないでいます。どなたかお知恵を拝借できませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

 連帯保証人Cは、保証債務と主たる債務者Bが債権者Aに有する債権の相殺をすることができる。

 答え; 適切である。保証人は、主たる債務者の債権により債権者に対して相殺を主張することができるとされている。(民法457条2項)

Aベストアンサー

はじめまして。
本件のような事例はlaw_amateurさんのおっしゃる通り実務上はあまり起こりえませんが、主たる債務者が相殺適状(あとは本人の意思表示だけで相殺が出来る状態のこと)にあるのに、相殺をしないがために保証人が代わりに弁済しなければならないといった理不尽な状況を回避するために民法が用意した措置です。
もの凄く単純に言ってしまうと、AさんとBさんが10万円ずつ貸し合っている状態なのに、AさんがCさんに「保証人なんだから10万返せ!」と言ってきた場合、Cさんは「2人で貸し合ってるんだからチャラにしなよ!」と言えますよ。ということです。
この規定に関しては実務例が少ないため、試験の設問としては扱われにくいかと思いますので、「こんな制度もあるんだな」程度で十分かと思います。
試験頑張って下さいね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報