「女は殴らない(殺さない)」という考えは男女差別にあたるでしょうか。現実でも、漫画やアニメなどのフィクションでも、「女は殴らない」ことを信念とする男性がたくさんいて、尚且つそれが「男の中の男」とされてい
ることに疑問を感じます。
なぜ彼らは「女は殴ってはいけない」という信念を抱くに至ったのでしょうか?

①人類保存上の問題(男性は子供を産めない)
②単なる下心(ここで優しくしとけば惚れてくれるかもしれない)
③事実成人男性と女性とでは筋力的に差がある
④(無茶苦茶古くて大嫌いな価値観ですが)女性に傷をつけたらお嫁に行けなくなる
⑤異性だから
⑥女性というだけで相手を下に見ている

等の理由が考えられますが、現実世界ではほとんどあり得ない話であるものの、フィクションでは「命を懸けた戦い」も多く見られます。
そんな場面で、自分を殺そうとしている相手に対して「女」だからとそれだけの理由で手加減をするのは可笑しくありませんか。相手が女でも男でも全力で戦うべきで、それが出来ない人は「女性を下に見ている」という気がしてなりません。それに、男性にとっても悪者が「女だから」というそれだけの理由で全て許されるのは不公平でしょう

災害時の避難でも、よく優先されるのはお年寄り、子供、女性ですよね。
未来のことを考えて子供は将来の日本を引っ張っていく存在、女性は子供が産めるという意味で優位するのはわかります。しかしここに老人(余命少ない)が入っている時点で女性が生物学的な理由ではなく「弱者」というカテゴリーで括られていることは明白です。戦闘や殺し合いのようにみんな鍛えられている状況で体格・筋力が特に重要というわけでもなくたかが避難するというだけなのに女性が弱者とされる意味が分かりません。普段からかなり鍛えている女性と何のトレーニングもしていない男性では女性のほうが強いでしょうに。

上記のような事例では、前から差別的だと批判されている「女子供」という言葉と同様女だからという理由で下に見ている感じがします

皆さんはどう思いますか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「女は殴らない(殺さない)」は、考え方とすれば差別です。


男と女が並んでいて、男は殴られ女は殴られないとすれば、男にとっては不条理でしょう。

ただ、女には色んな地雷がありますからね。

例えば、女が妊娠しているとして、男も女も平等に腹を蹴るとすれば、女の腹を蹴ることは許されないでしょう。

このようなことを拡大すれば、「女だからしょうがねえなあ」としておいた方が無難です。

女が、この「女だから」だけをクローズアップして、「差別だ、差別だ」と騒ぎまくると、世の中ギスギスします。

「ハイハイ、その通りでございます、だから男はがんばってね」って、ウィンクしてる方が世の中上手く行きます。

ま、「差別だ」というのは正論でも、実際の現実世界ではケースバイケースですよ。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング