家庭裁判所に身元引き受け人申請をし、
身元引き受け人になったら、
少年院の面会は、可能でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

たぶん大丈夫だったよ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。

お礼日時:2017/04/18 00:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簡易裁判所か家庭裁判所か

親戚と土地の買取りと、共有物分割請求で話し合いがつかず
弁護士さんに相談したところ調停で第三者をまじえて話
したらといわれたのですが、簡易裁判所なのか家庭裁判所なのかよくわかりません。
ある弁護士さんは親族(叔父ですが)なので家庭裁判所
がいいだろうというのですが、他の弁護士さんはどちらでもよいようなことをおっしゃるのですが、何か大きな違いがあるのでしょうか?
この親戚とは特につきあいもなくまた今度のことで今後も
決裂するしかないのですが。

Aベストアンサー

通常の土地建物の争いごとは、民事調停法に基づく民事調停の対象となり、簡易裁判所または地方裁判所が所轄となります。

家庭裁判所が扱う調停は、家事審判法にもとづく家事調停が中心であり、離婚など家庭内の揉め事に対して行われます。土地の争いが相続がらみであればこちらになるかもしれません。

ちなみに、民事調停法第4条で、管轄違いの事件であっても職権で管轄の裁判所や家庭裁判所に移送しなければならないと定められているので、仮に間違えて調停申し立てを行っても安心です。

Q家庭裁判所とは本当に裁判所なのか

家庭裁判所とは本当に裁判所なのか

あいつら、ほとんど全部の案件を、
非公開の、秘密法廷で審理してるんだが、
憲法違反な存在であるという、
自覚はあるのか?

Aベストアンサー

非公開である理由も重要でしょう。
非公開であっても、当事者は参加するでしょう。

家裁案件でも弁護士も依頼を受けることも多いでしょう。
憲法違反であれば問題になっているでしょう。

何が聞きたいのか、誰に聞きたいのか、よくわかりません。

Q立ち退き請求?は家庭裁判所?地方裁判所?

介護が必要だった母のために
2年半前に我が家と同じマンション内に
我が家の名義で購入し

母が生きていた時は、母の貯金から家賃としての支払いと
管理費の支払いをするという約束で
母と姉と一緒に住んで
姉と一緒に介護をしてきましたが、
去年10月に母が亡くなりました。

半年経っても、姉が出て行きません・・・
こちらからの連絡も無視です;;;
家賃も管理費の支払いもありません・・・
賃貸契約もしてくれません・・・

ですので、
立ち退き請求?を出そうと思います・・
どこに行ったらいいのでしょうか?
家庭裁判所ですか?地方裁判所ですか?

宜しくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

>立ち退き請求?は家庭裁判所?地方裁判所?

当然、「不動産に関する訴訟の第一審」である地方裁判所(裁判所法24条1項)


質問にはこれで十分答えたと思う。

あとは蛇足

少しお主の話を聞くと、
たぶん母の借家権の相続を姉がしている可能性がある。これを消滅させる必要がある。

以下の手続きを済ませるように
↓↓
>家賃も管理費の支払いもありません・・・
ということなので、「催告付契約解除の通知を内容証明郵便」で姉に送っておいてから訴訟を提起したほうがええ。
でないと、一度負ける場合がある。

Q裁判所の管轄(地方裁判所・簡易裁判所)

私は、マンションの1室を借りています。

賃貸借契約書には
「本契約に関する訴訟については、○○地方裁判所を管轄裁判所とする。」
と書いてあります。

訴訟価額が140万円以下は簡易裁判所に訴訟を起こし、140万円を超える場合は地方裁判所に起こすというのが法律の規定ですよね(裁判所法33条)。

この賃貸借に関して140万円を超えない金銭の請求をする場合でも、簡易裁判所ではなく地方裁判所に提訴しなければならないのですか?

もし、契約の規定に従って地方裁判所に提訴しなければならないのだとしたら、どのような狙いがあってそのような規定が入っているのですか?
簡易裁判所で訴訟をするとまずいこと、あるいは地方裁判所で訴訟をしたほうがいいことがあるのですか。
(契約の条文は、もちろん私が作ったものではないので。)

Aベストアンサー

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り離して「有識者」に処理させようということです。もちろん、全部が全部ではないでしょうけれど、簡易裁判所の和解協議では、裁判所側として司法委員だけが臨席して、裁判官は出てこないのが普通です。
「有識者」とはいいつつ、実態は会社役員で一線をリタイアしたおっちゃんとか、子育てがひと段落したおばちゃんとか…、要するに時間がたくさんある人(重ねて失礼!!)が就任しているので、素人的発想で和解協議にいろいろと口を挟んできて、法律的にドライに事件を処理しようとしている当事者-多くは請求を構えている原告側としては、迷惑この上ない(重ねて重ねて失礼!!)という実態があります。

>わざわざ褒められたことではないような条文を入れているとなると、どうしてだろう、と思ってしまいます。
実は、簡易裁判所の裁判官は「司法試験合格組み」の裁判官(判事、判事補)ではないのです。「簡易裁判所判事」ということで、地裁・高裁の定年まぎわの裁判所書記官が、選考などを経て簡易裁判所の裁判官になっているケースが多いようです。
それで、裁判を受ける権利の観点から(訴額が小さくても請求原因が特に複雑な事件については)正式な「司法試験合格組み」の裁判官の判断を受ける途も用意しておくというのが、実際のところでしょうか。
もちろん、質問者さまの指摘されるような「アナウンス効果」(?)も、あり得ると思います。

なお、私の回答の「(したがって、このような管轄合意がある場合、地裁に対する提訴後の移送の問題も生じないことになります。)」という点は、言い過ぎだったと思います。
違管轄の移送は問題になりませんが、ok2007さまがご指摘の「裁量移送」という話はありました。
訂正させていただきます。ご指摘いただきまして、ありがとうございました。

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/zinbutu/sihoiin.html

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り...続きを読む

Q名前を変えるための家庭裁判所への申請方法は?

タイトルのとおりなのですが、
名前を変えたい、という旨を伝えたいのですが、どうやって家庭裁判所に伝えればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

名の変更許可申し立てを行います。

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_20.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報